« 街歩きをストリートビューでシミュレーション。 | トップページ | X-T20は後方支援に温存することにしました。 »

2020年2月27日 (木)

立ち飲み百景46 先輩、後輩、同級生。(笑)

_t304557_blog

酒場や飲食店は不思議なもので、そのお店のカラーに合ったお客さんが集いますな。オシャレなお店にはオシャレなお客さんが多いですし、お高いお店にはセレブな方が集まるという。若い方がやっているお店は、お客さんもやっぱり世代の近い若い方が多く集まってますね。お店のカラーと雰囲気、出される料理に、お客さんの層や世代でお店のポジションが確立されていくのでしょうな。
なので場違い感のあるお店に行くと、馴染めませんし落ち着きませんな。料理は美味しくてもお客が騒がしかったり、BGMがうるさすぎて会話もできなかったり、反対に高級感ありすぎで緊張してしまうお店だったり。(笑)
ファーストフード店で学生のグループが長々とお喋りしているのは、あの子たちにとって一番居心地がいいからでしょうね。喫茶店でおしゃべりに花を咲かせているおばちゃんも、カラオケスナックでマイク握りしめてるお父さんも同じ、そこが居心地がいいから居ついちゃうわけで。年齢と共に馴染むお店も変わっていきますな。(笑)
オジサンが行きつけの立ち飲みは大衆、庶民的路線な気安いお店。来てるお客さんも、おじさん率90%越えで世代の近い方ばかり。いわゆるちょっとくたびれたサラリーマンがほとんど、なのでオジサンもしっかり馴染みます。(笑)
世代が近いという事は共通の話題が多いので、会話も弾むわけで。隣に立っているのが若い方や、妙齢のお嬢さんだったりすると、無言で飲むしかありませんな、会話のきっかけも無ければ、続く話題もありませんからね。(笑)会話の内容も世代相応な、年金やリタイヤ後の話に懐かし系など。若い頃は女の子や車や音楽の話題で盛り上がっていたのにね、今は亡くなられた俳優さんの話題で盛り上がってます。(笑)
そんな空間ですから、初めてのお客さんでも世代が近い方だと話が通じるのですな。で、話してみたら学生時代の先輩だったり後輩だったり、クラスは違ったけど同級生だったのが発覚したり、思わぬサプライズがあったりします。
ヤンチャだった頃を同じ学校で過ごした仲なのですから、話題に事欠きません。もうね、これでもかってぐらい出てくる出てくる、怖かった教師の話から、学食のおばちゃんの話まで、誰もついて来れないディープな話で盛り上がってしまうという。(笑)で、もう一杯、もう一杯と飲んじゃうわけで、気がつくといつも以上の酔っ払い。
ま、そんなので話が弾んじゃったお相手は、間違いなく数日後にまた現れますな。で、馴染みの顔になって常連に昇格。昇格試験なんてありませんよ、お店に入った瞬間、大将から「いつもの?」って言われるようになったら常連ですからね。(笑)

|

« 街歩きをストリートビューでシミュレーション。 | トップページ | X-T20は後方支援に温存することにしました。 »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街歩きをストリートビューでシミュレーション。 | トップページ | X-T20は後方支援に温存することにしました。 »