« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

マクロエクステンションチューブ MCEX-11で格安接写。

_t200779_blog

Xマウントの純正マクロレンズはいつか買おうと思っていながら、思い切れないのはそのラインナップ。
焦点距離60ミリと使い勝手はいいけど、等倍まで寄れない初期のレンズと、やや長い80ミリの、高性能だけどデカイ、重い、高いで、オジサンにはここまで必要ないってレンズの2本なのですな。
正直言いますと、どちらも魅力が無くってねぇ。買うとしたら60ミリの方かなぁって思ってたのですけどね、店頭で触った時、ニューっと伸びる鏡胴に、気持ちが萎えました、あまりにも不細工。(笑)発売が2012年とだいぶ経ってるのでリニューアルされないかと待っているのですけど、気配もありませんな。
なので、お家でブツ撮りの際は、キヤノンFDマウントの50ミリマクロをマウントアダプターでX-T30に付けて使っています。ところがこれで全然OK牧場、何の問題も無し。フツーに便利に使えてますよ、ますます純正マクロレンズが遠ざかりますな。古いレンズですけどね、腐っても鯛ならぬマクロレンズ、ガッツリ絞れば画面の隅々までシャープでブツ撮りも楽しくなるってもん。(笑)
そういえばお隣の国のLAOWAってメーカーから65mm F2.8 2X ULTRA MACROってレンズが出てますな。マニュアルフォーカスですけど、レンズ単体で等倍どころか2倍まで撮れるそうで、ちょいと気になってます。(笑)
純正マクロレンズは買えないけれど、マクロな世界を撮りたいという場合は、手持ちのレンズに、マクロエクステンションチューブなるものを装着する手があります。実はマクロレンズを買うまでの繋ぎにしようと思ったまま、すっかり忘れていたアクセサリー。(笑)
何かというと、要するにレンズとボディーの間に挟む中間リング、これで接写ができるようになるのですな。厚み11ミリと16ミリの2種類発売されていて、厚い方が寄れます、つまり大きく写るわけで。撮影倍率がレンズカタログやHPに載ってますな。

_t200756_blog

買ったのは11ミリ厚のMCEX-11、これでも十分寄れるので16ミリ厚まで要らないかと。作ってるのはお隣の中国、外箱と本体にハッキリ書いてます。笑ったのが取扱説明書と一緒に入っていたFUJIFILM Warranty Bookletってユーザー登録を促す紙。書いてある通りにwww.fujifilm-digital.com/warrantyにアクセスしても「このサイトにアクセスできません」って出て何もできないという謎の紙きれ。ひょっとしたら100人に一人、当たりがあるのかもしれませんな。(笑)
オジサン、そんなのは大して気にしないタチなので、トットとXF35mm F2レンズ(35ミリ換算53ミリ)に付けて試してみました。このレンズ単体だと最大撮影倍率は0.135倍、これを付けると0.44倍になりますって文章で書いてもイメージしにくいと思いますので、懐中時計を撮ってみた写真をどうぞ、一目瞭然かと。上がレンズの最短撮影距離で撮ったもので0.135倍、下がMCEX-11を付けての最短撮影で0.44倍です。

_t200773_blog
_t200777_blog

正直言って十分すぎるぐらい寄れますな。ズームレンズならもっと便利かと。ただしあまり広角だと寄れすぎて、実用的ではないですな。試しにXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZに付けて広角端で撮ってみましたけど、レンズ先端に被写体が当たりそうでコワイ、レフ板で光を回すスペースすらないという。楽しい以前にコレ意味があるのかって感じでした。(笑)

_t200818_blog

_t302737_blog

で、考えているのがオールドレンズでマクロなお遊び。寄って撮るなんて想定してなかったレンズに新しい世界を見せてあげましょう企画。(笑)ただいま準備中、オジサンお家でもしっかり遊んでるなぁ。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

X-T30でテーブルフォトに、イラッとしない設定(笑)

外出自粛で、写真を撮りに出かけられないので、お家の中で色々撮って楽しんでおりますよ。その辺りを充実させようと、雲台やクイックリリースクランプ、マクロエクステンションチューブなどなど買い込みましたしね。おかげで便利になってテーブルフォトもはかどってます。
ところがX-T30を街撮りの設定のまま撮っていると、イラッとする場面が結構あったのですな。デジタル一眼レフで撮っている時には遭遇しなかったので、余計にイラッと感じたのだと思います。これはX-T30が悪いとかじゃ無くて、ミラーレス一眼ならではの性質だと思うのですけど、きっと他社のミラーレス一眼でも同じじゃ無いかと。
テーブルフォトやブログに載せる商品写真のブツ撮りって、街中のスナップのように、その場の状況を切り撮るのと違って、じっくり作り込むタイプの写真ですからね、撮るものを並べたり、シーンを作ったりに時間がかかります。
というかココが楽しい部分でもあるのですけど、それを三脚に付けたカメラで構図を決めて、被写体の微調整を繰り返しつつ決めて行って、さらに窓からの光をレフ板で回したりしなくてはなりませんし、絞りによるボケ具合や、ピント位置も考えなくてはいけません。
なので頻繁に背面液晶モニターを見るのですけど、街撮りの設定のままだと自動電源OFFを「1分」にしていたので、被写体の微調整をしている間に電源OFF、レフ板立てて振り返ったら電源OFF、ブロアーでホコリを吹き飛ばしてる間に電源OFFで、撮影にならないというか笑ってしまう設定、すぐに自動電源OFFそのものを「OFF」に設定して休ませないようにしました。
次にファインダーを覗いた時に液晶モニターから自動で切り替えてくれるアイセンサーを使わない設定に、レフ板をかざした時になどに反応して液晶モニターを消されるとイラッとくるのよ、なので「LCD Only」に。
他には「被写界深度確認」をファンクションボタンに割り当てたり、ピントを拡大して見られる「フォーカスチェック」をONにしました。これで随分使い勝手が良くなったと喜んでいたのですけどね、落とし穴が。
カメラの操作をせずに一定時間が来ると、液晶モニターが暗くなるのですな、消えるわけじゃなくて暗くなる。きっと省エネ設定なのだと思うのですけど、これをOFFにする手段が取扱説明書のどこにも出ていない。散々カメラをいじくり回して、ひょっとしてコレかもってのが見つかりましたよ、セットアプメニューの中のパフォーマンス。

_blog_20200523190001

コレ通常はノーマルなのですけどね、「ブースト」設定にすると自動で暗くならなくなりました。富士フィルムさんちゃんと書いといてね。(笑)解決してめでたしめでたしなのですけどね、ブーストモードってバッテリーがジャンジャン無くなりますな、もう笑うぐらい消耗。
専用ACアダプター買った方が良さそうって調べたら結構お高い。安い互換バッテリーが5つぐらい買えますな、どっちが得か、よ〜く考えてみます。(笑)

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

エネループ充電器の進化ぶりに驚いた件。

_t200622_blog

我が家の乾電池は全てエネループに置き換わっています。普通のアルカリ電池がなくなるたびに、エネループに変えていったわけで。目覚まし時計や、テレビのリモコン、ガスレンジや石油ストーブの着火用なんて、なかなか無くならないのまで置き換わるのに数年かかりましたけど、少しはエコな生活になっているかと。(笑)
調べてみると49本使用中でした、思ったより使ってましたな。使用中の分以外にも、交換用や急に必要になった時用に何本かストックしてあるのですけど、それも使い切ってしまったので補充しておこうかと思ったわけで。
新型コロナウイルスの影響で、不要な外出は控えたほうがいいこのご時世、ネットでお買い物しようと調べてて分かったのですけど、充電器がずいぶん進化しているのですな。
今使っている充電器はエネループが発売された2005年の翌年発売で、まだ三洋電機のエネループだった頃のもの。カバーが割れちゃったり、変色してボロボロですけど充電できるので、気が付けば14年使ってたという。(笑)
取扱説明書を見ると充電時間7時間と書いてありました。いつも寝ている間に充電していたので気にしなかったのですけど、今時の感覚からすれば時間かかり過ぎですな。なのでこの際、充電器も新しくしようかと調べてて、ずいぶん進化しているのにびっくりしたわけで。(笑)
まず充電時間が大幅に短縮、単三型4本で約3時間、大容量タイプの電池で4時間、ライトタイプだと1時間30分、1〜2本だとさらにその半分の時間で充電できます。もうこれだけで買い替え決定。(笑)
買ったのは急速充電器BQ-CC85にスタンダードモデルの単三型エネループ4本がセットになった型番K-KJ85MCC40というもの。急速充電器なので速いのは当然なのですけど、電池1本ずつの状態を判別して制御するセンシング充電機能だとか、電池のダメージを診断してLEDで知らせてくれたり、予備充電で電池の状態を改善してくれたり、そろそろ寿命な電池の買い替え目安を教えてくれたり、何だかもう機能豊富で充電器じゃなくなってますな。
で、何だかそういうのを試してみたくて、一番古い電池を充電してみたのですけど、セットすると帯状になったLED部分が緑色に流れます、これが診断中のサイン。その後充電が始まって赤、黄、緑に変わって消灯して充電完了。異常を知らせる赤色点灯も、買い替え時を知らせる黄色点灯も出なかったのでまだまだ使えるって事、エネループって結構長持ちなのね。

_t200630_blog

楽しくなってしまって、家中のただいま使用中の電池を、片っ端から充電してみました。継ぎ足し充電なので短時間で終わりますしね、じっとLEDの点灯を見ているというおバカ。(笑)
この充電器、エネループだけじゃなくてエボルタにも使えます。クリップオンストロボにはエボルタのように、使用目的に合わせて電池の使い分けができるのもイイところ。これはオススメ、今年のお買い物ランキングにエントリー確定ですよ。(笑)

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

行きしな、帰りしな。

L14212_blog

「行きしなに、これポストに放り込んどいて。」「帰りしな、アレ買うてきてくれへん?」なんて使うのですけどね、関西人にはフツーの言葉なんですけど、他所ではこれが通じないそうなのですな。「行きしな」って「行きがけに」、「帰りしな」って「帰りがけに」って意味なのですけど、あまりにも当たり前に使っているので、それが通じないというのに、ちょっとびっくりしてしまったという。(笑)

L16384_blog

方言って面白いですな、その土地の歴史が育んだ言葉遣いなので、そこで生まれ育った方にはデフォルトと言いますか、当たり前と言いますか、それが標準語ですからね、いわば言葉の物差し。
中でも関西弁って、芸人さんが東京に進出したりしたおかげもあるでしょうけど、方言の中では一番認知度が高いのじゃないかと。抑揚のある、キツく感じる喋り方なので、一度聞いたら耳に残るというのもあると思いますけどね。(笑)

L30523_blog

関西弁ってひとくくりにされますけど、この場合の関西弁って大阪弁を指す事が多いですな、他所の方から見ればそうなっちゃうのかもしれませんけど、住んでる者からすれば、関西人は皆大阪弁を喋ってるって思われたくないのですな。実際、兵庫も京都も奈良も滋賀も和歌山も、同じ関西圏ですけど大阪弁なんて喋っていませんからね。
特に神戸の人は大阪と一緒にされたくないってのがDNAにあります。嫌いなわけじゃないのですけどね、あの人達とは別って線引きが心の中にありますね。(笑)

L17639_blog

オジサンは父親が京都、母親が大阪出身で、生まれも育ちも神戸なので関西人としてはサラブレッド、いいとこ取りで育てていただきましたけどね、実は京都が少しばかり苦手なのですな、これは祖母の影響が大きかったかと。
京都の祖母の、はんなりした柔らかな京都弁は、子供心にじわじわと怖い感じがしたのですな。長男の孫と、三男の孫相手では喋り方が違ってましたしね。反対に大阪の祖母はコテコテの大阪弁、堺のオババでしたから当然かと。明るく大きな声で喋る大阪弁はビシビシ入ってきましたな。(笑)

L18046_blog

ま、そんな関西弁ですけどね、今の若い人は使わなくなったり減っているそうで、方言自体がLINEやTwitterなどでのコミュニケーションのおかげで標準語化しているそうですな、喋り言葉にもそれが現れているというのをニュースで見た事があります。
大阪弁の「〜でんねん」や「〜でっか」なんて、すでに明石家さんまさんぐらいしか使う人いないんじゃないかなぁ、京都弁の「〜どすえ」も聞きませんしね。ってネタを「行きしな」の電車の中で思いついたわけで、「帰りしな」にまとめなくてはなりませんって今書いてます。で、写真なのですけど関西2府4県のものを、ただし苦手な京都はロクな写真が無かったと言いますか、撮ってないので京阪電車の看板でゴマカシ。(笑)

L39004_blog

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

2本のエキザクタマウントレンズをX-T30常用に。

_t200805_blog

もう20年以上前だと思いますけど、東京光学の一眼レフ、トプコンREスーパーとトプコンスーパーDに交換レンズを数本持っていました。そのレンズで気に入っていたのが広角のRE AUTO-TOPCOR 20mm F4と標準のRE AUTO-TOPCOR 58mm F1.4、いずれもエキザクタマウント。
その頃はM42マウントと並ぶユニバーサルマウント規格だったようで、様々なメーカが採用していたようですな。今見ると小さな口径のマウントですけどね。(笑)
トプコンの一眼レフボディーを処分した時にも、この2本のレンズだけ手放せなくて温存、キヤノンFDマウントとEOS用のマウントアダプターを、中古カメラ屋さんで見つけて、NewF-1やT90、EOS-1Nに付けて楽しんでました。
ただマウントアダプターはそれぞれ1枚ずつしか持ってなかったので、使うカメラに合わせて付け替えるのが面倒くさく、EOSデジタルを使い出してからは、もうひとつEOS用マウントアダプターを買って専用にしてやろうかと考えたのですな。ところが今みたいに、手頃な価格でたくさんのマウントアダプターが出回ってる時代じゃない。
マニア向けなニッチな商品だったので、取り扱っているカメラ屋さんもほとんど無かったですし、種類も少なければ値段もお高いという。確か2万円近くしたような記憶があります。さすがに買えなくて、付け替えの面倒くささを我慢して使ってました。(笑)
その後富士フィルムさんのミラーレス一眼X-T20を使い出して、真っ先に買ったのがキャノンレンズを付けるためのマウントアダプター、FDマウント用は良かったのですけど、EOS用はちょっと失敗、絞りのコントロールができないので開放でしか使えなかったという。(笑)なのでEOSのレンズを手放した時に一緒にサヨナラしました。
で、前述のトプコンレンズなのですけどね、エキザクタ→キャノンFD用マウントアダプターにさらにキヤノン→フジX用を二重連結すれば使えるのじゃないかと、やってみたら全然OK。ならばエキザクタ→EOS用にはEOS→Xマウントアダプターを…って手放した後だったという。(泣)
悔しいので2本のレンズにアダプターを付け替えながら使ってましたけどね、その後X-T30が2台増えた事もあって、エキザクタ→Xマウントアダプター、やっぱりいるなと。買ったのは一番安かったK&F Conceptのもの、3,952円でした。

_t200808_blog

付けたレンズを上から見ると、指標が真上から左にズレてたり、レンズを固定する金具を手で押し込まないとロックしなかったりで笑いましたけど、それ以外はちゃんと使えてます。K&F Conceptのマウントアダプターって、他社よりも安くて買いやすいので文句は言いませんよ。種類も多いですしね。
これで2本のトプコンレンズは富士フィルムさんのカメラ専用になりました、めでたしめでたし。日常が戻ったら2台のX-T30にトプコンレンズで、撮り歩きたいですな。

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

思えば一眼レフにはお世話になりました。

_t200504_blog


オジサンが写真に目覚めた頃は、一眼レフが全盛の時代。カメラといえば一眼レフでしたな。なので最初のカメラは当然一眼レフ、レンジファインダーのライカや、二眼レフのローライの存在は知ってましたけど、あれは一眼レフに比べて劣っている昔のカメラって思ってました。(笑)
それぐらい一眼レフ以外はカメラじゃないって感じだったわけで。主要国内メーカーはどこも一眼レフを発売していたのじゃないでしょうか。当然ながら交換レンズのラインナップも必要、あらゆるシーンでの撮影に対応できるようにアクセサリー類もいっぱい発売されてましたな。
一眼レフのボディーを中心に、必要なシステムが各社あったわけで。その辺りにメーカーの個性や、ユーザーがそのメーカーを選ぶ理由があったように思います。
一眼レフの仕組みといいますか考え方は古くからあって、レンズを通った像を直接見て作画できるところは、写真を撮る道具として優れているのは分かっていたそうですけど、シャッターを切るときに跳ね上げるミラーでファインダーが見えなくなったり、絞り込むとファインダーが真っ暗になってしまうところが、まだまだ使えねぇカメラだったのですな。
1954年にレンジファインダーカメラとして先進的なライカM3が発売になります、いわゆるM3ショック。それまでライカに追いつけだった日本のメーカーは一気に突き放されてしまいます。もうライカ追従してても無理って事で、各社一眼レフに舵を切り、そこから日本メーカーの躍進が始まりました。
それまで不便だった一眼レフの使い勝手をどんどん解決、跳ね上がったミラーが瞬時に戻るクイックリターンミラーや、開放絞りで作画とピント合わせをして、シャッターを切ると所定の絞り値に絞り込まれる自動絞り機構など、欠点を克服して世界のカメラ地図を一眼レフで塗り替えてしまったのですな。
一眼レフはTTL測光や電子化、オートフォーカスなど、どんどん新しい技術を搭載して、もうあと何をやるのってところまで進化してしまいました。そしてその技術を生かして、フィルムからデジタルへ移って行ったわけで。
カメラは一眼レフ育ちのオジサンは、デジタルになっても一眼レフを使ってましたし、ずっと一眼レフでって思っていたので、ミラーレス一眼は全然視野に入ってませんでした。ところが今は富士フィルムさんのミラーレス一眼が主力、一眼レフを全く使ってません。
嫌いになったわけではありませんよ、オジサンの写真ライフを広げてくれるのがミラーレス一眼だったのでそちらに移っただけ。一番楽しいのは手持ちのオールドレンズが使い放題なところ。ミラーボックスの存在が足かせになっていた一眼レフでは実現できなかった部分ですからね。
日本の写真工業を世界トップに押し上げた一眼レフ。オジサンも長年お世話になりました。カメラが写真機から映像専用コンピュータになってしまって、この先どのように進化するのか、衰退するのかは分かりませんけど、もう一眼レフの時代では無くなってきている感はしますな。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

タイムマシンにお願い。(笑)

サディスティック・ミカ・バンドの名曲に「タイムマシンにお願い」ってのがありますな。オジサンも好きですよ。調べたところ1974年リリースだそうで、オジサン坊主頭の中学生でした。(笑)
歌詞の中に「ボギーのソフトにイカれて、デューセンバーグを夢見る」ってのがあるのですけど、このデューセンバーグって車が好きでしてねぇ。1913年から1937年まで現存したアメリカの自動車メーカー。もうね、何もかもがぶっちぎりの超高級車で、アメリカの成功者やハリウッドスターのステータスだったそう。車の雑誌で初めて見て釘付け、こんなにカッコよくて気品のあるアメ車があったのねって思いました。
バンダイからプラモが出ていて作りましたよ、1/16スケールのデューセンバーグ タイプSJ ボートテイル。元の車がデカいので、プラモでもすごくデカかったですな、ボートテイルのリアビューが実にカッコいい。(笑)
当時、大阪で開催されたクラシックカーのイベントに、デューセンバーグが展示されるというのでカメラ持って見に行きましたし、デザイン学校の卒業制作ではB全サイズのパネルに、この車を描きました。確か賞を貰って一年間学内に飾られたのですけど、盗難にあって行方不明になってしまったという悲しい結末。そうそうトヨタ博物館に実車が展示してあるそうで、一度行って見たいですな。
ま、車の話はさておいてタイムマシンやタイムスリップのお話、SF小説や映画では定番と言いますか、ひとつのカテゴリーになっておりますけど、結構好きなので読んだり観たりしましたよ。何度観ても面白いなぁと思うのはバックトゥザヒューチャーの一作目。デロリアンって車がタイムマシンになっているという、結局車の話かよってわけじゃないですよ。(笑)
何作かありますけど、やっぱり一作目が一番面白いですな。映画の常で二作目以降は、つじつま合わせやあらぬ方向に物語が進んでどんどんつまらなくなりますからね。日本映画ですと戦国自衛隊が面白かったですな。半村良さんの小説も面白かったですし、千葉真一さんがギラギラだった頃。(笑)
現実にはタイムマシンもタイムスリップもありませんが、タイムカプセルはありますね。小学校の卒業式で校庭に埋めた覚えがありますよ。中身は全員が将来の夢を書いた文集だったと思います。成人を迎えたら開ける予定だったと思うのですけど、そんな集まりに参加した事も掘り起こした記憶もありませんな。ま、ロクでもないふざけた事しか書いてなかったと思うので、参加しなかったのかもしれませんけどね。(笑)
古い写真ってタイムカプセルを開けるような感覚がありますな、懐かしさだけでなく、その頃の景色に時の流れを感じるという。地元駅前は明石海峡大橋ができた時に、大規模な整備で様変わり、あの頃はカメラ片手に毎日うろうろ、変わっていく様子をパリの街角を撮った写真家アジェを気取って撮ってました。
今見てみると工事現場ばっかり撮ってて、一体何をやってたのかって思いましたな。もしタイムマシンにお願いできるのなら、あの頃に戻って自分のケツを蹴り上げたいですよ。(笑)

L04901_blog_20200405121701
L04939_blog_20200405121801

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

立ち飲み百景49 立ち飲みの立ち位置

_dsf5416_blog

立ち飲みって気軽に入れて安く飲めるのがいいのですけど、お店をやる側にも敷居が低くて始めやすいのでしょうか、繁華街を撮り歩いていると、ホント立ち飲み増えたなぁって思います。女性スタッフだけのガールズ立ち飲みなんてのも見かけましたしね。
職場の界隈も立ち飲みがたくさんあるのですけど、神戸の立ち飲みファンなら絶対知っている某名店のほぼ一人勝ち、いつもいっぱいどころか外で待ってますからね。もはや気軽に入れるお店じゃなくなって、行かなくなりましたって言うか行けなくなりましたよ。(笑)そのお店が人気になってから、よく似たしつらえのお店があちこちにできましたな。きっと人気にあやかって真似たのだと思います。(笑)
昔は立ち飲みっていうと、酒屋さんの片隅で一杯ひっかける、いわゆる「角打ち」。始まりはお酒を買いに来た人が、我慢できずにその場で開けちゃったので、仕方ないからコップぐらいは貸してあげますよってのが最初だったのじゃないかと思います。(笑)そんなのが日常化して、お店の片隅に飲めるスペースを作ったのでしょうなぁ。コンビニのイートインコーナーみたいなものかと。
アテも酒屋さんでも扱ってるようなものだけ、なので料理なんてありません、柿の種やスルメぐらいしか置いてなかったので、純粋にお酒を楽しみたい人が集まってましたな。酒屋さんだけにお酒の種類は豊富なのがいいところ、当然ですけどね。以前地元商店街にあった古い酒屋さんも、朝から開いていたので、通りがかるとお年寄りがずらりと並んで飲んでましたな。昭和な景色で味わいがありましたよ。(笑)
お酒だけ楽しめれば立って飲んでもいいって方には立ち飲みですけど、もうちょっと落ち着いてお酒も料理も楽しみたいのなら居酒屋って事になるかと。居酒屋ってお酒よりも料理の美味しさで選んでしまいますな。季節の料理や看板メニューがあるお店はやっぱり美味しい。当然値段も違いますけど、住み分けがちゃんとできてました。
ところが最近の立ち飲みは、料理も充実してて安いのですな。昔ながらの酒屋の立ち飲みが現代風に発展したというより、中身は居酒屋ですけどイスは置いてないお店と言った方がいいようなクオリティーなのがほとんどになってますな。
以前家内と出掛けた立ち飲みは、料理が中華料理メイン、麻婆豆腐が絶品というのに家内が反応して行ってみたのですけど、ホント美味しい。これで400円はお値打ち、ビールが進むわって飲んでたら、もう一度注文してましたな。(笑)
行きつけの立ち飲みでは、定番のおでんと串カツもいいのですけど、ホワイトボードに書いてある本日の料理を注文するのが楽しみになってます。何があるかはその日のお楽しみ。気軽に安く飲めて、料理も充実。今時の立ち飲みはずいぶん立ち位置が良い方向に変わりましたよ。(笑)

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

新旧レンズ対決を考えていたのだけど。

_t200727_blog

新型コロナウイルスのおかげで外出できない状況じゃなかったら、この季節は写真を撮り歩いていたはずなのですけど、そうもいきませんから自粛中。なので色々考えていた事は全部先延ばしになってます。やってみたかったクラシックレンズと今時のレンズで撮り比べ対決も今はできませんよ。面白いんじゃないかと思ったのですけどね。
手持ちのどのレンズも文句が出ない、富士フィルムさんのXマウントレンズと、画角が近いか同じクラシックレンズで、同じものを撮り比べてみたらどうかと。今時のレンズが抜群の写りなのは最初から分かっている対決なのですけど、それを基準にして、クラシックレンズの個性や味わいを炙り出してみようかという、重箱の隅突きまくり企画。(笑)
撮り比べてみたら見えてくるものがあると思いますし、新旧対決なので差もハッキリ出るのじゃないかと。クラシックレンズ単独で撮っていると見えてこなかった部分が知りたいのですな。
レンズって大切に使えば、ほぼ一生モノ、カメラボディーよりはるかに長く使えますからね、クラシックレンズも発売当時は最先端だったわけで、そんなレンズが今でも使えるって贅沢な幸せだと思うのですな。
ま、オジサンの持ってるレンズなんて知れてますけどね、銘玉や珍品、マニア垂涎なんてのは有りません、評価が定まって、中古でも高値で取引されているようなレンズは、その筋の方にお任せして、長年使って来たキヤノンFDマウントやペンFの交換レンズをメインに、クラシックカメラのレンズを楽しんでます。ボディーから取り出して改造したレンズもありますしね。

_t200722_blog

持ってたクラシックカメラの中で一番古いのがKodak No.1 Autographic Special, Model Aという6×9判のフォールディングカメラ。ネットで調べたり、フィルム室に書いてあったパテントの日付から推測して1918年(大正7年)発売らしいのですけど、コレ102年前ですからね。
ボディーはすでにボロボロでしたけどレンズが大丈夫だったので、改造用に取り出して保管してあります。6×9判のイメージサークルを持つレンズをAPS-CのXマウント用に改造してもレンズのど真ん中しか楽しめませんけど、100年越えのオールドレンズの写りを楽しめるなんて夢がありますからね。
そう思えばレンズって実に長生き、コロナウイルスのおかげで出かけられないので改造してやろうかと考え中。他にも改造したいレンズはあります、そんなレンズで新旧対決、計画は立てておきますよ。(笑)

| | コメント (2)

2020年5月16日 (土)

ドレスアップはカメラに。

ドレスアップって辞書で調べてみたら、正装する事、着飾る事って出てました。オジサンはもはやドレスアップが無意味な人、着飾ったところで全然映えないって家内に言われてます。目下やってるドレスアップはサポーターにコルセットに湿布薬ペタペタ。(笑)って笑えませんよ、色んなところが痛くてね。
で、カメラのドレスアップのお話。趣味のモノって、凝りだすときりが無い世界ですからね。車好きの方だとホイールを取っ替えるなんてのがそうだと思います。エアロパーツでバチバチなんてのも。そういえばオーディオなんていじりがいがありましたな。金メッキのケーブルにするとか、実に微妙なドレスアップがお小遣いでできましたからね。
ただカメラの場合、飾るのじゃなくて使い勝手をよくするためなのが違うわけで。のめり込み過ぎたカメラ女子がやりそうな、ド派手なストラップだとか、デコレーションシールでビカビカというのとは違いますからね、あくまでも実用本位。(笑)
キヤノンA-1にはシャッターボタンにシューティングボタンを付けてましたな、通販やサービスステーションで買えたグッズで、キャノンの古いロゴの「C」の文字が刻印されたモノ、付けると高さが増すので押しやすくなるのですな。
T90にはリモコン端子に付ける縦位置レリーズボタンを、これは実に便利でしたよ。レンズには繋いで長くできるメタルフードを、そこにキヤノンのステッカー貼ってました。(笑)
今主力で使っている、X-T20とX-T30もホールディングを良くするために、ハンドグリップ付けてます。アルカスイス互換なので三脚への付け外しがスゴク楽、これホント便利。で、さらに使い勝手を良くしてやろうとシューティングボタンを付けてみました。

_t200640_blog

シャッターを押しやすくするだけのモノなのに、1万円近くするものまであるという趣味人の足元を見たドレスアップパーツ。(笑)オジサンがチョイスしたのは、写真用品でお馴染みエツミさんのシューティングボタン(型番E-6941)。ヨドバシで759円だったので買ってみようかと。
付けてみるとシャッターボタンへの指かかりと反応は良くなりましたな。ストロークは変わりないのですけど、触れやすくなったのでパワーオフ状態からの復帰も速く感じます。
ちょっとだけ高さが増しただけなのに、ずいぶん感じが良い方に変わりましたよ。特に縦位置で構えた時にそれを感じました。指先が乗っかりやすいように、上面がくぼんでいるせいもあるかもしれません、撮るのが楽しくなりそう。(笑)
ドレスアップパーツって、それが無ければ困るわけじゃない自己満足の世界なのですけど、ドレスアップすると自分専用になったような気がするのがイケマセンな。専用革ケースだとか、そういうのを作ってるメーカーの思うツボ。
だけど楽しいドレスアップの世界、そっちばかり凝って写真撮らなくなったら終わりですけどね。(笑)

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

この際、Evernoteを大掃除したら。(笑)

家に居る時間が長いので、やろうと思っていながら先送りになっていた事を、いろいろやってます。オジサンひとりで遊ぶのは得意なのでね。(笑)
で、これが無くなったらホント困るってぐらい使い倒しているEvernote、何でもかんでも放り込んでおけるってところがこのアプリの最大の魅力、何を放り込んだか忘れてしまっていても、検索で目当てのものが瞬時に出てくるので、ジャンジャン放り込んでいたらノートの数が1000を軽〜く超えてましたな。さすがにもう必要のないものや、古すぎて役に立たない資料類までてんこ盛りになっていたという。(笑)なのでこの機会に徹底的に中身の大掃除をやりました。
もうね、Windows XP時代の使いこなし系記事のスクラップなんかが出てきて笑いましたよ。壊れたり時代遅れですでに処分したパソコン周辺機器の取扱説明書類もたんまりと。ダウンジャケットについていたタグが出てきたので何で?って見てみたら、お手入れの仕方って洗濯方法が裏面に書いてあったので保存していたみたい。
他にも水出しコーヒーポットの取扱説明書、テレビの背面の配線をやった時に忘れないように撮った写真だとか。もうそのテレビは買い換えて無いのに、後生大事に保管していたという。(笑)
とりあえずEvernoteに放り込んでおけば、元の資料を捨ててしまっても、あとは何とでもなるって敷居の低さが、資料類をきちんと整理しようって気持ちを、宇宙の彼方に追いやってしまったわけで、何でこんなものを放り込んでおいたのかって、自分にツッコミ入れながらEvernoteの便利さを再認識ましたけどね。
まるで片付けられない人の、足の踏み場もない部屋の中みたいになってましたな。検索で出てくるところが違いますけど、裏返せば検索ワードを思いつかない限り出てこないわけで。(笑)
こんなゴミの山じゃなくて資料、中身を見てみると、ネットの情報をまるごと保存ってのが多かったですな。ある日突然削除されてしまうかもしれないネットの情報は、クリップして保管しておかないと、削除されたらそこで終わりですからね、個人のホームページやブログなんてのがそうですな。
以前よく見ていた、ハーフサイズカメラの事を、詳しく載せてくれていた方のホームページ、ある日突然404エラー(not found)って出てサヨナラ。何らかの事情があって止められたのでしょうけど、ネットの情報って、削除すると跡形もなく消えてしまいますから、どうしようもできません。
今すぐ必要な旬の情報は、検索すればたくさんヒットするので、保存しなくても、その都度調べればいいと思いますけど、貴重な写真や画像、文献のPDFを置いてくださっているのは、即行クリップしたりダウンロードしてEvernoteへ直行、ホント助かりますな。(笑)
興味のある方は無料版もあるので、お試ししてみてはいかがでしょうか。

Evernotehp_blog

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

テイクアウトの「おうちご飯」加速中。(笑)

_t307799_blog

街中の飲食店でテイクアウトやデリバリーを始めたお店が一気に増えてますな。すぐに検索できるサイトもどんどん増えてます。お店もSNSでお知らせしたりしてますし。神戸市もUber Eatsや出前館と連携して補助や助成なんて支援を表明、お店の負担を減らすように動いているみたい。
で、我が家なのですけどね、オジサン休日に自粛で家にいると、なぜか家内の機嫌が悪いのですな。静かに自粛しているのですけどねぇ、目に付くところに居るのがすでに気に食わないようで、まるで突然現れたゴキブリのような扱いですよ、丸めた新聞紙で叩かれないだけマシですけどね、何だか悲しいですなぁ。(笑)って笑ってられませんよ。
何とか矛先をかわそうと、晩ご飯にテイクアウトなんてどうって、地元のお店を検索して見せたところ、激しく食いついてきましてですね、いらん事してしまったかも。(笑)
で、その中のお高くて予約無しでは入れない、ある割烹料理屋さんの、筍ご飯お弁当を即行注文してましたな。いつも満席な有名店なので行くチャンスが無かった反動もあったと思います。しかもテイクアウトですからね、そんなにお高い値段じゃないですし、かといって味わいに手は抜けませんし、お店で食べる事を考えれば1/3の値段、コレ結構リーズナブルかと。(笑)
土鍋で炊いた筍ご飯も季節の一品も、お家で作れないものばかりで、ホント美味しかったですよ。日本酒を一杯やりながら食べるのにはちょうどいいサイズでしたな。
それでテイクアウトに味をしめた家内は、地元駅前の料理屋さんにも走ってましたな。お高くて何とも入りづらい店構えのなのですけどね、家内曰く「テイクアウトでお試ししてみて、美味しかったらコロナが収まってから食べに行ったらええやん」って3品買ってきてましたな。確かに美味しかったですけどね、さすがにチトお高かったですなぁ。(笑)
そんなこんなのテイクアウト事情、家内の興味に火を点けてしまったおかげで、何だかネットの情報にず〜っと目を光らせてますな。次は何を言ってくるかとビビってたら、ちょくちょく行ってた元町のアジアン食堂のオードブルを頼もうかと。美味しいのは分かってますからね、これはいいかもと早速注文。
人数に応じて柔軟に対応してくれるので、我が家のように二人でもOK。持ち帰ってきたのを見て、何だかいっぱい入ってるので、ホンマにこれで2人前?って思わず聞いてしまいましたな。(笑)フタに書いてある料理名を見ると、蒸し鶏、大根餅、揚げ春巻き、生春巻き、タイの唐揚げ、タイの手羽先、台湾トマト、腸詰め、菜の花のナンプラー、炙り豚とハーブの和え物、ガイヤーンの全11品、スゴイ。
ホームページに出てた写真は、こんなに豪華じゃ無かったのですけどね。二人だからって種類を増やしてくれたのでしょうか。その日の晩ご飯はお箸と取皿とビール出すだけで準備OK。家内も機嫌がいいのでホッとしたおうちご飯でしたな。お腹パンパンになりましたしね。(笑)
休業が続く飲食店支援のためなんて立派な事は言いません、だけどお家時間が長いのでこういうのも目先が変わっていいのじゃないかと、意外と知らなかった地元のお店を知る事にもなりますしね。コロナ収束したらぜひお店で食べたいですな。

_t200783_blog

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

MENGS DC-38Qでアルカスイス互換がホント便利。

_t200789_blog

マンフロットの3Dジュニア雲台056に付けるつもりだった、アルカスイス互換のクイックリリースクランプがやっと届きました。自粛のおかげでネットでのお買い物が増えているのでしょうね、Amazonさんもお届け日に幅を持たせてますな。ネットショップと宅配便のおかげで自粛できているのですから、文句は言いませんよ、むしろこのご時世に頑張って配達してくださってる事に感謝しなくてはいけません。
で、買ったのはMENGSの型番DC-38Qクイックリリースクランプ 1,956円というシロモノ。そもそもアルカスイス互換って何やねんって話なのですけど、アルカスイス社のプロカメラマン御用達の雲台に採用している規格で、レール状の溝をクランプで挟み込む形で機材を固定するので、三脚メーカー独自の、よく見かけるクイックリリース方式よりも安定してて耐久性もあるのですな。
その方式を新興三脚メーカー、機材メーカーが真似して広まったわけで、様々な撮影機材に採用、それまでそっぽ向いてた老舗三脚メーカーも互換製品を発売する事態に、気が付けばほぼ世界標準になっちゃってたという。(笑)

_t200798_blog_20200509162201

オジサンも便利に使っておりますよ、X-T30とX-T20にはホールディングを良くするためにハンドグリップを付けてるのですけど、これの底の部分にはアルカスイス互換の溝が切ってあるのですな。カメラ用アクセサリーで何かと便利なL型ブラケット(L型プレートとも呼ぶ)も、今時のは大抵アルカスイス互換になってます。これを対応雲台で使うとホント便利、と言うか実に楽。(笑)
例えれば交換レンズで言うところの、ねじ込み式のスクリューマウントと、かみ合わせの爪で装着するバヨネット式との違いみたいなもん、ねじねじやってたら時間がかかりますからね。(笑)
で、対応してない雲台はどうすんのっていうと、クイックリリースクランプなるものを装着すればアルカスイス互換に変身、用途に合わせて色々なものが出ています。今回は以前ハンドグリップを買った事があるMENGSというメーカのを選びました。

_t200792_blog
_t200815_blog

ところが不思議だったのがAmazonさんで検索すると、同じ型番「DC-38Q」でMENGS、LEOFOTO、NEEWERの3社が出てくるのですな。写真を見る分には同一製品にしか見えないのに、それぞれ値段が違うという、何で?
中華機材ってこの辺りが謎、実際に作っているところは別で、ブランドごとに値段も変えて卸しているのでしょうか。例えば同じデジカメなのにマークがパナソニックかライカかで値段が変わるのと同じ事でしょうかね。(笑)そういえば昨年買ったNEEWERの三脚もK&F conceptのと同一製品にしか見えないのにお値段ほぼ半分でしたしね。
謎だらけの中華ブランド、ま、安くてもちゃんと使えれば、こだわりませんけどね。(笑)

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

マンフロット 3Dジュニア雲台056に付け替えだ。

_t200761_blog

オジサンが写真を始めた頃の三脚は雲台が3ウエイタイプのものが主流でした。上下、左右、回転をそれぞれ独立して動かせる雲台で、パン棒が飛び出ているので見た目ですぐ判ります、持ち運びにはパン棒がジャマになって不便でしたけど、その頃はきちんと構図を決めるのには3ウエイ雲台でなきゃって時代、スリックもベルボンも脚と3ウエイ雲台のセット販売が主流でしたな。
手の届く値段の三脚はこの国産2大メーカーしか選択肢が無かったのですけど、お高い舶来のジッツオのカタログには、脚と雲台は別々のページに載ってました。撮影内容や目的に合わせて、それらを自由に組み合わせるのが、本来の三脚選びだと言うのを初めて知って、衝撃を受けたという。(笑)国産メーカーのお仕着せしか知りませんでしたからね。
その頃は自由雲台ってちょっと特殊な扱いだったような気がするのですけど、今は主流になってますな、ネットで調べても自由雲台はいっぱい出て来ますけど、3ウエイ雲台の方が見かけなくなってます。作りやすいのでしょうか、明らかにコピー商品と分かるモノもありますな。(笑)
で、昨年の秋に買ったNEEWERの三脚も、付いていたのは自由雲台、普通に使ってる分には十分だったのですけどね、だんだん締め付けても微妙に動くのですな。実に微妙なのですけど、水準器で水平をきちんと出すときに結構面倒、お家でブツ撮りの際にちょいとばかりイラッとくるわけで。なので雲台だけ載せ換えようと思いました。
本来ならブツ撮りには微妙な調整が効くギア雲台をチョイスするべきなのですけど、どれもかなりお高い、8,700円ほどの三脚にウン万円の雲台なんて選べませんよ。なので安くて手ごろな3ウエイ雲台を検索、NEEWERの3,000円ほどの激安雲台を見つけましたけど、レビューコメントでボロクソ書かれてるし、パン棒が長くて使いにくそうだったので却下。(笑)
目に止まったのがマンフロットの3Dジュニア雲台056、ヨドバシで5,910円でした。この雲台、定番商品なのでしょうか、結構古くからカタログで見かけていたような気がしますな。独特の形をしていて、パン棒の代わりに十字型のノブで締め付けるタイプなのでコンパクト。耐荷重は3kgしかありませんけど、小型のX-T30には十分ですし、もうこれに決定でポチッと。(笑)
で、届いたのをさっそく付け替えてみました。これにAmazonで買ったアルカスイス互換のクイックリリースクランプを付けるつもりだったのですけどね、先に注文したのにまだ届きませんな。(笑)

_t200768_blog

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

働き方…意識改革?

テレビをつけても新型コロナウイルス関連のニュースばかりで、明るい話題がありませんな。長期戦になるのはもはや確実なので、意識も変えて行かなくてはなりません。
子供達の学業の遅れも言われてますけど、あんなの先生が自宅で黒板ならぬ100均で売ってるホワイトボード使って授業をやって、それをスマホの動画機能で流しっぱなしにして、生徒が見られるようにすればすぐにでもできると思うのですけどねぇ。
子供がスマホを持ってなくても親は持ってるでしょうし、授業の間だけ、じいちゃんばあちゃんのを借りてもいいかと。臨機応変にやらないといつまでたっても学業空白状態から抜け出せないと思うのですな。授業用の通信代は請求しませんって通信大手各社が言えばオンライン授業はすぐに広まるのじゃないかと。
その手の道具の使い方は子供達の方が手慣れてると思いますし、先生も自宅待機でヤキモキしてるのなら、教育委員会や行政の指導を待ってないで、とっとと自力でやればいいのにね。このご時世に便利に使えるテクノロジーは山ほどあるのに、そういう知識が無い人たちが上にいるので事が前に進まないのでしょうな。(笑)
お仕事関係も収益激減に陥ったり、無収益になってしまっている業種、業態もいっぱい出てきてます、これが長期にわたって続くとなれば、国が何かしてくれるのを待っていたら、コロナに感染しなくても飢え死にしますよ。そんなこんなで民間は創意工夫、できることで社会支援をしつつ収益にも繋げて行こうとしているのをニュースでよく見ますな。
シャープさんのマスクもそうですし、オジサンの地元神戸では、紙パックの日本酒「まる」でお馴染み白鶴酒造さんが医療関係者向けに高濃度消毒用アルコールを生産しています。飲食店のテイクアウトをタクシー会社がデリバリーを請け負ったり、ヨットのセール(帆)を作ってるメーカーがその材料で医療用防護服を製作なんてのも。薄くて丈夫で防水なので最適なのだそうですな。
他にも雇用の悪化を防ぐため業種間連携で、外国人技能留学生が来れなくて人手不足に陥っている農家を、ホテルの従業員が手伝いってニュースもありました。今までに無かった事をやらなくては、前に進めない状況ですからね、創意工夫と言いますか、アイデアと行動力でこの事態を好転させなくてはなりません。
阪神淡路大震災の時の事、オジサンが勤めている会社の話ですけどね、従業員を前に先代社長が言った「待っとっても、国は何もしてくれへんぞっ」って言葉が今思い出されますよ。

L02530_blog

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

電子書籍化で縦横無尽な調べもの三昧。

オジサンのネットでの調べものって、なぜかいつも数珠つなぎ状態。調べた事柄がさらに調べものを呼ぶと言う、いったい一番最初は何を調べていたのか分からなくなる事もしばしば。
調べるたびに新しくタブを開くので、ブラウザーはタブだらけになってます。(笑)メモリーだけはたっぷり積んであってメモリー不足で開けないなんて事は無いので、いっぱい開いちゃうのですな。
このご時世なので、お家でじっくり調べものをする時間はあります。なのでブログのネタになりそうなモノや、以前からきちんと知っておきたかったレンズの仕組みの事などを調べています。
ネットで調べものは便利なのですけどね、ある程度深いところまで調べていくと同じような内容ばかりが検索で引っかかるようになって、それ以上は出てきませんな、外国語が堪能ならまだまだ調べられるのでしょうけどね、Googleの翻訳サービス頼みなので、そこが限界かと。(笑)
当然ながら手持ちの書籍や雑誌も調べものの対象になっています。意外と持っていた事を忘れてしまってたりしますな。ただし紙の本はすでにありません。全て自炊で電子書籍化してしまっているので、本棚じゃなく画面の中に並んでいます。テキストデータを含んだPDFにしているので、語句で検索ができて実に便利。
電子書籍化しておくと何が良いかと言いますと、複数の書籍や雑誌にまたがって調べられるところ。いわゆる串刺し検索ってヤツですな。例えば「マミヤスケッチ」って打ち込んで検索すると、朝日カメラだろうが、日本カメラだろうが、その他の書籍だろうが関係なく、マミヤスケッチって言葉を含むページがリストアップされるわけで。
もし紙の本だったら、一冊づつ目次や索引を見ながら調べなくてはなりません、とてもじゃ無いですけどやってられませんからね、コレが一瞬で出てくる快感。(笑)

_t200730_blog

随分前に古書屋さんの閉店セールで大量に買い込んだ1950〜60年代のカメラ雑誌をメインにカメラの取扱説明書やカタログも電子書籍化してあるので、特定のカメラやレンズを調べるのには重宝しています。
気になるクラシックカメラが発売された当時の記事が出てくるとついつい見入ってしまいますな、本棚を片付けていて、ついつい読みふけってしまって片付かないのと同じ、前に進みませんよ。(笑)電子書籍化したデータはパソコン、iMac、ipad全てに入れてあるので、パソコンで記事を書きながら、iMacとiPadで調べものなんてのも。(笑)
電子書籍化に使ったのはPFUのドキュメントスキャナScanSnap S1500、すでに新しい機種にモデルチェンジしてますけどまだまだ現役、カバーを開けるとアプリが自動で起動、スキャンするものをセットしてボタンを押すだけという、コピー機感覚でできてしまう簡単さが便利すぎるというシロモノ。
紙の本の形にこだわらない、目的の資料が出てこない方にはオススメだと思うのですけどね。(笑)外に出られないこのご時世、自炊で電子書籍化なんていかがですか。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

ある日突然、関西人になってしまったら。(笑)

_blog_20200501150301

「♪かんさい〜でんきほ〜あんきょ〜かい♪」って関西在住で知らない方は一人もいないと思いますね。それぐらいみなさん知ってるテレビコマーシャル。
関西以外の方には、何のこっちゃでしょうけど、関西電気保安協会という電気の保安管理サービスや調査、正しい使い方の啓蒙活動などを行っている団体のコマーシャルで、必ず職員が登場するというのがミソ。
正直言って、芸能人じゃない素人の職員さんですからね、見ている方が恥ずかしくなるような、セリフ棒読みだったりで、直視できないけど見てしまうという。最後に必ず冒頭の歌が流れます、ただ「関西電気保安協会」って歌ってるだけなのになぜか耳に残るのですな。
で、今流れてるコマーシャル「ある日突然関西人になってしまった男の物語」ってのが関西人なら思わずうなずいてしまうような、ツボを押さえたできの良さ。公式サイトから見る事ができます。エピソード0から11までの全12話、一編が短いので、全部通しで見ても大した時間じゃないのですけど、よくできてて思わず膝を叩いて笑ってしまいましたな。見ていない関西の方はぜひ見てください、コチラです。
これは関西だけなのかどうかわからないのですけど、コマーシャルに社長や従業員の方がズケズケ出てくるのが多いように思いますな。売れてない吉本の芸人さんより認知度が高い方も多いかと。(笑)芸人さんより面白い一般人が多すぎる土地柄なのでしょうね。オジサンの周りにも面白い方がいっぱいいます、ちょっと迷惑だったりしますけどね。(笑)
いろんな都道府県の子供を集めて、一つの部屋で遊ばせておくと、最後みんな関西弁になっちゃうというのを、心理学の先生のエッセイで読んだ事があるのですけど、何だか分かる気がしましたな、抑揚があって前に出る感じが喋り方にありますからね。
テレビ番組を見ていても、出ている人が関西出身かどうかって、一発で分かりますな。きちんと標準語でしゃべっていても、微妙な語尾のイントネーションなどで、「この人、絶対関西出身や」って分かります。関西人って隠しても隠しきれないDNAを持っていますからね。どこからか滲み出てしまうのでしょうな。(笑)
ドラマや映画の配役で関西人の役柄を関西出身の俳優さんが演じていると、なんだか安心して見ていられますな。すごくいい演技をしていても、セリフのイントネーションに違和感を感じると全然入ってこないですからね。そう思うと俳優さんって関西人の役をもらったら、ある日突然関西人にならなくてはいけないわけで、にわか「なりすまし関西人」大変ですなぁ。(笑)

| | コメント (4)

2020年5月 2日 (土)

外出自粛に、お家で3分クッキング。(笑)

非常事態宣言が出てから、ショッピングモールや、商業施設が軒並み休業になってますな。食料品売り場だけ時短営業だったり、そういうお知らせばかりが目につきますよ。居酒屋さんは休業、開いてても閑古鳥鳴いてますし、外食チェーンもテイクアウトや宅配が2倍に増えてるってニュースも見ましたな。
皆さんお家から出なくなってますからね、スーパーの棚からインスタント食品やパンが売り切れてるなんてのを聞きますけど、慌てて買い占めに走らなくてもちゃんとありますよ。地元のスーパーなんていつも通りでしたからね。何も焦る必要なんて無いのに、つまらない噂にあおられて右往左往しちゃう人がいるのでしょうな。
新型コロナウイルス感染拡大なんて事にならなかったら、週末は写真を撮りに出かけちゃうので、お昼ご飯は外で好きなもの食べてたのですけどね、今は写真を撮り歩くなんてもっての外な在宅写真ファンにならざるを得ないという状況。(笑)
なので、お昼ご飯も何か作らなくてはなりません。晩ご飯は家内と一杯やりながらまったり食事なので、お昼は買い置きの冷凍食品チンしたり、残り物やその辺にあるもので簡単に済ませてたのですけど、時間がたっぷりあると、だんだん凝り出してしまうという。お昼からがっつり3分クッキング、って3分じゃすまなくなってますよ。(笑)
お昼なので品数は作りません、なので麺類が多いかな、インスタント麺や乾麺、パスタは便利ですからね。ネットに出てた、たいめいけん流レシピでナポリタン作ったら、洋食屋さんの味わいでホント美味かったなぁ。(笑)

_t200709_blog

で、いきなりですけどね、サッポロ一番塩ラーメンって、トマトラーメンにしたり、練りごまとラー油で坦々麺風にしたり、野菜たっぷりでちゃんぽん風とかアレンジしやすいので素材としては最高のインスタント麺だそうですな。ネットで検索するとアレンジレシピがいっぱい出てきます。
海鮮塩焼きそばなんてアレンジも。どんどん本来の塩ラーメンから別世界の一品になってますよ、我が家でもお肉と野菜を炒めたのとパクチーのっけてエスニック風にしてます。これ結構イケます、オススメ。(笑)
麺類もいいのですけど、冷やご飯が残ってると焼き飯もよく作りますな。それも冷蔵庫に残ってた朝食用のペラペラのハムと卵と青ネギぐらいだったのがどんどん凝り出してレタス炒飯にしたり、梅干しとちりめんじゃこと青じそで和風焼き飯だったり、この場合マヨネーズを食用油代わりに使うと美味しいですな。韓国風豚キムチ焼き飯やドライカレーもいいなぁ。(笑)
ネットでコロナウイルスのニュース見てるより、料理のレシピ眺めている方が長かったりする休日事情。じっとお家にこもっていても腹は減りますし、もしもの場合に備えて栄養つけておかないといけませんからね。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »