« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

触ったら最後かも、富士フイルムさんのX-T30

2月中旬に発表になったとき、やっぱり出たかぁ〜、いいなぁ〜と思いながらも、X-T20はまだ使いだして1年経ってないし、ボディー増やすより、レンズを充実させる方が先なので、物欲に蓋をして見ないようにしておりました。
3月20日から発売になっても、実機を触り倒せるヨドバシのような大型量販店方面には、お出かけしないようにして、とにかく見ない、触らない、考えないようにしていたのですけどね、純正レンズ買っちゃったし、マウントアダプターで使えるオールドレンズに、自作改造レンズ合わせて23本と、思いの外レンズの充実が進んでしまいましてですねー、
おまけに同時に発表発売になったXF16mm F2.8 R WR広角レンズ、35ミリ換算で24ミリ相当という事で、オジサンとしては是が非でも押さえておきたいって事で、レンズだけ買うつもりでいたのですけど、6月16日までにX-T30と一緒に購入すると、2万円のキャッシュバックキャンペーンという、あからさまにイケナイ罠が仕掛けられているという。発売からしばらく経っているので、お値段もこなれてきてますし、2万円のキャッシュバックって大きいですからね、どうしたものかと。(笑)

Cacheback2_blog

見ないようにしておくつもりだったのに、なぜかカタログ持ってます、しかもかなり擦り切れてます。買わずにスルーするつもりで、くまなく欠点探しした結果なのですけど、余計欲しくなってしまいました、見るんじゃなかった。
見てはいけないと思いながらも、購入された方のブログやレビューも、ついつい見てしまうという。「購入して正解でした」とか「X-T20とは別物」なんて書かないでいただきたいですな、心が揺れまくりでズタズタですよ。(笑)
オジサン的にはスペックを見る限り、性能に不満のかけらもありませんな、昨年9月に発売になった、お兄さんカメラX-T3の良いところ全部いただきでコンパクトにまとまってますからね。X-T20でブーイングだった所は、かなり改善されてるようですし。まだ一度も触ってないので、手にするとどう思うか分かりませんけど、触ったら最後感が怖くてヨドバシ行けない。(笑)
うっかり出かけて、富士フィルムのブースにいつも立ってる、年配のあの店員さんに捕まったら終わり、顔覚えられてるし、接客対応すごくイイので、気が付いたらレジって事になりかねませんからね。タイムセールでさらにポイントアップなんて書いてあったら即決でしょうな。
まずボディーだけ購入して、付いたポイント使ってレンズを購入、さらに付いたポイントで液晶保護フィルムやストラップを購入という流れも、頭の中でシミュレーションできてる自分が怖かったりします。ま、6月16日まで、まだ時間はありますからね、じっくり悩もうかと。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

元町界隈、開店と閉店のあれこれ。

普段の仕事帰りの一杯も、休日のお散歩も元町界隈がほとんどなオジサン。定点観測しているわけじゃないのですけどね、ウロウロしていると街の移り変わりがよく見えて面白かったりします。
特に飲食店は入れ替わりが激しいかと、老舗の高齢化による閉店は、仕方がないと言うか、長い間ありがとうございましたなのですけど、新しいお店が数年で入れ替わってしまうのを見てると、そんなに商売って甘くないぞって思いますな。ブームに乗ってできたお店は、ほぼ持ちませんからね。流行っているときは行列で入れなかったりするのにね。ブームが終われば閑散、しばらくするとシャッターに閉店告知、忘れ去られた頃に内装業者の工事が始まって次は何のお店ができるの?って感じ。(笑)
駅東口前の抜群の立地なのに、なぜかすぐお店が入れ替わる場所なんて、海鮮丼のお店かと思ったら、ローストビーフ丼のお店になって、今は焼き鳥屋になってますな。スイーツのお店だったこともあったような、一番最初は焼き鳥屋だったと思うので、また元に戻ったのかも。あまりに移り変わりが激しくて、覚えてませんよ。(笑)
商店街にもこだわりのラーメン屋さんができてます、いつも行列の某食パン屋さんの隣、その並びにあった、京風パスタ屋さんも別のパスタ屋さんに変わりました、ドーナツ屋さんも新しくできてますな。ドラッグストアとケータイ屋さんばかりの商店街よりかはマシかと、どこまで頑張れるのか分かりませんけどね。(笑)
路地にあったバーなのか居酒屋なのかよく分からなかったお店は、1年ほどで消えましたし、オジサンがよく行く立ち飲みの地下にあった、おしゃれなカレー屋さんは、その後これまたおしゃれなカフェに変わって、半年もしない内にシャッター閉まったままになってます。すぐ隣がカラオケスナックなのでねぇ、うるさくて落ち着いてお茶を楽しむなんてできなかったのじゃないかと。この地下街、昔ながらのコテコテの居酒屋さん以外は閑散としてますな。随分昔は賑わってたのですけどねぇ。
元町商店街から一本山側の元北通りは、結構入れ替わりの激しいところで、古くからあった大きな喫茶店が居酒屋さんになったり、餃子屋さんや100円焼鳥のお店が増えてます。某男性アイドルグループの子が座った椅子を、東京のお店から持ってきたというカレー屋さんは少し前に閉店してましたな、次は何のお店ができるんでしょうか。オジサンが覚えているだけで4回お店が変わってる場所。
並びに小さな立ち飲み屋さんあったのですけど最近移転、その後なんだか工事をしているなって見てたら、ハンバーガー専門店ができてました。店名を見ても、どう読むのかオジサンには分かりませんでしたけどね。(笑)
残念なのは、時々行ってた中華料理屋さんが閉店した事、70年もやってたそうで、お値段同じで、お好みの料理2品組み合わせられるのがありがたかったのですけどね。多分高齢でお店をたたまれたのだと思います。

_dsf1205_blog
_dsf1207_blog

オジサン思うに最近のお店って、なんだか長く続けようって感じがしないのですな。東京で有名なお店が鳴り物入りで出店だとか、名店で修行した人が満を持してお店を構えただとか、SNSで情報は拡散、最初のうちは賑わいもあるのですけど、そこから先どれだけリピートしてくれるかが大切なのじゃないかと。そこを踏ん張れないお店はすぐに消えて行っているように見えますな。三宮の歓楽街とは雰囲気の随分違う元町界隈、長く続くお店が増えてくれる事を願っておりますよ。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

カメラをキレイに使うDNAが無い。

カメラを大切に大事に使うのは当たり前の事ですけど、長く使っていると、それなりに使い込んだ感が出てきます。角の部分の塗装がはげて、地金がむき出しになったり、プラスチックボディーのカメラだと、つや消しの部分が擦れてテカテカになったりしますな。風格とでも言いましょうか、このカメラで山ほど写真撮ってきましたってのが見ただけで分かります。
特にお仕事でカメラを使っている方の使い込み感って強烈ですな、塗装のハゲ方も半端じゃないですからね。知り合いの方の使い込んだレンズは、メタルフード外側の塗装がほぼ無くなってシルバーむき出し、プラスチックのフードならそうはならないですからね、黒いテープでも貼ればいいのにって思うのですけど、本人がそんなの全然気にしていないところが格好いいのですな。ま、テープ貼ったところで、すぐに擦り切れてしまうでしょうけどね。(笑)
プロにとってカメラは仕事の道具なので使い込み方も凄いですし、動いては困るダイヤルやレバーに平気でテープ貼ってたり、メーカーロゴもテープで隠してたりしますな、その方なりの工夫が何かしてあります。きれいに使おうなんて最初から思ってなくて、使いやすさ優先でカスタマイズ。(笑)
ずいぶん前ですけど、ジャンクで見つけたあるカメラ、カスタマイズしすぎでジャンクワゴン送りになったみたいで、手にして動作確認をしても問題が無かったのでお持ち帰りしたのですけど、グリップがわりに板ゴムが貼り付けてあったり、レバーが蛍光色で塗られていたり、裏ぶたに露出のメモが貼り付けてあったり、前オーナーが使いやすいように各部分に手が入れてあって、元の姿に戻すのが大変でした。
使い込まれ感も半端なく、カメラのふちのメッキは擦れて真鍮地金むき出し、構えたときに指の当たるところもほぼメッキが消滅してましたな。綺麗にしたらなんだか風格があって格好良くなりましたけどね。ただヘリコイドのグリスも抜けていて、ピントリング回したらスカスカ。(笑)
オジサンが一番よく使ってきたキヤノンFD24mmF2.8レンズ、もしもの時用の予備と2本持っているのですけど、これもよく使っていた方はピントリングスカスカになってます、予備の方はネットリした回し感なのですけどね、40年近く使ってきたので当然かもしれませんな。
色々なレンズを付けて楽しんでいるX-T20、トップカバーは金属なのですけど、一眼レフで言うところのペンタ部分にポップアップストロボが内蔵されてます。このカバーはプラスチック製、角がだんだんハゲてきて下地の黒いプラスチックが見えてきました、ケースに入れて過保護にしまい込む気が無いので、こうなるのは分かってましたけどね。
実用に関係ないですけど、あまり見た目はよろしく無いのでX-T20の写真を載せる際にはフォトショップでレタッチしてます。大事に使うけどキレイに使うDNAは無いオジサンですけど、気に入って使っているカメラは少しでも良く見せたいですからね。(笑)

_mg_1141_blog友人Y氏より譲り受けたGR DIGITAL。APS-Cセンサーになる前の、かなり古い機種ですけど、当時気に入って、すぐ取り出せるように、ケースも付けずカバンに放り込んで、毎日持ち歩いてました。おかげで角の部分は全て塗装がはげてマグネシウム合金がむき出しになってます。液晶モニターも細かな傷があちこちに。実用上なんの問題もないので、全然気になりませんな。フィルムカメラの時代に比べて、製品サイクルの早いデジタルカメラは、過保護な取り扱いで、傷一つ無く使っても下取りに出したら二束三文、旬のうちにガンガン使うのがいいかとオジサンは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年5月25日 (土)

広角レンズが足りておりません!

X-T20に付けられるレンズを調べたら23本もあった事を書きました。付けられるからといって、満遍なく使っているかと言うとそうではないのですな。例えると、可愛らしいお嬢さんが23人いるアイドルグループのファンだとしましょう、たくさんいても自分が推す好みのタイプの子は数人と言うのと同じ事かと。
エッ例えが悪いって、そうかなぁ、素敵なレンズはオジサンにとって癒し系アイドルみたいなモン、触ってるだけでテンション上がります。人間のアイドルは触ったら、いろんな所から怒られちゃいますけどね、レンズはいくら撫で回しても大丈夫、時々息を吹きかけて磨いたりしてますよ、ふふふ。
ま、いい歳こいて本気でアイドルを応援してたら、そっちの方が気色悪いオッサンかと。ナニ?レンズ愛でてるのも十分気色悪いって?う〜ん客観的に見ると近いものがあるかもしれませんなー。そうか〜、オジサン気色悪かったのか…。(笑)って笑えねぇ。(笑)
レンズって不思議ですな、眺めていても全然飽きない、特に前玉の大きなレンズは、キレイなお姉さんの瞳のよう、なんだか吸い込まれそうなドキドキする美しさがありますからね、オジサンの持ってるのではVitoⅡに付いてたColor Skopar 50mm F3.5がダントツ一位、しみじみ美しいレンズ。4本作った改造レンズの中でも一番美形な逸品です。

_mg_1361_blog

ただ、APS-CセンサーのX-T20に付けると焦点距離が75ミリ相当の中望遠レンズになってしまうのですな。ぎゅっと圧縮効果のある写真を撮るにはベストチョイスなのですけどね、チョット長くて使う頻度がやや低め。街歩きにはやはり広角系レンズがぴったりきます。引き場の無い狭い路地では広角レンズじゃないとどうにもなりませんからね。
で、23本のレンズの中で街歩きにフットワーク良く使える広角系となると、途端に数が減ってしまいます。35ミリ一眼レフ用レンズは焦点距離が1.5倍になってしまうので全滅。ほぼ同じ焦点距離で使えるハーフサイズカメラのレンズではペンFのG.Zuiko Auto-W 20mm F3.5が唯一、それと純正レンズのXF23mm F2 R WRと標準ズームXF18-55mmF2.8-4 R LM OISの広角端18ミリだけ。たったの3本しか選択肢が無いという悲しい状況。防湿庫のアイドルグループは広角系キャラが足りておりませんよ。
こうなったら是が非でもXF16mm F2.8 R WRをゲットしなくてはなりません。35ミリ換算で24ミリ相当のガチ広角。シルバータイプが5月23日発売という事で、新メンバーにどうやって迎え入れるか、思案橋ブルースな今日この頃なのでありますよ。(笑)

| | コメント (2)

2019年5月23日 (木)

iPad miniのバッテリーの持ちは。

_mg_1302_blog

以前使っていたipad 2017年モデル、ちょうど2年使ってみて、さすがに買った当初と比べるとバッテリーの持ちは悪くなってます。ただWiFiモデルなので、お家にいるときしかネットに繋がってない分、その方面でのバッテリーの消耗は無いわけで。日曜日に満充電して、月曜から金曜まで、通勤電車の中と、セルフの喫茶店での記事書きに使って15%ぐらい残ってますな。
時間にすると10時間ぐらい使ってることになるのですけど、持ちはいいですな。同時に買った家内のipadの方が、お家で常時Wi-Fiに繋がってる状態が長いので、オジサンより頻繁に充電してます。
新しく買ったiPad mini、仕様によると連続10時間使えると出てますけど、最初以外と減り方が早いので、あれれそんなに持たないぞって感じました。小さい分バッテリー容量も小さいからかなと思ったのですけどね、それでも減りが早いなと。ネットで調べると、ストリーミング動画を延々再生して、どれぐらい持つか実験しているのを見つけたのですけど、それによると14時間ぐらいでバッテリー切れでしたな。
買ったばかりなのに何でこんなにバッテリーが減っていくのか、これは徹底調査しなくてはなりません。で、調べまくって分かりましたよ。
使い始めの際、iTunes経由でまず以前使っていたipadをバックアップして、それを新しいiPad miniに復元する方法でセットアップしたのですな。Wi-FiモデルのバックアップからセルラーモデルのiPad miniに復元したので、モバイルデータ通信関連の設定は当然ながら元々バックアップに無く、その辺りは反映されないのでデフォルトのまま。
Appleさんのデフォルトの設定は、バッテリーを消費するようなサービスが、ことごとくオンになっていました。早速詳しく解説してくれているサイトをあちこち参考にしながら、不要なサービスや設定を徹底的にオフにしていきましたよ。オフにする項目が山のようにあって、分からないのはその都度調べながらだったので時間はかかりましたけど、結果、著しい改善となりました。
モバイルデータ通信を使っている分は消費しますけど、調べ物の時以外は、こまめにオフにしているのでそんなに減りませんな。見直してみて良かったですよ、おかげでiOSの設定にチョビッと詳しくなりましたし。(笑)
あれば便利なサービスや機能も、じゃあ一体どれぐらい使うのって考えてみると、無くても困らないものがたくさんあるiOS、余計なお世話を全部オフにしたらスッキリ快適になりました。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

mineoを使ってみて、普通に快適。

格安SIMはmineoのD(ドコモ)プラン、シングルタイプ 3GB、月額972円(税込)にしたのですけど、なんだか普通に快適ですな。
格安SIMって回線が混む通勤時間帯や、お昼休みの時間帯には回線が混んで、繋がりにくかったり、スピードが落ちたりするって、ネットの解説を見ていると出てますけど、元々Wi-Fiモデルのipadしか使ってなかったので、どうしても繋がらないと我慢できないってのが無いのですな、なので混んでたらさっさとオフにして、別の事すればいいかと、でも繋がりが悪かった事は今のところ無いですけどね。(笑)
仕事帰りにセルフの喫茶店で記事を書いてる時は、全然問題なくサクサク繋がっているので、調べ物をするのには困りませんし、電車の中でずっとネットを眺めてるわけじゃ無いので、回線が遅いとか、繋がらないなんて事にほぼ遭遇してません。(笑)
mineoが一体どれくらいのスピードが出ているのか、計測するアプリを入れて調べてみれば、一目瞭然なのでしょうけど、体感では遅いとは思いませんな。モバイルデータ通信をオンにすると、すぐに繋がりますしね。お家のWi-Fiに比べると、明らかに差があるのは分かりきっているのですけど、特に遅いとか、イライラするとかはありません。

_mg_1289_blog

格安SIMの中では人気があるそうですけど、mineoしか知らないオジサンには、比べる物差しがありませんし、普通に安定して使えているので文句言いませんよ。3GBのプランにしましたけど、多分使い切ることはないでしょうな、ゲームもしなけりゃSNSもやらないオジサンなのでね。そういうのをガンガンやってる方の参考には全くならないと思いますな。
モバイルデータ通信を使う主な場面って、お店の場所や定休日を調べるとか、記事を書いてる最中に、間違ってないか確かめるためとか、分からない言葉や綴りを調べるとかぐらい。あとはEvernoteにたんまり放り込んである資料の検索。
以前は全てオフラインで使えるようにダウンロードしていたのですけど、その必要が無くなりましたからね。オンラインで検索してもぱっと出ます。遅いと感じたことはないですな。お家のWi-Fiだけっていう制限が無くなっただけで十分便利で快適ですよ。これで月額900円ほどですからね。
iPadの購入について調べると、セルラーモデルを格安SIMで使うのがオススメって力説しているブログがいっぱい出てくるのですけど、オジサンも使ってみてそう思いました。計算してみると、大手キャリアのセルラーモデルよりトータルで安くなりますし、全然快適に使えてるし。なんだかこれだけで完結してしまったiPad miniとmineo、セルフの喫茶店での長居が増えてます。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

富士フィルムさんのフィルム値上げに思う色々。

Fuji_news_blog

5月9日に富士フィルムさんがフィルムと写ルンですを6月1日から値上げと発表してました。価格改定後は一体幾らになるのか、はっきりした価格は出てませんでしたけど、30%ほどの値上げになるそうで。
買い置きしてあるのがまだ残ってるし、別の事に軍資金を温存しておかなくてはならないので、買いだめはできませんけど、きっとあっという間に在庫は無くなるのでしょうな。と言うかこの記事がアップされる時にはすでに底をついているかもしれません。30%の値上がりって大きいですからね。
タバコが値上がりした時に、これを期に禁煙宣言する方がいましたけど、同じようにフィルムカメラを使わなくなる人が出てくるでしょうな。そうするとますます重要が減って、また値上がりって事になるのでは無いかと。さらに先には小売店でのフィルム販売が無くなって、受注生産になるかもしれませんな。
ネットで買いたい人を募って、代金は先払い、受注が一定量に達したら生産するという方式に変わるかも。あくまでオジサンの想像ですけど、そうなってもおかしく無いところまで需要は落ち込んでいるというのを受け止めなくてはならないと思います。
写真を撮るのにフィルムを使うってのを、知識としては知っていても、実際にフィルムで写真を撮った経験がある人となるとすでに少数派、その中でガチでフィルムばかりで撮ってる人となると、さらに少なくなるでしょうな。写真を楽しむ上でフィルムは絶対王者からすでに転落、緩やかに終息に向かっている文化なのは認めるしかないと思います。
デジタル以前の写真の歴史はカメラと感材の進歩の歴史と言えると思うのですけど、星の数ほど生まれたカメラも、フィルムがあってこそ、フィルムカメラに簡単に付けられてデジタルカメラ化するアタッチメントのような製品ができれば生き残る事も可能でしょうけど、基本的にフィルムが無くなればもう使う事はできません。
そう思うと、大幅な値上がりとはいえ、まだフィルムを作り続けてくれる事に感謝しなくてはならないのかもしれませんな。きっと値上げしても儲けはほとんど無いのだろうと思いますけど、それでもまだ作り続けてくれるだけありがたいかと、おかげでフィルムカメラがまだ楽しめますからね。
ただ使う頻度はやはり減ると思います、クラシックカメラを楽しむのに、今までのように手軽にってわけにはいかないかと。オジサンの持ってるフィルムカメラの中でも、確実にいい仕事をしてくれる、一軍カメラばかりを出場させる事になるでしょうな。やや難有りカメラをテストがてらフィルム入れるなんて事はもう経済的に余裕が無くてできないかと。
フィルムで撮る時は、じっくり撮るものを吟味して、入魂の一枚を撮るようになるかと。このカメラで後どれだけ楽しめるかって事も考えつつシャッターを切るという。何だか追い詰められてる感がありますなぁ。生きてる間にフィルムの終わりを見たくは無いですけど、無いとは言えない状況。逆に言えば、今がフィルムを楽しむ最後のチャンスなのかもしれません。

| | コメント (4)

2019年5月18日 (土)

現像所が無くなって、これからどうすれば…。

X-T20を買ってから、すっかりオールドレンズ遊びにハマって、フィルム使用率が低下してしまったオジサン、一本のフィルムがなかなか使いきれないという。追い打ちをかけるように純正レンズを買ってしまったり、レンズの改造に手を出したりして、横道にそれてばかりでなおさらフィルムで撮る場面が減ってしまっているのですけど、それでも撮ってはいるので、現像に出さなくてはなりません。
で、久々に行きつけの現像所に行ったところ無い!看板が出てなかったのでおかしいなと思ったのですけど、まさか知らない間に廃業していたなんて。なかなか頻繁に行く事ができなかったので、全然気が付いてませんでした。電話をかけてみましたけど番号はもう使われてませんでしたな。
ご主人は以前のお店を廃業したのち、フィルムファンの声に応えて、今の場所でもう一度復活してくれた熱い人だったのですけど、さすがに高齢でしたからね。行く度に「いつまでやれるか分からんで」「長くはでけへんで」って言ってましたな。「フィルム使う人、どんどん減ってるわ、現像に回すのがあらへん」とも。
富士フィルムさんの集配便が無くなった辺りから、雲行きが怪しくなっているのは分かっていたのですけど、とうとうその時が来てしまったわけで。リバーサルフィルムを少し安くしてくれてたので、いつもそこでまとめ買いしてましたし、現像も次の日にできていたので、フィルムカメラを使う人にはライフラインなお店だったのですけど、こればっかりはどうしようもありません、この先の事を考えなくてはならないという現実を突きつけられたわけで。
他にもあるにはあるのですけどね、対応がイマイチよろしくないというか、話が通じなくて「あんたホントに写真屋さん?」ってイラっときます。「長巻仕上げで」って頼んだら「は?」って聞き返されてダメだこりゃって思いましたからね。(笑)ネガフィルムはお店で現像とプリントをしているのですけど、現像液の管理が悪いのか、ネガにゴミやホコリが付きまくりで仕上がってきたのを見てあ〜あ、普段は開店時間内に間に合わず土日しか行けないのもネック。できればお願いしたくないのですな。
そうなるともうネットの現像サービスに活路を見出すしかないかと。スキャナーでデータ化して貰えば、複写の手間も省けますしね。若い頃のように何台ものフィルムカメラを取っ替え引っ替えしながら撮る事なんて無くなってますし、富士フィルムさんから現行フィルムの値上げも発表されて、ますます撮る本数が減りそうな予感、厳選したフィルムカメラでぼちぼち楽しみながら、ネットの現像サービスにお願いして、細く長く続けるしかなさそうですな。

_mg_1344_blog

| | コメント (2)

2019年5月16日 (木)

iPad miniにキーボードIC-BK11をコーディネイト。

_mg_1330_blog

キーボードマニアなオジサン、キーボードにまつわる記事をどれくらい書いていたのか調べてみたところ、54件出てきました。マニアやフェチどころか、バカも通り越して頭おかしい人になってます。(笑)
ipadのスクリーンキーボードやフリック入力、ガラケーのボタンプチプチ入力が、どんなに頑張ってみても、全然馴染めないオジサンにはキーボードはブログを続けるための生命線。ポメラもそうですし、今まで使ってきた電子ガジェット類はキーボードありきで選んでましたってのを過去記事に書いてました。(笑)
で、昨年暮れに購入してからすっかり気に入っているiClever さんの折りたたみモバイルキーボードIC-BK03、軽い、小さい、使いやすい、バッテリーが持つの良いところ4拍子。もっと早く買えば良かったって思いましたからね。
コンパクトな分、キー配列などクセはありますけど、キーボード好きって文句言いながらも、すぐに馴染んでしまう人種、全然問題なく便利に使っておりますよ。iPad miniとこのIC-BK03の組み合わせで最強の記事書き環境になりました。
ところが、iClever さんはイケナイ会社、そそるキーボードのラインナップがお手頃価格で揃っているという。一杯やりながら、そんなのを眺めているとイケマセンな、気が付くとAmazonのカートになんか入ってる。(笑)で、届いたのがコレ、IC-BK11。IC-BK03と同じくBluetooth接続の折りたたみモバイルキーボード。

_mg_1240_blog_1

折りたたみ方が独特で、長辺側真ん中二つ折り、たたんだ見た目は缶ペンケースみたいでキーボードとは思えない出で立ちなのがそそります。iPad miniに合わせてシルバーモデルを選びました。
スタンドが付いているのも便利ですな、取扱説明書にはスマホ専用、タブレットのような大きなものは破損の恐れがあるので使わないでって書いてましたけど、iPad miniを立ててみても大丈夫でした、しまう時は本体に磁石でくっつくのでスマート、ぶらぶらする事はありませんな。
横幅はiPad miniの長辺とほぼ同じ、iOS、Android、Windowsに対応、キータッチは打感がはっきり分かるオジサン好み、同梱の巾着型ケースに入れれば勝手に開いちゃう事もありません。
使っていると、軽さもあってか結構滑ります、机の上で動いちゃうのですな。なので滑り止めのシリコン製シールが付いてます。見た目を考えると貼りたくないのですけど、付けると安定します、もう少し格好いいものをホームセンターで探したほうがいいかもって思いました。
キー配列はIC-BK03よりクセがありますけど、しばらく使っていたら慣れました。仕様によるとバッテリーは60時間持つそうで十分すぎますな。残量チェックもできるので安心かと。早速記事書きに使っておりますけど、実に快適、iPad miniとのコーディネイトはベストマッチだと思いましたな。

_mg_1319_blog

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

今は、餃子が熱いのか?

_dsf0722_blog

長年街歩きといいますか、徘徊しながら写真を撮っておりますと、色々見えてくるものがありますな。街の移り変わりといいますか、その時代ごとの流行りが写真に写っています。特に歓楽街をウロついていると、その時々のブームを当て込んだお店が、雨後のタケノコのようにあちこちにできているのを目にします。そういうのを面白がって撮るのが楽しいわけで、ブームが去った後になって、写真に写っているものの面白さがじわじわ出てくるのですな。(笑)
オジサンが働き出した頃に大ブームになったのが、ノーパン喫茶とカラオケスナック。ノーパン喫茶なんて知らない世代の方に説明しますとですね、ミニスカートにパンツ履いてないウエイトレスさんがコーヒー運んでくれるだけでバカ高い値段を取ってた、喫茶なのか風俗なのか微妙な立ち位置のお店でね、なぜか床が全部鏡張りになってて、ウエイトレスさんが通る度に、おっさんが必死で床の鏡を見ながらコーヒーすすってたという。(笑)
カラオケスナックも機械を入れなきゃお客が来ないってんで、あっという間に普及したのはいいのですけど、防音施工なんて無いお店ばかりだったので、下手くそな歌声があちこちから響いてましたな、歓楽街全体が騒音。(笑)
そうそう、もつ鍋屋が流行った事もありましたなぁ。イタ飯なんてイタリアンレストランだらけの時代も。クレープ屋さんやアイスクリーム屋さんにアベック(死語)が群がっていた事も。ティラミスやドーナツ、パンケーキはどこへ行ったのでしょうね。(笑)
創作串カツだったり、創作〇〇料理が流行った事もありました。「シェフの気まぐれ〇〇」なんて店先の黒板に書いてありましたなぁ、創作って付ければ何でも有りだった時代、そんなわがままなお店は消えて無くなりましたけどね。(笑)焼き鳥、串焼き系のお店はいつの時代もそれなりの数がありますな、土地柄神戸ビーフのお店も。最近は肉バルなんて神戸ビーフにこだわらずお肉がっつりのお店が増えてるように思います。
で、なんだか急に増えたなぁと感じたのが、餃子のお店。昔ながらのお店とは別に、新しいお店があちこちに出来てて、一体いつの間にって感じでした。休日に開店前の歓楽街を徘徊しながら写真を撮っていたのですけどね、少し歩いただけで8軒、全部オジサンが行った事がない餃子屋さんばかり、と言うか餃子屋さんなんて前はこんなに無かったぞって感じ。
こだわりのラーメン屋みたいに、うんちくを書いてあるお店もあれば、屋台のお店もありました。餃子だけで勝負の店だったり、他のメニューも充実してまっせなお店も。
確かに餃子って美味しいし、手頃だし、「2人前とビール」って注文も一言で済みますからね、仕事帰りにチョット一杯にはいいのですけど、これだけ短期間に餃子屋さんだらけって、もつ鍋ブームの時のような共倒れの予感がします。(笑)あの時は、そこかしこにもつ鍋屋さんが出来て飽和状態、飽きられてブームが去った途端に見事に消えて無くなりましたからね。
来年の今頃、どれだけ残っているか分かりません、歓楽街のお店って移り変わりが激しいですからね。オジサンは行きつけている老舗の餃子屋さんが一番、それだけで十分ですよ。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

富士フィルムさんの虜になってしまった写真ライフ

_mg_1219_blog


昨年の春、X-T20を使い出してからすっかりハマってしまったオジサン。様々な設定が結構複雑で、最初は全然頭に入ってきませんでしたな。なので、すでに使いこなしておられる方々のブログを見て回って、参考にさせて頂きましたけど、富士フィルムファンと言いましょうか、虜になってしまった方って多いなと思いました。オジサンもその一人ですけどね。(笑)
それまで使っていたメーカーから、ガッサリ乗り換えちゃった方や、フィルムカメラと併用して楽しんでおられる方など、検索かけるといっぱい出てきます。どれも参考になるのでブックマークして巡回コースに入れておりますよ。レンズを買うときには随分参考にさせていただきましたしね。
なんだか富士フィルムファンの方のブログって内容が濃いように思いますな、語りたい事や伝えたい事、自慢したい事がいっぱい出てくる魅力的なカメラだという事でしょうね。往年のフィルムカメラを彷彿とさせる、ダイヤル操作の見た目の格好良さだけでなく、使い出してからは、フィルムメーカーだからこその写真に対するアプローチの部分が、ボディーブローのようにじわじわ効いてきます。だから最高の一枚を撮るための設定がやたら多いというのが最近ようやく理解できるようになりました。(笑)
ホント多いのよ、組み合わせたら一体何通りあるのってぐらい、様々な設定をユーザー好みにできるわけで、その辺りもう少し分かり易くして頂けないかと。パソコンと繋いで、各種設定の流れをフローチャートみたいな図で俯瞰で見られて、マウスで選んでいけば、その時の状態をシミュレーションで見られて設定も完了するようなアプリを作って欲しいですな。ま、オジサンの脳内メモリーが劣化していて覚えられないだけなのですけどね。(笑)
同一マウントで一眼タイプと、レンジファインダータイプの2種類のボディーが用意されているところも魅力のひとつでしょうなぁ。全然性質の違うカメラを同じレンズで楽しめるなんて他社に無いですからね。たくさんあるメーカーから富士フィルムさんを選ぶきっかけの一つとして、結構強力なのじゃないかと思うわけで。
そうなるとレンズが良くなくてはいけません。で、それがまた魅力的なのが揃っているという。特に単焦点レンズが充実しているのは、ズームレンズが主流になるず〜っと前からの写真ファンには選ぶのに悩ましいところ。一度使うと同じ焦点距離の明るさ違いのレンズも気になり出すようで、ファンのブログを拝見すると両方買っちゃいましたって方多数。(笑)
オジサンも標準ズームで一年ぐらいしのいで、じわじわ単焦点レンズを揃えるつもりだったのですけどね、気がつくと半年間で23、27、35ミリと3本も揃えてしまいましたよ。
使い出してその写りに、おお〜ってなってから坂道転落、JPEG撮って出しの美しさもあって、パソコンで見ながら一々感動、Rawで全く撮らなくなって画像の補正もしなくなりましたな、撮影現場で完結って、リバーサルフィルムで撮ってるのと同じです、なんだか楽しい。
おかげでフィルムカメラの使用頻度が減っておりますけどね、フィルムもデジタルも同じ富士フィルムさんだから、まあ許して頂こうかと。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

iPad miniのケースと保護フィルムはESRがコスパ最高

_mg_1269_blog


ipadのアクセサリーで、開けるとすぐに使えて、閉じるとオフになるカバーは、便利で使い勝手がいいので、新しいiPad miniにも購入しました。
一番最初に使っていたipadには、ポリカーボネート製のケースと、Apple純正のスマートカバーを付けていたのですけど、純正品ってお高いですな、しっかりしてますけどね、お値段もしっかりしています。(笑)なので、2017年に家内用と2台買ったipadには、もっと手頃なものを探そうって事で、カバーとケースが一体になったタイプのものを買いました。
ESRって中国のメーカーのもので、確か1,600円ほどだったかと。ケース部分はぴったりフィット、カバーは純正品に比べると薄くて華奢な印象でしたけど、あれから2年、毎日カバンに放り込んで持ち歩いて、なんの問題も無しなので、十分役目は果たしてくれてますな、この値段ならコスパは最高かと思いますね。
で、使ってみて良かったESRのカバー一体ケース、新型iPad miniが発売になるとすぐに対応したものが出ていたのでさっそく購入、Amazonで1,599円でした。安いですなぁ。(笑)今回同じメーカーの液晶保護フィルムも買ってみました。3X TRIPLE STRENGTHというガラス製フィルム、お値段1,299円、硬度9Hって書いてありますな。
カバー付けてるのに、さらに保護フィルムって過保護な感じがしなくもないのですけど、ま、気分って事で。(笑)最初のipadは付けずに使っていて、光にかざして見ると細かな傷があったので、それをガードできるのなら買ってみてもいいかと、普段持ち歩いて使うものですからね、安心材料にはなりますな。
で、この保護フィルムの貼り付け方の仕組みが秀逸だったのですな。簡単に間違いなく綺麗に貼る事ができるようになってます。空気が入ったり、ほんの少しずれてしまったりしがちなところをクリア、保護フィルムって貼るとき結構緊張しますからね。(笑)
どういうものかと言うと、同梱されているプラスチック製の枠をipadにはめておいて、その中に粘着面を下にしたフィルムを落とし込むと、ずれる事なく位置が決まるという仕組み。そのままでは、まだくっついてないのですけど、フィルムの真ん中をチョンと押すと、波紋が広がるように、みるみる画面にくっついていきました。
空気が入っても、付いてるクリーニングクロスで押し出せば無くなります。なんだかあっけないぐらい簡単に、ど真ん中に貼る事ができました。ガラス製フィルムなので、少し厚みがありますけどなんだかしっかりしてそうで良かったかと。このESRってメーカー結構評判良いみたい。この値段でこのクオリティなら文句言いませんよ。オススメします。(笑)

_mg_1275_blog

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

レンズの改造、ちょっとお休み。

_mg_1186_blog

リコーキャディのレンズをXマウント用に改造してみたのがきっかけで、不調カメラのレンズを次々に改造してしまったオジサン。すっかり勢い付いて4本作った顛末と試写のアレコレは過去記事に上げておりますので、よろしければ読んでやってください。
最初はカメラのボディーキャップをベースにして、取り出したレンズを付けてやれば簡単なのじゃないかと考えたのですな、材質もプラスチックですし、加工はしやすいのじゃないかと思ったわけで。ところがレンズを無限遠位置にしてピントが来るところを探ってみると、ボディーキャップはマウントに密着しすぎていて、レンズをかさ上げして少し前に出してやらないといけない事が分かりました。つまりスペーサーを作ってやらないとピントが来ないのですな。
これはチョット手間がかかるなぁと、口径の合う厚みがあるリング状のものを作るか、塩ビパイプなどを切って加工しなければなりません。きちんと精度を出すのも難しそう、なのでもっと上手い手はないかと考えていたのですけどね、たまたま手持ちのマウントアダプターを眺めていて、これに組み込めば上手く行くのじゃないかと、精度も強度も出しやすそうですし。内側の段差になっているところにスペーサーを挟んでレンズをネジ止めしてはどうかと思いついたのですな。
やってみるとこれは正解でした。元のボディーをノギスで測って計算、スペーサーの厚みを割り出して、まず簡単に切り出せる厚紙でテスト用のスペーサーを作り、レンズを仮止めしてピントの確認。OKだったら厚みの近いアルミ板かアクリル板で本番の製作、スペーサーはエポキシ系接着剤で付けてもよかったのですけど、きちんと穴を開けネジを切ってねじ止めしました。最終的に無限遠を出すのはレンズのヘリコイド側で調整するやり方で組み込んだのですな。
市販のマウントアダプターを使うので、その費用はかかりますけど、ボディーキャップに組み込むよりもしっかりしたものになるので長く使えていいかと。立て続けに4本作りましたけど、チョイとばかりお休み。
実は机の上に2本改造待ちのレンズが転がっているのですけど、ボディーから取り出して見たら、簡単には組み込めない構造だったわけで。これをどうすれば組み込めるか目下考え中、全長の短いマウントアダプターを使えばなんとかなりそうなのですけど、まだ上手い答えが出てません、かなり時間がかかりそうな予感。急ぐものではないのでじっくりやってやろうかと。(笑)
他にも改造してみたいレンズはあるのですけど、ジャンクカメラを扱うお店がどんどん減って、素材になるカメラ自体が見つからないというのもあって、少しお休み。改造済みの4本のレンズも使ってやらなくてはなりませんからね。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

mineoに申し込んで、届いて、繋げて。

たくさんある格安SIMの中から、吟味してmineoに決めたので早速申し込みって思ったのですけどね、その辺り詳しく解説してくださっているブロガーの方々の記事によりますと、そのまま申し込むと、契約事務手数料が3,240円かかるそうで、エントリーパッケージというものを使うと、それがタダになるというのが分かりました。知識のないオジサンはそんなの教えてもらわなかったら絶対知らずに申し込んでましたな。詳しく解説してくださっている有志の方々に感謝、ホント役に立ちました、オジサンのブログと大違い。もっと世の中のためになるブログを書かなくてはなりませんなって思いましたけど、思っただけ。多分できませんからね。(笑)

_mg_1252_blog_1

で、まずはそのエントリーパッケージなるものをAmazonで377円(原稿執筆時)で購入、この費用は掛かかります。これに書いてある16桁のエントリーコードを申し込みの際に入力するわけで。オンラインの申し込みは、分かりやすい画面表示なので迷う事なく進められました。全て入力し終わってもまだ仮申し込み状態、すぐにメールが届いて、明記してあるURLにアクセスすると全て完了という流れ。その後の進捗状況は、受付番号入力で分かるようになってます。申し込んで2日でSIMと契約に関する書類、設定ガイドの入った封筒が届きました。

_mg_1278_blog

で、さっそくSIMの取り付けと設定をば、これも解説してくださってる方々のブログを見ながらやりました。注意すべき点を細かく書いてくださっているので、ホント助かりましたよ。(笑)SIMを取り付けるところを開けるピンはiPad miniに同梱されてました、セルラーモデルには付いてるみたい。まずiPad miniの電源を切っておいて、ピンで開けて引き出しみたいなところにSIMを乗っけて閉じます。SIMは台紙の切り取り方で3つのサイズに対応するマルチSIM、金色に光っているところを触らないように、手袋をして作業してねって書いてますな。

_mg_1283_blog

取り付けが済んだら電源を入れて、APN設定のプロファイルというものをインストールしなくてはなりません。このときにお家のWi-Fiに繋がってないといけないのですな。後は手順通りに進めて行けば完了…のハズだったのですけど、こういう普通だと、まずつまずかないところでコケるのがオジサン。(笑)ガイドに載っている説明画面と同じじゃなかったのですけど、プロファイルのダウンロードって出てきてOKしたら終わっちゃったので、なんだか簡単だなぁと。
ところがWi-Fiから繋ぎ変えても全然繋がらない。はて?何がおかしいのって調べまくって、プロファイルを削除して再インストールすることにしたのですけど、その削除するプロファイルがどこにも無い。で、分かりました。ダウンロードされただけでまだインストールされてなかったという間抜けな結末。(笑)
通信やネットワーク関係の設定ってオジサンには鬼門以外のナニモノでもありませんな。すんなり行った試しがないですよ。で、設定の中にあるのを見つけてインストールして完了。Wi-Fiをオフにすると画面上に電波状態を示す棒グラフと4Gって表示が出てあっさり繋がりました。なんか疲れましたよ。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

格安SIMって、どこのがいいの?

過去にiPhoneSEを買おうと思ってケータイショプに出かけて挫折した事を記事にしておりました。スマホって月々どれぐらいかかるのか、詳しく聞きたかっただけだったのですけど、全く知識がないので、何をどう聞けばいいのか分からないし、ショップの店員さんの話す言葉がチンプンカンプンで早々に撤退してそれっきり。
なので知識はその時のまま時間が止まっているオジサン。そのとき学んだのが、お店に行って専門のスタッフに聞くなって事。分からないのを余計分からなくしてくれるだけで役に立ちませんでしたからね。グーグル先生にアシストしてもらって、自力でナントカする方がはるかに理解できるというのが分かりましたよ。
で、そちら方面が、からっきし弱いオジサンがiPad miniに格安SIMを導入してみようと思ったわけで。早速「iPad mini 格安SIM」で検索してみたところ、山のように出てきましたな、こんなにあるの?なんだか迷路に迷い込みそうな予感。(笑)
調べながら全容がだんだん見えてきましたけどね、格安SIMなんて言ってますけど、それを提供しているのは「MVNO」と呼ぶそうですな、日本語に訳すと「仮想移動体通信業者」だそうで、名前だけ見たとき魔法のじゅうたんで空を飛んでる業者かと思いましたよ、ややこしいですなぁ。(笑)
色々種類があるようで、大きく分けると、データ通信と通話ができるタイプと、データ通信だけの2種類、それぞれにデータ通信量違いがいくつかあって、それによって値段が変わるという仕組み。セキュリティーや動画が見放題になったりのサービスを付けて行くと、それに伴って月額料金も上がって行くというのが分かりました。
業者ごとの特徴と言いますかセールスポイントは、このサービスと通信速度みたい、得意分野があるという事ですな。ユーザーはその中から自分の使い方に合ったものをチョイスするわけで、iPad miniの場合、通話はできないので、データ通信だけのSIMでOK、サイズも3種類あるそうで、一番小さなnano SIMを選ばなくてはならないのも分かりました。
よく分からなかったデータ通信量も、オジサンのようにお家ではWi-Fi、外でちょっと使うぐらい、動画もダウンロードしないし、ゲームもしないなら3GBで十分過ぎるみたい。そのプランで各社調べてみたところ、だいたい月額1000円ぐらいまでで利用できるようですな。
で、どの業者を選ぶかなのですけどね、ネットで調べるとイチオシとか、オススメとか、評判だとか出て来ましたけど、どれもバラバラで本当のイチオシはどれやね〜ん。(笑)って笑えないどころか余計迷う結果に。みなさんどうしてるのでしょうか、合わなかったらどんどん乗り換えているのでしょうか、なんだかもう、よく分からない世界ですなぁ。
結局、吟味の結果「mineo」に決めました。通信量3GBで月額900円のプラン。実店舗が元町大丸の目の前にあるのも安心材料かと、早速申し込みます。

Mineohp_blog

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

毎日ゴールデンウィーク、365連休。

_dsf4476_blog


オジサンの仕事は、休みが土日だけなので、今年のゴールデンウイークは10連休なんて、浮かれた事盛んに言われても何も響きませんな、どこか別世界の出来事な感じがします。
印刷業界なので、元々休みが少ない仕事。昔は3K職場なんて呼ばれてました。キツイ、汚い、給料安いの三拍子で、活版は鉛の活字を扱うので鉛中毒で身体を壊したり、少し前に薬品で胆管がんになったのが問題になったりしましたな。今のようにコンピューターが当たり前になる以前は、職人技で成り立っていたような業界だったので、あまりイメージがよろしく無かったかと。
寅さんの映画に出てくる、タコ社長の印刷所も下町の町工場って感じで、汗水流して働いているイメージでした。緒形拳さん主演の「鬼畜」って映画は経営の苦しい印刷屋が舞台、養えない妾の子供を崖から突き落として始末するという、なんとも暗い映画なのですけど、助けられた子供は、貧しい家の事情を知っているので、突き落とされた事を警察に聞かれても絶対に言わないのですな、ところがその子供が持っていた石のかけらから事件が明るみに出るというストーリー、石というのが石版印刷に使う材料だったという。
もうね、ひどい、暗い、悲しい映画、印刷屋ってこんなのばかりって思われたくないですけど、貧しい下町の生活を表現するのに、印刷屋ってところが時代だったのでしょうなぁ。今はそんなのはもうありませんけどね、ただ休みは少ないままかと、昔に比べるとずいぶん良くなりましたけど。(笑)
行きつけの酒場には年配の常連客がたくさん見えます。長年通っていると、いろいろな方の人生を目にするわけで。定年退職してからは、部下じゃなくて奥様とお見えになる悠々自適な方だとか、再雇用で残業も無くなって、早い時間から来られる方や、年金支給日しかお見えにならなくなった方などなど。
今まで作業服姿で現れていた方が、退職したのでしょうね、普段着で来られて最初気が付かなかったりしましたな。(笑)今まで働き詰めだったのが何も無くなって、時間を持て余して飲みに来てたりします。
「世間はゴールデンウイークって言うとるけどな、ワシ毎日ゴールデンウイークやで」って、休みの少ないオジサンには夢のまた夢のような事を言われてもねぇ。「10連休?ワシ365連休」なんて、ヒマを持て余して暴言吐いてますな。
年齢と共に、何をやっても時間がかかるようになりました、あれもしよう、これも片付けようと思いながら、土日の2日じゃ全然はかどらないオジサンが、今一番欲しい時間を持て余しているなんて、羨ましさしかないですな。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

iPad mini 5thがやって来た。

_mg_1259_blog


届きました、新しいiPad mini。やっぱり小さい、ipad 2017年モデルと比べると、二回りぐらい小さい感じがしましたな。で、早速セットアップ、パソコンのiTunes経由で、前のipadのバックアップしてあったものから復元するのですぐでした。まだ格安SIMをどこにするか決めてないので、とりあえずWi-Fiでネットに繋いでいる状況。
64GBの容量なので、最初から入っている使いもしないアプリはどんどん削除、映画やテレビ番組やミュージックビデオなどの動画も厳選して見るものだけに、音楽も再生回数上位の曲だけに絞りました。ただ自炊した電子書籍は、記事を書く時にどうしても必要なので全て入れました。この状態でただいま空き容量は18GBになってます。
格安SIMを入れて常時繋がってる状態にすれば、まだまだ始末できそうなので、使いながら様子を見ようかと。前のipadと大きさや重さを比べてみたり、いつも使っているカバンやリュックに入れてみたりして、その小ささ軽さを実感しておりますよ。(笑)
買っちゃった方々のブログを見ていると、大きさ比較の写真を掲載してたりするのですけど、オジサンは手にしてみて感じた事を書こうかと。大きさは、一般的な書類のA4サイズの半分、A5サイズとほぼ同じぐらい、短辺をやや狭めた感じのスリムなA5サイズといえば分かりやすいかと。普段使っているスケジュール帳がA5サイズなので、持った感じがそれに近くてなんだかしっくり来ましたな。サイズ的にはとても気に入りました。
小さな分画面も小さいわけですけど、これは全く気になりませんでした、電子書籍類を表示してみたら確かに小さいのですけど、だからと言って使い勝手が悪いわけではなく、画面を横にしてスクロールすれば問題無かったですし、カメラの取扱説明書類は実物より大きな表示になるのでかえって見やすくて便利でした。それよりもこのミニサイズの取り回しの良さの方が優っていると感じましたな。
カメラオジサン的に言いますと、開放絞りF2.8通しの、明るいけどでかい重いズームレンズと、F4通しだけどコンパクトで軽量なズームレンズの違いとでも言いましょうか、どちらが機動力があるかって事、いつも気兼ねなく持ち歩いて使うものですから、この軽さと小ささはまさしく正義だと思いました。使い勝手はそのままで、小さくなっただけのiPad mini、これはいい買い物でした。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »