« ブツ撮りの撮影台って、実は高さが重要なのよ。 | トップページ | プロを名乗るのも安く付く時代。 »

2024年6月15日 (土)

センサーの手入れどうしてますか?

_t317125_blog

ある日のこと撮った写真をパソコンで確認したらゴミが。複数の写真の同じ場所に影のように写っていたので、これは紛れもなくセンサーにゴミがくっついてるなと。
さっそくブロアーで吹き飛ばしてみましたが取れなかったのですな。これはもうセンサークリーニングしかありません。しばらくやってなかったのでこの際だから手持ちの3台を一気にクリーニングしましたよ。
センサークリーニングって万人にお勧めできるものではありません、センサーを傷付けてしまってはカメラが終わりですからね。
スキルや自信の無い方はメーカーのサービスセンターでその道のプロにやってもらってください。料金はそれなりに掛かりますけど、自分が出来ないことをやってもらうのですから当たり前ですよ。
フィルムカメラのように毎回フィルム代と現像代という出費がかさむわけじゃ無し、バッテリーの充電代ぐらいの低コストで写真を楽しめるのがデジタルカメラですから、プロのメンテナンスでお金がかかることや、料金が高いなんて言ってはいけませんな。(笑)
で、オジサンはお金も無いし、サービスセンターは遠いし、料金が高いって思っている罰当たりなデジカメユーザーなので、自己責任で自分でやってます。センサークリーングって、それ自体はそんなにややこしいものではないのでね。

_t317129_blog

必要なのは無水アルコールとクリーニングペーパーと平たい竹串。無水アルコールはドラッグストアで買えます。消毒用はダメですよ、アレは消毒効果が一番高くなる70%程度の濃度になるように水分が混ぜてありますからね、水気の全く無い「無水」じゃないと精密機器には使えません。オジサンはそれを「ハンドラップ」というワンプッシュで適量取り出せる容器に詰め替えて使ってます。
それからクリーニングペーパーは「シルボン紙(ダスパー)」って毛羽立たない特殊な紙を使います。これでセンサーもレンズも両方いけますよ。ヨドバシなどの大きなお店じゃないと置いてないのでネットで買うのが手っ取り早いかと。
オジサンも数年前にネットで2束入りを買ったのですけど1束500枚なので一生分ありますな。(笑)で、このペーパーにホコリが付いては意味が無いですからフリーザーバッグに小分けして密封保管、使う分だけ出して使ってます。
竹串は100均で買った、つくね用の平たい串の先を削ってマイナスドライバーのように薄くしたものを使ってます。割り箸を削っても作れますよ。

_t317124_blog

ここから先クリーニングの実際についてはオジサンの文章よりニコンさんのサイト内にある「カメラのお手入れの基本」ってところを見ていただければイイかと。動画もあるので分かりやすくセンサークリーニングを学べます。
で、実際のクリーニングですけど、まずカメラを外に向けて絞り込んで空を撮影。その写真を見て汚れ具合を確認後、センサーを無水アルコールで拭いて、再び空を撮影し汚れの取れ具合を確認するという流れ。最初の確認であまりにもゴミだらけで愕然としましたな。(笑)

_t317039_blog
_t317042_blog

掲載写真はクリーニング前のゴミだらけ状態と、2回拭いた後のきれいになった状態。ゴミが完全に無くなるまで神経質に拭くのもなぁって思っているので、写りに影響が無い程度といいますか、撮った写真を見て分からなければOKとしています。
もし自分でやってみようって方はあくまでも自己責任で。オジサンも最初、失敗したらどうしようってビビってたので、当時もう使ってなかった古いEOS Kiss X2で練習してから挑みましたよ。それ以来何度もやってきたので今では慣れたもんです。(笑)

| |

« ブツ撮りの撮影台って、実は高さが重要なのよ。 | トップページ | プロを名乗るのも安く付く時代。 »

写真生活、お役立ち」カテゴリの記事

コメント

 デジタルの厄介な一つは、センサーのゴミの付着ですね。
 最近は、あまりレンズ交換をしないので、サービスに出すことななくなりました。

 以前、購入したら油のようなものの付着があり、サービスにお願いしましたが、最近はブロアーだけで対処できています。
 5倍のルーペで、ついているところを確認して、軽ーく飛ばしています。F8までしか絞らないので、今のところは目立っていません。

 知り合いのセンサークリーニング・・・乾いた綿棒だけでOK・・・は、試せていません。
https://hanchan.jp/archives/11185

投稿: fujileica | 2024年6月15日 (土) 09時46分

fujileica様、こんにちは。
リンク先を拝見しました。ガラスと綿棒の硬度を考えると理論的には間違いではありませんが、付いているゴミ自体がどんな物質か分かりません。もし仮にガラスより硬いものだったとしたら、アルコールも付けずドライで拭くのはいかがなものかと。乾いた綿棒で拭くのはこの方個人の成功例だと思いますから自己責任の世界ですね。
私はメーカーのサービスセンターがアルコールを付けてクリーニングしているのは、お金を取るためじゃなく、それが必要かつカメラのためだからやっていると解釈しています。なので乾いた綿棒では絶対拭きませんね。

投稿: よもかめ亭主 | 2024年6月15日 (土) 12時33分

Pentax Q10の場合は素子が小さくシャッター幕が無いので、マスキングテープを貼って剥がしてます。
剥がすときにゴミと汚れを粘着してくれます。
半透明で弱粘性の糊残りの無いテープです。
α7はシャッターが有って素子が大きいので今のところは用心してブロアーで吹くだけにしてます。

投稿: 神戸の住人 | 2024年6月15日 (土) 22時03分

神戸の住人様、おはようございます。
Pentax Qが出た時、大阪駅のヨドバシ側の広場みたいなところでイベントをやってたのを見に行ったことがあります。ちっちゃくて、かなり心が動いたカメラでした。(笑)

テープ剥がしでゴミ取りですか、誰も思いつかない方法だと思います、私は怖くてできません。

投稿: よもかめ亭主 | 2024年6月16日 (日) 06時18分

センサーのゴミ取りですか? デジカメを使い始めて20年ぐらい経ちますが一回もやったことないですよ。

コンデジは構造上ゴミ取りはユーザーには出来ないし、一眼(レフ)タイプでもなかったですね。目につくような斑点も見かけませんでした。

外では絶対にレンズ交換はしませんし必要がある場合は複数台で持って行きます。勿論、交換時にも気を使って長時間センサーを剥き出しにはしませんし吐く息も止めています。

以前は液晶に保護フイルム貼っていましたが今じゃ全くしていません。なんかこういうグッズはサードパーティのせこい小銭稼ぎみたいでイヤですね。

投稿: 回答キッド | 2024年6月17日 (月) 16時53分

回答キッド様、こんにちは。
私は単焦点レンズばかり使うので、レンズ交換の頻度はズームレンズをお使いの方よりは高いかと。なので頻繁にするわけではありませんが、センサークリーニングは必須科目になってます。
自前でやるようになったのはその辺の事情もあります、サービスセンターですと高いですからね。(笑)
仕事で使っていたEOS 5D MarkIIは保護フィルム無しで13年間使いましたが傷なんて無かったですよ、丈夫なもんですね。
今使ってる富士のカメラは買ったときにサービスでくれたので貼ってますが、効果の程は分かりません。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2024年6月17日 (月) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブツ撮りの撮影台って、実は高さが重要なのよ。 | トップページ | プロを名乗るのも安く付く時代。 »