« 好きな写真家6 森山大道 | トップページ | 秋の味覚と初物食い »

2015年9月26日 (土)

レストランBOON(ブーン)のドレッシング

神戸のトアロードにBOON(ブーン)という名のレストランがありました。子供の頃、誕生日やクリスマスのような特別な日に、家族でお出かけすると連れて行ってもらっていたレストラン。
特別な日だと思ったのは、そういうときには普段とは違うよそ行きの服を着せられたからだと思います。「今日はあのレストランに行くから、ナイフとフォークでご飯食べなアカンねんなぁ」と子供心に思ってました、左利きなのでナイフとフォークが苦手だったからなのですけどね。(笑)
時代は高度経済成長期、父親は仕事人間で土日もほとんど家にいなくて、遊園地に連れて行ってもらうのも母親とばかり、レストランに連れて行ってくれたのは、普段働いてばかりで子供のことをかまってやれない父親の罪滅ぼしもあったのかもしれません。
特別な日は、車で三宮か元町までドライブ、もうパブリカからコロナに乗り換えていた頃だったと思います。乗り物酔いがひどかったので、着くまでは苦痛でした。
着くと、大丸かそごうでまずお買い物、母親の買い物は時間がかかるので待っているのが退屈で、弟とデパートのおもちゃ売場を探検してましたな。その後にやっとお楽しみの星電社、プラモデルを買ってもらうのが一番の目的でした。大きなプラモデルの箱を抱えて行く先はコスモポリタン、ガラスのショーケースにきれいなチョコレートが並んでいる洋菓子屋さんでミントキャンディーを買ってもらってました。
お買い物がすむと、いよいよレストランで晩ご飯、ややこしそうなお店が並ぶガード下を抜けてトアロードを山の手に。細い階段を上がったところにあったブーンは子供心にお行儀よくしていないといけないようなチョット緊張する場所でしたが、頭を短く刈り上げた、いつも笑顔の黒服を着たウエイターのおじさんがいて(あの頃はギャルソンなんて呼び方はまだしてませんでした)相手が子供でもキチンと料理の説明をしてくれ、ナイフとフォークの使い方も教えてくれました。子供だから教えてくれたのかもしれませんけどね。
父に当時の記憶を辿ってもらったところ、コックさんは文蔵さんという方で「文さん」と呼んでいたそう、自分の名前から取ってレストランブーンにしたそうです。これは全く知りませんでした。
料理はどれもビックリするぐらい美味しくて、特に仔牛のステーキにチーズが乗ったのが好きでしたな。確か仔牛の○○風とメニューに書いてあったように思いますが、○○のところが思い出せない。(笑)
とろけるチーズが出始めた頃、母親がマネして作ってくれましたが、似ても似つかぬものでした。どう逆立ちしたってブーンと勝負にならないのにチャレンジャーな母の一つの愛情だったのでしょう。
美味しい食事の後はデザート、実はこれが一番の楽しみでした、なぜかはっきり覚えています。脚の付いた銀の食器に盛られた三色のアイスクリーム。バニラ、イチゴ、チョコだったと思いますが、こんな美味しいアイスクリームは食べたことなかったですな。
弟はいつも三宝柑のシャーベット、今では珍しくもありませんが、果物をくり抜いた中にシャーベットが詰まっているというのが子供心に画期的でした。半分こして食べたのも今となっては懐かしい思い出です。
ブーンでもう一つ美味しかったものがありました、それはサラダにかかっていたオレンジ色のドレッシング。今でこそドレッシングは星の数ほど売り出されておりますが、まだマヨネーズか塩を振って食べるのが普通だった頃、サラダが別物になってしまう魔法のドレッシングでした。後にレストランブーンのドレッシングとして売り出されたほど。
ブーンはその後、いろいろな経緯があったようで、飲食店経営会社のチェーン店になってしまい、面影の全くないファミリーレストランに、確か神戸駅の地下の飲食店街にもあったように記憶していますが、もう行くことは無くなってしまいました。今は無きブーンですが、私にとってはレストランの原点のお店だったのです。
今回記事を書くために、ネットで調べてみたのですが、思わぬ収穫がありました。あのドレッシングを再現している方が何人かおられたことです。
これはもう作らなくてはなりません。早速レシピを見比べて検討、これぐらいがベストかなという分量を割り出して作ってみたところ、確かにこの味だったと思えるものができました。子供の頃の記憶なので、バッチリ同じ味になってないのは承知の上ですが、ニュアンス的にはほぼいけたかなと。もうサラダにかけまくってワシワシ食べてしまいましたよ、懐かしくて、涙出そうでした。(笑)
で、ここまで読んで、イッチョ作ってみたろか、と思われる方がひょっとしたらいるかもしれないので、我が家で作ってみたレシピを書いておきます。

Boon_001blog

キャンベルトマトスープ缶 50cc
サラダ油 50cc
酢 大さじ2 1/2
砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ1/2
ウスターソース 大さじ1/2
塩 小さじ1/2
コショウ 小さじ1/4
パプリカ 小さじ1/4
マスタード 小さじ1/4
玉ねぎ 中サイズ1/4 みじん切り
セロリ 根元部分なら3cm長さ、先の方ならそれと同分量をみじん切り
にんにく 1/2片 みじん切り

以上の材料を、全部ミキサーにかけるだけでできあがり。ミキサーのない方は、玉ねぎ、セロリをすり下ろして混ぜればいいかと思います。再現された方の記事に二三日置くと味がなじむとでていましたが、確かにそうでしたのでそれも併せておすすめします。
どんな味?って言われてもうまく言えません、私にとっては魔法のドレッシング、これが我が家で再現できるとは思っても見ませんでした。ブーンの思い出とともにこのドレッシングは我が家の定番になりそうです。

Boon_004blog

| |

« 好きな写真家6 森山大道 | トップページ | 秋の味覚と初物食い »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

私もお店を探していました。昨年、夏に神戸を訪れた際に行ってみようと、父の形見である「神戸味覚地図」創元社編集部編の当時のグルメ本を紐解き、グーグルマップで探しましたが、建物は残っているようですが名前を確認出来るものはなかったです。ビーフストロガノフがお勧めと書いてありました。私はよくBOONでスープの皿を斜めにして都合よくスプーンに納めようとするとき、こぼしていました。当時は5歳ぐらいかと思います。ドレッシングがおいしかったのですね。作って味見してみようかと思います。ちなみにお店の語源はマスターの名前がブンさんであると記載されています。

投稿: 文 | 2016年1月 3日 (日) 01時55分

文様、あけましておめでとうございます。さらに、はじめまして、コメントありがとうございます。
レストランブーンは父が公私共によく利用していたようで、この記事を書くにあたっていろいろ聞きましたところ、マスターというかオーナーシェフだった文蔵さんのフルネームや経歴のことまで教えてくれました。個人情報ですし記事内容には直接関係がないので載せませんでしたが、いろいろ懐かしい話が聞けました。チェーン店になってしまってから父親が行かなくなり、それっきりになりました。どうやら名前だけ同じで全く別の店だったようです。タイムマシンがあったらもう一度ブーンの料理とコスモポリタンのチョコレートを味わいたいです。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年1月 3日 (日) 09時44分

私も大好きなメニューでした。
仔牛のカツレツ、ノルウェー風だと記憶していますが。。。
私もおめかしして両親に連れて行ってもらったことを覚えています。
ウェイターさんが私を大人扱いしてくれてきちんとナイフとフォークを出してくれておもてなしをしてくれた大好きなレストランでした。
私もデザートも楽しみでした。また食べたいなぁ。

投稿: ショコラ | 2016年9月11日 (日) 19時59分

ショコラ様、はじめまして、こんばんは。
ノルウェー風でしたか、記憶が曖昧で、思い出せなかったので助かりました。ありがとうございます。他にもまんまるのコロッケにインディアン何とかって名前が付いていたような。これもハッキリ思い出せない。(笑)
チェーン店になる前のブーンは本当にいいお店でした。コメントありがとうございます。今後とも宜しくです。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年9月11日 (日) 20時34分

レストランブーンのお話、懐かしく拝読しました。
ブーンのマスターから伺ったお話を1つ。
マスターは飛行機が大好きで、そのプロペラ音のブーンという擬音から
このお店の名前をイメージしたとも言われていました。
テーブルの横に立たれたマスターから直接伺った逸話です。

投稿: ためちゃん | 2017年1月20日 (金) 11時20分

ためちゃん様、初めまして、こんばんは。
ネットで調べていてもブーンの情報は少ないのですよ。貴重なお話ありがとうございます。私は小学生の頃に連れて行ってもらった記憶しかないので、それをたぐりながら書いた記事なのですが、意外とコメントを寄せて下さる方がいて知る人ぞ知る名店だったのだなと改めて思いました。今後とも宜しく。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年1月20日 (金) 23時08分

なんと「、同じ思いをしていらっしゃる方がこんなに!それだけでうれしいお話です。お店のつくりもゴージャスではないものの、なんだか古い欧州の気品を感じました。幼い時代にちょっと緊張したものでした。早速作ってみます。ありがとうございました。

投稿: 小田陽子 | 2018年1月23日 (火) 13時52分

小田陽子さま、初めまして、こんばんは。
コメントありがとうございます。
サラダには塩かマヨネーズしかなかった時代に、まさしく魔法のドレッシングでした。ドレッシングなんて言葉もブーンからだったような。(笑)「古い欧州の気品」確かにそんな感じのお店でしたね。何もかも特別、今風に言えばプレミアム感とでも言うのでしょうか、緊張しながら食べてました。(笑)これからもよろしくです。

投稿: よもかめ亭主 | 2018年1月23日 (火) 23時38分

エビフライ、おいしかったなぁ
タルタルソースが抜群だった。

投稿: 神戸っ子 | 2018年2月 2日 (金) 01時28分

神戸っ子様、はじめまして、おはようございます。
タルタルソースも今のように当たり前になかったですね。あれはレストランでないとお目にかかれないものだったと記憶しています。そういう意味でもレストランって特別な場所でした。

投稿: よもかめ亭主 | 2018年2月 3日 (土) 07時09分

レストラン「ブーン」を調べていてこのページにたどり着きました。やはり探している方が多いのですね。
この店を知ったのは1979年ころ、最後に行ったのは1984年11月のこと。もう閉店してしまったのが残念です。
仔牛のカツレツは「ミラノ」風ではなかったでしょうか。
あの冷蔵が必要な、容器の下が広がって底の手前できゅっとしまった形のオレンジ色のドレッシングも抜群においしかったです。
レシピを紹介していただきありがとうございました。

投稿: 塩屋っ子 | 2018年11月11日 (日) 14時54分

塩屋っ子様、はじめまして、こんにちは。
仔牛のカツレツは「ミラノ風」と言われれば,、そうだったような。他の方からノルウェー風とのコメントも有りました。子供の頃ブーンに連れて行ってもらった方は、もうそれなりの年齢でしょうから、記憶のカケラを手繰り寄せるしかないでしょうね。(笑)ドレッシングは他の方のレシピを参考にしつつ、記憶を頼りに再現したものですので完全ではありませんが、雰囲気は出せたかと思っています。よろしければ作ってみてやってくださいませ。コメントありがとうございました。

投稿: よもかめ亭主 | 2018年11月11日 (日) 16時45分

はじめまして
BOONで検索していたらここにたどり着き懐かしく拝見させていただき  ありがとうございました  私は現在54才です
亡き母と須磨ボウル(須磨水族館の向かい)の2FにあるBOONにときどき食事をしに行ったのを思い出し涙がちょちょぎでてきました
あのときのオレンジ色?のドレッシングの味が忘れられず探していました
キャンベルのトマトスープ缶を購入したので早速作ってみたいと思います。

投稿: かものはし | 2018年12月13日 (木) 20時25分

かものはし様、はじめまして、おはようございます。コメントありがとうございます。
随分前に書いた記事なのですけど、レストランブーンの情報って少ないらしく、時々検索で訪問してくださる方が居て、ありがたく思っています。
ドレッシングは味の記憶に個人差がありますので、違うと感じたらレシピを変えて下さい。結構イイ線行ったのではと個人的には思っているのですが。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2018年12月15日 (土) 05時32分

はじめまして。
レストランboonのお話し、懐かしく読ませて頂きました。屋号の由来も、始めて知りました。孤独のグルメで、オレンジ色のドレッシングをサラダにかけ、「このドレッシングいいなあ。」「このドレッシング持ち帰りできないかなあ。」と言い食する場面を見た瞬間、boonの記憶が鮮やかに蘇り検索した次第です。高校の時大阪から友達と行ったのが最初です。高架下を散策し、お目当ては高架下花隈にある、ボンド今はMr.Bondですかね、そしてお昼にboon。何ヶ月かに1回の贅沢でした。かれこれ50年まえのことです。友達に会うといまだにboonの話がでてきます。それ程記憶にすりこまれているのですね。子牛の---は、私たちの間では、子牛のチーズ焼がメニュー名となっています。落ち着いた店内、執事のような方が(あの方がオーナー?)コート掛けへ上着を掛けてくれたのを覚えています。
成人してからは、店がJR三ノ宮西口を北側へ出た所の2階へ代わっていて、子牛のメニューも無かったと記憶しています。そして他の料理の味も私には合わなかったのですが、ドレッシングは、変わらずおいしかったです。もう一度移転したように思いますがお店には行かなかったです。それが、40年くらい前ですかね。そこでお店の記憶は終わっているのですが
後年家族で出かけた時、中国道加西のサービスエリアの土産売場になんとboonのドレッシングがあるではないですか。買わなかったので味はわかりませんが、boonと確実にかいてありました。今は無いんでしょうね。買えば良かったと今頃後悔しています。(笑笑)同じだったか、味見された方いたら教えてください。
皆様のコメント読んでいると、子牛---とドレッシングは絶大な人気と記憶に残っていますね。
同じ記憶を共有できた事がなぜかうれしいです。懐かしいもので長々となりました。
ドレッシングにも挑戦してみます。管理人様レシピありがとうございます。
失礼いたします。

投稿: ゆきさん | 2019年10月17日 (木) 10時11分

ゆきさん様、初めまして、コメントありがとうございます。
ブーンの記事を書いた時、徹底的に調べたのですけど、裏付けが取れない部分もあって、自分の記憶重視になってます。(笑)
仔牛の〇〇風もそうですし、他にアラスカ風〇〇というのもあったと思うのですけど記憶が定かじゃないという。
飲食店経営会社が権利を持ってチェーン店になってからのブーンはもはや別物だったので行きませんでした。8店舗もあったようですね。
元町高架下もJRが耐震補強の名目で立ち退きさせているようで、どんどんお店が無くなってますね。ボンドさんは健在ですけど、当時の面影がどんどん追憶になって行くのが悲しいです。
ドレッシングは是非チャレンジして見てください、まだまだ改良の余地ありですし、これも記憶重視なので、違うぞって事になるかもですけどね。オリジナルにはピーマンやトマト、色々な酢が使われていたらしくて、さすがにそこまでの再現は不可能でした、でも結構うまくいったかなと思ってます。(笑)これからもよろしく。

投稿: よもかめ亭主 | 2019年10月19日 (土) 05時48分

はじめまして、大変懐かしく読ませていただきました。私は今から40年前レインボービルの8Fにあったレストランブーン三宮店で、見習いコックとして働いておりました。広島の田舎から出て来たばっかりで何も分からず毎日びくびく、ピリピリしていました。週末になると決まってトアロード店に手伝いに行かされました。殆ど鍋洗いと皿洗いでしたけど。

投稿: ろっちゃん | 2020年6月 9日 (火) 21時42分

ろっちゃん様、はじめまして、おはようございます。
貴重な情報をありがとうございます。お店の中の人の経験や体験は、まず知ることが無いので参考になりました。週末に手伝いに行かされたと言うことは、三宮店よりトアロード店の方が繁盛していたのでしょうね。
これからもよろしくです。

投稿: よもかめ亭主 | 2020年6月10日 (水) 07時26分

私もまったく同じ記憶です。ふと何気にBOONの検索をしてこのブログに行き当たりました。元町の薄暗い階段の上に、お料理は子牛のビーフカツレツウィーン風です。私も大好きでした。
ウェイターさんも同じ人です(笑)。
なつかしさがこみあげてきました。
ありがとうございます。

投稿: めめ | 2020年9月25日 (金) 13時46分

めめ様、はじめまして、おはようございます。
BOONで検索されて、辿り着かれる方が多いようで、BOONで検索するということは、あの時代をご存知の方々に間違いないだろうと。(笑)皆様から貴重なコメントを頂けるのがありがたいですね。BOONのメニューは国や地名を使って〇〇風というのが多かったような記憶があるのですが、はっきりと思い出せなくて。確か丸いボール型のコロッケにアラスカ風だったかの名前がついていたような覚えがあるのですけど、定かでは有りません。思い出せないのがなんとももどかしい。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2020年9月26日 (土) 10時09分

初めまして。ブーンの記事を探して、このブログへたどり着きました。もう45年ほど前になると思いますが神戸に行ったときに父に連れて行ってもらった大変美味しいレストランでした。ドレッシングが大変美味しかったですが、個人的にはシュリンプカクテルという料理が大変好きでした。またあの味に巡り合えることを願っている次第です。

投稿: | 2021年8月13日 (金) 22時59分

初めまして、コメントありがとうございます。
ネットで検索しても、ブーンの情報は乏しく、この記事にコメントいただいた内容で、初めて知ることも多いのが現状です。シュリンプカクテルがメニューにあったことも初めて知りました。貴重なコメントありがとうございます。

投稿: よもかめ亭主 | 2021年8月14日 (土) 08時46分

神戸を離れてうん十年、自粛も明けたので、妹と神戸旅行します。どこかおいしいレストランないかしら、昔家族で行ったブーンのようなレストランはないかしら?と探しておりましたら、ここにたどり着きました。皆さんと同じく「レストラン ブーン」で検索してたどりつきました。あれはいつごろだったのかしら?今63才です、特別な日に、家族4人で行きました。メニューをアレコレ迷っても結局は、子牛のチーズカツレツ○○風を注文していました(私はウィーン風に1票)。果物に入っていたシャーベットも素敵、あのウェイターさんが丁寧にもてなしてくれたのも、ほんと皆さんと同じ記憶です。こんなサイトを作ってくださって感謝です。

投稿: でみじゅん | 2021年10月31日 (日) 16時49分

でみじゅん様、おはようございます。
忘れた頃に必ずコメントが入る、当ブログの名物記事(笑)にようこそお越しくださいました。私は60歳ですので、同じ神戸の景色を見ていたと思います。
ブーンの料理名についていた〇〇風のところに入る国の名前ですが、たくさんの方から、いろいろなコメントを頂いており、大変参考になっています。ウイーン風ですか、正直なところ、そう言われればそうだったかもって記憶ですので確証が無いのです、ブーンについてはまだ調べておりますので、何か分かれば、また記事にしたいと思っています。コメントありがとうございました。

投稿: よもかめ亭主 | 2021年11月 1日 (月) 06時39分

淡路島で農業を始めたものなのですが、なつかしの淡路島とかいうブログでブーンジュニアなる店が洲本に?あったという写真を見て、自分が小さい頃ブーンで食べていたことを50年ぶりに思い出し検索してここにたどり着きました。洲本のブーンジュニアは星電社とジャスコの近くになった様な写真でした。洲本にもブーンがあったのでしょうか?

投稿: 佐々木和彦 | 2021年11月14日 (日) 09時19分

佐々木和彦様、はじめまして。
訪問ありがとうございます。
調べましたところ、JR六甲道駅近くに「BOON Junior(ブーン・ジュニア)」という系列店があったという情報を見つけました。なので洲本にあったお店も屋号が一緒なので系列店ではないでしょうか。ファミリーレストランとしてかなりの数が県下にあったようですね。

投稿: よもかめ亭主 | 2021年11月14日 (日) 13時39分

はじめまして。BOONで検索して訪れました。皆さんの書き込みとは異なるのですが、BOON梅田店で、1984年の夏から1987年2月までバイトしていました。飲食経営会社でチェーン化した後ですね。懐かしく思い、足跡を残します。

投稿: 大樹 | 2022年7月 7日 (木) 23時10分

大樹様、初めまして、おはようございます。
兵庫県外では梅田と浜松にお店があったようですね。私も色々情報を探しているのですが、なかなか出てこないのが現状です。貴重な情報をありがとうございます。

投稿: よもかめ亭主 | 2022年7月 8日 (金) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランBOON(ブーン)のドレッシング:

« 好きな写真家6 森山大道 | トップページ | 秋の味覚と初物食い »