« お日様頼みのソーラーパネルに、過度の期待は禁物。 | トップページ | X-T30とX-S10はどっちが楽しいか。 »

2024年1月18日 (木)

膨張が止まらない互換バッテリーにサヨナラを。

デジカメの互換バッテリーが使っている内に膨らんできて、カメラからの出し入れの時に引っかかりを感じるようになったので、外付けのバッテリー給電ボックスを自作したという記事を書いたのが昨年の4月30日。その後さらに膨張が進み、カメラに入れようとしたら途中で止まってしまうぐらいの肥満具合になりました。
コレ無理に入れたら間違いなくカメラが壊れます、取り出せませんしね。なので自作給電ボックスを作って正解、お家でのブツ撮り&テーブルフォトはもっぱらこれを使って膨張バッテリーを外付け運用。

_t316830_blog

そもそもリチウムイオンバッテリーは使い続ければ中の電解液の酸化によりガスが発生し、それにより膨らむのだそう、なので多少の膨張は気にしなくても大丈夫だそうです。
そういえばオジサンが使っている富士フィルムさんのデジカメ純正バッテリー「NP-W126」と「NP-W126S」は最初から微妙に凹んで作ってありますな。
数年前でしたか「価格.com」のクチコミに、凹んでいるのは不良品ではないのかってスレッドが立ってましたけど、富士フィルムさんのFAQの中に「バッテリー NP-W126S と NP-W126 の違い FAQID : 000004470」と言うのがあって、その中に
『リチウムイオンバッテリーは、劣化が進行した場合、内部でガスが生じ多少膨らむ事があります。密閉しているために膨らむこと自体は電池自体の特性によるものであり、しっかりと安全性の対策も行っておりますが、膨らむことでバッテリー自体の抜き差しに問題が生じる可能性があるため、充電式バッテリー「NP-W126」および「NP-W126S」はあらかじめ若干の窪んだ外装となっております。』
という記述がちゃ〜んとあります、クチコミに投稿する前にきちんと調べずに書き込んだのでしょうなぁ。(笑)
つまり純正バッテリーは使っている内に膨らみますよって先々のことを想定して製造しているのに対し、互換バッテリーはそんな細かい配慮なんて無いですから膨らんでカメラに装填できなくなったら終わり、そもそもそういう品質の物ってことでしょうな。
これを書いている時点での価格を調べたところ、富士フィルムさんのショッピングサイト「フジフィルムモール」で税込み7,920円、某互換バッテリー2コセットが税込み2,088円、1コ当たり1,044円ですから安さに負けて買ってしまうのも分かりますって言うか、オジサンも以前はそうでした。だけどやっぱりやめといた方がイイでしょうな。
現在残ってる互換バッテリーは3コ、あとどれぐらい使えるのか調べてやろうと充電回数を「正」の字でメモに付けてたのを見たら、昨年1年間で91回充電してましたよ。
1コ当たり30回ってことですから結構な回数充電しているように見えますけど、実は満充電しても全然持たなくなってきているのですな、すぐに力尽きてしまうので充電回数だけ増えてるという結果、もう十分使いましたから頃合いを見て順次電池回収に出すことにしますよ。
互換バッテリーを使うのは自己責任ですから、カメラに入れっぱなしにしてて膨張、出てこなくなりましたなんてことの無いように、お使いの方はご注意くださいませ。安いバッテリーで高いカメラをダメにしたら泣くに泣けませんからね。(笑)

| |

« お日様頼みのソーラーパネルに、過度の期待は禁物。 | トップページ | X-T30とX-S10はどっちが楽しいか。 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

買ったもの、ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お日様頼みのソーラーパネルに、過度の期待は禁物。 | トップページ | X-T30とX-S10はどっちが楽しいか。 »