写真生活、お役立ち

2022年11月15日 (火)

撮影に使えそうなものをセレクトショップで。

_t314696_blog

超久々に家内とお出かけしたら、案の定色んな所に連れ回されましたな。いつも目的地まで真っすぐ行けた試しがありませんよ。途中にあるお店をちょっと覗いたりがスゴク多くて、寄り道だらけですからね。
なので普段は目的地に何時に集合って決めておいて、それまではお互い干渉せず別行動なのですけど、その日は運悪くといいますか一緒だったわけで。(笑)
場所も悪かったですな、三宮ですからね。女性の好きそうなオシャレなお店はいっぱいありますけど、オジサンの居場所が少ない街、特にオジーサンへ近づいているオジサンには全然楽しくない街ですなぁ。しかも平日の昼間でしたからなおさら、家内の後ろをくっついて歩いていると、ろくに写真も撮れませんし。(笑)
で、デパートの中で見たいお店があるとかで、てくてくついて行きました。だけど目的のお店を見たからと言ってそれで終わるわけではありませんよ、デパートですからね。まずそのフロア全部見て、それで終わったかと思ったら別の階に行っちゃうし、こりゃ全部見るまで終わらんぞって覚悟を決めましたよ、思わず杖を持つ手に力が。(笑)
救いだったのは洋服屋さんをあまり見なかったところ。何でも自分で作っちゃう人ですから、参考になるかどうかと値段を確かめたら、どんどん別のお店へ行っちゃうのでね。
時間がかかったのは雑貨屋さんでしたなって、今時は雑貨屋さんて言っちゃいけないのですな、セレクトショップって呼ぶそうで。お店のセンスで選びぬかれた商品が並んでいるので、オジサンも見るものがありましたよ。お家フォトに使えそうって目線で見てみるとなかなか面白い物が多いなと思いました。
普段はそういうものをダイソーやセリアで調達してましたけど、何でもかんでも100円均一ショップというのも、チープ過ぎますし限界もありますから、たまには100円以上の物で。(笑)
で、何軒かそういうセレクトショップを見て回ってというか、連れ回されたわけですけどね、あるお店に積んであったコルクのランチョンマットを衝動買い。柄の感じが良くて撮影背景に使えそうってひらめいたのでお買い上げしました。こういうのは直感ですな、見た瞬間この上にカメラやレンズを並べて撮ったらカッコええかもって思ったわけで。(笑)
キッチン雑貨って撮影に使えそうなものが多いですからね、大理石の板やまな板、パンを盛ったりする木のボードなど、背景に使える風合いのいいものがたくさんありましたよ、だけど高いわ。(笑)ま、撮影用品専門店で売られているものに比べれば遥かに安いですから創意工夫でなんとかするのも楽しいでしょうな。
普段セレクトショップどころかデパートもウロウロすることがないオジサンにはちょっと新鮮、たまにはこういうのも良かったかと。(笑)で、そのコルクのランチョンを背景に撮ってみたのが掲載写真です。でも数日前の記事の掲載写真ですでにフライングしてましたな。(笑)

_t314707_blog

| | | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

商品撮影を良く見せる、ちょっとしたこと。

ネットに上がるレビュー記事に登場する商品写真って一体毎日どれぐらいの数が更新されているのでしょうね。
オジサンもレビュー系はよく見ます。気になってる商品について情報を得るために、複数のレビューを見ることが多いですな。ショッピングサイトのレビューだけでなく、個人ブログなどでじっくり語ってくれているなんてのは結構好きかも。(笑)
で、そういうのに出てくる商品写真を見てて残念に思うのが商品の状態。カメラがスマホだからとか、明るさ暗さだとか、撮り方がどうのこうのってことじゃなくて、商品そのものが残念な状態のままで撮られているって写真。
例えば袋がクシャクシャのシワだらけのままだったり、箱が歪んでたり、端っこが破けてたりってやつですな。ほんの少しの気遣いと言いますか、キレイに見せる工夫で随分良くなるのですけどねぇ。(笑)
現役の頃は商品撮影も大きなウエイトを占めていたので、日々撮影に追われてました。
食品が多かったのですけど、何しろ毎日撮影商品が入ってくるのでコレを撮らないことには、その商品を使ったイメージ撮影に掛かれませんからね、いわゆる商品そのものをパッケージのまま撮る「パッケ撮り」や、中身を出して並べて、どんな物が入っているのか分かるように撮るのも多かったですな。

_t311705_blog

インスタント麺ですと麺、スープ、スパイスの袋と外装パッケージを並べて、箱や缶入りの和菓子やクッキーですとフタを開けたところなど。
クライアントごとの撮り方ルールも様々なので、効率よく撮っていけるように専用の道具を作ったりしてました。その時の工夫がお家で物撮りの際にも役立っているわけで。

_t200787_blog

積み重ねた消しゴムで支えを作って立て掛けたり、シワを目立たなくするために裏打ちをしたり、透明袋に入っているものは裏側から開けてきれいに並べ直したりするわけですな。
袋物の場合エッジがきれいになるように折り目をつけて整えたり、厚みを見せるために斜めに振ったりなんてのも。

_t311724_blog

瓶物など蓋付き容器は、瓶のラベルと蓋のロゴがきちんと読めるように回して向きを揃えますし、紙箱のフタの浮き上がりを両面テープで貼ってエッジをきれいにしてました。

_t312683_blog
_t312684_blog_20220428084901

バッグ類はプチプチや丸めた新聞紙で膨らみをもたせたり、書き出したらきりがありません、日々こんなのをやりながら撮ってたのが今でも役に立ってますよ。(笑)
だけど仕事の場合は義務と責任がありますけど、お家でブログ用に撮る場合はその必要はありません、単なるオジサンのこだわりと楽しみだけ。なので凝りすぎてそのうち面倒くさくなってきたらそこで終了。やりだしたらキリがない世界ですからね。(笑)

| | | コメント (0)

2022年8月20日 (土)

そうだ、愛用カメラを撮ろう。

_t312865_blog

お家で物撮りといいますかテーブルフォトの題材にカメラをよく撮ります。ずいぶん断捨離をしたとはいえ、手放さずに温存しているオールドカメラはまだたくさんありますので、モデルになってもらうわけですな。
撮りためておけばブログ掲載用の素材になりますし、カメラってカッコよく見える向きが色々あるので撮りがいがありますから撮ってて楽しいわけで。(笑)

_t312593_blog

現役を退いてからお家フォト環境を強化してやろうと、激安中華機材を購入したり各種工作で充実を図ってきましたけど、基本的にお家で撮る場合は、準備に手間がかかったり大掛かりなのは長続きしません。
どんなに立派で豪華な機材を揃えても面倒くさいのはだんだんやらなくなるのが人間の性ですからね。サクッと用意してササッと撮れるようなシンプルなのが続くコツかと。

_t312522_blog

準備が簡単ってことは、撮るときにあれやこれや考える時間が作れるってこと、機材をセッティングするのにひと仕事、片付けるのも大変だと一番楽しい撮ってる時間が減ってしまいます。
なのでパソコンデスクの上で、マウスとキーボードをどかせばすぐ撮れるようにして、ブログ掲載写真などを撮ってたわけですけど、いつも窓からの自然光だけでしたな。地球を照らすのは太陽ひとつだけですから、窓からの日差しとレフ板で大抵の物はキレイに撮れます。

_t312988_blog

難点は昼間しか撮れないところ、なのでいつでも撮れるように激安中華ストロボやLEDライトを買ったのですけど、一灯ライティングが基本なのは変わりません、これで十分いけますよ。
で、実際の撮影はマクロレンズ付きカメラを三脚に付けて、ベースや背景は木目など色々な柄が印刷してある壁紙など、棚板などの板もよく使います。

_t312218_blog

それにレフ板とストロボかLEDライト、それと光を拡散させるデュフューザーフィルム、撮影用トレーシングペーパーが安いのですけど、白無地の障子紙でも流用できます、ホームセンターで買えますしね、というわけで道具はこれだけシンプルイズベスト。(笑)
ベースや背景が決まったらモデルになるカメラを置いて斜め後ろからデュフューザー、その後ろからライト、手前のレフ板で光の回り具合を調節して撮ってます。掲載写真は大体いつもこんな感じですな、なのでヤヤコシイことはほとんどしてませんよ。

_t312933_blog

光ってる部分と影になってるところを見て、ライトやレフ板の位置を調節しているぐらい。カメラってレンズの写り込みや、金属部分のテカリ具合だとか、ブラックボディーですとシャドーの潰れ具合など、いろいろな要素が入っているのでやりだすとキリがないのですな、かっこよく撮ってやろうとついつい夢中になってしまうという。凝りだすと楽しくなってきて、思った以上に時間が経つのが早いかと。(笑)
ま、愛用カメラのカッコいい写真って、本腰入れて撮っておくことなんてなかなか無いでしょうから、目一杯凝りまくって納得の一枚を撮ってみるってのはどうでしょう。そのカメラを手放しても写真が残ればカメラ遍歴の証拠になりますしね。(笑)

_t312599_blog

| | | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

マークシート式露出記録用紙を再びどうぞ。(笑)

20220731-60910_blog


フィルムで撮ってる時に、データを記録する用紙の記事を過去に書いていたのですけど、それを思い出す出来事があったのですな。
このブログも記事数が多くなったので自分で書いた過去記事を調べるのに、実は記事を保管してあるパソコンのデータベースを調べるより、ネットで検索をかけたほうが手っ取り早く見つかったりします。(笑)
最近過去記事で確かめたいことがあって検索をかけたところ、オジサンの記録用紙を使っている方がヒットしたのですな。
どうやら海外在住の方のようで、記事の最後に記録用紙のPDFをダウンロードできるようにしていたのを、自分用に改良を加えて使ってくださってるようなのですけど、随分昔に作ったものとはいえまだ需要があったのは嬉しいですよ。
で、これに味をしめてもう一度記事にして広めてやろうかと野望膨らみ中。フィルムファンの方に響けばいいのですけど、もう手遅れって声も聞こえそうですけどね。(笑)
そもそも「マークシート式露出記録用紙」とはなんぞやといいますと、まだデジタルカメラなんて無かった頃の話ですけど、フィルムで撮影する際に撮影データをメモ帳に付けながら撮っていたのを、もっと簡単で楽に出来ないかって考えた記録用紙なのですな。
デジタルカメラはExif情報と言われる撮影時のデータが画像に記録されるので、後から写真を見たときに撮影日時やシャッタースピード、絞り値、カメラやレンズの名前が分かります。
なので次の撮影の参考にしたり、写真上達のために振り返ることが出来るのですけど、フィルムはそんなのが無かったので撮る毎にメモを付けてました。若かったので写真が上手くなりたくてやってたのですけど、これを自作したのが「マークシート式露出記録用紙」。
撮った後でメモ帳を取り出して、チマチマ記録していたのを「こんなこと、やっとれんわ」ってイライラして自作したもの。(笑)もっと簡単にならないかって考えた末、マークシート式にすれば最短でメモできるんじゃないかと。
とにかくポケットから出してサッと記録してまたポケットに仕舞えるようなものをってデザインしたのですな。自分では結構よく出来たかもって思っていたのですけど、それをネタに記事にしたのが2016年ですからもう6年も経ってるのね。(笑)
フィルムファンの方はまだまだいらっしゃるでしょうけど、いちいち記録を付けてまでって方はいないかも。だけど撮ってる時のデータが後で分からなくなってお困りの方は使ってみてください。この過去記事「マークシート式露出記録用紙」からダウンロードできますのでプリントして頂ければと思います。使ってみての感想なんぞがあればコメントなどヨロシク。
どうやら同じような機能の「Datafilm」ってスマホアプリがあるようで、なんでもスマホで済ませる今の時代は、そちらのほうがスマートで当たり前なのだと思いますけど、あえて紙とペンでチマチマ記録するのもレトロ感があっていいかもしれません、使いやすく改良するのもいいかも。(笑)
そんなこんなで再びネタにした「マークシート式露出記録用紙」。それでは6年後にもう一度この記事をネタにして掲載いたしましょうって、ひょっとしたらもうその頃にはフィルムが無くなってるかもしれませんよって笑えませんな。

| | | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

マップカメラのストラップに新調した件。

_t314362_blog

マップカメラのWebマガジン「Stock Shot」を眺めていたら「【夏にぴったりなストラップ!】細OBIストラップ ブルーグラデーションモデルが復刻します!」って記事が出てました。
何年も前ですけど、カメラのストラップを探していて見つけたのがコレ、マップカメラさんのオリジナル商品で、オジサンの好きな青系の色合いが、色の濃さ違いで5アイテム、ところが数量限定だったそうですでに販売終了していたのですな。
結局アルヌボ(ARNUVO)って韓国の写真用品ブランドのをヨドバシで見つけて、ネイビーブルーのを買ったのですけど、これはこれで気に入ってます、同じものを買い増しして数台のカメラに付けてますからね。(笑)
で、マップカメラさんのは10年ぶりの復刻だそうで、リングタイプとテープタイプという取り付け方違いの2種類を発売。リングタイプは幅20mm×帯の部分の長さ1000mmで、長さ調節は出来ないタイプ。テープタイプは幅20mm×帯の部分750mmのよく見かけるタイプのストラップで、長さ調節が出来ます。
色は前回と同じ青系5色。明るい色から順に「波青(ぱっせ)」「青夢(わかさゆえ)」「七分紺(しちぶこん)」「極青(きわめてあお)」「深海(ふかうみ)」っておしゃれな名前がついてますな。
今度は逃すまいと記事を読み終えてさっそく予約、発売日に届きました。買ったのは長さ調節のできるテープタイプで、色は「極青(きわめてあお)」って濃い方から2番めのきれいな藍色のもの、この色が欲しかったのよ。(笑)

_t314347_blog

さっそく記事用に物撮りをしてカメラに付けてみましたけど、同じ青でもそれまで使っていたアルヌボのネイビーブルーとは随分違いますな、かなり鮮やかな感じ、だけどハデハデしくはないですよ。
細OBIストラップって名前の通り、柔道の帯のようなテイストで厚みがあるのにしなやかで柔らかい感触。アルヌボのは厚みがないので、比べると幅は同じなのにしっかりした感じがします。ま、お値段も税込み3.680円と3倍以上しますから当然かと。

_t314352_blog

縫い付けてあるobistoロゴの部分に希少な「コードバンレザー」を使用だそうですけど、オジサンにはあまり関係ないな。(笑)カメラに付けてみると少し長かったので、長さ調節できる部分を短く切って調節しましたよ。
ぶっちゃけカメラストラップなんて、こだわらなければカメラを買った時に付いてるので十分なのですけど、ちょっとドレスアップするには一番効果があって、お値段もピンキリですから手軽に楽しめるアイテムではないかと。
カッコいいのを選んでみようかって気持ちになるのは、カメラに付いてるのがメーカーロゴやカメラの機種名がどど〜んと入っててカッコ悪いからかもしれませんな。(笑)

| | | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

シャッター切った回数って、気になる方?

カメラのシャッター耐久回数というのは、プロ用フラッグシップ機とファミリー向け機種では違います。当然ながらプロの現場でガンガン使われることを想定しているフラッグシップ機は耐久性が高いわけで。
仕事で使っていたデジタル一眼レフEOS 5D MarkIIは仕様によると15万回となってましたが、大体4〜5年ぐらいで動かなくなって、シャッターユニット交換をしましたな、修理票に記載されてたシャッター回数は15万回をかなり超えてた記憶があるので仕様よりは長持ちすると思います。
耐久回数を気にされる方もいるようですけど、アマチュアで相当な数を撮る方でもプロの撮影量の比ではないと思いますね。しかも新機種が出るとすぐ買い替えちゃうのもアマチュアですから、シャッターユニットが壊れるまで使う前に手放しちゃうのがほとんどかと。
仕事のカメラの場合、そんな頻繁に買い換え買い増しは出来ません。道具は長く使って経費を減らし、撮影で収益を得なくてはいけませんから、よく言われる経費で落とせるなんてのは出来そうで出来ないわけで。印刷会社内のスタジオ部署でしたから、稟議書書いたり上への根回しも必要でしたしね。(笑)
EOS 5D MarkIIも発売時に購入してもらい13年間使いました。その間シャッターユニット交換は2回、丈夫でよく働いてくれたカメラでしたよ。
そもそも昔はシャッターを切った回数ってのは、サービスセンターに持ち込んで見てもらった時に分かるようなものでしたけど、デジタルカメラが普及してからは、カメラ固有の裏ワザで確認できたり、アプリで調べたりできるようですな。
中古でカメラを購入される方にとっては、前ユーザーがどれくらい使い込んだのかが分かる判断材料になるのでしょうけど、きちんとした大手中古カメラ取扱店なら、その辺りはちゃんと見て値付けをしてるのじゃないかと思うのですけどね、どうなんでしょ。
ハイアマチュアぐらいの使い方なら、今時のカメラは十分過ぎる耐久力があるって思ってるオジサンは、あまり神経質になるものではないと思っていますよ。(笑)
で、最近知ったのがシャッターを切った回数を知りたいって方が自分で調べることができる「ショット数.com」ってサイト。どうやら個人の方が善意で公開してくれてるようで、ややこしい操作が一切不要、デジタルカメラで撮ったJPEG画像を送信フォームにドラッグドロップすれば、そのカメラで撮ったシャッターの回数が分かるというもの。

_blog_20220507123001

ちょっと面白そうなので試しにオジサンの持ってる2台のX-T30とX-S10を調べてみました。正直そんなに撮ってませんな、コロナで出歩けなかったり色々ありましたからね。一番古いX-T30が最高で22,000ショットほど、X-T30をもう一台買い増ししてから併用、1台持ち出しのときは新しい方を持って出てたので、途中からショット数が伸びなくなってたのでしょう。さらにX-S10を購入してからコチラを一番良く使ってますし。(笑)
ま、カメラ好きオジサンの趣味の範囲って感じが、ほのぼのしたショット数に表れてますな。全てのカメラに対応してくれてるわけじゃないですけど、興味のある方はぜひどうぞ。

| | | コメント (4)

2022年5月22日 (日)

近江ベルベットのハイミロン黒は撮影背景にオススメ。

_t312882_blog

商品撮影、いわゆるブツ撮りで、黒いものを黒背景で渋く撮るなんて場面では背景は出来る限り真っ黒がいいわけですな。
だけどホームセンターや100均ショップで売ってる黒い紙や表面が黒のデコラ板、スチレンボードも意外と光ります、ライトの影響を受けない後ろの方にセットする手もありますけど、大きさが必要だし狭い場所じゃ無理。
なので登場するのが植毛布、一般的にベルベット、ベッチン、ベロア、ビロードなんて呼ばれている布で、時代によって呼び方が変わってましたな。(笑)
今回ご紹介するのは「近江ベルベット株式会社」の製品なので、ベルベットで統一させていただきます。(笑)正式名称は「全面植毛 ハイミロン (ニューハイベルソフト)」。
どんなものかと言うと、色付きのものは宝石店のディスプレイなどで見かけたことがあるかもしれませんが、黒はカメラファンの方には馴染みのある素材で、レンズフードの内側やカメラボディー内の内面反射を防ぐのに使われたりします。
随分前ですけどジャンクカメラのレンズを取り出すのに分解したところレンズ取り付け部分の周囲に巻きつけてありましたな。この場合は遮光も兼ねていたのかもしれません。スタジオ撮影でも背景用としてだけでなく、遮光のために使うこともありますからね。
で、ネットで調べてみると「光陽オリエントジャパン」という世界一黒い「真・黒色無双」って水性アクリル塗料を発売している会社があるのですけど、どうやら反射防止素材のメーカーのようで、ここが出してる布地「特級無反射植毛布 太黒門(たいこくもん)」というのはさらにスゴイというのが出てきました。
ただし商品の供給が追いついてないのかずっと品切れ、さらにベルベット生地の3倍以上のお値段。一瞬良さそうって思いましたけど買えないんじゃ仕方ありませんし、どうしてもコレが必要というわけでもないですし、やっぱりお高いのはちょっと。
それに対して近江ベルベットのハイミロンは手芸材料屋さんで普通に買えます。なので家内がユザワヤさんに行った時に買ってきてもらいました。92cm幅なので長さ1mもあれば十分、それで2,000円ちょいぐらいって言ってましたな。(笑)
で、さっそく使って撮ってみました、スタジオでも使われるものですから十分すぎ、ホコリが付きやすいところが難点ですけどね。色も何種類かありますからアクセサリーやジュエリーを撮るのにもいいかと。仕事の宝飾撮影ではドレープを付けたベルベットやサテン生地の上にガラス板を浮かせて配置、その上に宝石を並べて撮ってましたよ。

_t313104_blog

| | | コメント (0)

2022年5月 8日 (日)

デジタルになって使わなくなったもの。

_t312573_blog

普段お世話になっている写真用品についての記事は過去にいくつか書いておりますけど、フィルムからデジタルになって出番が無くなってしまったものって結構ありますな。
特にデジタルカメラが高性能、高機能になってその必要性や使用頻度が減って、持たなくなったモノって多くなったような気がします。
本気で写真を始めるのなら当然持っておくべきものが様変わりしてしまったわけで、露出計なんてその代表じゃないかと。カメラマンの動画を見てても使ってる場面を見かけませんな、カメラがよろしくやってくれるのでその存在自体を知らない人もいるみたい。カメラマンが持っておくべき機材を紹介しているブログや動画でも露出計はまず出てきませんからね。(笑)
オジサンも富士フィルムさんのミラーレス機を使いだして、露出のブレが無いのに驚きました、シャッター押せばまず間違いのない写真が撮れるので、露出補正ダイヤルだけでも十分まかなえます。
だけどどれぐらい補正をかければ自分の思う写真になるのかは、長年露出計を使ってマニュアル露出で撮ってきた下地があるからだと思っています。なのでオールドフィルムカメラも楽しむ方には、持ってて損はない機材だと思っているのですけど全く響きませんなぁ。(笑)
ストロボもデジタルになって高感度撮影が当たり前にできるので、出番が少なくなってしまった機材かと。
オジサンも自宅でテーブルフォトの際は窓からの自然光で撮ってました、職場が写真スタジオだったので、自宅にまで機材揃えてストロボライティングやるかよって気分もありましたな、やりだすと凝りだしてきりがない世界ですから、そこまで入れ込む気はなかったわけで。
なので定年になって必要最低限のライトを激安中華機材で揃えてお家フォトを楽しんでます。(笑)
同じく三脚も必需品ではなくなっていますな。高感度撮影と手ブレ補正機能のおかげで使わなくなっているのでしょうかね。
カメラマンの物撮り動画でも使わず手持ちで撮影なんてのが結構出てきます、ちゃんと撮れてればOKな世界ですから、撮る側の判断ですけど、オジサンには信じられない世界ですなぁ。
仕事頼んでも大丈夫?って不安を感じてしまうのは、古い写真作法の常識しかないオジサンだからでしょうか、いややっぱり三脚は必需品だと思いますな、使わなくなってはイケマセンよ。
露出計、ストロボ、三脚、デジタルだから必要無いのじゃなくて、使ったことが無いから知らないってのも多いのかと。カメラが高性能になって何でも撮れるとはいえ、撮影の幅を広げる道具なのですけどねぇ。
三種の神器とまでは言いませんけど、写真&カメラと向き合いたいのならぜひとも揃えていただきたいですな。

| | | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

デジタイズにはどのフィルムシミュレーション?

「写ルンです」使ってる方や、フィルムカメラに手を染めてしまった若い方は、現像に出すとデジタルデータ化してくれるサービスを、当たり前に利用していることかと思いますけど、コレをお家でチマチマやるのがオジサンのデジタイズ。何しろ今まで撮ったフィルムが山ほどあるのでね。(笑)
で、それに関する記事は過去に幾つか書いておりますけど、基本的なところは変わりません。レンズ交換の出来るデジタルカメラにきちんとマクロレンズを使用して複写、2000万画素を超える画素数なら、簡易タイプのフィルムスキャナーよりも遥かに高画質でデジタイズ出来ますよってこと。(笑)
で、その際の希望として、フィルム固有の特徴を生かす方向でデジタイズしたいわけで。なのでデジタルカメラの色再現の影響は可能な限り排除したいのですけど、完全に無くすことは出来ませんし、メーカーによってもその辺りの味付けが違います。
以前キヤノンさんのEOSを使っていた時は、ピクチャースタイルを忠実設定に設定してました。「色温度5200K程度の環境光下で撮った写真が、測色的に被写体の色とほぼ同じになるように調整されます」って説明書には出てます。つまり晴れた日の10〜14時ぐらいの環境光で撮ればドンピシャな設定。これに近い色温度に合わせてあるライトボックスに、フィルムを置いてデジタイズしてました。
ところが富士フィルムさんのXシリーズを使い出して、これがフィルムシミュレーションに変わったわけで。なのでキヤノンさんの忠実設定に相当するものはありません、近いのはPROVIA(スタンダード)一択。
この設定で撮ってみて不満は全くありませんでした、原版の色合いからかけ離れるなんてことはありません。で、ふと思ったのがフィルムシミュレーションて、実際のフィルムのテイストをシミュレートしているわけですから、原版フィルムを、フィルムシミュレーションを色々変えながらデジタイズしたらどうなるのかってところ。
カラー原版をACROSに設定してモノクロ写真にしてしまうことも出来ますし面白そう。これってデジタイズ的にはスゴイことかもしれませんな。ハナからRawで撮っておけば、後からいくらでもシミュレーションを試せて効率的かも。ただ富士フィルムさんのアプリがあまり使い勝手がよろしくないのよ。(笑)で、やってみました。原版フィルムはVelvia、20年前に東京タワーから撮った街並みです。

_t312549_blog

上の4枚はリバーサルフィルムテイストのフィルムシミュレーション、空の色がかなり違います、クラシッククロームは時代を感じるいい色合いを再現してるなって思うのですけどいかがでしょう。

_t312553_blog

次の4枚はネガフィルム2種と映画用のETERNA、モノクロのACROS。ネガはメリハリのあるHiとニュートラルなStd、どちらもネガフィルムっぽくていいですな、意外と落ち着いた感じがするのがETERNAでした。

_t312561_blog

最後の2枚はおまけで撮ってみたもの、セピアは見ての通り安いドラマの回想シーンぽい雰囲気。ミニチュアはアドバンスドフィルターって特殊効果のフィルターを設定してみたもの。お手軽にそれなり感が出てるかと。こうなるともうデジタイズじゃなくなりますけどね、お手軽で結構面白いかも。(笑)

| | | コメント (0)

2022年2月 6日 (日)

露出なんてカンタンなのだけども。

露出だからといって、肌を露わにしたり、見せてはいけない部位をさらけ出したりって話ではありませんからね、子供に見せても安全安心な写真の「露出」がテーマです。(笑)
過去に露出に関する記事は何度か書いておりますけど、正直響きませんなぁ。アクセス数の少なさがこの話題の地味さを物語ってますよ。同じく露出計の記事も、今時露出計を使って写真を撮る人なんていないのでしょうか、悲しいですなぁ。カメラが高性能になって必要性が低くなっているのは分かりますけどねぇ。
ま、露出計を買ってくださいとまでは言いませんけど、露出をカメラ任せじゃなく、自分で判断して決めるマニュアル露出って、撮ってすぐ見られるデジタルカメラだからこそ、試していただきたいのですな。
シャッタースピードと絞りを自分で決めなくてはならないので、カメラのモードはマニュアルに、ISO感度もオートにしないで固定値に設定、ISO400にしておくのが何かと使いやすいかと。
後は昔からよく言われている法則「晴れた日は、シャッタースピードを感度分の1にすると、絞りはF16になる(Sunny 16 rule)」で撮ってみるだけ。つまりISO感度400にしていると、晴れた日はシャッタースピードを1/400秒に設定したとき、絞り値はF16になりますよってこと。
実際はF16まで絞り込むことはあまりないといいますか、現実的ではないので、絞りを2段開けてF8に、シャッタースピードは2段速い1/1600秒にするのが基準にしやすいかと。
で、曇りの日や、日陰で撮るときは、絞り値を2段開けてF4にするか、シャッタースピードの方を2段遅い1/400秒にするかのいずれかで撮れます。カメラ任せのオートと撮り比べてみていただければ、露出って簡単ってのがお分かりいただけるかと。
決して難しいことでもややこしいことでもないのでね、マニュアルモード時のカメラの使い方を覚えておけば、試してみることができますよ。で、マニュアル露出が簡単にできたからといって、特に何が起こるとかじゃないのですけど、そのまま同じものを、シャッタースピードだけ変えたり、絞り値だけ変えたりして撮ってみてほしいのですな。
何が変わるかと言うと写真の明るさが変わります。カメラ任せのオートにしておいて、露出補正をコントロールしても同じことができますけど、あえてマニュアル露出でやってみる方が、露出って何ぞや?が分かりやすいかと思うのですな。
シャッタースピードや絞りの数値を変えるだけで、明るいキラキラした感じや、ダークで重厚な感じになるという面白さですね。って書いてきましたけど、やっぱり露出ネタは地味ですなぁ。マニュアル露出って面白いのですけどねぇ。(笑)

_dsf1336_blog
記事に書いたのと同じISO感度400、シャッタースピード1/400秒、絞りF16で撮った写真を探したら出てきました。こんな感じです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧