« 激安中華ストロボPhotoolex M500を使ってみました。 | トップページ | 無くなって、惜しいと思えるお店が少ない。 »

2021年11月 2日 (火)

看板に偽り無し、サンドクリーン業務用布タワシ。

_t311285_blog

家で料理を作る機会が増えて、レシピだけでなくそっち方面の動画もよく見るようになったのですけど、その中で料理と関係ないのについつい見てしまったのが、中華料理店の中華釜枠(五徳)の焦げ付きを落とす動画。
我が家にも同じぐらい焦げ付いたまま、落とす事が出来ずにそのまま長年使っている鍋があるので、みるみる焦げ付きが落ちていく様を、思わずガン見してしまったのですな。(笑)
メーカーとのタイアップでも宣伝でもないって断りのテロップが最初に入るので、これは期待できそうって見てたら本当に焦げ付きがきれいに落ちてピカピカになっちゃったという、まことに分かりやすい動画でした。興味のある方はコチラです。(笑)
で、コレは試して見なアカンでしょうって事で、さっそくAmazonで注文。吉と出るか凶と出るかは使って見ない事には分からないのですけど、過去に何度かチャレンジして、ことごとく惨敗している我が家の鍋の焦げつきに新兵器投入って事で、購入時価格1,210円と、タワシとしては高いかなって思ったのですけど買って見ました。
結果は看板に偽り無し、スゴイわコレ。ホンマにアッサリ頑固な焦げ付きが落ちましたからね。今までステンレスタワシや、スコッチブライトや、激落ちくん(メラミンスポンジ)などなど頑固な汚れ系タワシ類や、クレンザー、重曹、過炭酸ナトリウムなどの薬品系もチャレンジして見ましたけど、ここまでガッツリ焦げ付くとさすがに歯が立ちませんでしたよ。
取っ手が壊れたら買い替えよっかって言いながら使い続けておりますけどね、そういうのに限って丈夫だったりするのですな。全然壊れるそぶりも無く、どんどん焦げ付き領域が拡大していったという、気がつけば写真のような有様。
底面は割とまめに磨いていたので焦げ付きが少ないのですけど、側面がほぼ真っ黒。もうどんな武器を使っても受け付けないほど、頑固な焦げ付きになってしまってるわけで。(笑)

_t311340_blog

で、使って見ました業務用布タワシ、商品名は「サンドクリーン 荒目」コバックスって会社が作ってて、アサヒサンレッドって会社が販売しています。
手触りはガシャガシャした感じですけど、ステンレスタワシのように刺さったり、手を切ったりは無いですな。これを水に浸して使うわけで、一番焦げ付きがひどい部分をチカラいっぱい磨いて見たところ、数秒で落ちだして鍋肌が露出。おおっこれはスゴイってんでガシガシ、30分かからずにピッカピカになりましたよ、ただし超汗だくになりましたけどね。(笑)

_t311343_blog

家内がいない時を狙って磨いたので、そのまま流しの下にしまっておきました。晩御飯の用意で取り出した時に「お〜っ」って歓声が上がってましたな。なんだかピカピカになると嬉しいもので、次は魚焼きグリルの焼き台の焦げ付きを落としてやろうかと思っておりますよ。(笑)

| |

« 激安中華ストロボPhotoolex M500を使ってみました。 | トップページ | 無くなって、惜しいと思えるお店が少ない。 »

買ったもの、ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激安中華ストロボPhotoolex M500を使ってみました。 | トップページ | 無くなって、惜しいと思えるお店が少ない。 »