よもやま話

2017年6月27日 (火)

グルメなわけじゃないけれど。

ネットを眺めていて、気になったものは片っ端からEvernoteにクリップしています。こうしておけばオフラインでも見られるので便利なのですな。資料として保存しているわけで、ipadにはそんなのがてんこ盛りになっています。(笑)
気になる商品だとか記事だとか料理のレシピだとか色々なのですけど、意外と多いのが食べ物屋さんのお店情報。別にグルメなわけじゃないのですけど、何となくそそられるお店情報は保存してしまいますな。で、実際に行ってみるのかというと、そんなに行きませんな。行くのは行きつけのなじみのお店ばかりなのでね。
じゃあ何でそんなものipadのメモリーの肥やしにしているのって言われるとですね、手持ちのカードの選択肢をキープしておきたいわけで。たとえば家内とお出かけ、帰ってご飯作るのも面倒なので食べて帰ろうかってなったときに、良く行くお店以外に情報を持っていれば「こんなんどう?」って提案できますからね。
家内は突然お肉がいいだとか、洋食がいいだとか言い出す人なので、それからお店探しをしていると確実に機嫌が悪くなる人。サクッとipadの画面見せて「どれ?」って聞く方がスムーズに事が運びます。こういう時は、もしもに備えて情報をキープしておいて良かったと思う瞬間、何しろどんな球を投げてくるか分からない人なのでね。オジサン結構大変なんですから。(笑)
この間もこんな事がありました。博多に行ったときに時間がなくて食べられなかった料理のお店が神戸にもあるのを発見、早速お出かけしたのですが、あいにくその日は予約でいっぱい、わざわざ出かけて入れないとなると一気にご機嫌斜めになるのは確実、すぐに近くにある、気になるお店情報を画面で見せて2軒ハシゴして事なきを得ましたが、もし「どこ行こうか」ってオタオタやってたら文句言われまくりだったと思います。(笑)
ぐるなびだとか食べログだとかのグルメ系情報サイトは便利ですけど、星の数の評価やレビューコメントは当てになりませんな。食べ物って個人の好みがあるものですからね。自分に合わないと「再訪問はありません」なんて書いてます。よほど腹立たしかったのでしょうか、わざわざ書かなくてもって思いますけどね。なのでそういうのは当てにせずメニューや料理の写真で直感的に選んでます。
上司や同僚に教えてもらったお店だとか、友人知人のグルメブログの記事も大切な情報源。検索してお店情報をクリップ、行った場合はメモを添えておくこともあります。行ってみて良かったお店は、聞かれたときにも自信を持ってオススメできますのでね。
「どこかエエ店、知らん?」って聞かれても画面見せれば一発OK。紙の資料と違っていくら増えても重くならないのもいいところ。Evernoteの設定で家内のipadと情報共有してあるので、家内がお友達とランチで利用して良かったお店は晩ご飯食べに行ってみようかなんてのも。
以前は手帳にメモしていたのを思うとipad一枚でずいぶん便利になりました。でも情報が多すぎて、一生かかっても行けないぐらいになってますけどね。(笑)

001_blog
お店の情報と並んで多かったのが料理のレシピ、作ってみて美味しかったものだけ残してますけど、結構たまりましたな。これも家内と共有、献立に困ったときにここからリクエストできるので便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

クラフト作家の家内謹製、めがねケース。

_mg_8286_blog
わが家には普通のお家には無い物がいっぱいあります。家内がクラフト作家なので、それに必要な道具や材料が所狭しと置かれているという。お家と言うよりある意味工房と化しているのですな。
ごついミシンや、機織り機、糸を染める道具や紡ぐ道具などがいっぱい。それに伴って材料のストックもいっぱい。おかげでカメラのリングカバーを作るときに材料に事欠きませんでしたけどね、半端な革がいっぱいあったので、それをもらってチマチマ作ってました。
当然ながら道具や材料だけでなく、作った物もいっぱい壁に掛けてあります。作品展の時期になるとすごい事になっているのですな。うかつに触ると怒られるので、オジサン足を踏み入れないようにしています。(笑)
作ったものは知り合いの雑貨屋さんなどに置いてもらっているわけですけどね、儲かっているのかというと、そんな風には全然見えませんな。こだわりが強すぎるというか、自分の中で納得しないと先に進まない人なので、取り寄せた材料が思っていたのと違っていたりすると一から出直し、作り直しなんて事をやっているので、どう見ても儲けは出ていないような。(笑)
作る手間やコストを押さえて、量産できるような物を作ればいいのにと思うのですけど、言わぬが仏。よけいな口出しをすると後々ややこしくなりますからね、口にチャック。
作っている物は結構幅広いみたい。鞄は手提げやショルダー、リュックタイプもありました。他に革やフェルトを使った細工物などなど。フェルトって羊毛に石鹸水を染み込ませて、押し固めたり棒でつついたりして圧縮しながら形を作っていくのですな、作っているのを見るまで知りませんでした。機織りで生地を作ってそれを材料に作ったりもしています。
毎年夏になると、冬に向けてマフラー用に糸を染めてます。どでかい寸胴鍋で何か煮ているので、おでんかな、豚の角煮かなと思ったら糸。確かに美味しそうな匂いは全然してませんでした。(笑)染めた糸が物干しにずらりと干されているのは結構壮観、色がキレイなので写真撮らせてもらって載せたことがあったのを思い出しました。
で、最近黙々と作ってらっしゃるのが写真のメガネケース。チューブ容器を真似た形が面白そうだったので、一つお願いって頼んだら作ってくれたので、それをネタに書いてみました。雑貨屋さんに置いてもらうのにただいま量産中みたい、いっぱい並んでますな。
でかいサングラスは入らないかもしれませんが、普通のメガネはオールOK。老眼鏡が手放せなくなってしまったオジサンにはチョットお洒落すぎるメガネケースなのですけどね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

気が付けばアウトドアな服ばかり。

休日に色々写真を撮り歩いても、最後は元町でうろうろしています。行きつけの酒場に行くわけですな。さわやかに写真を撮った後の締めの一杯を軽く楽しんで、夕飯までに帰るというのがお決まりのパターン。あまり酔っぱらって帰ると叱られちゃいますのでね。
最近はすっかり日が長くなって、夕方でも十分明るいので写真を撮る時間も長くなってしまって、それから一杯やっちゃうので帰宅時間がやや遅れ気味で叱られてますけど。(笑)
休日に元町界隈を歩いていると目に付くのが観光客。南京町の中華街はそんな人達でごった返しています。見てて思ったのが、海外からの観光客で白人や黒人の方々は顔立ちが違うので分かりますが、お隣の中国や韓国からお越しの方々は同じアジア人種なので顔立ちだけだと日本人と区別が付きにくいのですな、だけどはっきり違うなと感じたのがファッション。
着ているものや化粧の仕方、若い人だと髪型が違っていたりします。何となく大陸的というか、結構激しい色使いの組み合わせだったり、アチラのスターやアイドルのような化粧や髪型だったりするのですな。で、何となく分かってしまうという。ま、しゃべってる言葉を聞けば一発で分かりますけどね、中国の方って声がデカイですな。(笑)
オジサン、カメラや写真には興味がありますけど、一番興味が無いのがファッション。若い頃はそれなりに格好付けてましたけどね、ウエスタンブーツが流行ったときには履いてましたし、ダウンジャケットが流行ったときにも真っ先に着てました。ロシニョールやリバティーベルなんて懐かしいブランドですな。
ところが中年に差しかかって、髪の毛がどんどん退化してから興味が薄れていったという。今は家内が選んだものを文句も言わずに着ています、って言うかその方が楽なのでね。(笑)
強いてどんな服が好きかと聞かれれば、アウトドア系でしょうか。BE-PALいつも読んでいたもので。もうウン十年もその手の服ばかり着てますな。丈夫で機能的で流行に左右されない定番のものが気に入っています。上着やシャツはポケットが多いものを、カメラを持ち歩くときレンズキャップや露出計を入れておくのに便利ですのでね。
地元の海辺にアウトレットのショッピングモールがあるのですが、アウトドア系のブランドが何店か入っているのですな。駅前からシャトルバスも出てますし、歩いて行っても大した距離じゃない所。近いのでセールの時にまとめ買いしています。
ファッションブランドのお店は他にもたくさんあるのですが、ほとんどが若い人向けのお店、年輩やお年寄りでも着られる服となるとアウトドア系のお店って事になってしまいます、着やすくて動きやすいのでね。
このアウトレットが出来てから、地元のお年寄りのアウトドア系ファッション率が高くなったような気がしますな。気が付けばアウトドアな服ばかり着ているオジサン、カメラをお供に出かけるときはこれが一番って所に落ち着いておりますよ。(笑)

L21542_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

私の前を横切らないでいただきたい件。

_mg_0033_blog
足下がおぼつかないのでね、歩くのは結構神経を使うのですな、ゆっくり歩いておりますけど、人混みなどでいきなりスタスタぶつかりそうに歩いてこられると肝が縮みます。とっさに避ける事が出来ないのでその場に立ち尽くすという。
相手が気づいて避けてくれればまだマシ、スマホの画面を見ながら歩いている人は特に危険ですな。つくづく思いますがあんなもの見ながらよく歩けますね、こちらにしたら危なくてしょうがない。でも今時はそれが当たり前なのが腹立たしいわけで。試しにipadの画面を見ながら歩いてみましたけど、50メートルも行かない内に怖くて止めました。
その昔、カップヌードルが発売されたとき、銀座の歩行者天国を若者が食べながら歩くコマーシャルがありましたが、物を食べながら歩く事の行儀の悪さを逆手に取ったものだったそうで。ところが今は何でもOK。マナーより個人の自由が大手を振って闊歩する時代になってしまいました。
スマホしながら歩くのはあなたの勝手ですけどね、だったらその分いつも以上に周りへの配慮というアンテナを研ぎ澄ましていただきたいのですな。はっきり言って迷惑通り越して消えていただきたいぐらいの気持ちなのですよ、こちらにしてみれば。
なぜこの場所でスマホの画面の方が重要なのかがすでに分からない、そんなもの後からいくらでも見れるでしょうに。なのに没頭しながら歩いているのですな。ラインもツイッターもミッキーツムツムも歩いているときは止めておいても、あなたの人生大して変わりはないと思いますけけどねぇ。
そんな物に入れ込んで他人に迷惑になっている事に気が付いていただきたいと声を大にして言いたいわけで。そう思うと街中は障害物だらけのデンジャラスゾーン、まるでシューティングゲームやってるみたいですな、歩くのに一苦労します。
特に人の前を避けもしないで歩いてくるのが中国人観光客、実際全く避けようとしませんな。大声でしゃべりながらギリギリでやっと気が付くという、避けるという漢字は中国には無いのでしょうか、直前で前を横切られるとホント怖いですからね。
同じく突然立ち止まる人も怖い、こちらは急に止まれませんからね。周りに人が歩いている事が分からないのでしょうか、道の脇に避けるぐらいの気遣いをしていただきたいですな。
街歩きは新たな試練や危険がいっぱいになってしまったオジサン、それでも写真を撮り歩く事は止めませんよ。一生カメラ好き写真好きでいるつもりですからね。もし転んでもカメラだけは絶対守ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

神戸まつりをウォッチングしてみて

5月21日(日)がメインフェスティバルだった今年の神戸まつり、派手なサンバの踊りやパレードなど普段撮れない物が山のようにありますのでね、すごいカメラ持ったアマチュアカメラマンが走り回っているのも毎年恒例のお約束。(笑)
今年はメリケンパークで音楽祭が同時開催されたようで、そこに来ていた歌手や有名なアイドルグループもパレードに参加したらしく、混雑もいつも以上だったみたい。ディズニーも来ていたようですな。
オジサンも一応出かけましたけどね、お仕事でお世話になっている所がいくつかブースを構えているので、ごあいさつがてら顔を出しておきませんと。
カメラは当然ぶら下げて行きましたが、毎年変わりばえのしない写真ばかりになってしまうのが分かり切っているので、今年は集まる人たちを眺めながら写真散歩してみました。サンバなんてもう見飽きましたからね。(笑)
しかし何ですな、アマチュアカメラマンって以前はオジサンばかりだったのですけどね、今は女性の率が上がってます、カメラ女子というには少し無理があるようなオバサマがすごい望遠ズーム付けて走り回っているのを何人も見かけました。カメラの構え方も堂に入ってますしね、どこかの写真クラブの方たちなのでしょうけどバシャバシャ連写してましたな。
持ってるカメラはなぜかニコンが多かったように見えました。オバサマはニコンがお好き?あの望遠ズームの黒くて太いのが響くのでしょうかね、キヤノンだと白レンズになっちゃいますからね。(笑)
何度も撮っていると分かるのですけど、パレードの沿道で望遠レンズ構えて撮っているのは神戸まつり初心者。誰でも一応それなりに撮れますからね、もう必死で撮ってる人いますな。(笑)
もう少し写歴が長いというかベテランになると、パレード出発までの待機場所で撮ってます、スナップ撮るならこちらの方がいいですな、声かけて撮らせてもらったりしやすいですからね。でかい望遠レンズ振り回す必要もないですし。ただこれもだんだん飽きてきちゃうというか、変わりばえのしない写真ばかりになってしまうのですな。人目を引くようなキレイなお姉さんにはカメラマンが群がってますしね、お約束の光景。(笑)
案外小さなステージでやっているジャズの演奏や、出し物を撮ったり、会場をうろうろしているゆるキャラなんかをスナップするのが面白いかもしれません。パレードやステージが終わった後もそのままの格好でうろうろしてたりします。今年もスターウォーズのキャラクターの格好をした人たちがいましたな、子供たちと記念写真に収まったりしてて微笑ましかったですよ。ま、そんなのをウォッチングしながら撮ってましたけどね。
老若男女、日常とは違うコスチュームで参加しているのですから、写真的には撮るものだらけな神戸まつり。外野席から眺める感じでウォッチングしてみると面白かったですな。
そういうアンタはキレイなお姉さんとか撮らなかったのって聞かれますとですね、まぁなんと言いますか、え~っと、そこは聞かないでいただきたいなと。オジサン枯れても一応男ですのでね、大目に見ていただきたい事も色々あるのですよ。(笑)

_mg_9965_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

オムロンの低周波治療器でお尻ポコポコ。

_mg_9374_blog
夫婦共々、それなりの年月を一緒に暮らしておりますと、お互い歳もとりますし、色々と好みや必要な物も変わってきますな。それを実感したのが今年の家内への誕生日プレゼント。若い頃ですと、花だったり、ワインだったり、お高目のお菓子やケーキだったり、ちょいとお洒落な物だったのですけど、今年のリクエストはモロ実用品の低周波治療器。(笑)
元々肩こり症で、ひどいときなどそれで機嫌が悪いこともしばしば。そんなので八つ当たりされてもねぇ。マッサージ機能付きクッションを肩に当てて寝転がってたりしますけど、あまり効果は無いみたい。細かい仕事を続けてやった後など、必ず肩こりで機嫌が悪いのですな。
で、低周波治療器を使ってみたらどうよって提案してみたわけで。オジサン、リハビリに行った時にこれのお世話になっています、スポンジの付いた吸盤をぺたぺた貼り付けて低周波を流すという機械なのですけど、これが思いの外良いのですな。
低周波を流すと聞くとビリビリ来そうな気がするのですが、実際は揉んだり、叩いたり、さすったりされているような感じ、これを時間内に何パターンか繰り返すようになっています。確かに気持ちいいですし、何だか軽くなりますね、効果はあるかと。
そういうのもあって、一度試してみたらと家内にオススメしてみたわけで。「じゃあ、それ買って」と言うことで早速ネットで検索。この手の健康家電製品はオムロンが強いみたいで色々種類が出てきました。
効果のほどがどれぐらいあるのか分からなかったので、使っている人のレビューを見まくって、なかなか評価の高かったのが低周波治療器 HV-F128 エレパルス。さらに調べると、そのモデルのエディオン限定というのが出てきました。どうやらオムロンとエディオンのコラボモデルでパワーアップしている物だそう。商品名は低周波治療器 Elepuls HVF900JE4 エディオンオリジナル、お値段4,298円(税込)なり。エディオンなら仕事の帰り道に少し遠回りすれば寄れるのでお買い物、誕生日にプレゼントしました。
早速試してましたけどね、なかなか良いみたい。どうやら毎日使っているようで気に入ってもらえたみたいですな。
オジサンも試しに借りて腰のマッサージをしてみましたけど結構効きますな。低周波に合わせてお尻の筋肉がポコポコ動きます。強さをマックスにするとさすがに痛い、中ぐらいで十分効きました。
リハビリでしてもらうのと同じように揉んだり、叩いたり、さすったりを15分の間に繰り返してくれるという。見た目はテレビのリモコンみたいな形で表示も分かりやすいので、取扱説明書をまともに読まずに、いきなり使って見ましたけど使い勝手は良いですな。
5千円ほどのこんな小さな機械で楽になるとは思いませんでした。これはなかなか良い買い物だったかも。風呂上がりにお尻ポコポコされながら思いました。(笑)
家内も肩が楽になったと言っておりましたのでね、良いプレゼントが出来たかと思っておりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

アーモンドフェスティバルとアーモンドの種まき。

東洋ナッツ食品って会社聞いた事ありますか。名前通り、ナッツやドライフルーツを販売している会社。スーパーやコンビニで見かけたことがあると思います。関西では名前を良く知られた食品メーカー。
ここの会社の敷地内には、アーモンドの樹が植えられていて、毎年桜の開花の10日ぐらい前に花を咲かせるのですな。見た目は桜そっくりでやや大きめ。同じバラ科サクラ属の植物なので似ているのは当然なのですが、遠目では桜にしか見えないという事もあって、毎年満開になる3月20日ぐらいに2日間限定で「アーモンドフェスティバル」というイベントが開催されます。
一般の方に敷地を開放して、桜より少し早めのアーモンドのお花見を楽しんでいただこうという趣旨。今年で28回目、新聞にも取り上げられますし、地元企業主催のイベントとしてすっかり定着しています。

_mg_9061_blog
当然花見だけでなくて、東洋ナッツ製品の特別販売や、会場限定の物販もたくさん。ナッツのきな粉をまぶしたお餅が振る舞われたり、ゆるキャライベントなどもあって、なかなか楽しめるイベントなのですな。阪神電車深江駅から大型送迎バスがピストン輸送してくれているので、行きやすいのも良いところ。
実はオジサンこのイベントの第1回目から数年行ってました。その頃友人がこの会社に勤めていたこともあって見に行っていたのですな。まだ手作り感があって、アーモンドの樹も小さかったのを覚えています。来客も従業員の家族がほとんどだったような。
今年、家内が新聞記事を見て行ってみたいというので、お出かけしてみたのですけどね、アーモンドの樹はすっかり大きく育ってたくさんの花を付けてましたよ。天気が良かった事もあって会場は満員、すっかり立派なイベントになってましたな。
従業員の方が目の前で餅つきをして振る舞われるナッツのきな粉餅には長蛇の列。1回目の時はお客さんが少なくて、何度でも貰えたのですけどね。(笑)
家内の目当ては実はコレ、この会場でしか食べられない人気のお餅。オジサン並ばされましたよ30分以上、その間家内はお買い物。で、貰いました。アーモンドとピスタチオの2種類のきな粉がまぶしてあるお餅がトレイに二つ。振る舞い餅なので小さいのですけど美味しいのですな。目的達成で家内が満足してくれたので並んだ甲斐があったかと。(笑)

_mg_9102_blog
実はこのイベント、アーモンドフェスティバルという名前なので、会場入り口でアーモンドの種が貰えます、育ててみて下さいって事なのでしょう。
会場内では苗木も売っているのですが、種から育てる方が面白そうと言うことで早速種まきをしてみました。芽が出たら記事にしようともくろんだわけですな。
所がどっこい、発芽までにひと月かかるという超スロー。「ホンマに芽が出るんかいな」と思いながら待つ事ひと月、忘れかけていた頃にやっと出ました。
大きく育つかどうか分かりませんけど、花が咲くぐらいまでには育って欲しいと思いつつ、今日も水やりしています。

_mg_9150_blog
_mg_9343_blog
_mg_9358_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

神戸ブランドを採集してみたら。

_mg_9029_blog
ブランド力のある地名ってたくさんありますな。それが付くだけで何だかグレードが上がるというか、いい物のように感じてしまうという。特に食べ物はそれが多いように思います。たとえばうどん。ただのうどんに「讃岐」って付くと、途端にコシが出てくるような気が。(笑)
ラーメンもそうですな、頭に「札幌」って書いてあると何だかいつもより暖まりそうな気がします。そういう意味で北海道はベストブランドかと、クリームシチューって言われたらお笑いのコンビを思い浮かべますが、北海道クリームシチューだと違う物に。北の大地ですくすく育った食材たっぷりのイメージ。ロッジ風のお家で家族みんな揃って、笑顔で会話をしながら食べているイメージがありますな。完全に某食品メーカーのテレビコマーシャルに毒されています。(笑)
そんなこんなで土地の持つブランド力って何だろうと我が地元神戸を観察してみると、いっぱいありました。こんな物まで神戸ブランドで売り出すのですかってものまで含めてありとあらゆる場面で見つかる神戸○○の多さに、それを受け取る側の方には、どれだけアピールしているのか疑問を感じつつ、改めてブランド力って便利なのだなあと思った次第。
ま、とりあえず、頭に神戸って付ければ何とかなるような安易な感じもしなくはないのですけどね。思えば「神戸」って便利な言葉ですな。(笑)
というわけで、ある休日街に溢れる神戸ブランドを採集してみました。オジサン完全に閑人、しかもこういう写真はデジカメ向き、フィルムカメラで撮るなんて完全にフィルムの無駄遣いになりますからね。(笑)
たくさんありましたな、改めて神戸ブランド安売り状態に笑ってしまいました。歩き回ったのは非常に狭い元町界隈だけでしたけど、それでも十分なぐらい見つかりました。というか探すまでも無いぐらいあったというのが本当の所なのですけどね。(笑)
まずは南京町、コテコテの観光地ですのでね、西から東に歩きながら流すだけでいっぱい見つかります。中華街で神戸ブランド探しってなんか変ですけど、お土産屋さんがいっぱいあるのでいくらでも見つかりますな。場所柄写真撮りまくっていても目立ちませんしね。
ほぼこの界隈だけで目的達成、所要時間15分ほどで終わりました。そういうわけで近くの立ち飲みでお疲れさんって事にしようかと思ったのですがチョット早すぎ、あまりにも安直過ぎるかと、もう少しうろつきましたよさすがに。(笑)
ただ、撮り歩きながらだんだんバカバカしくなってきたのも本音。こんな事に貴重な休日の時間を使っていいのだろうかと自問自答。
で、止めました。デジカメしまってフィルムカメラに持ち替えていつもの街歩きにチェンジ。神戸ブランド採集なんて地元の者がやる事じゃないですな、全然楽しくない。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

追憶はあるけど記憶は無いな。(笑)

最近大失態を演じてしまいました。オジサンがやってしまった事なので、当然お酒の上でのダメダメ失態。ある飲み会で一軒目は座って飲める普通の居酒屋、いつものように焼酎のお湯割りで通しておけば良かったのですが、調子に乗って日本酒の新酒を冷やでしこたま飲んでしまったのが大失態の扉を開けるきっかけになってしまったわけで。
その一軒で終わってまっすぐお家に帰ればいいものを、友人から「今ココにいます」と連絡が。以前よく行っていた立ち飲みだったので、久々とばかり二軒目突入。お店に入ってお湯割りを注文したところまでは覚えているのですが、そこから先が記憶に無い。何だか昔話で盛り上がったような気がするのですが、それもおぼろげにしか思い出せないという、追憶は忘却の彼方に。(笑)
翌朝、体中が痛くて目が覚めて、ちゃんとお家に帰り着いていた事に驚いたのですな。見てみると足や腕にアザがいっぱい出来てました。どうやら階段でコケたそう、友人に助け起こされて電車に乗せられたようで、これはマズイと思ったのか、駅まで迎えに来るよう家内に電話してくれて連れて帰られたようですな。
お家に帰って風呂に入れられたのですが、お風呂でも寝ていたという。あまりに出てこないので溺れ死んだかと見に来た家内に引きずり出される始末。オジサン終わってました。迷惑なだけのただの物体。関係各位にゴメンナサイ。
翌日は家内は口を利いてくれないわ、腕が痛くてカメラも持てないわ、階段の上り下りは手を付かないと出来ないわ、トイレで屈めないわ、さんざんでした。自業自得なのですけどね。ここまでグダグダになったのは15年ぶりぐらい、若い時なら一晩寝れば復活出来たのですけどね、今は色々残りますなぁ。(泣)
酒飲みなら、お酒の上での失敗は数々あろうかと思いますが、記憶喪失はその中でもランキング上位を占めるかと。どうやって帰ったのか全く覚えていないのに、翌朝気が付くとお家に居るという事ありませんか、オジサンはいっぱいあります。
しかも風呂に入ってパジャマに着替えるところまでちゃんとやっているのに、なぜか台所で寝ていたりしますな。(笑)って笑えません、冬場は寒さで夜中に目が覚めました、そのまま寝てたら確実に風邪引きますよ。
何とか楽しかった酒場での記憶をたどるのですが、全然思い出せないという、後日一緒に飲んだ友人から「最後にラーメン食ったの、覚えてへんの?オマエ餃子まで注文しとったやん」って言われても、そんな物食ったっけ???なのですな。もうね、途中で死んでいても分かりませんな、アブナイアブナイ。
最近よく駅で、歩きスマホや体調不良、酔っぱらっての転落事故防止のポスターが目立つ場所に貼ってありますが、あれは必要かもって思います。遅い時間に足下のおぼつかない人を見かけますからね。調子に乗って飲み過ぎてしまったオジサンの久々の大失態。まだまだ酒飲みの一軍にはなれそうもありませんな。(笑)

Taiyosyuzo012_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

メモ帳は必要だけれど、かなりペーパーレスな件

_mg_8893_blog
以前は、文庫本と同じサイズのやや厚みのあるメモ帳を使ってました。普段持ち歩くのに丁度いい大きさだったので、使い切るとまた同じものを買ってきて、結局5年ぐらい使ったと思います。
する事リストや買い物メモ、ブログのネタ帳として活躍してくれたのですが、ポメラDM100で記事を書き、ipadを持ち歩くようになって、紙に書くという事がどんどん少なくなってしまったのですな。一冊をなかなか使い切れないわけで。
しかもメモ帳一冊持ち歩くという事は、もう必要の無くなった用件や、記事としてアップしてしまったネタを書き付けた、必要のないページも使い切るまで持ち歩くという事になるので、なんだか無駄だなぁと思ったのですな。
する事や買い物メモはipadのリマインダーに置き換わり、ブログネタはEvernoteにメモするようになって、どんどんメモ帳の出場率低下、輪をかけて同じメモ帳が製造中止になったのか見かけなくなったという。
自分のメモ帳の使い方を振り返ってみると、直近で必要な物事をメモして、それが終わるともう必要が無くなってしまうので、ページがちぎれるようなメモ帳がベストではないかと。極端な話、失敗したコピー用紙をメモ帳ぐらいの大きさに切って、ホッチキスで留めたものでも十分という事に今頃気が付きました。(笑)
分厚いメモ帳でスペースを占領されるのも無駄ですしね。体力的に荷物は極力軽くしたいお年頃。で、持ち歩くのに便利なメモ帳は無いかと探してみましたけど、お眼鏡に叶うものが見つからなかったので、無ければ自分で何とかするしか無いのがこの世の掟。
失敗したコピー用紙をメモ用紙ぐらいの大きさにカット。A4サイズを8等分ぐらいが丁度いいかと。それを束ねてクリップで止めておいて、短辺の片方に木工用ボンドを塗って固めてしまうのですな。丁度レポート用紙のような感じに出来上がります、これは便利。必要な枚数ぐらいをちぎって持ち歩けば負担になりませんからね。
元々捨ててしまう紙の再利用なので、じゃんじゃん使えます。こうして作ったメモ帳をカバンの中だけでなく、家のあちこちにペンと一緒に置いてあって、何か思いついたらすぐ書き付けて、ちぎってポケットへ、用件が済んだらポイ。
どうしても残しておきたいメモはipadのカメラで撮ってEvernoteに日付を入れて保管しています。
紙のメモは絶対必要なので、使わなくなる事は無いのですけど、分厚いメモ帳を持ち歩くほどの必要も無くなってしまっているオジサン。今のところこれで困るような事はありませんな、なんだかスッキリ。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧