« こんなお高いカメラで何撮るの?EOS R5。 | トップページ | AFスゴ過ぎで、ピント合わせがいい加減になる。(笑) »

2020年7月25日 (土)

LAOWA 65mm F2.8 2倍マクロ 普通に街歩き編

LAOWA さんの65mm F2.8 2x Ultra Macro APO。マクロレンズだからって接写しかできないわけではありません。普通のレンズと同じように、風景でも人物でも何でも撮れますよ。
35ミリ換算で約97.5ミリなので、ポートレイトなどによく使われる中望遠レンズとして使うのにも便利かと。オジサン撮る相手がいないので、レビューできませんけどね。(笑)
で、オジサンのメイン、いつも撮ってる街歩きの写真ではどうなのってところなのですけど、普段の主力レンズが広角や標準レンズなので、さすがにしっかりとした望遠レンズ感がありますな。遠近感がギュッと圧縮された描写が新鮮だったりします。
お店の前に飾られたメニューサンプルやオブジェ類を撮る場面ではブツ撮りしてるのと同じ感じですからね、いつものスタンスよりも離れたところからカメラを構えると丁度いい感じ、背景をぼかして部分を切り撮るのも面白いですな。しかもマクロレンズですからね、寄りたい時も楽勝。ただ小型軽量といえ、中望遠レンズですから手ブレには要注意しなくてはなりません。(笑)
実はこのレンズで確かめてみたかったのが色収差の出方、謳い文句には特殊低分散ガラスを3枚使って収差を極力抑えたのが特徴、色収差は肉眼で分からないレベルだそうで、箱やレンズに「CA-Dreamer」って書いてあるのはそういう意味合いだそうですな。CAって色収差(Chromatic Aberration)の事ね。
色収差って何やねんを、ざっくり説明すると、レンズを通った光は波長ごとに違う屈折率なので同一点にピントを結ばず、そのズレが色の滲みとして現れる現象なのですな。光学の世界では避けられない問題だそうで、ズームレンズや望遠レンズで発生しやすいのですな。特殊低分散ガラスはそれに有効なのですけど、お高いガラス。(笑)
分かりやすい例ですと、ズームレンズで画面の端っこに明暗のはっきりしたものを写すと出ますな、黒いアスファルトに書かれた白い横断歩道のフチに赤や緑の色のにじみ、電線のふちに紫色のにじみなんてのがそう。パープルフリンジなんて呼ばれますけどね、実際に存在しない偽色が写真に写ってしまうわけで、絞り込むと軽減されますけど無くなるわけではないのですな。

L22872_blog

で、この辺りも意識しつつ、いつもの散歩コースを徘徊してきました。梅雨の合間の曇り空、時々薄日な天気だったので、手ブレしないように感度やや高め、絞りF2.8開放を基本にして中華レンズの実力拝見。(笑)

L40295_blog

路地にあるレトロなビル、こういう場所では通常広角レンズでって事になるのですけど、このレンズだと遠近感がギュッと詰まった感じになりますな。ごちゃごちゃ感が圧縮されて写ります。

L40313_blog

中望遠レンズですのでね、画面手前にメインになるものを入れて写すと、背景が結構ボケます、背景との距離感のある場所を探すのも面白いですな。

L40301_blog

老舗ジャズ喫茶のオブジェ、こういう小さなものを見つけても、マクロレンズですからガッツリ寄れます。ただ撮ってる姿は不審者。(笑)

L40358_blog

ヘアサロンに飾ってあったイラストが面白かったのでパチリ、ちょっと距離を置いた場所から撮れるのがイイところ。表に置いてあった植木がどうしてもカブってしまうのですけどボカしてしまえばOK牧場。

L40352_blog

おしゃれなビルの窓と煙突だけを撮ってみました。こういう部分だけってのもお手の物なのが中望遠の面白いところかと。だんだんこんなのばかり探して歩いてましたな。(笑)

L40331_blog

雑貨屋さんや古着屋さん、アンティックショップなどが入っているレトロなビルの通路で。外が明るくてすっ飛んでますけどね、それも味わい。ちょっと薄暗くて狭い通路でしたけどイイ感じに撮れたかと。
で、結論。色収差ホント出ないわこのレンズ。画面の隅っこにわざと明暗差の大きなものを写したのを、パソコンの相当拡大した画面で見て、コレがそうなのかな?レベルの微妙さ。等倍画面では全く分かりませんよ、何の問題も無し、優秀です。
街歩きでの写りも使い勝手も気に入りましたし、オジサン的には街撮りの際に持って出て、寄れる望遠レンズとして使う事にしました。次は晴れた日に持ち出したいですな、それから夜景もね。(笑)

|

« こんなお高いカメラで何撮るの?EOS R5。 | トップページ | AFスゴ過ぎで、ピント合わせがいい加減になる。(笑) »

レンズ、写真用品いろいろ」カテゴリの記事

コメント

私も含めてほとんどの日本人が工業製品は(少なくもアジア各国の内では)まだ日本製がいちばん!と思っているでしょうけど、いずれそうでない日が来てしまうかもしれませんね。この間は火星探査機の打ち上げにも成功したそうですし…考え過ぎでしょうかね?

投稿: 超低空飛行 | 2020年7月25日 (土) 05時43分

超低空飛行様、おはようございます。
特定の分野では日本よりも先に進んでいますし、コンシュマー向け製品も品質やデザインが洗練されてくると、日本製が優位ではなくなっていくと思います。価格ではすでに太刀打ちできませんしね。

投稿: よもかめ亭主 | 2020年7月25日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなお高いカメラで何撮るの?EOS R5。 | トップページ | AFスゴ過ぎで、ピント合わせがいい加減になる。(笑) »