« X-T20と一年、ミラーレス一眼に思ったこと | トップページ | 微妙な便利がジワジワ効いてくるX-T30 »

2019年6月27日 (木)

コンチェルトで海の散歩。

_dsf1333_blog

普段は街を散歩して写真を撮るのを楽しんでおりますけど、たまには海の上を散歩するのも面白いのじゃないかと。いわゆる観光遊覧船というやつですな、チケットがあったので、話のネタに家内とお出かけしてきました。
神戸は元町から南に歩くと見える、ポートタワーの建っている中突堤とその横のバーバーランドモザイク前から、色々な種類の観光遊覧船が出ています。「神戸 クルーズ」で検索するといっぱい。豪華客船タイプの「ルミナス2」が一番デカくて、帆船タイプの「オーシャンプリンス」なんてのもありますな。屋形船タイプのは昨年の台風でバラバラになって沈没、船主がもめていて放置したので神戸市がたまりかねて撤去したというのをニュースで見た記憶があります。(笑)
で、いろいろある船の中から「神戸船の旅 コンチェルト」というのに乗りました。と言うかそのチケット持ってたのでね。観光遊覧船って、その場ですぐチケット買って乗れるのと、事前予約が必要なのがあるのですな。中でご飯食べたりお酒飲んだりできる大き目の船は要予約って知りませんでしたよ。で、ひと月ほど前に予約の電話をしたところ、土日はほとんどふさがっていたと言う。結構人気があるのですな、これも知りませんでしたな。時間別にコースがあって、ランチタイム、ティータイム、ディナータイムでそれぞれお値段と時間が変わります。一番お手軽なティークルーズをチョイスって言うかそれしか空いてなかったのですけどね。(笑)
時間とコースは昼の2時30分に出航、港を出て瀬戸内を神戸の街並みを見ながら明石海峡大橋のやや手前でUターンして4時に戻ってくるプチ船旅。きっとディナータイムのトワイライトナイトクルーズの方が夜景がきれいで楽しめるでしょうな。その分お値段も高くなりますけどね。

_dsf1562_blog

_dsf1494_blog

_dsf1495_blog

_dsf1544_blog

_dsf1532_blog

「コンチェルト」は小型の客船タイプの真っ白な船で、写真はよく撮っていたのですけど、乗るのは初めて。乗船口をくぐると、いきなりラウンジでドレス姿のきれいなお姉さんがピアノの演奏でお出迎え、客船気分を味わってもらう演出だと思いますけどね、よかったですよ。
席には係りの人が案内してくれます。こじんまりしてますけど、なかなか落ち着いた内装、案内されたのは窓際の席でしたな。ティータイムなので2種類のケーキから選んで飲み物はフリードリンク。
しばらくすると記念写真を撮りに来ました、各テーブルを回って撮ってましたけど、これは買う買わないは自由で1500円也。「こんなん誰も買わへんよなぁ」って家内は笑ってたのですけどね、Uターンして戻ってくるときに、配りに来て見せてくれるのですな、紙製二つ折りの可愛らしい写真立てに入ってて、思ったよりいい写真だったので買っちゃってました。(笑)気に入ったら買ってくださいねって、強制ではないのですけど、なかなか商売上手かと。(笑)

_dsf1361_blog

_dsf1364_blog

時刻になって、船が動き出してしばらくすると、若手ジャズピアニストの生演奏が始まりました。音楽を聴きながら、景色を眺めつつティータイムを楽しんでねって趣向、客船のラウンジでひとときの船旅気分を味わえるわけですな。お茶を楽しんだ後は、デッキに出て戻ってくるまでずっと写真撮ってました。
降りる時もラウンジできれいなお姉さんがピアノの伴奏で歌ってましたな。90分ほどの遊覧でしたけど、最後まで抜かりのない船旅気分の演出で、なかなか楽しい体験でしたよ。

_dsf1545_blog

|

« X-T20と一年、ミラーレス一眼に思ったこと | トップページ | 微妙な便利がジワジワ効いてくるX-T30 »

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« X-T20と一年、ミラーレス一眼に思ったこと | トップページ | 微妙な便利がジワジワ効いてくるX-T30 »