パソコンとかハードのこと

2017年5月 2日 (火)

USBハブが使えねえ。

_mg_8124_blog
パソコンやその周辺機器について詳しい方ならご存じだとは思いますが、ノートパソコンなど限られた数しかないUSBポートを拡張するものにUSBハブというものがあります。早い話、コンセントのタコ足配線をするようなもの、これを繋ぐことによって、足りないUSBポートを増やしてしまおうという便利グッズなのですな。
このUSBハブ、基本的に2種類あります。バスパワーというパソコン本体の電源に頼ってしまうタイプと、セルフパワーという独立した電源供給でパソコンの電源に頼らないタイプのもの。当然ながら値段も違います、バスパワータイプは数百円からありますが、セルフパワータイプは2千円ぐらい。オジサンここをケチってしまって大失敗だったというお話なのですな。
結論からいいますと、USBポートに有線マウスを繋ぐだとか、デジカメを繋いでデータをパソコンに移すという作業だとバスパワータイプで十分使い物になります。パソコン本体からの電源供給でも十分まかなえるわけですからね。
ところがどっこい充電などデータのやりとりより電気が必要というような周辺機器の場合全く手も足も出なかったという。まずiPodとipadの充電は出来ませんでした。電源に繋いで下さいという表示が5秒間隔で出て全く充電出来てないという。数時間繋いでいましたが全く充電出来てませんでしたな。同じく充電式電池やデジカメのバッテリーの充電もダメダメでした。全く役立たず。
やはりバスパワータイプではそこまでのパワーは無いという事が分かりました。薄々予想していたのですけどね。今時のようにUSBから充電するのが当たり前のモバイル系の周辺機器にしっかり充電するとなると役不足なのですな。
たくさんの周辺機器をいちいち繋ぎ替えなくても使えるのが便利かもと、値段が安かったのでついつい買ってしまったUSBハブ、最初の思惑通り使えない結果になってしまって、このままでは日の目を見ないただの邪魔者。同じ間違いをしてしまう方がいるかもしれないと思って、記事にして何とか元を取ろうという悔しさがにじみ出てしまいました。(笑)
捨てるのももったいないので使っておりますけど、結局ただのUSB延長ケーブル程度にしか使えないのでどうにもなりませんな。全然便利じゃないと言う悲しい結末。今まで通り、必要なときにそのつど繋ぎ直して使う方が確実だという事でした。
もし充電が必要なUSB周辺機器をお持ちならセルフパワータイプをオススメします。オジサンのような失敗をしないでね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

実感、買い換えて良かった新しいipad 2017モデル

新しいipadがわが家にやってきてから、実に快適に使っておりますけど、ネットのレビュー記事を見ておりますと、なんだかスペックの粗探し的なのが多いような気がしてしまったのですな。なのでわが家で使ってみての実感を書いてみようかと。
まず今回発売のipadは目新しさがほとんど無い、手堅くて質実剛健だけれど買いやすい価格のモデル。学校や会社で大量導入しやすく、また古いipadからの買い換え需要もにらんだ機種だと思います。わが家も家内のipad2(2011年、第2世代)とオジサンのipad(2012年、第3世代)からの買い換えでした。
ipadって買ってからかなり長く使えるものだと思いますね、さすがに古いのは最新のiOSにバージョンアップは出来なくなりましたけど、それでも使えないわけではないのですな、ただすごく遅いし、頻繁に充電しないといけない。我慢しながら使っていた家内も限界という事で買い換え話がトントン拍子にまとまったのですけど、同じように買い換え検討中の方って結構多いのではないでしょうか。
で、実際古いのから乗り換えで、どうなのって所なのですけどね、正直快適ですな。まず軽くて小さい。他の機種より分厚くなったそうですけど、今までのより薄いし、数ミリの差なんて大して気になりませんな。それより軽くスリムになったので鞄に入れやすいし、お家の中でしか使わない家内にとっては場所を取らず軽いのがいいみたい。
古いのと比べて画面サイズは同じで縁が少し狭くなって全体の横幅もスリムになっただけでずいぶん印象が変わります。古いのはでかい重たい板って感じ。長く使ってると「肩が凝る」って言っていた家内も少しは楽になるかも。(笑)
バッテリーも持ちますね。新しいから当然ですが、仕事の行き帰りの電車の中や喫茶店で使うぐらいだと減りませんな、届いてすぐ充電して10日以上経ちますが、まだ一回も充電してません、ただいま電池残量19%、家内も「電池減らへん」と言っておりますよ。一年ぐらい使うと変わってくるのでしょうけどね。
使い勝手に関しては今まで通り普通に使えてます、ただ何をやってもきびきび、サクサク、快適ですな。液晶画面がピカピカ光るのがダメってレビューをいくつか見かけましたけど、そうですかね。前のもピカピカだったので全然気になりませんな。気になるのなら、艶消しの液晶保護フィルムを貼れば?と思うのですけど。家内も「別に気にならへん」と一言で終わりました。
気になったのが指紋認証のロック解除。前のはカバーを開けて「スライドでロック解除」をスライドしてパスワード入力で解除していたのですけど、指紋認証の初期設定はカバーを開けてホームボタンを押すようになっているのですな。この押すタイミングが合わなくて音声認識のSiriが起動してしまうという。(笑)ここちょっと不便な所、使う度に「ご用件は」って言われてもねぇ。
で、ネットで調べて設定変えて快適に。「設定」の中の「一般」から「アクセシビリティ」へ、その中の「ホームボタン」の「指を当てて開く」をオンにすればOK。これで押さなくても指を触れるだけでロック解除できるようになりました。

Settei__blog
ストレージ容量は家内のは32GB、メールとネット中心、写真が少々と音楽ぐらいなのでそれで十分。オジサンはそれでは足りないので128GB、電子書籍やEvernoteのファイルが一杯なので。
使い出して古いipadと併用すると便利だと気が付きました。古い方には音楽データや録画に使っているnasneの視聴アプリを入れておけばBluetooth対応ミニコンポで一日音楽流しっぱなしにしたり、新しい方で他の事しながらテレビを見たり出来ますので、それ専用にしてしまうわけですな。どの部屋でも持っていけますしね、おかげでiMACの使用率低下中。(笑)
新鮮味はないけれど、使い勝手が良くて処理能力も大幅にアップした新しいipad 2017モデル。4~5年使い倒すことを考えるとかなりお買い得感のあるモデルじゃないかと。家内が満足してくれているipadと言うことでレビューを終わらせていただきます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

新しいipadのケース選びはネットが速くて安かった件。

新しいipad、家内とオジサンの2台が届いて速攻セットアップして快適に使っておりますけどね、何となくむき出しのままだと不安になるという。専用ケースやカバーは必要かなと、ふたを開けると起動するというのに慣れてしまってますのでね、古いipadの物を流用してやろうと思ったのですが、全く横幅が違うので使い物になりませんでした。
で、買いに走ったのですけどね、新型という事で、種類が少なく、ほとんど選択肢が無いという。職場の近所にある大型家電量販店に見に行ってきましたけど、まだまだ品揃えが大したことがなくて見る物が無かったのですな。
しかも結構いい値段。大体3000円台後半からスタート、高いものだと6000円台。それでも売れるのでしょうね、売れ筋の色柄の物は売り切れになってましたから。
手に取って見られるように、商品サンプルが置いてありましたけど、どれも似たり寄ったりで、そこまでの値段するような物なのかなぁって感じ、正直お高いなと。選べる色柄もほとんどなかったので、もっと品揃えが豊富になってからでもいいかと買わずに帰ったのですな。
休日にネットで調べたらどんな物が出てくるのだろうと思って、「ipad 2017 ケース」で検索してみたところ、品数は少なかったですが、家電量販店よりは遙かにたくさんの種類が出てきました、しかも安い。
Amazonが一番安かったですな。1000円のケースが出てました。「これでエエんちゃう?」と家内に見せたところ、値段はOKだけど色が気に入らないと却下。さらに調べて、もう少しお高くなりましたけど色数が豊富なケースを選びました。Amazonギフトカードの残高が残っていたのでそれでお買い物。お値段ひとつ1590円なり。
何でこの価格に出来るのか、そのからくりは分かりませんけど、これじゃお店は太刀打ちできませんな。ま、買う側からすればお得感はあるし、届けてもらえるので実に便利なのですけどね。ポチっとして次の日には発送されてました。
で、届いたケースはApple純正のSmart Coverのような高級感はありませんが、実用品としては十分かと。Amazonのレビューでも悪いこと書いてませんでしたし。過保護にならない程度にipadを保護してくれればいいので、オジサンも家内も全然こだわり無し。(笑)
付けてみると新しいipadにぴったりフィットして、使い勝手も悪くありませんな、十分役目は果たしてくれるかと。むき出して使ってもかまわないのですけど、あれば便利なipadのケース、最初からネットで探せば良かったかなと思いました。

Tyumon_blog
家内はシルバー、オジサンはネイビーブルーを選びましたが、どう見てもライトグレーと水色。(笑)記事を書くために商品を確認した所、値段が1890円に値上がり、14日入荷予定になってました。カスタマーレビユーの評価が良かったので売れちゃったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

新しいipadがやってきた。

_mg_8144_blog
何の前触れもなく発表になって、3月25日から受注開始になった新しいipad 2017年モデル。目新しい機能だとかアピールポイントがほとんどない堅実路線のモデルですけど、買いやすい価格で登場したことで結構人気なようですな。家電量販店やパソコンショップ系お買い物サイトでは、32GBストレージの一番安いモデルは最初の入荷分はすでに完売してたり在庫僅少になってたりしてました。
わが家も大蔵省予算委員会を無事通過したので、家内の気が変わらない内に速攻注文しましたよ。待つこと五日ほどで、「商品の発送をいたしました」メールが。こういう時ってワクワクしますな。宅急便の荷物追跡画面見て、今どこだってやってました。
で、届きましたよipad。ここで開封の儀の写真なんか撮って載せたりするような事はオジサンやりません。そんなことより、とっとと充電とセットアップしたいですからね。箱から出して手にすると実に軽くて薄いですな。ま、今まで使っていたのが、第2世代(2011年発売)と第3世代(2012年発売)のものだったのでそれと比べるのが間違いかもしれませんけどね。とにかくいつも持ち歩くものなので軽いのはありがたいわけで、家内も手にして「ふ~ん」て感心してましたな。(笑)
セットアップはiTunes経由だと実に簡単。パソコンのセットアップとは比べものになりませんな。すぐに今まで通りの環境で使えます。まずiMACに古い方のipadを繋いでiTunesを立ち上げパソコンにバックアップ。新しいipadに繋ぎ替えてバックアップしたものを復元すれば完了。とりあえずこれで普通に使えます。指紋認証とか新しい機能に関しては新たに設定してやらないといけませんけど、メールやネットなどすぐに出来ないと困ることは前のipadから引き継いでいるので問題無し。なんだかあっけなく終わりました。
ただここで気を付けないといけないのは、古いipadのバックアップの際に、「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワード設定して、それをメモしておくのを忘れないように。普通のバックアップと暗号化バックアップでは引き継がれる内容が違います。最初ここをミスって家内の新しいipadでメールが全然来ないというアクシデント。アカウントが引き継がれてなかったのですな。暗号化バックアップして復元したらすんなり行きました。

_blog
使ってみると動作はきびきびして前のipadとは雲泥の差、アプリを立ち上げる度に待たされていたのが嘘のよう。特にEvernoteは重たくて15秒ぐらい待たないと動かなかったのがサクサク動くのでストレス無くなりました。たぶん動かないだろうと思って入れてなかったipad版のLightroomも使ってみようかと。最新のiOSの機能も色々試してみたいですな、古いipadは対象外でしたのでね、ここも楽しみ。
音声認識のSiriもずいぶん良くなっているようで、台所でipadに向かって「○○駅の時刻表出して」とか「神戸の明日の天気は」とか遊んでました。おバカですな。
まだほんの少ししか使ってませんけど、すでに今年買って良かったものベスト10になりそうなipad 2017年モデル、買い換えは正解だったかと。古いipadは壊れたわけではないので、とりあえずnasneのテレビ専用にしました。
目を引くような飛び抜けた所が見あたらない新しいipad、普通過ぎるのがかえってイイのですな。今まで通りの事がサクサク出来るのが安心なわけで。こうなるとますますパソコン使わなくなりますな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

ポメラDM200を見送った件。

新しくポメラDM200が発売されたとき、買う気満々だったオジサン。ブログ記事を書くのに最適な電子文具なので、新型は当然ながら即購入のつもりだったのですが、さっそく購入して使っている方のレビュー記事を見ていてちょいとばかり気持ちがしぼんでしまったのですな。キングジムさんがウリにしている部分が、あまりオジサンにはそそらなかったという事なだけなのですけどね。(笑)
日本語の変換については、すごく良くなったようで、実はココすごくそそる部分なのですが、今使っているポメラDM100でも、オジサンの書く雑文ぐらいなら、辞書登録をしまくっているので、あまり不満を感じずに使えていて、とりあえずこれでイイかという気持ちなのでありますよ。超おバカな変換を時々やらかしてくれますが慣れました。というか楽しんでます。(笑)
日本語の変換ってすごく奥の深いワガママな世界、変換したときにややこしい言葉を一発で変換してくれると、賢いなぁと感心してしまうのですが、ややこしくない言葉をまともに変換できなかったりすると、こいつアホやなと一気に評価が下がります。その辺りも踏まえて、どれぐらい良くなっているのかは興味があるのですけどね。こればっかりは買ってみないと分からないので保留中。(笑)
画面が広くなったのはイイところだと思いますが、代わりにサイドに付いていた一発で呼び出せた辞書などのボタンが無くなりメニューからの呼び出しに。これは便利か不便か評価の分かれるところだと思います。キーボードから手を離さずに、呼び出せる方が便利って方もいるでしょうからね、オジサンはボタン一発が気に入っていたのでちょっと不便かなぁと。
キーボードの使い心地も良くなっているそうですが、これは慣れの部分もあるので、使って見て違和感があっても長く使っていると、どうでも良くなってしまうかもしれません。ハードに長文をガンガン打つ方には大切なところなのかもしれませんけどね、オジサンはこだわりませんよ。
製品発表があったとき、がっかりしたのが、バッテリーが電池から充電式の内臓バッテリーになったところ、今時の流れを考えると、電池じゃ力不足なのでしょうけど、ココは死守して欲しかった部分。モバイルバッテリーに対応しましたって言われてもねぇ、充電式の内臓バッテリーは使えば使うほどヘタっていきますからね。何年か使えば当然保たなくなるでしょうし、使用時間18時間に減って、充電時間5時間ってどうなんですかね。電池入れ替えれば済むだけの方が良かったのですけどね。
無線LAN機能搭載も、最初見たとき便利かなって思ったのですけど、レビューを見ていると遅くてとても便利とは言えない模様。おまけ機能と割り切った方がよいなんて書いてるところもありました。出来ますと使えますは別、使えても遅ければ使わなくなるかと、興味が薄れた部分でした。
文句ばっかり書いておりますが、一番のがっかりは値段が高い。49,800円+消費税だって。だいぶ値段もこなれてきているようですが、それでも高いな~。使う人が絞られる電子文具なので、高くても必要と割り切れる人は買うのでしょうけどね、おいそれと手を出しにくい価格、オジサンにはココが黙り込んでしまった部分。我が家の大蔵省予算委員会も通過できませんよ。(笑)

_mg_0058_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

古本屋より電子書籍化を選んだわけ。

_mg_0069_blog
富士通のScanSnapシリーズというドキュメントスキャナがあります。手持ちの本を電子書籍化する、いわゆる「自炊」派の方たちにとって定番のスキャナ。オジサンも古い機種ですがS1500を持ってます。何百ページもある本でも次々読み込んでくれてあっという間に電子書籍化できるのですな。
実に便利な道具なのですが、ただスキャナを通すために本をバラバラにしなくてはなりません。綴じてある所を断裁機やカッターなどで切ってしまってただの紙の束にしないと、各ページを順番にスキャナで読み取れないわけで。
つまり電子書籍化してしまった本はもう元の本の形に戻せないのでそのまま資源ゴミ行きになってしまいます。本好きの方が聞けば、本をバラバラにするなんて、何という事をと思われるでしょうね。オジサンも最初はスゴク抵抗がありました。ちゃんと本の形に出来上がっているモノを自らの手でバラバラにするのですから、心理的ハードルが結構高いのですな。ところがそのハードルが無くなってしまったのはある事がきっかけでした。
何年か前ですが、閉店する古書店の売りつくしセールで、昔の写真雑誌を大量に買ってきたことがあります。古いカメラを調べるときの資料になると思って買ってきたのはいいのですが、何しろ古い雑誌なので本棚に置いているだけで自然に劣化。カビ臭いし、ページが湿気でくっついたり、黄ばんだり退色したりで読みづらくなったりしてしまったのですな。このまま保管していても資料として活用する前にゴミになってしまいそうなので、電子書籍化を思い立ったわけで。
最初の一冊目をバラバラにするときは緊張しましたな。でも試しにScanSnapで読み取ってみたらあっという間、画面で見てみると問題が無いどころか、拡大できたりで実に快適に読めました。OCR機能でテキストデータを埋め込んでおけば検索も一瞬。調べたいときにカビの臭いで鼻がムズムズするのを我慢しながらページを繰っていたのと大違い。ひとつのカメラの事を調べるのに複数の雑誌にまたがって検索が出来るのもスゴク便利でした。

_mg_0075_blog

そうなると一気に勢いがついてしまって、片っ端から電子書籍化してしまったのですな。この先読むかどうか分からない何年も開いていない本もバラバラにして電子書籍化。今までは古本屋さんに持って行ってたのですけどね。古本屋さんに売りに行っても今は二束三文以下の以下。
以前、リュックにいっぱい、両手に手提げ袋いっぱいの本を持って行ったら、立ち飲み一回分にすらならなかったという、しんどい目をして運んでコレですかって結末。
紙の本では無くなってしまうけど、実用として考えると実際便利な電子書籍化の道を選んだオジサン。ちなみに今は本をバラバラにしなくてもいいタイプのスキャナも出ていますな。自炊の世界も日々進化している模様。
本もそうですが、紙の書類ってどんどん増えていきます、まとめてファイリングして置いているとだんだん場所を取って自己主張し始めるのですな。その時は必要と思って保管した結果、そのことを忘れてしまっていて、「ここに仕舞い込んでいたのか」「何でこんな物置いてたの」って事がよくありました。
全部まとめてScanSnapへ、取扱説明書や保証書、新聞の切り抜きや、明細書、片っ端から電子書類にしています。パカッとカバーを開けてボタン一発なのが簡単便利、おかげでずいぶん片付きました。興味のある方は是非どうぞ、ScanSnapは買って良かったモノのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

ハードディスクがお亡くなりになりました。

_mg_9710_blog
ある休日の朝、いつものように早起きして、パソコンを立ち上げて、トイレに行って、お茶を入れて戻ってくると、画面にディスク修復中の文字が。昨日まで何ともなかったのですが、ハードディスクってある日突然おかしくなりますな。
しばらく画面を見ながら修復されるのを待っていたのですが、全然進まない。せっかく早起きしたのに何も出来ないなんて、待ってられないので、強制的に電源を切って、おかしなハードディスクを抜いて別のものに差し替え。
システムは別のSSDに入っているので起動は問題ないのですが、データ保管庫に使っていたハードディスクがおかしくなってしまったのですな。試しに外付けのコネクタをつけて繋いでみると、キュイーン、カコン、キュイーン、カコンって変な音がしているし、修復が必要と出て、やっぱりおかしい。ネットで調べるとディスクのスキャンと修復にはすごく時間がかかるようで、丸一日かかっても終わらないなんて事も普通などと出ていたので、修復はあきらめて廃棄処分にする事にしました、4年ぐらい使っていたので寿命かと。
オジサンのパソコンは自作したものなので、リムーバブルケースで簡単にハードディスクが抜き差しできるようにしてあります。で、システムとは別にデータだけのドライブが4基、内容は全く同じデータが入っています。ここまでやらなくても良いとは思いますが、パソコンを使い始めた頃にハードディスクのクラッシュで痛い目にあった経験から、複数のハードディスクに全く同じデータを保管するようになりました。
普通はこういう場合RAIDを組んで自動的にバックアップできるようにするのがセオリーかと思いますが、RAIDの場合、人為的なミスには対応できないのですな。間違ってデータを上書きしてしまうと即座に反映されてしまって後戻りできなくなります。
なので、データをシンクロさせるフリーウエアを使って、パソコンの電源を切る前と、日曜日に一度、手作業でバックアップしています。今回もいつものデータドライブがおかしくなったわけで、前日の終わる前に別のドライブにバックアップしてあったのと差し替えるだけで、何事もなかったように元通りになりました。
おかしくなったディスクはセキュリティー上、物理的に壊して廃棄処分、新しいものを買ってきて入れ替えることに。システムの入ったSSDも同じものをもう一台作ってあります。おかしくなったらさっさと入れ替え。再インストールなんてやってられませんからね。
今まで撮った写真データがてんこ盛りのオジサンのハードディスク。失うわけにはいきません。4基にバックアップなんて、ちょっと心配性すぎるかもしれませんが、無くしてからでは遅すぎますからね。そう思うとハードディスクって安いもんですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

ポメラDM200、カタログは貰ってきたけれど…。

_mg_9565_blog
発売日に速攻入手、開封の儀と購入レビューをお届けします。てな他の方の記事を眺めながら、どうにも煮え切らないまんま、購入に至っていないポメラDM200。カタログだけは貰ってきましたけどね。(笑)
ニッチな電子文具なので、置いてあるお店も限られているようで、ヨドバシなら当然展示してあるでしょうが、近所の家電量販店では姿形すらなかったですな。ネットで展示してあるお店を見つけたので、さっそく触りに行ってきましたけどね。
でもお店で展示してあるのって、じっくり触れない。立ったまんまだし、Wi-Fi機能は試せないし、「このチャウチャウ、チャウチャウちゃうんちゃう」なんてまともに変換できそうも無い関西弁の文章打って、どれくらい賢くなっているか試していると、店員さんが近寄ってきて、あれやこれやとセールストークしてくるしで落ち着きませんな。
本音を言うと、ちゃんと座ってブログ記事1本ぐらい書かせてもらってみて判断したいのですけどね。キーボードの打った感じだとか、日本語変換の正確さだとか、長文集中して打ってみないと分かりませんからね。
「ポメラは最強のテキスト入力専用マシーンへ。」なんてキャッチコピーがカタログに踊っておりますが、ココ試してみたいところって、店頭じゃやっぱり無理か。(笑)
店員さんというか、たぶんメーカー派遣の営業の人だと思いますけど、色々説明してくれましたけどね、その辺りの事はすでにネットでじっくり見てきてますので、それでは分からないところが知りたかったのですけど、そういう情報はお持ちじゃないようで、細かい突っ込みを入れると、しどろもどろになってました、別にいじめるつもりはなかったのですけど、相手はたぶんややこしいオッサンと思ったでしょうな、って言うかそんなニッチな電子文具を発売するのですから、ややこしい人しか聞きに来ないぐらいのことは分かって派遣して欲しかったところ。カタログに載ってることしか答えられないのじゃ何のためのセールスかと思いましたけどね。(笑)
ま、そんなこんなで、今使っているポメラDM100でも十分かなぁと思ってしまったオジサン。
今時なら、ノートパソコン買える価格で文章打つだけに特化した電子文具を販売するのですから、ひたすら文章を打ちたいという方々のお眼鏡にかなう道具なのか見極めざるを得ないと言うのが本音。
使い込んだ方々のブログ何ぞを参考にしつつ、しばらく様子を見守ろうかなと思っておりますよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

新型ポメラDM200登場に色々考え中。

Dm200_blog
出てしまいました。新型ポメラDM200。出るというのは少し前にある筋の方からリーク情報を聞いていたのですけどね、こんなに早くとは思ってなかったので、ちょいとばかり慌てているわけで。
オジサンのブログ記事は、ほぼ100%ポメラDM100で書いています。過去記事でも何度か書いておりますが、ワープロと電子辞書が合体しただけの、他の事は何も出来ない、潔い電子文具。ホントにネットもメールも何にも出来ないんですよお客さん。そのおかげで文章書くのに集中できる所が、日常的に文章書くのがお仕事の方々などから支持されているわけで。
もうね、集中ですよ集中。でなけりゃ、週4回記事アップなんて出来ませんからね。いつでもどこでもさっと取り出して、即書き始められるのがありがたいわけで、コレが無くなったらどうしようって予備に一台調達したほどのポメラファンなオジサン。(笑)
で、出ちゃったわけですな新型。早速検索するといっぱい出てきました。スペックのことは、興味のある方はすでに調べてらっしゃると思いますのでね、いちいち書きませんが、それを見ながら色々考えてしまったのですな。
結論から言いますと、たぶん、きっと、間違いなく、ほぼ確実に、迷うことなく、物欲の赴くままに、買っちゃうと思います。(笑)でもすぐには買わない、って言うか買えないので、もしかしたらを考えて、今からサンタさんにお願いしておこうかと。クリスマスの一晩であれだけの数のプレゼントを配るのですから、ひょっとしたら誤配って事もあるかもしれませんのでね。(笑)
ま、それはさておき、実物をお店で見てしまったら買っちゃうだろうな~と思いつつ、今のポメラDM100が全然問題なくというか、慣れてしまったというか、不便を感じる部分がほとんどないので、新型の微妙に気になるところが気持ちとして即、買い換えちゃおうとはならなかったという煮え切らない状態なわけで。
まずバッテリーが単三型アルカリ乾電池で約30時間、エネループで約25時間使えたのが、ユーザー交換できない内蔵リチウムイオンバッテリーになってしまって約18時間に減ってしまったこと。しかも充電に5時間は長過ぎますな。
モバイルバッテリーも使えるようにしたのでヨロシクって事らしいですが。DM100は東芝のFlashAirと言うSDカードを使わないと無線LANに繋げなかったのが、DM200は本体に搭載したため便利になった分、電力消費も大きくなって乾電池では容量が足りなくなってしまったのでしょうけどココちょっと残念な部分。
画面が大きくなった、日本語変換が、かなり賢い目のATOKになった、キーボードが打ちやすくなったは大歓迎なのですが、大きさと重量がややアップ。ほんのわずかなのでココは我慢しましょう。
で、一番の問題は値段が高~い。税別ヨンキュッパ(49,800円)はキングジムさんの自信の現れなのか、それだけコストがかかっているのか分かりませんけどね、大きく勝負にでちゃいましたな。オジサン即購入決定とならなかったのがココでした。(笑)
実物をお店で触って、誤変換しそうなややこしい文章や関西弁打ちまくってみてから決めようかと、色々考え中なのでありますよ。でも、買っちゃうと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

ポメラDM100が死んだ日。

_mg_8829_blog
ブログの記事書きにさんざん使い倒してきた、ポメラDM100が先日とうとうお亡くなりになりました。って実は使えるのですけどね、SDカードスロットが故障したみたいで、カードを全然認識しなくなったのですな。
内蔵メモリにはちゃんと保存ができるので、使えると言えば使えるわけで、パソコンにデータを移すのもUSBケーブルでつなげば大丈夫ですし、完全に使えなくなったわけでは無いのですが、オジサンの場合、東芝のFlashAirと言う無線LAN対応SDカードを保存先にして、そこからEvernoteにデータを飛ばすという流れができているので、それが使えないとなるとチョット面倒くさいことになるのですな。
お家の中のどこでも持っていけるポメラDM100で記事を書いて、そこから無線LANでEvernoteに放り込んでおく便利さに慣れてしまうと、いちいちパソコン立ち上げて、USBで繋いでというのがすごく面倒に感じます。人間便利なものに慣れてしまうといけませんな、後戻りできない。(笑)
何でいきなりおかしくなってしまったのか、気になったので調べてみたところ原因が分かりました。ポメラDM100って文章を書く道具としては最高なのですが、モノとしての作り込みが甘い部分があるのですな。発売当初からユーザーのブログなどで、いろいろと問題が指摘されているのを見れば分かります。
日付データの保持用ボタン電池が新品を入れても電池交換の点滅表示が出てしまう問題は、その筋では周知の事実。
それと本体のプラスチック成型がよくないのか、キーボードの左下部分がほんの少しですが浮き上がる問題。打っててパカパカして気になってしまうのですが、これは本体をチョットねじると直ります。実は原因はコレでした。
試しにSDカードを挿してねじってみたら、認識していたのが消えてしまったのですな。反対方向にねじったら再び認識しました。ねじったときにSDカードスロットの接点が離れてしまうみたい。浮き上がった部分の下にゴム板を切って貼り付ければ解決するのですが、実はオジサンもう一台予備を持っているという。もしも壊れた時を想定して、一年前に買っておいた新品に乗り換えてしまいました。
で、発売当初に買った一台目と比べてみたところ、いろいろ指摘されていた問題点は改善されてました。いわゆる予告無き仕様変更というやつだろうと思いますが、ボタン電池の点滅も起こりませんし、キーボードの左下が浮き上がってもいません。道具としてちゃんとしたモノになってますな。
カメラでも服でも靴でも文房具でも、気に入ったモノは同じモノをもう一つ買ってしまうオジサン、おかげで滞りなく記事が書けておりますよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧