« テーブルフォトは、カメラをコンセントに。 | トップページ | 何でもできるし、便利だし、不自由だ。(笑) »

2020年7月30日 (木)

立ち飲み百景50 親族には立派な人物がいる人。(笑)

_t304573_blog

酒場での話題って、何がきっかけで話が弾むかが未知数なところが面白いわけで。常連さんの顔ぶれを見れば、話題の方向性が分かる場合もありますけどね。
パチンコ好きの常連さんは、4月1日からタバコが吸えなくなったのをぼやいてましたな。どっちもやめられないという自分のダメダメぶりを棚に上げて文句垂れまくってましたよ、聞いてて情けない。(笑)
競馬好きの常連さんは、惜しいところで逃した過去のレースの事をタラタラと。負けたんだからいつまでもしがみつきなさんなよって言っても、文字通り馬の耳に念仏。(笑)
バイク好きの常連さんもいましたな、そんな趣味があるなんて知らなかったのですけどね、他のお客さんがツーリングの話をし出したのがきっかけで、バイク話に火が着いてしまったのですな。もうね語る語る、スマホに入ってる改造中バイクの写真も山ほど見せられましたな。最後はマニアすぎて誰も付いて行けない次元までワープしてましたよ。(笑)
酒場の話題の傾向を見てみると、一番多いのは時事ネタ、お店のテレビでニュースを流してたりするので、そこから話題が広がるわけですな。皆さんに共通の一番の関心事ですからね。
それから多いのが知識ひけらかし系、その件に関しては一家言持ってるぜって方が参入して来て「俺の話を聞け」祭りになりますな、収束は見えませんよ。切るカードが無くなった方からリタイヤ、最後はマニアな知識の戦場。(笑)
こういう話題はまだいいのですけどね、自慢話はイケマセンな、聞かされる側にとって、これほどツマラナイものはないという。で、タチが悪いと言いますか、ふ〜んとしか応えようがないのが、一族や先祖の自慢。親族に有名人や立派な人が居るなんてのですな。
「日本で最初に〇〇を作ったのがオレの曾祖父さん」なんて自慢をされてもねぇ、いつの時代の話やねん、それがどないしてんとしか思いませんよ、アンタがやり遂げた事じゃない自慢話って、事実より話が膨らんでしまってデカくなりますからね、本当かどうかも疑わしいし、何よりもツマラナイという。(笑)
地元の名士や名門の出ってのも、聞かされる側にはうんざりな、眉唾モノの自慢話かと。地元では有名で、山を3つ持ってるだとか、もともと武家の出で、武将の誰それの家来だったとかってやつですな。
そんな立派な家柄の方が、なんで客単価1,000円ほどの立ち飲みで、250円のポテサラつつきながら飲んでんの?料亭でも行けばって思いますよ、語らないでいただきたい。(笑)
この手の自慢話をする方って、他のお店でも同じように語っているらしくて、界隈の立ち飲みファンの間では周知の事実だったりする、迷惑加減が立派な人。ホント面倒臭いですなぁ。(笑)

|

« テーブルフォトは、カメラをコンセントに。 | トップページ | 何でもできるし、便利だし、不自由だ。(笑) »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーブルフォトは、カメラをコンセントに。 | トップページ | 何でもできるし、便利だし、不自由だ。(笑) »