2024年7月16日 (火)

立ち飲み百景87 見せかけの大物氏。

_s107460_blog

この立飲み百景シリーズで何度か書いておりますが、立飲み酒場ってのは隣の人との距離が近く、その日どんな方の隣に立つかはお店に入ってみるまで分かりません。
なので両隣の方への配慮とや気遣いというのが必須科目と言いますか、その辺り紳士淑女の対応有りきで楽しく飲めるかどうかが決まると言っても過言ではないのですな。な〜んて書くとややこしくて面倒くさい酒場って感じがしますけど、基本的に過度の干渉をしない、されないというのがルール。
いくら顔見知りの常連さんであっても、むしろ常連さん同士だから、付かず離れずの距離感を保つ必要があるわけで。車の運転で言うところの車間距離みたいなもんですな。距離を取らずにべったりくっついて、あおり運転のようなことをするのはご法度ですからね。(笑)
立飲み酒場でのあおり運転に相当することって親切の押し売りなんてのがそうですな。やってる本人にとっては親切のつもりでも相手にとってはそうではない、むしろ迷惑なんて場合。調子が上がってくると、お酒や料理をやたら奢りたがる人なんてのが代表格かと。
立飲み酒場に来るお客さんってお一人様が多く、基本的に自分の適量を自分のペースで楽しんだらサヨナラ、また明日って方が多いので、話が盛り上がったり楽しくなって「最後に一杯、私から」なんて奢られると困るわけですよ。
アレね、自分のペースを乱されるし、後々気を使う結果になるのでやめていただきたいのですな。十分楽しんで、もうこれ以上飲めないタイミングで奢られると、断るのに必死。
奢る方は「何でもう帰んの?私の酒は飲まれへんのか?」なんて煽ってきますからもはや親切ではなくなって迷惑。押し切られると言いますか、断るのが下手な方っていますから見てて気の毒だったりします。
最近遭遇したのが、そろそろ帰ろうかってタイミングで頼みもしない料理が出てきたのですな。飲んで調子の上がったある常連さんからの奢り、相手は酔っ払ってイイ調子なので、今文句を言っても揉めるだけだなって、仕方なくいただきましたけどね。立飲みの基本的な暗黙のルールを知らないから、そういうことをするんですなぁ。
後日相手がまだ酔ってないうちにコンコンと超が付くぐらいの丁寧さで噛んで含めるように説教、ああいうことは二度と止めてもらいたい旨を伝えました。(笑)
酒場には飲んでて気が大きくなって人に奢りたがる人っています。ただしお酒が入ってイイ調子になってるだけなので、奢る時は「気にせんと、気持ちよう飲んでや」なんて言ってますけどね、裏では「アイツ奢ったっても、ちょっともお返し無いで」って言ってたりするのですな、それが人間の本性ってもん。(笑)
そもそも自分が押し付けた親切と同じ見返りを求める時点で情けない小物。ホント人間の小ささを感じます。そういう小っさい方は、お酒が入って気が大きくなってるだけの見せかけの大物ですから、十分な車間距離が必要なのですな。(笑)

| | | コメント (0)

2024年7月14日 (日)

カメラ以外、ほぼ中華なスタジオ。

_t318577_blog

地元企業のカネテツデリカフーズさんのヒット商品に「ほぼカニ」というのがありますな、このほぼシリーズは他にタラバやイカ、ホタテなどが発売されてますが、オジサンはまだ「ほぼカニ」しか食べたことがありません。
近所のスーパーで見かけるのがコレばかりなのでね。他の商品も食べてみたいのですけど、探してわざわざスーパーをはしごすることはほぼ無いでしょうなぁ。(笑)
で、実家スタジオもほぼ完成と言いますか、ほぼ片付いたので、ほぼホッとしていますよ。これでほぼ稼働できるようになったかと、ほぼ思っていますって「ほぼ」がくどい。(笑)
そんな実家スタジオですけどね、機材を見回してみるとメイドインジャパンの物ってフジフィルムさんのミラーレスカメラのボディーとベルボンの自由雲台、セコニックの露出計ぐらいしか無いという。
あとは外国製ばかりでハスキーとジッツオの三脚にアベンジャーのグリップヘッドを除くと、ほぼ中華機材という事実に愕然とはしませんでしたけどね、スゴク今どきだなぁと思っちゃったわけで。
裏返せばカメラボディーさえ用意すれば、後は中華機材で仕事や趣味の撮影が格安&激安でスタートできるってことですな、お財布的に優しいのはありがたいですよ。(笑)
そんな中華機材の中でもガッツリ使っていると言いますか、これ無しじゃ始まらないのがマクロレンズ、ブツ撮りでは定番なのですけど、純正品はオーバースペック&高すぎなので「LAOWA 65mm F2.8 2x Ultra Macro APO」「TTArtisan 40mm F2.8 MACRO」の2本を使い分けています。
マクロレンズのオートフォーカスは、ブツ撮りにはかえってじゃまで使いにくいって考えのオジサンにはもう十分すぎるレンズですな、マニュアルフォーカスなので安いですし。
ライト関係はPhotoolex、NEEWERのクリップオンストロボにZHIYUNのLEDライト、Godoxのワイヤレストリガーを使ってます。
LEDライトはもう1灯調達してやろうと現在物色中、もちろん中華機材で。最近は小型でパワーのあるLEDライトが次々出てきてますから楽しいですな。(笑)
マジックアームやクリップ、カニクランプなどはUTEBIT、三脚とライトスタンドはNEEWER。中華機材を使っている方でココのお世話になってない方はいないのじゃないかってぐらいNEEWERさんは撮影機材が安く色々揃ってますね。

_t317790_blog

最近もスタンドを買いました、2本セットで5,000円ちょいだったのがタイムセールで4,376円だって。1本2,188円なんて激安すぎて頭痛がしますな。(笑)仕事で使っていたコメットやマンフロットのものと比べると華奢ですけど十分使えてますよ。
今まで使ってきて思ったのですけど、中華機材って分かってる方には割り切って便利に使えますし、使ってみたくても手が出なかった方には入門用としてまず使ってみることができるモノかと。
使いこなせなかったらどうしようよりも、使ってみながら考えてもイイかなって思える価格ですからね。(笑)

| | | コメント (0)

2024年7月13日 (土)

きょうびの若いモンは、ナショナルを知らない。

甥っ子と話していた時のこと、実家にある電化製品を見て「ナショナルってどこの会社?」って聞くので「そうか、あんたらの世代は明る~いナショナ~ル♪なんて知らんわなぁ」ってオジサンすっかり昭和レトロなジジイなのを再認識しましたよ。
調べてみたところ2008年10月1日に創業90周年の節目ってことで「パナソニック株式会社」に社名変更し、ブランドも全世界で「Panasonic」に統一したそうで、当時幼稚園児だった甥っ子には分からん世界だったってことですわなぁ。
「ナショナル?今のパナソニックの昔の名前やがな」に「えっ、日本の会社なん?」。どうやらお隣の国の謎メーカーだと思ってたらしいですな、松下幸之助さんが怒りますよ。(笑)ってこの松下幸之助さえ通じないですからね、コケても立てませんよ、ずいぶん時代は変わりましたな。
で、そんな話題はすっかり忘れて実家の片付けをしていたら、ナショナルブランドのものが出てきて思い出したわけで。長年繋いだままで使い続けてきた延長コンセントや、コンセントの口数を増やす電源タップはほとんどナショナルマークでした。昔の延長コンセントって電線が細いですなぁ。(笑)

_t317600_blog

父親がコーヒー好きなので、コーヒーミルが出てきたのですけどちゃんと使えましたよ。調べてみると1979年グッドデザイン賞受賞の製品というのが分かったので、その頃のものでしょうね。だけどコーヒー豆を挽くのなんて、電気じゃなくても手動ので十分いいと思うのですけどねぇ、当時何を思ったか買っちゃったのでしょうなぁ。(笑)

_t317614_blog
_t317620_blog

料理好きだった母が使っていたハンドミキサーも出てきましたよ。いつ頃の製品か調べてて、過去のオークションデータに1973年と出てましたが確証が持てません。
だけど中学生ぐらいの頃、母がケーキ作ったりホイップクリームをこれで作ってたのは覚えてます。なので70年代なのは間違いないと思いますね。
しまい込まれて薄汚れていたのですけどちゃんと動きましたよ。写真撮影用にできる限りピカピカにしてブツ撮りしてから、実際に使ってホットケーキを焼いてみました、卵白をコレで泡立ててメレンゲを作り、生地に加えるとふわふわのホットケーキが焼けるのですな。えっオッサンにホットケーキが似合わんって?ほっときなはれ。(笑)

_t317636_blog

家電じゃないですけど目覚まし時計から出てきたのがNational NEOって単3形乾電池。運よく液漏れしてなかったのでブツ撮りしました、1991年の製品らしいですな。古い電池はひょっとしたら電卓やポータブルラジオからも出てくるかもしれませんから発掘してみますよ。(笑)
ナショナルといえばキャラクターのナショナル坊やがおなじみですが、調べたら今はパナソニックのお店坊やになってましたよ。とあるパナソニックのお店の3代目だそうで、ナショナル坊やの弟って噂もあるそうですけどね、だったらもうエエ歳のはずですから、そりゃちゃうでしょうな。
東芝の光速エスパーも日立キドカラーのポンパ君も見かけなくなりましたけどパナソニックのお店坊やはまだ健在ですな。

L60089_blog

| | | コメント (4)

2024年7月11日 (木)

やっぱこうなるだろうなと、激安ストロボ追加。(笑)

_t317529_blog
_t317520_blog

2021年の10月24日にPhotoolexの「M500」って3,049円の激安中華ストロボを買ったことを記事にしておりますが、それ以来使って来てなんの問題もありません。実家スタジオでもさっそく使っておりますけど便利ですな。
もう1灯あればなと検索してみたところ、このストロボはもう取り扱って無いみたい。あれから2年半ほど経ってますから色々物価も上がってますし、3千円台なんて値段ではもう無理でしょうなぁ。(笑)
なので代わりになる他社のクリップオンストロボを探したのですけどね、オジサンの望むのは安ければ安いほど良い。ややこしい機能は一切不要で設定した光量で光ってくれればOK。エネループ電池で使えることの3つです。
最近のストロボは専用バッテリーのものが増えてますけどね、切れた時の交換用を考えたら最低2個いりますし、充電器もそれ専用ですから、そんなのばかり増えては置き場所に困ります。なのでストックしてあるエネループで使えることが絶対条件。
ま、その条件で探してみましたけど、時代はLEDライトに変わってきているのか、数年前に比べて種類が少なくなってましたな。

_t317498_blog

見つけたのはNEEWERの「TT560」という製品、今使っている「M500」とスペックも使い勝手もほぼ同じものがAmazonのタイムセールで4,918円になっていたのでポチりました、安っ。この物価高のご時世にほんとにこんな値段で儲け出てるの?って思いましたよ、探せばあるのね。(笑)
この「TT560」、Godoxの「TT520」という製品とどう見ても一緒なのですな、メーカーロゴ以外違いが分からないという謎。車で言うところのOEM車と同じことでしょうか。とにかく同じなら安い方がイイに決まってますからNEEWER「TT560」にしました。(笑)

Godox_tt520_blog
_t317500_blog

で、「M500」にはワイアレストリガーを付けてカメラから離した状態で発光できるようにしています。追加した「TT560」をスレーブに設定すると「M500」の発光に同調して光るので、ワイヤレストリガーの受信機を購入しなくても多灯発光が可能になるのですな。これでストロボ2灯でのライティングができるようになり撮影の幅が広がりましたよ。

_t317504_blog

余談ですがPhotoolexの「M500」は面白い機能として前面に付いているLEDライトで定常光ライトとしても使えるようになっているのですな、いわば二刀流。
LEDの光量は大したことないので撮影には力不足な、正直オマケのような機能なのですけどね、ミニ三脚に乗せて光らせると、作業用の手元ライト代わりに使えます。この使い方なら十分明るくて便利という。「あんたストロボでしょ」ってツッコミ入れたくなりますが、実際便利なのよ。(笑)

_t317550_blog

| | | コメント (2)

2024年7月 9日 (火)

初めての播州ラーメンはカップ麺で。(笑)

_t317205_blog

ご当地ラーメンってのが人気になりだしたのはいつ頃からでしょうね、郷土の特色や食文化をベースに生まれて、地元に広まって行った味わいですかね。
でもそんなのは後付けの理由で、ホントのところ最初はラーメン屋の大将や食堂のオバちゃんが思いついたり、作ってみたのが評判になって、人気にあやかって他のお店もマネして広まった結果、その地域に行けば同じラーメンを出すお店ばっかりで、それじゃこれからはご当地ラーメンと呼びましょうかねなんてことになったのじゃないかと思っとりますよ。
だけどこういう身も蓋も無い書き方すると、ガチなラーメンファンやラーメン命の熱い方から、助走つけて飛び蹴りされそうですな。あながち間違いではないと思ってますけどねぇ。(笑)たかがラーメンに面倒くさいことせんでもエエやんってのがありますから、それ以上でも以下でもないわけで。
そのご当地ラーメンですけど、オジサンの若い頃は札幌ラーメン、喜多方ラーメン、博多ラーメンの3つでしたな。いずれも最初の一杯は現地でも専門店でも食ってません。
札幌ラーメンはサンヨー食品の「サッポロ一番みそラーメン」ってインスタント袋麺。チェーン店の「熊五郎ラーメン」で食べたこともあったな。(笑)
喜多方ラーメンはスーパーで売ってた生ラーメンしか食べたことありません、喜多方の場所も実はよく知らないというレベル。博多ラーメンはハウス食品の「うまかっちゃん」が最初。その後博多に行った時は必ず本場で食べてましたな。
で、我が兵庫県のご当地ラーメンとして推しているらしい「播州ラーメン」をはじめて食べました、カップ麺でね。播州ラーメンがなぜご当地ラーメンなのかは西脇市のHPをどうぞ。
同じ県内ですから博多や札幌に行くよりも近いはずなのですけど、う〜ん西脇市ってねぇ、まず心理的に遠くてねぇ。車が必要な場所にお店があるので、車も無ければ運転もしない我が家には博多や札幌よりも遠い場所、行くことは無いというより行けませんよ。(笑)
そういう現地に行けない方のためじゃないと思いますけど、ヤマダイって会社の「ニュータッチ 凄麺、ご当地シリーズ」ってカップ麺に「兵庫播州ラーメン」があります。食品系ニュースで昨年9月に発売になってたのは知ってたのですけど、スーパーでも全然見かけずようやくお目にかかりました。
ニュースリリースには『商品化にあたっては、「西脇多可料飲組合(事務局:西脇商工会議所)」協力のもと、「西脇多可料飲組合」に所属する「播州ラーメン部会」に監修をいただき、ラーメン店主の方々も認める本格的な美味しさを再現しました。』と書いてありますな、エライ気合入ってますやん、カップ麺でしょ。(笑)

_t317209_blog

で、実食。醤油味だけど甘口なスープが…などとくどくどレビューはしませんよ、普通に美味かったですな。お店に行けない人が十分堪能できる仕上がりだと思いました。中身の量に対しカップがデカイので買って帰るには荷物になる大きさ。
問題は近くのイオンには常備してないところ。ま、無い時はこの凄麺シリーズの他のご当地ラーメンにしましょうかね、よその県のは色々並んでるのよ。(笑)

| | | コメント (0)

2024年7月 7日 (日)

撮影用品自作ノススメ、背景用にリバーシブルな木の板。

_t317146_blog

以前、表裏両面とも着ることができるリバーシブルの上着を持っていたことがありますが、アレって出かける時と帰る時で違う装いにできたりして面白いですな。片方を汚してしまっても反対返して着てしまえば分かりませんし。(笑)
表裏のある人間は困りますが、撮影用背景は表裏があると便利ってのが今回のお話。
勤めていたスタジオには実に様々な背景に使えるものが用意してありました。定番のデコラ板(メラミン化粧板)はもちろん壁紙もよく使ってましたな、安くて種類が多いのでね。オジサンも個人的に何種類か買い求めて使ってますよ。
木の板もよく使います、セリアで売っている「木板 焼き目付」という桐の板の表面を焼き目でダークな色合いにしてあるものは、何枚か並べるといい感じの背景になります。長さ45cmで幅違いが何種類か売ってて、12cmと15cmのものをそれぞれ6枚ずつ購入して使用していますけど、壁紙と違って本物の木なのでリアルさがイイですな。使わない時は片付けやすいですしね。
で、これと同じ木の板を並べるタイプの背景をリバーシブルで作ってみました。なるべく安く作りたいのでホームセンターで端材を調達。材木売り場の隅っこで、中途半端なサイズの材木の切れ端が、箱に放り込まれて安い値段で売ってるアレですな。
その中から大きさの揃った木目のきれいなSPF材を選んで買いました。長さ60cm×幅9cm×厚み2cmで1枚150円、6枚で税込み972円なり。
SPF材っていうのは北米産針葉樹のスプルース(Spruce、トウヒ)、パイン(Pine、松)、ファー(Fir、もみの木)の頭文字を取った名前でツーバイフォー住宅や家具に、DIYでもよく使われる木材だそう。この木目を活かせばきれいな木の背景が作れるんじゃないかと考えたわけで。
買ってきた板の厚みのちょうど半分のところに鉛筆で線を引き、それに沿ってマスキングテープを貼り片面を保護、マスクしていない面にペイントをしました。
木目を生かすペイントには普通ステインと呼ばれる着色剤を擦り込むように塗るのですけど、ホームセンターで売ってるのは量が多くてお値段もかなり高め。なのでネットで調べたところ評価の高かったセリアの「VARNISH」という水性ニスに決めました、色はメープルをチョイス。
さっそく塗ってみたのですけど、ムラになりにくくてスゴク塗りやすいニスですな、これで税込み110円でしょ、人気があるわけが分かりましたよ。

_s108879_blog

で、一日空けて2度塗りして十分乾燥してからマスキングを剥がして完成。片面がメープルな感じの赤味がかった明るい茶色、もう片面は何も塗ってないので針葉樹の白い地肌のままのリバーシブルに出来上がりました。
これを背景に撮ってみたのが下の写真です。同じ木材ですけどずいぶん雰囲気が変わるのがお分かりいただけるかと。茶色と白を互い違いに並べても面白いかもしれませんな。(笑)

_t317448_blog

_t317481_blog

| | | コメント (0)

2024年7月 6日 (土)

ガイコツ写真に骨を折る。(笑)

L36195_blog

ネットを見てたら街でカラーコーンを見つけたら写真に撮ってしまうって方が出てきました。工事現場や立入禁止の場所においてある赤い円錐形のアレね。赤だけじゃなくいろいろな色があるようで、並べ方や置かれ方、置いてある場所などにそそられるそう。
オジサンもよく見かけますけどそそられるようなのが少ないのでそんなに撮ってませんな。ま、テーマといいましょうか自分の好きなものがあってそれを写真で追求しているわけですから、花や動物、野鳥や鉄道など特定ジャンルの写真をライフワークに撮っている方と基本的には同じことですな。
被写体がカラーコーンのある景色というだけの違いしか無いわけで。だけどカラーコーンて街中のあちこちで見かけますから、少し歩き回っただけで撮れ高はイイでしょうなぁ。なんぼでも見つかりますからね。(笑)

L55741_blog

オジサンは街の写真を撮っておりますので、街中で人間が作り出した間抜けなものや面白いものを見かけると思わず撮ってしまいます。
つまりその時々で目についた街のアレやコレやが対象なので、カラーコーンのような絞った対象じゃなく街全体という守備範囲の広さ。ま、早い話街中のものなら何でも有りってことですけどね。(笑)

L58809_blog

なのでこれ面白い、あれが何だかいい感じって思いながら、撮りながら、徘徊しながらってのがいつもスタイルなので、撮った写真を見返してみると特定のブツやジャンルでまとめられるぐらいの物量になっていたりします。
集めようと思って撮っているわけではないのですけども、面白がって撮るのを続けていたらそれなりの量になるのが街の写真あるある。(笑)
で、気が付けばあちこちで撮って増えていたガイコツの写真を集めてみました。ガイコツだけにわざわざ骨を折って探し回ったなんてのは全く無くて、たまたま歩いてて目についたり、オッと思って撮ったりしてたのがそれなりの枚数になっていたわけですな。

L54648_blog

ま、ガイコツなんて普段お目にかかることが無いですし、学校の理科室ぐらいしか置いてありそうな所が思い浮かばないのですけど、街歩きをしていると整骨院で看板代わりに店頭に立たされている姿を見かけたりします。一番遭遇率が高いのがこのパターンかと。
他にはウインドウディスプレイだったり、ハロウィンの飾りだったり。そうそう看板にガイコツが登場してるお店も見かけましたよ。

L54588_blog

不思議なもので探す気なんて全然無くて、ただブラブラと徘徊している時の方が発見と遭遇率が高いような気がしますな。必死になって探し歩いたところで、それはもう骨折り損のくたびれ儲けですからね。歩き回りすぎても骨と皮にはなりませんが。
掲載写真はそんな感じで増えてたガイコツ写真です。骨に沁みるような名作は無いのですけど、面白がって骨に刻んでいただければと。(笑)

| | | コメント (0)

2024年7月 4日 (木)

二度寝の稽古。

上方落語に「あくびの稽古」という噺があります。江戸落語では「あくび指南」という題名だそうですけど、友人のあくびの稽古に付き合った男のお笑い話。正直なところあまり面白い落語だなって印象がありません、題名だけ見ると面白そうなのですけどねぇ。(笑)
物事って自分が好きで初めたことに対しては稽古が辛い、しんどい、やりたくないとは思わないですけど、仕事などでどうしてもやらなくてはならないことの稽古って進まない、上手く行かない以前にやりたくもありませんな。
例えば来週客先でプレゼンしなくてはならないなんてのね、予行演習という名の稽古をしてても気が重いですからねぇ。
オジサンはもう仕事絡みの稽古からは遠ざかりましたけど、最近困ってるのが寝る稽古。夜中に一度目が覚めると二度寝ができないのでそのまま起きちゃうという。
元々若い頃から睡眠時間が短くても平気で3〜4時間寝たら大丈夫、それがこの歳でもほとんど変わらないのですな。夜寝ない分昼間に眠くなるかというと、そういうのもほとんど無くて普通にいられるという。
若い頃は夜中の3時ぐらいまで夜ふかししてても朝の6〜7時に起きて普通に仕事に行ってました。ところが年齢とともに寝る時間が早くなってしまって、その分目覚める時間も早くなってますから、夜10時に寝ちゃうと夜中の2時ぐらいに目が覚めてしまってそこから寝れないという。丑三つ時におはようさんなんて、釣りが趣味の人ならイイですけどねぇ。(笑)
起きるにしてもあまりにも早すぎるので、もう一度寝ようと二度寝にチャレンジするのですけど、目が冴えてしまっててもう全く寝れませんな、なので二度寝の稽古中なのでありますよ。

L28293_blog

よく羊が1匹…羊が2匹って数えると寝られるなんてのがありますけど、どうやらイギリスから伝わった言葉遊びだそうで、英単語の眠り「Sleep」と羊「Sheep」の発音が似てるのでスリープとシープをかけたそうですけどね。寝られないで困ってるオジサンは、このしょうもないダジャレを考えた奴をグーパンチで眠らせたいですな。(笑)
そもそも羊なんて神戸市内ですと、王子動物園か六甲牧場まで行かなくてはお目にかかれませんから、近所のそんじょそこらをウロウロしてるモンじゃありませんので馴染が無いのですな、ジンギスカンは旨いですけどね。この場合は1人前…2人前って数えなくてはなりませんから面倒くさい。
例えば仕事の打ち上げで、スタッフ8人でジンギスカン食いに行って、アイツは1人前でいいけど、コイツは間違いなく3人前食うなって計算をしていたら余計目が冴えますよ。ジンギスカンは羊だけどシープじゃなくてフードですからね。
むしろ焼き鳥1本…2本の方がって…、寝られないのでこんなしょうもないことを考えていたらこの記事が一本出来上がりましたな、二度寝したいのにね。(笑)

| | | コメント (0)

«BIALETTI(ビアレッティ)でエスプレッソ。