« OneNoteを使ってみたら。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(前編) »

2021年1月21日 (木)

Apple純正メモアプリに感動した。

_blog_20210109162501

何よりまず先に言っておきたいのは、すごく使えるアプリだって事。Apple製品に付いてくるオマケアプリでしょって、オジサンの認識不足でスルーしていたのは間違いでした。知らない間にガッツリ進化、こんなのオマケじゃ無いですな。(笑)
残念なのはWindows PC用デスクトップアプリが無いので、ブラウザでiCloudを開いて使うしかないところですけど、さほど不便は感じませんでしたな。
オジサンの場合、いざとなればiMacがあるので問題無し。(笑)あ、Androidスマホ版もありません。Apple製品ユーザーには関係ないですけどね。
で、さっそくマジメに使ってみました。まずEvernoteからノートブック単位で書き出しデータを作ります。それをiMacのメモアプリで読み込むだけ。標準でEvernoteからデータを移せるって、ユーザー取り込む気満々って事ですな。(笑)
で、コーヒーでも入れて待ってたら完了。表組みが崩れたのが1つだけ。それ以外はキレイに移行できました。OneNote Importerより精度高いなって思いましたな。
で、さっそくiPadで同期して使ってますけどね、迷うところがありませんな。直感的に分かる使い勝手はAppleさんならではって感心しましたよ。OneNoteの後に使ってみたので、なおさら。(笑)
シンプル過ぎるアプリなので、できることはそんなに多くはありませんが、ツボは押さえてますなぁ。
チェックリストの終わったものにチェック入れると、一番下の行に移動してくれるのとか、iOSの「Split View」機能で、同じメモアプリ内にある資料と書きかけ記事の2画面を、左右に同時表示してくれるのはホント便利。どちらもEvernoteじゃ出来ませんでしたからね。
記事を書いてて軽快なのはこのApple純正メモアプリでしたな。文字数表示機能はありませんけどね、「ショートカット」って純正アプリで作れます、ネットで検索して作りました。
文字の大きさもアクセシビリティで見やすく変えられますし、何より同期が素早いってのがイイですな。iPadで書きながらiMacの画面見たら、書いてる先からどんどん同期って速っ。
今回ダメダメになったEvernoteの代替えにMicrosoft OneNoteとアップル純正メモアプリをがっつり試してみましたけど。このまま両方とも使います。
Evernoteはプレミアムの期間終了したらどうするか考え中、ってほぼ結論は出てますけどね。(笑)

| |

« OneNoteを使ってみたら。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(前編) »

ブログやアプリとかのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OneNoteを使ってみたら。 | トップページ | UpNoteはこんなアプリ。(前編) »