ブログのこと

2022年8月30日 (火)

検索結果がひどくなってるなと感じた件。(笑)

物事を調べる際にネットでの検索はもはや当たり前になっています。オジサンも日々知らず知らずの内に、様々な事柄を検索していますからね。
検索で圧倒的に使われているのがGoogle、yahooJapanもGoogleの検索エンジンを使っていて検索結果は同じみたい、2つ合わせて約9割のシェアだそうですな。
なので検索の上位に表示されるためにはGoogleのお眼鏡にかなうように仕掛けや工夫をこらさなくては引っかかりもしないそうで、SEO対策とか言うやつですかね、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略って出てきましたな。
少しでもたくさんの方に見に来てもらおうっていう仕組みらしいですけど、そのおかげでしょうか、グーグルで検索をしても、個人のブログが最初に出てくる率が低くなってるように感じます。ショッピングサイトなどの企業や、ただの情報をまとめただけのサイトなど、ほとんど役に立たないものが真っ先に出てくるようになりましたな。
SEO対策をしっかりやっておけば内容は関係なく検索上位に表示される仕様に変わったってことなのでしょう。同じ事柄をMicrosoftのBingで検索してみると全く違った結果が出てきますからね。
ネットで物事を調べる時は検索で出てきたものから、参考になりそうなのを片っ端からタブで開いて見ていくのですけど、明らかに他所から持ってきた情報を元に作ったような、掲載写真も流用している内容の薄いものが増えてます、続け様に見ていくと、さっきのと一緒のことが掲載されてるってのがよく目に付きますよ。
わざと目を引くタイトルのものは要注意、中身が無いのをタイトルで補ってるパターンが多くなってる気がしますな。そんなのを避けながら探していくと、やっと個人のこだわり愛が溢れた面白いブログにたどり着けるという。(笑)
埋もれている個人の面白いブログを見つけやすくするBlogMapなんてサービスもあるみたいですけど、全体的に個人ブログはヒットしにくくなっていますな。

20220731-61121_blog

そのせいでしょうかこのブログのアクセス解析を久々に見てみたら、アクセス数が数ヶ月で急に減ってました。それはブログがつまらないからでしょって言われたら、返す言葉もございません。仰る通りとしか言えませんよ、それはオジサンが一番良く分かってますから、そこは突かないようにお願いしたいなと。(笑)
好きでやってるブログですから、アクセス数に一喜一憂する必要もありませんし、面白がってくださる方だけお越し頂ければいいので、そう思えばたくさんの方に見ていただけているなと感じています。
オジサン自身も個人ブログは面白いので、日々たくさんの方のブログを巡回コースにして拝見していますよ。本当はそういうのが一番ネットを豊かにすると思っているのですけどねぇ。(笑)

| | | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

ブログは好きなことだけでいっぱいにしたい。(笑)

記事数が2000を超えたので、今までのことを振り返ってみたのですけどね、始めた頃は見に来てくださる方はほぼ皆無でしたな、ブログの始め方記事などを見ると、3ヶ月ぐらい続けないと反応は無いとか、記事数100を目標になんて書いてありましたな。ま、地道に続けていれば3ヶ月なんてすぐですし、100記事も気が付けばそれぐらいの数にはすぐになりますよ。
少しずつですけど見に来てくださる方が増えていった頃に、プロブロガーなんてブログで生活している人がいるのを知りましたな。正直言って自分の好きなことを載せて食べていけるなんて、世の中そんなに甘くないだろうって思ってましたので、プロブロガーというのは相当才能のある、人を引きつける魅力のあるごく一部の人達なのだろうと思ってました。(笑)
ところがそういう方たちのブログを見ても特に面白いと思わなかったのですな。単なる情報のまとめだったり、メーカーから貸し出してもらった商品のレビューだったり、一番多いのがブログでお小遣い稼ぎや生活していくための収益のノウハウ系でしたな。
なので個性を感じることも無ければ、その人が本当に面白がって書いてる感じがまるでしなかったのですな。個性的な内容よりも、記事が検索のトップに出てくるような仕掛けや仕組みと言いますか、収益につなげるための技術や知識を持った人たちがプロブロガーを名乗っているのだなと。
本当に内容が面白くてたくさんの方が見に来るブログをやっておられる方は、わざわざプロブロガーなんて名乗らないと思いますし、生活出来るだけのお金を稼いでるプロブロガーでも、自分の楽しみだけを書いてる方はいないでしょうな、結局人目につく儲かる記事を書くことばかり上手になるのじゃないかと。(笑)
オジサンはずっと好きなことだけ書いてます、と言うかそれしか出来ない。だから続いているのだと思います、でなきゃしんどくなって止めてしまうのが関の山ですからね。(笑)
なので写真とカメラがメインですけどそれだけでは絶対続かないだろうと思ったので、それ以外のことも書くように最初に決めて名前は「よもやまカメラ」。
写真のブログだからって変に意気込んでネタ切れで身動きできなくなるより、自分の身の回りでその時々の面白いことや目についたこと、思ったことをストライクゾーンをうんと広げてゆる〜く書くのが正解かと。
見返してみると同じようなことを何度も書いてたりもありますし、あれだけフィルム命だったのに、フィルムの値上がりでフィルムカメラの記事を書かなくなってたりと、優柔不断と言いますか玉虫色の心の移り変わりを感じますよ。(笑)

Pen_001_blog

ま、どう見ても若い方や女性に響くような内容じゃありませんし、面白い記事というより最近はグダグダ言ってるだけなのが多くて、どんどんジジイの鬱陶しいだけのブログに近づきつつありますけどね、生きてりゃ日々色々なことが起こりますからネタには困りません。ブログって好きでやらなければただの労働ですから、面白がれるうちは続けますよ。(笑)

| | | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

今日でちょうど2,000記事。(笑)

2000_blog

「あんたアホやな」って褒められたい2,000記事達成。本日この記事で到達いたしましたってホンマ「アホ」ですわ、自分でも思いますもん。(笑)
箸にも棒にもかからん、どうでもエエような駄文をタラタラ書いてるだけのブログですけど、気ぃ付いたら「チリツモ」ですわ、しょうもないもんでも、それなりの数になったら、もう誰も追いつかれへんようになりますからね。
ま、言うたら実績ちゅうか、ボリュームちゅうか、「ブログやってますねん」って人さんに言えるぐらい、それなりにちょっとは自慢でけるもんになったかもしれへんなって感じですわ。こういうモンは細く長く続けてナンボやとつくづく思いますなぁ。(笑)
ブログってなにがしか思うところがあって始めるもんやから、見てもらうもんが無かったらアカンと思いますし、そうなってくるとそれに伴うボリュームってそこそこ必要やと思うんですよ、やめんと続ける、継続は力なりってよお言いますやろ。そやから、まだまだくたばる歳や無いんで、これからも続けさせてもらいますわ。(笑)
思えばブログのきっかけになったんは、若い頃にやっとったミニコミ誌。写真と文章で10ページほどのもんでしたけど毎月発行して100号まで出したんですわ。
その後にそれのブログ版をやったらオモロイんちゃうかって始めたんですけど、当時のブログのハウツーに、記事の数と頻繁な更新がアクセスを増やす秘訣なんて書いてあって、よっしゃ~って毎日更新、さすがに気負いすぎてましたわ、まる1年続けて頓挫、続けんのがしんどなって終了。(笑)
まぁ自分のペースに合うてない走りして息切れして倒れたっちゅうことですわ。もうブログやめじゃ~って思てたんですけどね、やっぱりオモロイしね、またやったろ思て数年後に始めたんがこの「よもやまカメラ」。(笑)
前の失敗もあったんでペース配分考えて、1日おきの更新でスタートして、最終的に火木土日の週4回更新に落ち着いたんですわ、これくらいやったら行けるんちゃうかなって。おかげさんでここまで続きました。
そやけどこんだけ書くと自分でもどんなん書いたか覚えてられへんね、一応テキストデータは置いてて探せるようにしてんねんけど、ネットで自分のブログ内検索した方が早いんですわ。(笑)
始めて9年半ともなると色んなもんが変わってます、記事の内容が古なったり合わんようになったり、紹介や掲載したお店やらモノやらリンク先が無くなっとったり色々ありますわ。
ぶっちゃけ言うて見やすいブログとは思てません、ニフティさんのココログってサービスやから何でも自由にでけるわけやないし、今時のWordPressで作ったのとは全然ちゃいます。でもね、大した内容ちゃうのに立派な目次が付いとったり、行間広すぎ広告多すぎで延々スクロールしまくらな下まで辿り着けへんようなんばっかりで、それよりかはエエんちゃうかなて思てます。(笑)
元々アクセス数かて大したことないし、検索の仕組みが変わったんちゃうかな、個人のブログは最初の方に出てけえへんなって、来る人減ってきてますもん。ま、路地裏にある隠れ酒場みたいに探し出せた方だけ見に来てくれはったらエエんですわ。(笑)
オジサンやからカッコエエなんてハナから無い、立派な志も皆無、ブログで生きてきた証を残したいだとか、ケツ痒~なるような美しいことは言うたりしません、ただ地道に続けるだけ。なので皆様これからも贔屓の程よろしゅうお願い致します。
m( _ _ )m

| | | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

ネット情報、どこまで信じる?

ブログの記事を書くためのネタ帳を補完するといいますか、ネットを見てて気になったことはWebクリップしています。この手のクリップ機能ってブラウザの機能拡張になってるのが多くて、大抵のものはネットを見てる時にコレって思った記事をクリック1つで保存、スクラップが出来るという仕組み。

_blog_20220706115801

オジサンがよく使ってるのがMicrosoftのOneNote、使い勝手が悪くなったEvernoteもまだ使ってはいますがWebクリップ専用の資料置き場になってます。記事書きのメインに使っているUpNoteも完璧にクリップできるわけではありませんが用意されてますな。クリップ機能の出来の良さではEvernoteの機能拡張が一番なのですけどアプリ本体がちょっとねぇ。(笑)
ネットのおかげで知りたいことはすぐに出て来るのが当たり前の時代、記事を書くのには実に便利になりましたけど、それがどれぐらい信用できるのか信憑性と信頼度はまた別の問題だと思いますな。
少し前ですが、神戸で古くから続く某有名中華料理店が閉店するという噂がSNSで拡散しました、最後だからって食べに行ったお客さんで行列ができて、さらに噂が拡散したらしいのですな。
オジサンがいつも巡回している、神戸の情報を発信しているサイトにもすぐ記事が載りました。ところが閉店するしないのまことしやかな情報や、もっともらしい情報が拡散、閉店の真偽が錯綜しだして噂に信憑性が無くなり、すぐに記事は削除されてました。
結局噂は本当で閉店、しばらくして削除されてた記事も復活してましたけど、情報発信サイトなのに噂の信憑性について確かめるための裏付けと言いますか、お店の方への取材とかしなかったのかなってその時思いました。
掲載されてた写真もお店の外観と、入口から中を覗き込んで撮ったものでしたし、中に入って自分の目で確かめることはしてなかったようだったので、SNSの噂が情報源でもとりあえず記事を書くのかなって思ってしまったわけで。
このサイト数年前に記事を書くライターさんも増え、掲載される記事数や頻度も多くなりましたけど、正直なところ以前より内容が薄くなってるなって気がしていたので、オジサンの中では信頼度低下中。(笑)
ま、そもそもネット情報をうのみにするのが危険なわけで、ネタ拾いや記事を書くきっかけに利用するのはいいと思いますが、そこから先どれだけ調べるかは大切だと思います。
オジサンも思い込みで間違ったことを書いてたのに、後から気が付いたなんてのが実際ありました。なので記事を書くのに必要な情報は、複数の検索結果を見て確かめるようにしています。確かめられなかったものはその旨を書くか違う書き方をするようにしています。今は間違った情報でも一気に拡散する時代、気を付けなくてはならないことが多くなりましたからね。

| | | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

ニフティで作ってほしいサービスを考えたら。

ニフティさん35周年のお題の記事を書いてエントリーに「ニフティでつくってほしいサービス」ってのが上がってたので色々考えてみました、だけどオジサンが考えつきそうなものって、すでにあったりします。なのでウケねらいや、笑かし系サービスはどうかなって思ったのですけど怒られるだけかもってやめました。(笑)
で、思うのですけど35周年ってことは、その頃パソコン通信をやってたような若造ユーザーは、オジサンも含めて皆さんええ歳になってますから、先を見据えてデジタル終活サービスなんてどうでしょうね。
早いハナシ高齢者向けに特化したエンディングサービスね。質問に答えていくだけで今まで歩んできた人生の壮大な年表ができて、死後遺族にメールしてくれちゃうとか、死んじゃったあとでパソコンやスマホの中から出てきたらマズイものを、予めクラウドで全部保管。お亡くなりが分かったら速やかに消し去って無かったことにしてくれるなんての「ニフティあんしん終活宣言」なんて名前どうですか。(笑)
きっとこの先、ネットはスマホやタブレットで日常的にやってるお年寄りが増えると思うので、需要はあるのじゃないかって思うのですけどねぇ。ま、それこそウケねらいじゃないか、バカヤローって声が上がりそうですけどね。(笑)
現実的な所を真面目に考えてみますと、ココログでどんなブログが有るのか、もっと見渡しがきくようになったらなって思います。ココログのトップページには新着記事やカテゴリーがありますけど、お目当ての記事を探すにはカテゴリーが細かくないし、見やすいとは思いません。

_blog_20220701085701

ランキングもPV情報のほか運営独自の基準って書いてありますけど、何が基準になってるのか分からないと言いますか、いつも同じ方のブログばかりランキングされてますしね。ま、無料のサービスでブログをやってる人は対象外でしょうから、オジサンのブログがランクインすることはないでしょうけど。(笑)
ココログでブログをやってる方ってたくさんいると思うので、読みたい個人ブログを探すことができる「BlogMap」ってサービスみたいに、読みたいココログをさっと探せるサービスをやってもらえませんか。
トップページのココログピックアップで、こんなブログが有るのかって初めて知ることが多くてね、たくさん個性的なブログが有るのに、ココログのページから見つけられないなんて、なんだかなぁっていつも思います。
ココログ自体ももっと便利で使いやすく、見やすくする事はできると思いますし、ココログやりたくてニフティに入りましたって方が出て来るぐらい魅力的にするのもサービスのひとつだと思いますけどねぇ。

| | | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

パソコン通信でつながる、始まりはニフティサーブから。

ニフティさんがサービスを開始してから今年で35周年だそうで、あらためておめでとうございます。よくぞ続けてくださいました。(笑)
つたない記憶をたどって記事を書きますが、思えばオジサンのパソコンライフは、NECの98シリーズが国民機なんて言われていた頃、大阪日本橋のパソコンショップでデモンストレーションを見て、当時まだまだマイノリティだったアップル・コンピューターのMacintosh LCを購入したのが始まりで、パソコン通信に手を染めたのもその頃でした。
まだインターネットなんてものは無くてパソコン通信だった時代、国内ではアスキーネットとPC-VANも有名でしたけど、アメリカのCompuserveの日本版なんて言われてたニフティサーブ(NIFTY-Serve)に入会してデビューしたわけで。導入パックやイントロパックなんて呼ばれてた加入権の冊子がモデムやパソコンにバンドルされてたりしましたな。
パソコン通信は当時ネットコミュニケーションの花形でしたから活用ハウツー本もいっぱい出てましたし「NetWorker」や「パソコン通信」って専門雑誌もありました。ニフティさんも「ONLINE TODAY JAPAN」って会員向け情報誌を発行してましたね、購読方法のお知らせがまだ残ってましたよ。(笑)

_t313211_blog

今のネットの状況からは想像できないでしょうけど、パソコン通信って黒い画面に白い文字だけがズラズラ表示されるテキストだけの世界、当然画像も動画もありません。だけどそんなニフティサーブにどハマリしたわけで。
ニフティサーブの中に入ると「フォーラム」と呼ばれていたたくさんの部屋のようなジャンル別コミュニティがあって、そこに参加するのが楽しかったのですな。
1テーマ1フォーラムが原則だったので実にたくさんのフォーラムがありました。ひとつのテーマに同好の士が集まり語り合うネット上の秘密基地と言いますか大人のサロンのような感じが好きでねぇ。(笑)
フォーラムにはシスオペ(フォーラムマネージャー/システムオペレーター)と呼ばれる運営責任を担う人がいて、フォーラム内での喧嘩や誹謗中傷などのトラブル対応などをしてくれてました。シスオペがいいと人が集まるってのもありましたな。フォーラムで分からないことを質問すると、すぐ返ってくるレスポンスの良さも魅力でしたよ。
オジサンが主に入り浸っていたのは写真フォーラム。その中にもカメラメーカーごとだったり、たくさんのフォーラムがあって、普段はハンドルネームで呼び合い、文字だけのコミュニケーションのフォーラムメンバーが実際に集まって飲み会などをやる「オフ会」も時々参加してました。
会ってみて初めて女性だと分かったり、若い方だと思ってたのが年配の方だったり。だけど普段やり取りしている仲間でしたからすぐ盛り上がって楽しかったなぁ。(笑)そうそう写真フォーラムメンバーで全国巡回写真展をやったのを思い出しました。神戸で開催の時は設営などでお手伝いさせていただきましたよ。
その後インターネットが主流になってパソコン通信もフォーラムも衰退して行きましたけど、これは時代の流れかと。気が付けば30年近くオジサンのネット環境はずっとニフティさんでしたな、もうなんだかそれが当たり前になってます。なのでこれからもよろしくお願いいたしますよ。

| | | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

ブログのアクセス数?どうでもエエでしょ。

いつかこのブログをWorld Press使ってカッコよくしてやるぜ、なんて思ったこともありましたな、思っただけでそのまま数年過ぎました。(笑)
あの頃に比べるとWorld Pressもどんどん敷居が低くなって、誰でも使えるみたい。世界中のホームページやブログの1/4で利用されているそうですけど、これだけ普及すると新鮮味を感じなくなったと言いましょうか、カッコよくする気持ちが、なんだか冷めてそれっきり。(笑)
その辺り、ブログに対する気持ちの変化も大きかったですな。以前は記事数が増えるにつれ、過去記事を検索しやすく、どんな記事があるのか見渡しがきくようにしたいという思いがあったのですけど、このブログは丁度9年目、記事数はもう少しで2000越え。そうなると過去記事は内容が既に今時と合わなくて、古くなっているのもそれなりにあります。
流行り廃りに左右されないような内容をって考えながら書いたつもりでも、読み返すと古臭かったり。デジカメやパソコン関連記事なんて既に昔話、そんなのが検索で出てきてもただのタイムカプセル発掘ですからね。(笑)いっそ新たに今の流れを盛り込んで書き直しちゃった方がいいなと、読み返していて思ったわけで。
新鮮な記事の方が見ていただけるでしょうし、何よりやってるオジサン自身が楽しいって気が付いたのですな、やってて楽しいってのはスゴク重要ですからね。これだけ続いたおかげで毎週のルーチンワーク化してますけど、そこに楽しみがあるわけで、ネタが浮かばないと焦りますし、記事に合う写真を撮ったり、探したりするのも手間がかかるのですけど、止めないのは楽しいから。(笑)

_blog_20220228175101

このブログのアクセス数は、毎日大体300〜500ぐらいの間、コレってブログを始めて記事数が100を超えた頃からほぼ変わっていません。お正月や休みの時期に少し増えたかなぐらいで推移しています。
だけどこのアクセス数に興味が無くなったと言いますか、そこに目的や目標がもはや無いのですな。むしろこれは、わざわざ時間を割いて見に来てくださる方々からの、日々のありがたい手応えだと思えば、オジサンにとって十分過ぎるアクセス数ですから、感謝しかありません、もう十分な量なのでありますよ。
なのでアクセス数より記事が重要。記事になりそうな面白いネタは、日々の生活の中に絶対ありますから、それに気付くかどうかがキモと言いますか、見つけるのも楽しい部分だったりします。それを記事にする時も、これだけ書いてきたのだから、何とかなるだろうって気持ちがどこかにありますな。
後は途切れさせずに、どこまで続けられるかってところかと、続けるってダラダラやってるのじゃなくて、明確な意思表示ですからね。持続は力、続けてきたことのボリュームで語れる話も先々あると思って書き続けますよ。(笑)

| | | コメント (0)

2022年3月22日 (火)

お題の記事はちょっと新鮮でしたな。

ココログさんの「お題の記事を書いてポイントGET」って企画。今回で定期的にお題を出すのは最後だそうで、さらに募集期間も3月だけのひと月間とのこと。確か2020年の9月スタートだったと思いますけど、当初からエントリーが少ないってこぼしていたので、その辺りが打ち切りの理由なのかもしれませんね。
で、今回のお題の中に「小さな冒険/ちょっとしたいつもと違う行動」ってのが出てたのですけど、オジサンにとっては、お題の記事を書くってこの企画自体が「ちょっとした」どころかかなりいつもと違う行動と言いますか冒険だったわけで。そもそもこの手の応募、エントリー系のものに参加してみようなんて思うこと自体がまるで無いですから、かなりイレギュラーな行動なのですよ。
たまたま見ていたスタッフブログにエントリーが振るわないって書いてあったのを見て魔が差したといいますか、悪魔が囁いたといいますか、出来心といいますか。(笑)
そんなにエントリーが少ないのなら、ここは一発人助けで応募してやろうかって、オジサン調子に乗って記事を書いたところいきなり2つも入選しちゃって、褒められて伸びる子みたいに、さらに調子に乗ってしまったという。なのでそれ以来、お題が出ると毎回記事を書いてました。

2_blog_20220321144401

なかなかエントリーが集まらなかったようですけど、そもそもブログって自己発信の要素が強いと思うので、自分の想いや気持ちに沿ってだと、書くことや言いたいことがどんどん出てくるでしょうけど、逆に与えられたお題に合わせて文章を書くってのは、まず無いのじゃないかと。その辺りをあえて面白がってチャレンジしてやろうかって思ってもらえるかどうかがエントリーするかしないかの分かれ道だったのではないでしょうか。
特に物事を深堀りした内容の濃いブログが多い(気がしている)ココログさんですからなおさら、書きたいことは山ほどあるから、お題なんていらねぇよって方からは、見向きもされなかったのじゃないかと。正直なところオジサンも最初は全然気にもとめてませんでしたからね「ふ~ん」って感じ。(笑)
だけどこれぐらいなら書けそう、さらに運よく入選したら儲けもんぐらいの気持ちで書いてみたところ結構面白かったわけで。アレッ?お題に合わせても結構文章って思い浮かぶなって思いましたよ。自分自身では絶対取り上げないようなお題が出るのも新鮮でしたしね、中には全く経験と知識が無いので書けないお題もありました。
そんなのも含めて新鮮だった「お題の記事を書いてポイントGET」ちょっとだけいつもと違うブログを楽しめました、ありがとうございます。次もしやるのなら、毎月たった一つだけ、誰も書けないようなブッ飛んだお題を出すってのも面白いかもしれませんな、締切まで24時間しか無いとか、古語で書かないとダメとかね。(笑)

| | | コメント (0)

2022年3月 1日 (火)

ブログを止めるな!(笑)

長期入院が決まった時、真っ先にどうしようって思ったのがこのブログ。
カクカクシカジカこのような事態になりましたので、しばらくお休みさせていただきますって、告知を兼ねた記事を書こうかと思ったのですけど、せっかくここまでやって来たのですから休まずにいつも通り、火木土日の週4回更新を継続したいって気持ちがありましてですね〜、
そうなるとこれはもう退院予定日辺りまでの記事を、先行して書いてから入院するしかないなと覚悟を決めて、12月頭から年明けの入院日ギリギリまでひたすら書きまくってました。(笑)
入院時にiPad miniとモバイルキーボードを持って行ったので、記事は書けたのですけど、今まで撮った写真は全て自宅のデスクトップパソコンの中ですし、入院生活がどのようになるのか、その時点では読めなかったので、病院で書いてアップするのは最終手段ということにして、こうなりゃ可能な限り記事を仕上げて入院してやるぜって、キーボード叩きまくってましたよ。(笑)
もうね、一体どの日の記事を書いてるのか、分からなくなるぐらい、常に4〜5本の記事を並行して書いてました。普段からネタ帳付けておいて良かった〜ってホント思いましたな。
でもネタ帳すっかり枯渇、閉店間際の寿司屋じゃないけど、新鮮なネタはほとんど使い切りましたよ。ま、入院中に新たに仕込みましたけどね、入院なんてのは非日常な体験ですから、記事になりそうな美味しいネタは色々見つかりましたな。(笑)

L37875_blog

で、結果的に年末、1月、2月分とプラスアルファ分の40本ほどを書き上げて、掲載写真を撮ったり選んだりして貼り付けて、カテゴリーと公開日時指定をしてココログに登録の後入院しました。
これでブログは心配なし、止めることなく治療に専念できるのでホッとしましたって、ただのアホですな、オッサン何ガンバっとんねんって自分にツッコミ。(笑)

_blog_20220228175301

やってみて思ったのですけどね、数本の記事を並行して書くのって意外と書けるものですな。文章が出てこなくなったら、無理に捻り出そうとせずに、その記事はしばらく放置して、他の書きかけの記事に向かうという、まるで鶯の谷渡りみたいな方式で書いてました。使ってたアプリはもちろんオジサン一推しの「UpNote」。書きかけをクイックアクセスに登録しておくと、鶯の谷渡りがやりやすいのよ。(笑)
で、もしも入院が長引いた場合も視野に入れつつ、書けそうならトコトン書いてやるぜって感じで書いてましたな。もしも短めで退院できた場合は、記事を入院ネタと差し替えられるように、入院中もだいぶ書き溜めましたよ。カメラが無かったのでiPadで写真を撮ってました。
そんなこんなでブログを止めるなチャレンジ、まさか入院してたなんて気が付かなかったでしょ。(笑)

| | | コメント (2)

2021年10月19日 (火)

ブログのきっかけは、ミニコミ誌から。

ブログを始める前は、紙媒体のミニコミ誌を個人で発行してました。A5サイズで10ページ、月1回発行。その頃普及しだした、写真画質が売りのプリンターを駆使してプリントしたものを、ホッチキス止めして製本してました。
街歩きで自分が撮った写真と、街にまつわるテーマに合わせた記事を書いて、ページレイアウトソフトで誌面を作るという、原稿執筆、写真撮影、編集、デザイン、印刷、配布のすべてを手作りしていたわけで。その頃アイデアを書き付けてたノートがまだ残ってましたよ。(笑)

_t311617_blog

写真画質のプリンターが個人で買えるようになったのと、撮っていた写真で何か発信できないかって考えたのが始めたきっかけでしたね。地元の喫茶店に置いてもらったり、友人知人が主な読者だったのですけど、面白かったなぁ。結局8年ちょっと、100号まで発行したところで区切りをつけました、それなりにコストがかかっていたのでちょうど潮時だろうと。(笑)
その頃ブログの第一次ブームでしたな、有名人や芸能人のブログがニュースになったりしてましたね。だけどオジサンはまだ関心がなくてといいますか、知識もなくて、ただ見てるだけ〜の人でした。ま、あの頃のブログって日記みたいなのが多かったので、ブログってそんなのって思っていたのですな。(笑)
その後、SNSが登場してきて、世間の関心がそちらに移って、ブログがやや下火になった頃だったと思いますが、ミニコミ誌でやっていたことをそのまま電子版にしたら面白いんじゃないかとブログを始めました。
その頃売ってたココログさんの解説本も買い込んで、付録のDVDを見まくって始めたのが、このブログの前身のブログだったのですな。
ミニコミ誌をやっていた時に、続けることの大切さを感じていたので、ブログでもそれを実践、毎日更新して丸1年間続けましたけど、さすがに気負いすぎでしたね、頓挫しました。(笑)自分のペースに合ってなかったのが原因だったわけで。
ただミニコミ誌と比べて発信力は別物、世界中からアクセスできるわけですから、海外からのコメントも頂きましたし、ココログさんのアクセス解析で状況が分かりましたし。なのでコメントを頂いたりすると、ついつい面白いこと書かなきゃって思っちゃうのですな。関西人ってサービス精神旺盛ですからね。(笑)
で、頓挫して数年後、やっぱりもう一度って思い、始めたのがこの「よもやまカメラ」です。力を入れすぎない、かと言って脱力しないでカメラと写真のことを中心によもやま話もってスタートしました。
気がつけば8年と8ヶ月、記事数も1800超え。100号まで発行したミニコミ誌よりも続いています。やっぱり「継続は力なり」かな。(笑)

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧