« LAOWA 65mm F2.8 2倍マクロ テーブルフォト編 | トップページ | iPad miniのバッテリー、無くなるのが早く感じるワケ。 »

2020年7月12日 (日)

カメラが撮ってくれた写真、自分で撮った写真。

L40042_blog

今時のカメラもスマホも、いかなる状況でも間違いなくキレイな写真が撮れますな。スマホの場合はカメラの性能より、裏で画像処理をするアプリの出来が良いのだと思いますけどね。(笑)
で、昔の失敗写真の三大原因だった露出、ピンボケ、手ブレはすでにカメラが全部肩代わりしてヨロシクやってくれる時代に、写真を撮る楽しさはどこにあるの?ってフト思ってしまった事を書こうかと。
今年初めにテナックスⅡのレンズをXマウントで使えるように改造してからすっかり楽しくなってしまって、オールドレンズ漬けになってます、純正レンズの出番が全然無い。(笑)
撮ってて思ったのですけど、オールドレンズを使う時って、当然ながら自分でピントを合わせるところからスタートします。一番じっくりやらなくてはならない部分。ところが純正レンズだとシャッター半押しでオートフォーカスが瞬時にピント合わせ、そのまま安易にシャッター押しちゃったりするのですな。
で、失敗するのかっていうと、どれもキレイに撮れてて特に不満も出ないところに実は不満が。(笑)写真を撮る事に変わりはないのに、オールドレンズであ〜だこ〜だやりながら撮っている時の方が充実感が断然濃いという。カメラとの共同作業というより、自動的にヨロシク撮ってくれました感がどこかにあるからかもしれません。
考えてみれば今時のデジタルカメラって、カメラというより映像コンピューター。便利な機能満載でおよそ考えつく事は何でもできてしまいますからね。

_t307633_blog

カメラが何でもやってくれるのは実際便利ですし、老眼進行してて明日も見えないわ、筋力も弱ってて重たい物を持ったら、二の腕がぷるぷるしてしまうオジサンにはオートフォーカスも手ぶれ補正も実にありがたいのですけど、そのおかげで写真を撮るのが楽しくなってるかっていうと、必ずしもイコールじゃないという、なんともわがままな結論になってしまったわけで。
コレは何でだ?って考えると手作業でやっていた「作法」の部分ですね。一連の手作業が写真を撮るための作法になっていたのが、カメラが肩代わりしてくれたおかげで、無くなっちゃってるのですな。極端な言い方をするとシャッター押すだけしかする事が無い。それで十分キレイな写真が撮れるのですから、それはそれでスゴイ事なのですけどね、なぜかつまらないという。(笑)

_t307621_blog

オールドレンズを使っている時って、マニュアルフォーカスアシストを使ってても、ピント合わせに時間がかかります。純正レンズの時のようにサクサク撮り歩く感じじゃないわけで。ハナから時間がかかるのが分かっているので、露出計で測るのもじっくり、構図を決めるのもじっくり、何もかもがじっくりなのでたくさんは撮れませんけど、自分で撮った感は強いですな。
撮る時に液晶モニターでいちいち確認しないので、家でパソコン画面にずらりと並んだのを見るのが、その日に撮った写真の最初の確認作業、見れば露出も思い出しますし、全部自分の手の内にある写真って感じがします。
思えばフィルムの時と同じ、現像が上がってくるまで結果は分からないのに撮ってる時は手応えを感じてましたからね。便利なカメラで自分でやらなきゃ何も写らない写真を撮る。オールドレンズにまみれていると楽しすぎるのは、ココなのだと思いました。(笑)

| |

« LAOWA 65mm F2.8 2倍マクロ テーブルフォト編 | トップページ | iPad miniのバッテリー、無くなるのが早く感じるワケ。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

50年前、将来「電話とカメラが合体する」と予想した人はほとんど(いやゼロかも?)いなかったのでは?(もちろん私もその1人)。

投稿: 超低空飛行 | 2020年7月12日 (日) 07時37分

超低空飛行様、おはようございます。
ホントですね。高度経済成長期の子供向け雑誌に出ていた、小松崎茂さんなどの未来予想イラストに出てきたもので、実現されているものは結構ありますけど、電話とカメラはなかったですね。腕時計型や眼鏡のような情報端末は描かれてました。(笑)他に動く歩道や、カーナビ、自動運転車も。海底都市や月世界旅行はまだまだみたいですね。

投稿: よもかめ亭主 | 2020年7月12日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LAOWA 65mm F2.8 2倍マクロ テーブルフォト編 | トップページ | iPad miniのバッテリー、無くなるのが早く感じるワケ。 »