« Apple純正メモアプリに感動した。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(後編) »

2021年1月23日 (土)

UpNoteはこんなアプリ。(前編)

Upnote_blog

初めにお断りしておきますけど、オジサンが手探りで使ってみたのを書いてますので、思いっきり間違った使い方してるかもしれません。その辺り、ちゃんとした使い方をご存知の方のコメントいただければと。(笑)
何しろ「UpNote」ってナニ?ってぐらい、まだまだ認知度が低いアプリなので、検索しても情報が少な過ぎて、紹介記事ぐらいしか出てこないのですな。開発元HPのブログがマニュアル代わりなので見まくり、英語は分からないのでGoogleの自動翻訳でね。(笑)
そこには「UpNoteは、整理された状態を保ち、適切なことに集中できるようにする、軽くてクリーンなメモ取りアプリです。」って書かれてます、まさしくその通り。
印象としてはアップル純正メモとEvernoteを足して2で割って、もっとシンプルにした感じかと。記事を書くのに強制的に1週間UpNoteだけ使ってみましたけど、ひたすら文章執筆なんてのにはイイかも、実に快適でしたよ。
フォントはシステムを選べばアップル純正メモと同じ見た目、ただしこちらは文字色と行間隔が設定で変えられます。表組み、画像添付、チェックリスト、手書きなどなど、いわゆるメモアプリの標準的な機能は一通りできるようですな。
iOS、Mac、Windowsいずれも無料版は50メモまで、機能をフルに使うには有料のプレミアム版が必要。オジサン2日ほど使って気に入ったので、プレミアム永久を購入しました。サブスクリプション月額100円も選べたのですけど、期間限定で1,840円(記事執筆時)だったのでこちらに、オジサンの立ち飲み2回分ですな。(笑)
で、プレミアムにすると色々便利になってEvernoteからの移行もできるようになります。さっそくWindowsでやってみたところ、あっという間に読み込んでくれるのはイイのですけどね、抜け落ちてるノートがいくつかありましたな、一度に大量にやるとそうなるみたい。
ところがiMacで試してみたら、ちゃんと読み込めたという、このあたりまだ完全じゃ無いのかなって思いましたけど、とりあえず移行できたので、さっそく使っておりますよ。
オジサンはiPad、iPad mini、iMac、自作Windows機、iPod touchの5つで使っておりますけど実にスムーズでスマート。同期が速いってのはイイですな、すぐに他のデバイスに反映されますからね。アップル純正メモよりも多機能ですけど、基本的にすごくシンプルなので、使い方も触っているうちにだんだん分かってきましたよ。
で、残念なのは日本語版にローカライズするときに、ノートを「メモ」、ノートブックを「メモ帳」って訳してるところ。英語版と同じノートとノートブックでいいのでは。
マニュアル代わりの開発元ブログは原文も自動翻訳もノートとノートブックって表記なのに、アプリの画面表記はメモとメモ帳っておかしくないですか。(笑)何かわけがあるのかなぁって思いつつ使っておりますけどね。(笑)
他にもMac、Windows版で挙動不審や、操作の統一性がなかったり、メニューが英語のままだったり、翻訳がおかしかったりなど、まだまだ完全にローカライズできてないところが見えてきました。iOS版はなぜか安定しているのですけどね。
でも使い方が分かってくると、じわじわ沁みてきましたよ、コレなかなかよく考えられてるなって思いました。まだまだ発展途上の荒削りなアプリって感じはしますけど、可能性は感じましたよ。
メニュー項目が直訳なのでしょうね、直感的に分かりづらいのがあったりしますけど、この辺りはバージョンを重ねれば改良されるのかなって期待してますよ。で、最初分かりづらかったところなどなどは後編で。(笑)

| |

« Apple純正メモアプリに感動した。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(後編) »

ブログやアプリとかのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Apple純正メモアプリに感動した。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(後編) »