« フィルムを使わなくなっても手放せないカメラたち。 | トップページ | 市場の思い出はこれが最後なのかも。 »

2022年2月20日 (日)

写真のポジションも変わりましたな。(笑)

SNSをまるっきりやってないのですけど、検索してリンクをクリックすると、そういうところに飛ばされることがよくあります。一番多いのはTwitter、次がInstagram、Facebookはあまりありませんな、人気がなくなってるの?(笑)
いずれにせよアカウントを持ってないので、見れたり見れなかったり、少しだけ見れたりした後、すぐにログイン画面が出てくるので、うっとおしくなってページを閉じてしまいますけどね。(笑)
そういうのに掲載されてる写真って、スマホで撮られているのが圧倒的に多いと思うのですけど、きれいに撮れてますな。今時はエモいって言わなくちゃならないのですか、そうですか。(笑)
そういうエモい写真を投稿して活動している、SNSフォトグラファーなんてのもいるそうですな。それで飯を喰おうっていうより、ウケ狙いと言うか、注目されたいってのが目的なんでしょうなぁ。

Note_blog

「note」ってのも目にするのですけど、説明によると「誰もが安心して創作を楽しんで続けられるメディアプラットフォームです。」とありました。参加しているクリエイターの作品(コンテンツ)を見たり買ったり、交流ができるというのが売りみたいですな。オジサン最初そのあたりがよく見えてなくて、ブログと何が違うのか、さっぱり分かりませんでしたよ。
検索した際に引っかかったりするので、noteの中にある写真やカメラにまつわる、クリエイターのコンテンツとやらを色々見てみましたけど、特に何かがすごいってのは見当たりませんでしたな。
クリエイターなんて書いてあるから、もっと尖ったものかと思っていたのですけど、そうじゃなくて、普通の人だろうが企業や団体の人だろうが、誰でもがクリエイターになって楽しめるってことみたい。そのコンテンツの中には、職業として成り立ってる本物のクリエイターや、その業界では有名人なんて方もいるのでしょうけど、残念ながら見つけられませんでしたな。
ガチで写真だのカメラだのに言いたいことがあるって感じじゃなく、私の世界観はこんなのみたいなのが多くて、これも今時の写真なのかなぁって思いました。
この手のサービスに投稿される写真に感じるのは、共有や共感のための道具なのかなってところ。きっと写真以外のものが流行ると、そっちに流れるのでしょう、フィルムで撮った写真はエモいなんて言ってる若い方も、先々のことは分かりませんよ。
デジタルになって写真の作法はガラリと変わりましたけど、ポジションも変わったのを感じます。大量に撮られて、次々投稿される写真に、どんどんついて行けなくなってますよ。(笑)

| |

« フィルムを使わなくなっても手放せないカメラたち。 | トップページ | 市場の思い出はこれが最後なのかも。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィルムを使わなくなっても手放せないカメラたち。 | トップページ | 市場の思い出はこれが最後なのかも。 »