« 神戸ビーフより「神戸ビーフン」!(笑) | トップページ | 久々に外で写真を撮ってみた。 »

2020年6月 6日 (土)

十人十色な写真が見たい。(笑)

少し前にフォトヨドバシってサイトが面白いって紹介記事を書いたのですけど、もう一つ面白いのでよく見ているのが富士フィルムさんの「X Stories」ってサイト。メーカーサイトですから自社製品のPRに繋がる記事ばかりなので、ユーザーじゃ無い方には響かないでしょうけどね。(笑)
新製品の紹介や、使いこなし、開発秘話はもちろんですけど、スポットライトってカテゴリーに富士フィルムさんのカメラを使っている世界各国の写真家が紹介されているのですな。これが結構面白くてね、いろんなジャンルで活躍されている方がズラリ出てきます、知らない写真家ばっかり。(笑)
見てるとすごい写真を撮るのに、撮影機材は実にシンプルと言うかショボかったり、とんでもない所で撮影してたりして実に個性的。こんな写真が撮りたいって自分の世界を持っていると言いますか、それがアピールポイントなのでしょうな。
以前世界で活躍する日本人を取り上げてるテレビ番組である写真家が出てたのですけど、自分で売り込んでいかないと声がかかる事なんて無いのが当たり前、運良く仕事が来ても、求められる以上にその写真家ならではのモノを撮らないと次は無いという。
そんな中で他人とは違う個性で勝負しているのが凄いなと思いました。そんな世界なので個性的な写真家が多いのでしょうね。
デザイン学校の学生だった頃は、ヘタウマ系イラストが流行っていた時代。雑誌や広告でもそんなタッチのイラストばかりでしたな。オジサンはリアルイラストが好きだったのですけど、ほとんど見かけず、ウケるヘタウマ系イラストばかり。
ところが図書室で見たアメリカのイラスト年鑑はあらゆるジャンルの個性的なイラストが載ってましたな、リアルもあれば、アート的なのも、有名人の似顔絵だけ描いてるイラストレーターだけでも何人も掲載されてて、層の厚みが全然違うなって思いました。
流行ると似たり寄ったりの、同じようなのばっかりになってしまう我が国とは大違い、他人と違う個性で勝負しないとメシが食えないわけですから、そのバラエティー感に圧倒されましたよ。(笑)

_mg_8792_blog

で、写真の話。写真を見れば写真家の名前が思い浮かぶぐらい、個性的な写真家って日本にどれぐらいいるのでしょうかね。世代的なものもあるでしょうけど、オジサンの中でダントツ一番はやっぱり森山大道さんかなぁ、それと荒木経惟さんもすぐ思い浮かびました。
でもココ最近の人は全然思い浮かびませんなぁ、キレイな写真を撮る方は沢山いるみたいですけどね。デジタルカメラが当たり前になってから、撮るのも見るのも簡単便利になったからでしょうけど、写真家がいっぱい出現して来たなって感じます。
でも個性的かっていうとそんな感じはしなくて、何だか今時の写真だなぁで終わってしまう感じ。印象が薄いと言いますか、どれも同じテイストに見えるのはオジサンの目が時代遅れだからでしょうかね、もっと十人十色の写真が見たいですなぁ。(笑)

| |

« 神戸ビーフより「神戸ビーフン」!(笑) | トップページ | 久々に外で写真を撮ってみた。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

直接のフォローじゃ無くて恐縮ですが、相談できる人がいないので。

先日、冷蔵庫の中をかき混ぜていたら、有効期限2019年4月までの黒白フイルムが出てきたのですが、今でも使用可能でしょうか。

今回、都内の黒白専用プロラボを新規開拓したので、そこに出してみようと思っているところです。

投稿: るびー2020 | 2020年6月 6日 (土) 13時19分

るびー2020様、おはようございます。
メーカーは期限内の使用を推奨していますけど、冷蔵庫に入れていたのなら大丈夫だと思います。といいますか、元々リバーサルフィルムが好きなので、ネガフィルムを買ったものの期限内に使い切れないことがあり、冷蔵庫で冬眠させて賞味期限大幅超えを使っていた経験有りなもので。(笑)白黒フィルムなら有効期限を一年以上超えてても画質に影響は少ないと思います。むしろ冷蔵庫から出して結露が完全に無くなるまでカメラに装填しないことが重要だと思います。私は最低でも1日、できれば2日ぐらい常温で放置してから使ってました。

投稿: よもかめ亭主 | 2020年6月 7日 (日) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸ビーフより「神戸ビーフン」!(笑) | トップページ | 久々に外で写真を撮ってみた。 »