2022年11月29日 (火)

大人の科学の「小さな活版印刷機」。

_t312666_blog

数年前ですか、活版印刷が流行ってましたな。若いクリエイターやデザイナーがブームに火をつけたのでしょう。地元でも雑貨屋さんがワークショップを開催してて、家内が興味津々でしたけどね。
オジサンは印刷会社で働いていたので、何を今更活版印刷って感じでした、オジサンが入社した30年以上前にはすでに主流から外れ、廃れつつあった印刷方式でしたから、もう仕事は無かったですし、道具や鉛の活字セットは廃棄処分待ちで片隅に追いやられていましたからねぇ。
そんな活版印刷を見たことも聞いたことも無い、若い方たちにとってはかえって新鮮ってことなのかと。言ってみれば音楽聞くのに配信サービスじゃなくてわざわざアナログレコードをプレーヤーで聴くようなもんでしょうかね。(笑)

_t314548_blog

活版印刷ってどんなものかというと、早い話がハンコよハンコ。「活字」という文字の彫ってあるハンコみたいなのを組み合わせて文章の版(組版)を作りそれにインクを付けて紙にペタンと押せば出来上がりって方式の印刷。版に紙を押し付けるときの圧力で、文字の形に紙が凹んだりするのが、温かみがあるとか言われて若い方に受けたようですな。
で、学研の大人の科学マガジン「小さな活版印刷機」は、実際の機械をそのままミニチュアにしたようなブツ。面白がって買ってみたものの、そのまま数年ほったらかし状態だったのを、やっとこさ組み立てて印刷してみました。(笑)

_t314553_blog

組み立ては難しくはありません、ちゃんとネジ回しも付属してるし、プラモや工作好きならすぐ組み立てられるかと。思った以上によく出来てますから飾っておくのもいいかもしれませんな。
面倒くさいのはプラスチック製の活字を一文字づつ切り離してバリ取りしなくちゃいけないところ、活字数162文字分全部ですからね、ホント面倒。(笑)

_t314558_blog

それが出来たら活字台にセットし、雑誌に綴じ込みの印刷用紙を名刺大に切って用意。付属のインクは黒だけですけど、水彩絵の具で代用可能なので違う色も面白いかも。印刷はインク台に敷いた吸い取り紙にスポイトで水を与え湿らせます。吸い取り紙もスポイトも付属しているので別に用意するものはありません。

_t314562_blog

その上にインクを出してローラーで広げます。機械のハンドルを動かせば勝手に広がりますから特にややこしくはないですな。で、紙をセットしてハンドルを押し下げればインクの付いた活版に紙が押し付けられて印刷完成という流れ。さすがに圧力が小さいので紙が凹むところまでは行かないのが残念ですけどなかなか面白かったですよ。職場に置いてあった機械と同じ動きをする「小さな活版印刷機」が楽しかったですな。
失敗だったのは学研の大人の科学マガジンサイトに有る動画を先に見ておけばもっとスムーズだったかもってところ。なので興味のある方は先に動画を見てからがいいかと。(笑)

_t314575_blog

| | | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

想定外と臨機応変だらけ、取材撮影の面白さ。(笑)

取材モノの撮影って、独特の緊張感と面白さがありましたな。取材とはいえ新聞や雑誌とはぜんぜん違って、企業などの広報関係の撮影がお仕事だったわけで。
取材場所も状況も様々、何度か伺わせてもらっている所ならともかく、行ってみるまで状況が分からないのが当たり前。なので事前の下調べは欠かせませんでしたな。ホームページがあればもちろん見ましたし、グーグルストリートビューで周辺の状況や景色をを調べたり、天候や撮影内容を予測した機材選びなどなど。
取材撮影の第一歩ってどれだけ準備が出来ているかがキモ。現場であれが足りない、持ってきてなかったってことになれば、取りに帰ることも出来ませんし、仕事にならない場合もありますからね。

L40107_blog

現役の頃、とある食品関係の取材。事前に撮影依頼は無かったのですけど、ひょっとしたら調理場撮影があるかもって、レインコート、シャワーキャップ、マスクと手袋をカメラバッグに忍ばせて行ったおかげで、入らせてもらえて撮ることが出来たってのがありました。担当者とライターは準備してないから当然入れてもらえません、外で待機させられてましたな。(笑)
オフィスそのものや社内設備の撮影のときは、雑巾など掃除道具を機材と別に持って行ってました。現場ではまず一枚パチリ、どこに何が置いてあったか後で分かる証拠写真を撮ってから片付け開始、カメラ位置から見てじゃまになるものや写るとマズイものをどけて、雑巾掛けてキレイにしてからいざ撮影開始、撮り終わったら動かしたものは元の位置に戻してお疲れ様。
お客様はカメラマンが写真撮りに来るだけとしか思ってませんから、そういうのはコチラの人間でトットとやってしまうわけですな、同行している者に手伝ってもらえば早いですし、お客様の印象も良くなります。カメラマンだから写真しか撮らね〜なんて突っ立ってるのは論外、現場では一番動き回って、声を出して場を仕切らなくちゃイケマセン、なので一番先に一番疲れてます。(笑)
ま、こういうエピソード的なハナシは山ほどあるので書いててキリがないのですけど、言えるのは現場って十分調べて、しっかり準備したからって撮影がスムーズに進むなんてまず無いってこと。なので取材撮影でもうひとつ重要なことは臨機応変さ。
状況を読むのは当然、想定外の撮影を頼まれるなんて無い方が不自然ぐらいに思っててちょうど。重い機材を持って急遽山登りしなくちゃいけなかったり、撮影の話が通って無くて、行ったら「聞いてへん、知らんで」なんてのも。
デンジャラスな対応とアクシデントは取材あるある、だけど撮った写真を喜んでもらえたら全部いい思い出になりましたな。(笑)

| | | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

TTArtisan 25mm F2のエエとこ、アカンとこ。(笑)

_t315028_blog

さっそくじゃんじゃん使っておりますよ。気に入ったレンズって撮ってて楽しいですな、だけど色々あって欠点といいますか先にアカンところを書いておきますね。(笑)
まず今まで使ってきたTTArtisanレンズ共通の、逆光での弱さはこのレンズも同じ。はっきりフレアやゴーストが出ますが、TTArtisan 23mm F1.4よりはずいぶんマシ。
下の写真は夕方に撮ったもので、左は画面に太陽が入ってませんがフレア出まくり、右は太陽が入っているのでフレアとゴーストがすごいことになってます。

_blog_20221124181901

なのでこれを面白がれる方にはいいかもしれませんが、逆光撮影が多くてピシッとした描写を求める方には全くオススメできません。(笑)
次にピントリングの距離表示はオーバーインフ。無限遠(∞)と3m表記との間ぐらいが実際の無限遠(∞)です。なので表示を鵜呑みにすると、ピントが合ってない場面もありますから必ずファインダーや背面モニターで確認が必要ですな。
さらに前の記事でも書きましたが被写界深度目盛りはただの飾りで全く役に立ちません、焦点距離25mm(35mm換算約38mm)のAPS-C用レンズの被写界深度を調べてみればすぐ分かります。ま、今どきこの目盛りを使う方はいないでしょうけどね。(笑)
で、オジサン的には致命的と言いますか残念だったのが絞り、7枚羽根なのでボケ具合がってことじゃなく、絞りリングがレンズ先端にあるってことでもなく、ナントF11の表記もクリックも無いってところがモンダイ。
等間隔じゃないし回転角も小さい絞りリングだから表記できずに諦めたのか、その辺りが実に大雑把と言いますかお隣の国らしい作りだなと。街中のスナップ撮影でF8やF11って一番良く使うのにハナからF11が無いなんてどうよ。(笑)
無理やりF8とF16の間に止めることは出来ますけどスゲ〜不自然っていうかほぼ使えねぇ。(笑)この辺りは前回記事の商品写真を見ていただければと思います。レンズをよくご存知の写歴の長い方なら見れば雑さ加減を笑ってしまうかと。(笑)
え〜っとダメダメなところだけですでに結構な文字数になっちゃいましたので、良いところも書いておきますね。まず9,000円(購入時価格)という激安価格、なんでこの値段で作れるのって思いますな、国産メーカーじゃ有り得ない。
さらに全長が短くコンパクトで軽いのでカメラへの装着感が希薄、なのでいかにもレンズ付けてますって感じがしないのがイイところ、持ち出し率アップになるかと。
で、同じ場所から絞り値を変えて撮った写真を掲載しておきます。

_blog_20221124182101

全体写真の画面中心部分と周辺部分の赤い四角のところを拡大したものを見ていただければ分かる通り、中心部分は開放から結構ちゃんとしてますな。絞り値を変えて行ってもさほど変化がありませんでしたよ。

_blog_20221124182102

対して周辺部分はF2では周辺減光で暗く、流れたような結像感でボケボケ、F5.6で良くなってF8がベストかと、絞りすぎると出る「光の回折現象」はF16まで絞ってもあまり出ませんでした。

_blog_20221124182201

全体の印象としては、絞り込まないとカリカリシャープって感じになりませんし、昔のレンズで撮ってるような印象。これを味わいと面白がれるか、安くてもこんなの認めねぇって思うかで評価が変わるでしょうね。オジサンは気に入って面白がってます、じゃなきゃ買わない。(笑)
ただ今鋭意撮影に持ち出し中、普段の撮影に使ってみた感じも記事にしますのでしばしお待ちを。

| | | コメント (0)

2022年11月24日 (木)

ふりかけは王道の味わいが一番強い。(笑)

毎日弁当持参だった学生の頃は「ふりかけ」って馴染みがあったし身近なモノだったのですけどね、オジサンになると遠ざかりますな。だけど長期入院することになって、急に身近な存在に復活しました。病院食の薄過ぎる味わいを補完する存在感たっぷりな最強アイテムだったわけで。(笑)
前回の入院の時は急遽必要を感じて院内コンビニで調達したり、家内に持ってきて貰ったりして随分お世話になりました。なので今回は前回の反省を踏まえて事前に用意して持ち込み。(笑)

_0020425_blog

用意したのは丸美屋のド定番「味道楽」、永谷園の「おとなのふりかけ わさび」、同じく永谷園とウエルシアのコラボ「ステーキ風味ふりかけ」、浜乙女の「大阪難波自由軒 名物カレーのふりかけ」の4種類。それとは別に醤油とソースの小さなボトル。さらに塩こん部長の塩昆布も病院食を補完する助っ人として持っていきました。
マヨネーズまではさすがにやりすぎかなと思って、これぐらいにしておきましたよ。基本的に病院食は治療の一環ですから、オジサンのように中性脂肪高めで栄養士さんから睨まれる立場の患者は、調子に乗ってあれこれ持ち込むと怒られます。さらに体重測定で前回の入院時より明らかにオーバーしてましたし、血圧も気にした方がイイお年頃。長く生きてると色々傷んで来ますなぁ。
ま、そんなオジサンが持ち込んだイケナイ品々で入院生活で一番の楽しみである食事に彩りを添えましょうってお話。(笑)
醤油とソースは持ってるだけで無敵、どんなに薄味のおかずでもほんの数滴で見違える様に美味しくなりますからね、味わいにインパクトを追加するための調味料として必要かと。(笑)
塩昆布も同じ、ご飯のお供としてではなく調味料代わりに、おひたしや温野菜サラダに混ぜると旨味がアップして美味しくなりますな。(笑)
で、ふりかけについて。あのね、ふりかけってパッケージ見て面白そうかもって選ぶと失敗するってのが分かりました。今回持って行ったステーキ風味ふりかけと名物カレーふりかけがそう。こんなのもふりかけになるのねってインパクトはありましたし、ちょっと試してみたいなって気持ちになっちゃったわけで。
で、実際食べてみると確かに美味しいのですけどね、飽きるのも早いという。主張が強すぎると言いますか、ご飯とこれだけで完結、おかずが間に入り込むスキが無いのですな。
それとステーキやカレーのフレーバーだからと言っても、あくまでも風味だけ、ステーキやカレーに変身するわけでは無いので、美味いけどなんだか違うなぁって気持ちがついて回るという結末でした。
ランキングでは2番手が永谷園のおとなのふりかけ。わさび味ってご飯が進みましたからね。
で、1位は丸美屋の味道楽。結局ふりかけってこういう味わいが美味しいよねってところから、一歩もはみ出ない王道の味わいが、どんなおかずとも仲良くしてくれて全体を底上げしてくれるってことに気が付いた2度目の入院生活。
調和って大切だと知りました。なので温存して最後まで楽しみましたよ。(笑)

| | | コメント (0)

2022年11月22日 (火)

食堂で飲む。

JRの耐震補強工事の名目で、元町駅の高架下にあったお店はどんどん無くなってしまいましたな。その中にあった台湾料理の名店「丸玉食堂」も今年の6月で閉店、その後何の情報も入って来ないので、どうやら場所を変えてお店を再会する様子はなさそう。
たまたま閉店の数日前に行った、友人Y氏との昼飲みが最後になるとは思いませんでしたな。思えば30年以上通っていたお店、オジサンの台湾料理の原点でした。食堂という名でももちろんお酒も飲めます。オジサンは紹興酒を一杯やりながらが好きでしたな。

L48648_blog
0001_blog_20221031071001

店名に「食堂」って付いてるけど、居酒屋的に利用するのもOKのお店って、なんだかホッとします。大元は食堂からスタートしたわけですから食べ物メニューは充実してて美味しいのは保証付き、ボリュームもありますしね。神戸っ子や神戸で仕事をしていた年配の方なら、今は無き名店「八島食堂」を覚えてらっしゃる方も多いかと。(笑)
元町界隈で今でもまだあるのは「金時食堂」ぐらいになってしまいましたな。ショーケースのおかずをアレコレ取ってると結構な値段になりますけど、1人でも入りやすいですし、晩酌に一杯やりながら晩御飯食べて帰るなんてお客さんも多いお店。いつ通りかかってもいっぱいなので人気店なのが分かります。こう言うタイプのお店が少なくなっているのですかね。
勤めていた頃ですが、職場からすぐのところに大衆食堂を見つけてお昼ご飯を食べに通うようになりました。お客さんはほとんど近所の方で昼間から飲んでる方ばかり。
風呂上がりの方が多くて悠々自適の昼酒かよって思っていたのですけど、通ううちに様子が分かってきて、皆さん夜勤や早朝仕事明けで一杯やってるという、仕事の後の風呂上がりの一杯だったのですな。深夜のタクシー乗務や長距離トラックの運転手、食品会社の夜中から早朝にかけての勤務など、一般の方とは違う時間帯の仕事の方々ばかりでした。
朝から開いてる居酒屋など近所に無い所だったので、食堂がその役目も一手に引き受けていたわけですな。
近所のおばちゃん達でやってる食堂だったので、朝早くから開いててショーケースにはおかずにも酒のアテにもなる品々がいっぱい並んでましたし、お腹が空いていれば麺類もご飯物もなんでもありなお店、だし巻きに、ちりめんじゃこやネギを入れてなんてカスタマイズな注文もOK。基本的におばちゃん達の作れるものは、材料があればなんでも作ってくれるという、地域の台所のようなお店でした。
そんなお店でしたから夜7時には店じまい。オジサンは昼ご飯でしか行ったことがなかったですし、仕事中だったのでお酒は飲みませんでしたけど、大体いつも同じ顔ぶれが集ってましたな。
地域密着な食堂って地元の方の集うコミュニティスペース的なところがありますからね。こんな食堂が行きつけってなんだかカッコ良くて羨ましかったですよ。(笑)

| | | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

またレンズ買いました、TTArtisan 25mm F2 C。

_t315002_blog

9月下旬頃に焦点工房さんから国内販売開始になった中国の「銘匠光学、TTArtisan 25mm F2 C」ってマニュアルフォーカスレンズを、遅まきながら買いました。発売時はちょうど入院中、買っても使えないので退院祝いに自腹で。(笑)
またレンズ買ったのって言われそうですけどこのレンズ、発表された時の製品写真を見てパンケーキレンズとまでは行きませんが、全長が短くてなかなか見た目のかっこいいレンズだなと思ったわけで、純正レンズXF27mm F2.8(初代)と並べるとこんな感じで大きさも似ています。(笑)

_t314990_blog

25mmって焦点距離もそそりました、一番好みの焦点域ですから何本あっても困りませんよ、むしろどれを持ち出そうか悩ましい楽しさが増えて、これもレンズ好きの贅沢な幸せかと思っています。(笑)
購入時価格は9,000円と1万円前後で買えてしまうTTArtisanのコスパ最高な中華レンズの内の1本。で、価格の割に作りはスゴク良くてしっかりしてますし安っぽさも感じません。そのせいか、まるでクラシックレンズを使っているような感覚がかえって楽しかったりします。
オートフォーカスでスカスカピントが合って、何を撮っても間違いのない写りのメイドインジャパンのレンズとは対極の味わいが、撮る時の工夫のしがいがあるといいますか、この辺りがハマるかも。お国柄でしょうかね、使い勝手も写りもおおらかなところが優等生過ぎる国産レンズでは味わえない楽しさなのかもしれません。(笑)
安かったとはいえ、気が付けば中華レンズはコレで5本目、しかもその内4本は銘匠光学のTTArtisanブランドのモノなので偏り過ぎてますけどね、オジサンのそそるものばかりラインナップしてくれるのよ、ホント困った会社ですな。しかもビックリ低価格なのもそそるわけで。(笑)
届いたのはおなじみのレンズのイラストが描かれたグレーの箱。レンズにはこれまたおなじみの、ねじ込みメタルキャップが付いてます、TTArtisanブランドのお約束ですな、付け外しは面倒ですけどオジサンはこのメタルキャップ好きですよ。(笑)

_t314979_blog

さっそくボディーに付けてみましたけどコンパクトだからでしょうか、X-S10でもX-T30でも結構似合うかな。(笑)デザインは好みのタイプで写真で見るより実物の方がカッコイイと思いました。
別売でメタルレンズフード T43LH B2というのが発売されてますけど、こちらは形が好みのタイプじゃないのでパス、なので手持ちのエツミさんのねじ込みラバーフードを付けてみました、ゴム製なので折り畳めますし入手しやすく何かと便利なラバーフードですよ。ま、このレンズはフィルター径43mmですから、汎用品はいくらでも見つかりますしジャンクで探してもいいですしね。

_t314998_blog

絞りは7枚で開放絞りF2なので、ボケの美しさは大して期待してません、コンパクトで見た目がカッコイイだけで十分ですよ。撮る前から想像はつきますけど、TTArtisanですからきっと逆光には弱くてフレア出まくりでしょうなぁ。
さらにおなじみと言いますか被写界深度目盛りもただの飾りですからねぇ、焦点距離25mm(35mm換算約38mm)のレンズで、写真のように3mにピントを合わせF4に絞ったら1.5m〜無限遠(∞)までピントが来るわけがありませんよ、見ての通りすごい大雑把というか役に立たない。(笑)

_t315012_blog

以上現物の見た目だけレビューです。で、届いてからさっそく持ち出して撮りまくってます、天気のいい日はリハビリ兼ねてこのレンズを付けたボディー1台で街を徘徊中。撮った写真の記事はしばしお待ちを。(笑)

| | | コメント (2)

2022年11月19日 (土)

ペンFのE.Zuiko Auto-T 100mm F3.5望遠レンズ。

_t314506_blog

一眼レフの交換レンズってズームレンズが主流になる前の時代は、標準・広角・望遠の3本を揃えるのが夢だったのですな。レンズ交換のできるカメラはそこが醍醐味でもありましたからね。
中でも手頃だったのが135mmレンズ、望遠の入門レンズなんて言われてました。ファインダーを覗くとしっかりと望遠感がありながら、大きさ重さも手頃で、F値が暗めなら価格もそんなに高くなかったのですな。

L49969_blog

ハーフサイズカメラ唯一の一眼レフ「オリンパス ペンF」シリーズの交換レンズの中にもそれに相当するレンズがありました。35mm換算すると約140mmになる望遠レンズ「E.Zuiko Auto-T 100mm F3.5」。
開放F値F3.5なのでレンズが太くならず、フィルター径も38mm標準レンズと同じ43mm径なので細長い見た目。望遠レンズなのでファインダーの暗いペンFTでもピントのヤマが掴みやすいのですけど、細身なので意外とホールドしにくくて手ブレしやすいという。(笑)

L49960_blog

実際のところ人気どうだったのでしょうか、ペンFのレンズを中古カメラ屋さんで探しまくってた時も、標準レンズのF.Zuiko Auto-S 38mm F1.8とこのE.Zuiko Auto-T 100mm F3.5だけは、どこでも安いお値段で見かけましたからね。
正直なところペンFTで何度か使ったきりになってましたな、オジサンの街歩き写真では望遠レンズって使わなくてねぇ、このレンズもホント出番が無くって申し訳ないと思ってますよ。なのでもう少し使ってやらなきゃなって思い「ミラーレスで使うペンFレンズ祭り」に登場願ったわけで。(笑)

L50005_blog

さっそくボディー内手ぶれ補正内蔵のX-S10にマウントアダプター経由で装着、ファインダーを覗いてみるとなかなかイイ感じ、しっかりと望遠感もありますし、手ブレもピタリと止まります。ただ路地で振り回すには長すぎますな。(笑)

L49939_blog

で、歓楽街をうろつきながら撮り歩いてみました。最初25mmの広角レンズで撮ってて途中でチェンジしたら、望遠感がすごくて撮影スタンスの取り方に苦労しましたな。かなり手前から構えてもまだ画面からはみ出しますからね。
でもウロウロしている内に慣れてきましたよ、手ぶれ補正とフォーカスアシストを使うと最強なので、オリジナルのペンFTボディーで使うよりも快適になりますからね、まさに最新テクノロジー様々ですよ。

L49975_blog

正直なところサクッと撮り歩いたらまた防湿庫にしまい込むつもりだったのですけど、ちょっと面白くなってきたのでもう少し使ってみようかと思ってます。(笑)

L49987_blog

| | | コメント (0)

2022年11月17日 (木)

立ち飲み百景70 人生に2軒の立ち飲みを。(笑)

_t314795_blog

酒飲みになってからウン十年、思えば随分たくさんの酒場で飲んでまいりました。これを全部家飲みにしていたら、随分お金も溜まって、家の1軒や2軒建ってたかもしれませんな。
飲み屋さんの無い所に住んでたらそれも可能だったかもしれませんけどね、現実の世の中には魅力的なお店が多すぎましてですねぇ、それに逆らえるほど意思の強い人間ではございませんので、気がつけばこんな有様ですよ。(笑)
勤めていた頃は仕事の後の一杯ってのが最高でした、毎日そのために働いていたと言っても過言じゃないぐらい。
自分で段取りを付けて帰れた頃は良かったのですけど、だんだん立場が上になってくると自分の仕事は終わってても、それじゃお先にってわけに行かなかったりしたので、顔は笑顔でも心の中で「早よ仕事片付けんかいボケ、飲みに行かれへんやんけっ」って怒鳴ってましたな。(笑)
若い頃はいろんなお店に行きましたけど、オジサンは一度気に入ったお店が出来ると、そこばかり通う癖があるので、だんだん行きつけのお店も的が絞られてきました。
まだ立ち飲みで飲むのがメインになる前によく通っていた、駅の地下飲食街にあった大箱の大衆居酒屋は安くてメニューが多く、気さくな年配の仲居さんが何人もいるお店で、広い座敷席とテーブル席はグループ客で賑やかでしたけど、厨房前のカウンター席はお一人様ばかりで、マイペースで落ち着いて飲めるのが気に入ってました。
女将が亡くなられてお店も無くなりましけど、神戸新聞の記事にも取り上げられた名店でしたよ。この一人飲みが立ち飲みへと繋がっていくわけで、職場の近所に1軒、乗換駅の元町に1軒、馴染みのお店が出来ました。
職場の近くのお店は15年ぐらい通ったかな、お店のお母さんの健康上の理由で、別の方が引き継いで雰囲気が変わったのと、職場の移動で遠くなってしまって行かなくなりました。
元町のお店は先代がやってた頃で25年ぐらい、今の大将に変わってからもずっと通っているのでトータルすると30年ぐらいになるかと、こうなったらくたばるまでお世話になりますよ。(笑)
で、すっかり手薄だったのが地元。帰ってくる遅い時間に開いてるのはチェーン店ばかりでしたから、地元に行きつけの立ち飲みが無いという由々しき事態になろうとは、定年まで気が付きませんでしたな。
ところがどっこいお酒の神様はオジサンを見放さなかったわけで。そんな場所にあろうとは、長年住んでいながら今まで全く気が付かなかった所に老舗の立ち飲み発見、すっかり馴染みになりました。(笑)
細く長く毎日飲んじゃう呑助には、安く飲める立ち飲みって正義の酒場、行きつけが2軒あれば何かと安心ですからね。(笑)

| | | コメント (2)

«撮影に使えそうなものをセレクトショップで。