« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

令和ネタなんて書かないつもりだったけど。(笑)

_dsf0699_blog

明日から令和元年って、ま、別にいつもと変わらないですけどね、なんだか新しい時代の感じはしますな。
4月1日に新元号が発表になってちょうどひと月、世の中もひと月あれば色々と準備もできたわけで。記念パッケージだとか、あやかり商品もこのひと月フル稼働で作ってたのでしょうね。オジサンもお仕事がらみで目にしましたよ。準備期間があったのは良かったと思いますな。
こんなものまで、あやかるのってのもありますけど、ま、なんとなくおめでたい感じがするので、ついつい買っちゃうのでしょうな。オジサンが買うならやっぱり日本酒かなぁ、中身はいつも通りでラベルが違うだけなのですけど、気分が変わりますからね、めでたいって何だかんだ理由をつけて飲んじゃうわけで。(笑)
新元号については、何になるのか色々予想されてましたけど、「令和」って全然想像つきませんでしたな。発表の時、「れいわ?へ〜え」って感じでした。正直なんだか馴染み感が無くて、ちょっと違和感を感じましたけどね、だんだん馴染むというか、慣れてしまってなんとも思わなくなりましたな。
ただ、関西人的にはイジリにくいというか、ツッコミにくい元号かと。ダジャレやギャグにアレンジしにくくて面白く無かったりします。こんな事考えてるのはオジサンだけかもしれませんな、ただの罰当たりなヒマ人。(笑)
平成の時は速攻ツッコミ入れられたのですけどねぇ。小渕さんが元号の書いてある額縁持ち上げて、新しい元号は「平成」であります。って言った瞬間「屁えせえ」って何やねんって。関西人の半分ぐらいは同じ事思ったに違いなかったかと。え?不謹慎だって、スミマセン。ここはひとつ平静に。(笑)
ま、それに比べると令和って、何も思い浮かびませんでしたな。エリック・クラプトンの「愛しのレイワ」ぐらいかなって、あまりにも寒過ぎますしねぇ。完全に外しましたな、反省。
ツッコミどころが無い真面目な元号なので、最初の内なかなか馴染めなかったのかもしれません。れいわ、レイワ、018って唱えてみても面白そうな事が浮かばないのがもどかしい新元号。アレッ令和元年(1年)に「018(レイワ)」足したら西暦の下二桁になりますやん。これは発見と思ったら、とっくの昔にネットで話題になった後でしたな、オジサンすでに話題からも出遅れていたという、頭の中は新元号どころか、未だに昭和なままなのでありますよ。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

iPad miniをショッピングローンで。

_blog


iPad mini 5th買いました。64GB Wi-Fi+セルラーモデルのシルバーをApple Storeで注文、即金でなくショッピングローンにしました。ローンのシミュレーション画面で色々試せるのは便利でしたな、24回まで金利0%なのですけど最短の6回払いにしました。
Apple Storeのローン会社はオリコがやっているので、注文が確定するとオリコの審査を受けなくてはなりません。早い話、この人、ちゃんとお金が払えるのかってところの信用調査なわけですけど、これを通らないとiPad miniはお家にやって来ないという。(笑)
なので名前や住所だけでなく、勤務先や年収なども入力するようになっているのですな。何だか結婚相談所の身上書みたいですなぁ、性格や学歴や得意な事を入力する欄は無かったですけどね。(笑)
ま、オリコにしてみれば性格が悪くても、ちゃんと支払いしてくれればいいわけで、高学歴でも収入が無ければアウトって事かと。ネットで調べてみたら、審査に落ちましたって方のブログが結構出て来たので、ちょっとドキドキしてました。(笑)
入力が済むと受付番号が出て、受付完了メールが届いて、審査結果を待てと。1時間ぐらいで結果が出る人もいれば2日ぐらいかかる人もいるみたい。多分、過去にオリコでローンを組んだ事のある方と、そうじゃない方で審査時間が変わるからだと思います。オジサンは初めてでしたし、入力したのが夜の11時半だったので、翌日のオリコの営業時間からの審査で18時に審査完了メールが届きました。
で、お支払い口座の登録手続きに進むわけで。送られてくる貯金口座振替依頼書に記入して返送するか、ネットのオンライン口座受付サービスに入力するかが選べます。当然スピーディーなネットを利用、画面の指示に従って通帳番号などを入力して完了しました。
翌日Appleから、ご注文ありがとうございますメールが届いて発送されました。結構スムーズだったかと、仕事から帰ってから手続きしていたのでタイムラグがありましたけど、オリコの営業時間内にやればもっと速かったかもしれませんな。とは言え、仕事中にやるわけには行きませんからね、これぐらい待ちますよ。
しばらくしたらAppleから配送中メールが届きました。メールに載っていた伝票番号をクロネコヤマトの追跡画面に入力して、今どこまで来ているか見ている最中、楽しみですな。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

ペンSのレンズを試してみた。

改造レンズ4本目のD.Zuiko 30mm F2.8、ハーフサイズの名カメラ、オリンパスペンSに付いてるレンズです。リコーキャディのレンズと同じく小さく薄型のレンズなので、マウントアダプターへの組み込みはスムーズでしたな。
パンケーキ型レンズと言っても差し支えないぐらい、出っ張りが少ないので、カメラに付けてもコンパクト。ただその分、ピント合わせをしていると指が写ってしまいますな、フードを見つけるか、自作したほうが良さそうで。アチャ〜しまったってのを何枚か撮ってしまいましたよ。ちゃんとファインダー確認してなかったのがバレバレ。(笑)
で、毎度おなじみ、同一場所で絞り値を変えながらの撮り比べをしてみました。結果一番シャープだったのはF11、その次がF8。露出計で測るとISO感度100で、晴れた日の屋外だとシャッタースピード1/250秒でF8半からF11ぐらいになるので、このカメラが発売された当時、ハーフサイズでありながらシャープな写真が撮れたと思いますな。

_dsf0621_blog

S

S_1

開放絞りF2.8では、周辺光量不足で画面の四隅が暗くなります、何もない所や空を写すと気になるかもしれません、オジサンこういうのも味わいって思うので、全然気にしてませんけどね。(笑)
重箱の隅をつつくような、絞り値違いのテスト撮影では、開放絞りF2.8はかなりぼやっとした写り具合なのが分かるのですけど、街を撮り歩いててそれを感じませんでした。やはりテストと実際の撮影は別物、開放絞りで夜の南京町や、歓楽街のイルミネーションを撮り歩いてみて思いましたからね。さすがオリンパスペンSのレンズだと。
開放絞りに固定しておけば、速いシャッターが切れるので明るいイルミネーションの場所だと手ブレもせずに撮れます。最短撮影距離で撮ってみて、背景をぼかしてみたりしてみたのですけど、もともと被写界深度が深いので正直そんなにボケませんな。ただし絞り羽根が6枚なので、リコーキャディの4枚絞り羽根とは別物、やっぱりキレイ。(笑)

L37330_blog

同じ薄型レンズですけど、絞りリングの部分など使い勝手もペンSレンズの方がいいかと。ピントリングの2mと5mのクリックがハッキリ指先で分かるので、日中に撮り歩くのなら絞りをF8にしておいて通常は5m、ちょっと寄りたいとか路地で撮るのなら2mクリックに合わせればピントは問題なし、ファインダーを覗きながら指先の感覚だけで操作できます。X-T20のマニュアルフォーカスアシストで被写界深度内に収まっているのが分かりますから軽快に撮れますな。

L37356_blog

レンズの使い勝手だけを見てもペンSって失敗の無い写真を撮るための事を隅々まで考え抜いていたのだなぁと、オジサン感心してしましました。記事を書くのに朝日ソノラマ、クラシックカメラ選書26「オリンパス・ペンの挑戦」米谷美久著を読み返しましたけど、天才設計者米谷さんはやっぱりスゴイ方だったのだなと思いました。ペンSのレンズを富士のカメラに付けて遊んでるオジサン怒られそう。(笑)

L37311_blog

| | コメント (2)

2019年4月25日 (木)

あのえきそばが駅から撤退。

_dsf0679_blog


若い頃、休日によく青春18切符で出かけてました。岡山や広島など西方面が、なんとなく気に入っていて、尾道は特に好きな街だったので何度も出かけましたな。日帰りの時もあれば、安い商人宿に一泊する事もありました。
年に何度か青春18切符が発売になると、お出かけ計画を立てるのが楽しみで、JRの時刻表ポケット版にマーカーと付箋で印をつけながら作戦を立ててました。出かけて写真を撮るだけでなく、電車に乗るのも楽しみでしたからね。鉄道写真は全然撮りませんでしたけど、オジサン乗り鉄だったので駅弁を食べたり、車窓の風景を眺めるのが好きでした。
地元駅から西方面へ出かける場合、早朝に電車を乗り継いで、まず姫路駅まで行くのがスタート。姫路駅から岡山方面へ向かう電車に乗り換えるのですけど、2時間ぐらい乗っていなくてはならないので、座席の確保は必須、土日でも岡山に通勤される方がいるので、電車が到着するとすぐに座席が埋まってしまいます。タイミングを逃すと延々立ちっぱなしって事になるので、結構競争率激しかった思い出がありますな。(笑)
姫路駅に到着してから、岡山方面行きがやってくるまで少し時間が空いてしまいます。この辺り時刻表でしっかり調べてダイヤは頭に入っているので、駅の行き先案内を見るまでも無いのですな。で、この隙間時間を利用して朝食タイム。毎度おなじみ姫路駅ホームの「えきそば」をすするわけで。
姫路駅が今のように綺麗に改装される前でしたので、いかにも昭和レトロな立ち食いそばでしたけど、冬の寒い日にはホント温まりましたな。食券買ってオバちゃんに渡すと瞬時に出てくるえきそば、ほとんど衣ばかりなエビの天ぷらの乗っかった姫路駅の名物。和のダシなのに麺は中華麺というところが、鉄道ファンにも有名な姫路のえきそばでした。一味をかけて真っ赤っかにして食べてましたな。(笑)
その頃は発車間際に、丼持って乗り込んできて、電車の中ですすってる人もいたという時代、さすがにそれはなくなりましたけどね。すごく美味しいというわけでも無いのですけど、なんだか病みつきになるというか、姫路駅で降りたら大抵食べてました。
このえきそばがJR元町駅西口改札前に進出してきたのが2016年、当時記事に書いたので覚えています。毎日の通り道でえきそばが食べられるので、結構よく利用しました。
最初のうちは、あの姫路駅のえきそばって事で、休日に通りかかっても結構お客さんが入っていたのですけどね、だんだん少なくなってきて、お店のスタッフも人数減ってましたな。休日のお昼ご飯に入ってもお客さんはオジサン一人だけって事が多かったですからね。大丈夫かなぁと思っていたのですけどダメだったようで、ついこの前、看板も外されて、閉店の告知が貼ってました。
約3年ですか、なんだか残念ではありますけど、姫路のえきそばは、姫路駅で食べるのが一番美味しく思えるのかも、それも電車待ちの短時間で、せわしなくすするのが似合うのかもしれませんね。

_dsf0682_blog

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

ブログの記事書き環境、最近はコレ。

_mg_1234_blog


キングジムさんのポメラシリーズ、ワープロと電子辞書が一つになった、純粋に文字入力だけの電子ガジェット。オジサンがずっと使い続けてきたのはポメラDM100。すでに後継機が2機種発売されているので生産は終了しています。
ポメラって他に競合するような商品が無いので、結構強気なお値段なところがオジサンには手が出ないのですな。良くなっているのは分かるのですけど、今のでもオジサンのブログなら十分書けますしね。(笑)
で、持ってるポメラDM100は2台、1台は初期の物なのでバックアップ電池の点滅という病気を抱えてます。おまけに使い過ぎたのか、SDカードを全く読まなくなってお蔵入り。買い増ししたもう一台を使っていたのですけど、登録辞書が消えるという症状で、毎回辞書ファイルを登録し直さないと変換がおバカなままだという、コレはっきり言ってストレス。
さらにWi-Fi機能付きSDカードを使うとEvernoteにアップできていたのが、ある日突然できなくなってそれっきり。認証方法が変わったからなのか、理由は分からないのですけど、仕方なくUSBケーブルで転送、毎回パソコンを起動しないといけないのが面倒プラス抜き挿しし過ぎてUSB端子が緩くなってます。このまま行けば確実に壊れるでしょうな。
で、どうしたものかと考えて、iPadやipod touchを使えないかと、昨年暮れに買ってみたのがiCleverのIC-BK03というBluetooth接続の折りたたみモバイルキーボード。長年のポメラ使いが染み付いているので、最初のうちは違和感があったりしましたな。なのでポメラか、iPadとキーボードの組み合わせかを、週替わりで持ち出してみて、使い勝手を比べてみたのですけどね、だんだんポメラのお留守番率が高くなって、ここ2ヶ月ほど全く使ってないという結果に。
これはひとえにキーボードの使い勝手が良かったからではないかと。クセはありますけどオジサンすぐに慣れました。パカっと開けるとiPadとほぼ瞬時に接続済みになるので、Evernoteですぐに記事が書けます。ポメラも開けると、すぐに使えて良いのですけど、それに劣りませんな。変換はiPadの方が、はるかに賢いのでストレス無しですし、大きな画面で見渡せるのも良いところ。
国語辞典や類語辞典などの辞書アプリを入れているので、切り替えてすぐ調べ物もできます。電子辞書内蔵のポメラと変わらない使い勝手。電車の中でカバンの上に乗っけて打つのは無理ですけど、セルフの喫茶店でコーヒー飲みながら記事を書くには最強かも。
iCleverさんって手頃な値段で色々なキーボードを発売してるので買い増ししてもイイかもって思いました。(笑)そうそう電池が持つのも良いところ、仕様には80時間って書いてありましたけど、平日に30分〜1時間ぐらいの使い方なので、まだ一度も充電してませんよ、これってスゴイですな。
フリック入力に馴染めないオジサンは、良いキーボードがあればポメラじゃなくても記事が書けたって事なのでした。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

厳選ワイン7本のワインパラダイス モトマチって

_dsf0667_blog


元同僚が、脱サラして元町でワインバーをオープンさせたので、微力ながら応援を兼ねて宣伝記事をば。
お店の名前はフルネームで「カジュアルワインバー ワインパラダイス モトマチ」って長っ。通称は「ワイパラ」や「ワインパラダイス」でいいみたい。
4月3日に開店したので、まだ出来たてのホヤホヤです。営業時間は昼の12時から夜の12時まで、ラストオーダーは夜11時まで。定休日は今のところありません。って開店したばかりなので休んでる場合じゃ無いかと、しっかり働いて繁盛店にしてね。(笑)
場所はJR元町駅西口南側目の前の横浜家系ラーメンの入っているビルと、隣のやよい軒とローソンの入ってるビルの間の路地って書くとかえって分かりづらいですな。要するに駅前のでかいビルの間の路地、居酒屋「きた」の隣。
元町商店街からだと老舗の「花見あられ」から山側に目の前のパチンコ屋さんと「広尾のカレー」の間の路地になります。駅から行っても商店街からでも徒歩1分程なので便利ですな。ちょっとワインを味わって帰るのにも駅近って行きやすいですからね。
黒とグレーを基調に、ガラス張りのファサードから、落ち着いた照明に照らされた一直線のカウンターが見えるシックな店構え。以前のお店は赤ちょうちんに暖簾のコテコテな昭和な居酒屋さんだったので、なんだか路地の雰囲気一気に変わりましたな。一見、入りにくそうに見えますけど、反対に隠れ家的な雰囲気があって、この界隈では今まで無かったお店の感じでいいかと。完全禁煙なのも今時、ワインのお店なので当然かもしれませんけどね。(笑)
で、ワインはどれぐらいあるのって聞いたら7本だって、オイオイたった7本でパラダイスってどういう事やね〜んってツッコミ入れましたけど、厳選7本のラインナップでスタート、これはこの先育てて行くみたいなので、長い目で見ましょうか。まだスタートしたばかりなので、お客さんのリクエストなどにも応えつつ変わって行くのでしょうけど、お客さんが品揃えに参加できたら面白いかもしれませんなと、オジサン思ったので一応提案しときました。(笑)
フードメニューはミックスナッツやドライフルーツなどに、アヒージョやブルスケッタ、ピンチョスにポークリエットやシュリンプカクテルなど、ワインにピッタリなものが色々ありましたな、オジサンが行くジャパンな立ち飲みで言うところの、おでんや串カツに相当するものかと思いますけど、馴染みがないのでうまく表現できません、メニューの写真は美味しそうでしたという事で。(笑)
まだ走り出したばかりなお店ですけど、女性お一人で仕事帰りにちょっと立ち寄るにはいいお店かと、もちろん男性もね。お店の公式ツイッターはこちらです食べログの記事はこちら。でも、見にきてくださる方の女子率の低い、オジサンのブログでは、大した応援にならないかもしれませんなぁ。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

ボディー1台にレンズ23本って。

_mg_1182_blog
一番最初に使った一眼レフのマウントはキヤノンFD、50ミリだけしか持ってませんでしたけど、働き出してから少しずつ買い揃えて最終的に12本使ってました。過去の撮影記録を調べたので間違いございません。オジサン結構マメに記録付けてましたのでね。サードパーティ製レンズは純正レンズを買うときに下取りに出したりしたので、12本がフルに揃っていたわけではないのですけど、A-1とT90、2台のボディーで使ってましたな。
その後EOSシステムに乗り換えて、また一からレンズを揃えていったのですけど、これも調べてみたら18本ありました。思いのほか色々レンズを使ってたのに驚きましたけどね、FDマウントレンズは、どうしても手放せない4本の単焦点レンズだけ残して、EOS用レンズを買う軍資金になりました。
EOSに乗り換えてから、積極的にズームレンズを使うようになったのですけど、それでも単焦点レンズが好きだったので、FDマウント時代に使っていたレンズと同じ焦点距離の単焦点レンズは揃えてましたな、EOSシステム初期のレンズなので、すでにラインナップからは消えたり、2代目、3代目のレンズに置き換わってますけどね。(笑)
フィルムEOSボディーは色々使って最終的にEOS-1N2台持ちに落ち着きました。その後、時代はフィルムからデジタルへ。フィルム写真は、FDマウントのボディーと、クラシックカメラで楽しむようになって、デジタルなEOSボディーの買い替えや買い増しのたびに、フィルムEOSボディーは消えて行きました。(笑)まだその頃は下取りでも値段が付きましたからね。
ただデジタルになってもレンズは使いまわせたので手放さず温存していたわけで。状況が変わったのはX-T20を使い出してから。ミラーレス一眼だとレンズの選択肢と言いますか、楽しみが格段に広がるのですな、星の数ほどあるマウントアダプターの存在は大きいですよやっぱり、クラシックなレンズを楽しむための必須アイテムですからね。
ただボディーと機械的に連動していたレンズはマウントアダプターで使えるのですけど、EOSのように電子接点でつながっているレンズはコントロールができません、それを解決したマウントアダプターもあるのですけど、高価ですし、そこまでしても使いたいレンズがあるかって考えると、X-T20用にXマウントレンズを充実させたほうがいいかって事で少しずつ断捨離。EF135mmF2.8SFなんてソフトフォーカスのコントロールができるレンズも持ってましたな。誰も知らないレンズかと。(笑)
18本あったEOS用レンズは今4本だけ。代わりにXマウントレンズが勢力拡大中な我が家の防湿庫事情、純正だけでなく、マウントアダプターで使えるレンズや、改造レンズを数えてみたら23本もありました。X-T20一台にこんなにレンズが使えるなんて思いませんでしたな。時代がミラーレスに移り変わっていくのも分かります。
持ってるレンズがマウントアダプターで使えるのなら、ボディーだけ買ってみようかなってカメラ選びも成り立ちますからね。新機種が発売されると前の機種はドンと値下がりしますし、買い替え下取りで中古も値頃なのが並びます。レンズを楽しむのにはいい時代なのかもしれませんな。
で、オジサンもX-T20一台だけじゃ足りないって事で、買い増し思案中。レンズが先かカメラが先かなんて考える前に、レンズだけ充実してしまいましたのでね。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

iPad mini(5th)の容量64GBと256GBで悩み中が…

先月末新しく発売されたiPad miniを買おうと思っています。ただこれを書いてる時点ではまだ品薄みたい。焦る必要は無いので、どのモデルにするかじっくり考えてやろうかと。(笑)
色はシルバーって決めているのですけどね、問題はストレージ容量。少し前の記事で64GBじゃ足りないし、256GBじゃ持て余しそうって書きました、中間の128GBが無いので選ぶのに悩んでいるわけで、お値段がだいぶ違いますからね。
だけど色々放り込んでおくのなら多いに越した事はないので256GBしか無いかなぁと思いつつ、iPad使いの皆さんはどちらを選んでいるのかネットを検索してみたのですけど、そこで急浮上してきたのがセルラーモデルを格安SIMで使うという選択。調べてみると大手キャリアより安く使えるというのが分かりました。
オジサン今使っているiPadは2台ともWi-Fiモデル、お家のWi-Fiで繋いでいて外ではフリースポットを利用するというスタイルで使ってます。一番の使い方が、ブログ用の資料を持ち歩いて記事を書く時の閲覧だったので、ネットの情報はクリップして、Evernoteもオフラインで使えるようにして、自炊した電子書籍も全部放り込んでいました。それに音楽や映画、録画したテレビ番組、オフラインで使えるミニぺディアなどのアプリを入れていたわけで。
最初に使ったiPadが64GBで、少々足りなかったのもあって、2台目は128GBを選びました。全部入りにして、この先まだ増えたとしても、これなら余裕だろうと。
新しいiPad miniは、この128GBがありません。容量が欲しければお高い256GBの一択、さすがにそこまでの大容量は使い切る事は無いかと。そうなると64GBに収まるようにデータを断捨離するしかないわけで。
で、今の使用量を調べてみたのですけどね、なんと77GBほどでした。あれっ、結構使っているつもりだったのですけど、そんだけ?ガッサリ放り込んでいるのですけど意外でした。
内訳を見てみると、一番容量を食っているのが映画とテレビ番組の録画、お家で見る時間が無いので、通勤電車で見ようと放り込んでいたら、いつの間にか容量圧迫、合計35GBだって、なのに全然見てません、ただのメモリーの肥やしになってましたって笑えないぞ。(笑)
次が音楽、3000曲ほどで14GB消費、これも満遍なく聴いているわけじゃなくて、気に入ってるのばかり。全然聴いた事ない曲がほとんどって、オジサン何やってんだか。本当に必要な電子書籍や、Evernoteのデータなんて、ほんのちょっぴりしか容量消費してなかったという。
今まで、いらんモン持ち歩いていたアホなオッサンは64GBで十分事足りていたという、平成の終わりに分かった驚愕の事実に愕然。(笑)
セルラーモデルを格安SIMで使えば、オフラインで使えるのや、フリースポットを探してくれるアプリも必要無くなりますし、さらに容量を開放できるわけで。
なんだか悲しくて嬉しい容量事情、オジサンは大広間なんかより4畳半で十分生きて行けたのでした。という事でiPad miniは、シルバーで64GBのWi-Fi+セルラーモデルにします。次のステップは、格安SIM選びですな。

_mg_1225_blog

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

神戸の街でスパイダーマンと神戸ビーフを楽しむ。

_dsf0490_blog

少し前、いつでしたか忘れましたけどテレビ番組で、外国人観光客が日本で食べたいものランキングってのをやってました。神戸ビーフも当然ながらランキングに入ってましたけどね、地元民はほとんど食べてないでしょうな、お高いのでね、滅多にお目にかかれませんよ。(笑)
だけどブランドとして認知度も高く定着しているので、三宮の歓楽街を撮り歩いていると、神戸ビーフの看板が、いたる所にあってスゴイですな、あれだけの数のお店が、日夜神戸ビーフを焼いているわけで、毎日どれだけの数の牛が成仏しているのでしょうか、合掌。(笑)
滅多にどころか、我が家ではお目にかかる事がない神戸ビーフ、お店の看板やメニューの写真を見て歩くだけならタダ、美しい霜降りは目の保養って、何だか楽しいけど悲しいですなぁ。(笑)
でもつい最近食べましたよ。いつも買い物をする市場のお肉屋さんで、「絶対買っとき、こんなん滅多にあらへんで」っておばちゃんに猛烈プッシュでオススメされて、家内が買ってきた神戸ビーフ切り落とし、半額なので瞬殺で売れたそうで、最後の2パックをゲット。パックの値段表示のところに牛の個体識別番号1498787961って書いてありましたな。もうお目にかかれないかもしれないので、記念に写真を撮りましたよ。
ステーキ用のぶ厚いお肉じゃなくてコマ切れ肉なので、神戸ビーフの霜降りオーラはあまり出てませんでしたけど、なんだかいつもより美味しい気がしました。なのでその日の晩御飯はお酒飲まずに、家内と無言でご飯ワシワシ、他のおかずに見向きもせずにお肉の取り合い。いや〜美味いな〜って、ご飯も一瞬でなくなりましたな。(笑)

L37399_blog

三宮、元町にたくさんのお店を構えている某神戸ビーフの専門店、牛一頭買いで有名らしいです、お店の目印は等身大のスパイダーマンのマネキン。南京町や東門街で見かけた方も多いかと。観光客が一緒に写真撮ったりしてますな。
お店の前だったり、壁に張り付いていたり、屋根の上だったり、いったい何人いるのってぐらい、あちこちにディスプレイされてます、ポーズも何種類かあるみたい、目を引くのでこれを目印にお店探しもしやすそう。
なんでスパイダーマンを飾っているのかHPを見ても分かりませんでしたけど、スパイダーマンの神戸ビーフのお店って覚えやすいですからね。目にする度に写真を撮っていたら結構な数になってましたな、写真撮ってないでお店で神戸ビーフ食べなさいよって言われそうですけどね、お高そうでオジサンには敷居が高いのでまだ行けてません。なので神戸ビーフの代わりにスパイダーマンの写真をどうぞ。(笑)

L37391_blog

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

改造レンズ第4弾は、ペンSのD.Zuiko 30mm F2.8

_mg_1110_blog
何だかどんどん勢いがついている感じですけどね、ジャンクカメラのレンズをミラーレス一眼で使えるようにする改造第4弾、これはぜひやってみたかったハーフサイズカメラの名機オリンパス ペンSのレンズD.Zuiko 30mm F2.8を取り上げました。
APS-Cセンサーって、ハーフサイズと大きさが近いので、ほぼそのままの焦点距離て使えるところが楽しいわけで。当時大ブームになった、ハーフサイズカメラの実力を見てみたいというのもあります、ハマっていた時は、ジャンクを見つけてきては直して楽しんでましたから。
部品取りに使ったのや、直してみたものの、また不調になってしまったのから、レンズを取り出して最新のデジタルカメラで使えるようにするのも楽しみ方の一つかと。カメラはダメでもレンズは活かしてやれますからね。
ハーフサイズカメラのレンズって市販のマウントアダプターに組み込みやすいというのもあります。工作自体の難易度がそんなに高くないので、オジサンでも時間をかければできましたよ。
今回もノーブランドのL39をXマウントに変換するアダプターを使いました。手順としては、ペンSからレンズを取り出し、分解してシャッター羽根を取り去ってしまって組み直し、無限遠が出るようにマウントアダプターに取り付けるという工作。
いざやってみると、意外な事にスイスイと作業が進んでしまったという。前回改造したマミヤスケッチの時と比べて別物でした。設計思想の違いとでも言いましょうか、実に合理的な作りだったのですな。
マミヤスケッチのレンズと同じで、シャッターユニットの前に、絞りを組み込んで一体化したレンズユニットがヘリコイドリングにねじ込んであるという構造なのですけど、マミヤスケッチは鏡胴の指標に目盛りと5mクリックを合わせるのに、ほぼパズルで四苦八苦、一体どこに正解があるのか考察しながら何度も組み直しました。
ところがペンSのレンズは部品点数も少なく、間違いなく組める合理的な構造、量産する事や、組み立て経験の浅い工員さんでもちゃんと製品にできるように考えられていたのでしょうね。
オジサンのやった主な作業はマウントアダプターに付いていたリングを、ひたすら削ってレンズがはまるサイズにまで広げるだけでした。リューターを使ったとはいえ、結構時間がかかりましたけどね。(笑)
できたリングにレンズを仮止めして試写、ピントリングを外してヘリコイドを微調整、無限遠が出たところでピントリングを付け直しました。最終的にレンズをきちんとネジ止めして完成となったわけで。
今までで一番スムーズにできたペンSの改造レンズ、試写が楽しみです。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年4月13日 (土)

シルバーレンズの森が眩しくて嬉しい。(笑)

_mg_1065_blog
オジサンはその時々で、気に入っているカメラやレンズを、机の上、キーボードの向こう側に並べたくなる癖があります。ブツ撮りをする際には、一旦全部退けないといけないので面倒くさいのですけどやめられないという。
オリンパスペンFと交換レンズだったり、ハーフサイズカメラだったり、ましかく写真の撮れるカメラだったり、その時の気分で並ぶものが変わります。パソコンで作業の合間に手に取って触りまくっているのが楽しいわけで。
レンズを付け替えてみたり、空シャッターを切ってみたり、裏蓋開けてバルブにして覗いてみたり、意味もなくいじっているのが楽しくて癒されます、ついでにカメラの動作確認もできて一石二鳥ですしね、いわばカメラセラピー。(笑)目に付くところと言いましょうか、視界にカメラやレンズがあるというのがイイのですな、部屋に花を飾ったり、壁に絵を飾ったりするのと同じ事かと。えっ違うって、そうかなぁ。(笑)
ま、好きな物飾って生活に潤いをってところは同じかと思いますけどね、それがオジサンの場合カメラやレンズなわけで。花や絵ならオシャレって事になるのでしょうけど、カメラとレンズじゃただのマニアかオタクに見られるところが心外ですけどね。
で、今は改造進行中のレンズと工具類に混じってシルバーなレンズがズラリ並んでます。シルバーレンズの森って呼んでますけどね。(笑)ダイソーの積み重ねボックスに入れていつでも手に取れるようにしています。
XF35mm F2 R WR、XF23mm F2 R WR、フィルターレンズのXM-FLは富士フィルムさん純正、それにROBOT STAR1のレンズと東京光学のRE20mmF4、RE58mmF1.4。もちろんマウントアダプター付けっぱなしで、横に置いてあるX-T20にいつでも付けられる状態でスタンバイ。
もうね眩しくて嬉しいという。シルバー鏡胴のレンズってなんでこんなに美しいのでしょうか。ピカピカのメッキが眩しいレンズもいいですけど、しっとりとした梨地仕上げのレンズも高級感があっていいですなぁ。手に取って無意味に絞りリングカチカチ回してしまいますよ。もはやフェチか変態の世界ですけどね、家内は目を合わせようとはしませんな。放っといてくれた方がありがたいですけどね、美しいレンズは眺めているだけで明日への活力なので。
色んなレンズを取っ替え引っ替え付けられて連れ出されるX-T20は小さなボディーでただいまフル稼働中、こんなにこき使われるなんて思ってなかったでしょうな。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年4月11日 (木)

地元観光地の○と×。(笑)

神戸の住民が行かない、地元観光地をあげるとしたら、有馬温泉、北野町異人館、南京町って事になるでしょうな。オジサンの偏見かもしれませんけどね、結構賛同得られるんじゃないかと。(笑)
有馬温泉は近く過ぎて、ありがたみが無いというか、温泉旅行気分になれないところがありますな。ところが太閤秀吉の湯って事で県外の方からは、一度は行きたい温泉なのだそうで。地方に出かけたとき、地元の方と話していて「有馬の湯は浸かっとかな」ってよく言われましたからね、ふ~んそうなのか~って感じでした。
ま、オジサンが別府温泉に行きたいってのと同じ事かと。別府に住んでいらっしゃる方には、生まれたときから湯気ぼうぼうな街が当たり前過ぎて、温泉が何か?って感じなのだと思います。(笑)

163_blog
二番目の北野町異人館もホント行きませんなぁ。わざわざしんどい目をして坂道上って、観光バスや観光タクシーが、ひっきりなしに通る狭い道路沿いに立っている、昔アチャラの人が住んでいたお家を見て回るなんてしませんよ。
今は整備されて、実にキレイな観光名所になってますけどね、その昔はラブホテルだらけだったなんて、もう誰も知らないでしょうなぁ。(笑)

_mg_3408_blog
三番目の南京町は、オジサンはよく行くかな、立ち飲みの名店「赤松酒店」がありますからね。あとザーサイとピータンを時々買います、それから色彩が派手な建物が多いので、カメラやレンズのテスト撮影をよくしますな、観光地なのでカメラ構えてバシャバシャ撮ってても目立ちませんからね。(笑)
短い商店街なので端から端まで撮り歩いてもしれています。何度もうろついているので、どの辺りで撮ればテストサンプルになるかわかりますしね。
で、思うのですけど、南京町って中華料理屋さんの呼び込みがいっぱい。手にオススメ料理のプラカードを持った女性が、たどたどしい日本語で呼び込みしてますけどね、あれワザとたどたどしくしゃべっていると思いますな。
中国の方とはいえ、日本で生まれ育ってるんですから、日本語あんなにたどたどしいわけがないと思います。観光客向けに中華風日本語を作り過ぎかと。(笑)
呼び込みと同じく多いのが、ズラリ並んだ食品サンプル。お店で作れる料理は全部サンプルにして並べてやったぜってな気合い十分なお店だらけ。(笑)
あれだけ並ぶとかえって景色の一部になってしまって目立たないのではって心配してしまうぐらい並んでますな。
最近はサンプルだけじゃなくて、デジタルサイネージなんかも幅を利かせてきてます。これでもかってぐらいの呼び込み合戦に最新の武器が必要なのかもしれません。(笑)

Img_0257_blog
(注)掲載写真はあくまでイメージ写真です、記事の文章とは関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月 9日 (火)

初物食いならぬ、初物撮りは長生きする?

初物食いは長生きをするって言いますな、俗説ですけど75日寿命が延びるそうで。我が家の食卓は、お高いもの以外は結構初物が登場する率が高いかもしれません。松茸やカニやフグはお目にかかりませんけど、ホタルイカや春キャベツや新玉ねぎは登場します。あっそれから新酒もね。(笑)
庶民が楽しめる初物って、その季節になると市場やスーパーでも、たくさん並ぶようになりますし、お値段も手頃なのがいいところなのですけど、地元の早春の味わい「イカナゴ」は毎年どんどん値上がりして、「くぎ煮」を作りたくても手が出なかったですな。キロ4000円だって、以前は900円ぐらいだったのですけどね、新聞記事で見たのですけど、大阪湾がキレイになったおかげで、餌になる微生物が減って育たなくなっているそう。地元の漁港も、以前は早朝からイカナゴ漁の船がいっぱい出ていたのですけど、今年は資源保護のため早々に打切りになってしまったそうで。
「イカナゴの釘煮」って言ってみれば小魚の佃煮みたいなものなので、そんなにたくさん食べられるものではないのですけど、炊きたてのご飯にのせて食べたり、細巻きのお寿司にしたり、お酒のアテにもなる逸品、無いとやはり寂しいですなぁ。それでも一応食べておかないとって事で、行きつけの立ち飲み酒場で頂きましたけどね、これで75日長生きですな、でもお酒飲みすぎたら寿命縮まりますけどね。(笑)
初物って、それが出回ると食卓が華やかになりますね、オジサン、ホタルイカが好きなので季節になると、お家でもお店でも食べますな。お家では和風に酢味噌和えもいいのですけど、菜の花とホタルイカのパスタなんてのを作ってみたりします。ただワインが飲みたいだけなのですけど、この料理だと家内受けもいいので、ワインしこたま飲んじゃっても怒られませんからね。(笑)

_dsf0599_blog

食べ物の初物もいいのですけど、カメラと写真のブログですのでね、初撮りと言いますか初物撮りの話題も書かないといけません。オジサンがいつも撮っているのは街のアレコレ。初物なんて縁がない世界、大自然風景を撮るのをライフワークにしている方だとこの季節は桜を追いかけたりするのでしょうけど、オジサンの場合家内に誘われて渋々桜を見に行くような有様なので、特に興味が無いという。
でも行かざるを得ないので出かけますけどね、桜なんて実はどうでもよかったりします。愛でたところで食べ物の初物みたいに75日長生きできるわけでも無いですしね。ただ桜を眺めてボ〜ッとしてるのは間が持たないのですな。
家内はそういうところで何時間でもボ〜ッとしてられる人。結構キツイですな、なので何か食べながらお酒飲んじゃってます。春とはいえ、薄ら寒かったりするので内側から温めませんと。(笑)
で、ほろ酔い気分になると、桜を撮るのもどうでも良くなってしまうわけで。誰が撮っても桜は桜、キレイですけど毎年同じような写真ばかりなので飽きちゃうわけで。面倒くさくなって日向ぼっこしながら、うたた寝してたら風邪をひいてしまうという。初物撮りって長生きしそうじゃなさそうですな。(笑)

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

XF23mm F2 R WRレンズで笑顔の徘徊。(笑)

L37260_blog

本当はもっと後で揃えるつもりだったXF23mm F2 R WR。富士フィルムさんの、好評につきキャッシュバックキャンペーン延長ってイケナイ誘いにフラフラと釣られて、ギリギリ滑り込み、前倒しで買ってしまったわけで。
見た目がXF35mm F2 R WRとソックリなので、どっちかを付けて置いていても安心、家内の目には見分けつきませんからね、まさかレンズ2本あるなんて思わないでしょうから。もう一本は、防湿庫の中のシルバーレンズの森に紛れ込ませてカモフラージュしています。
ま、最近はジャンクカメラがまた増えているので、そちらのカモフラージュの方が大変ですけどね、お店で包んでくれるプチプチって処分に困りますな。カメラ買ってるのバレバレですからね。おまけに机の上は工具や、分解途中のレンズが転がっっているので「このオッサン、また何か始めたな」って目で見られてます。(笑)

L37437_blog

で、XF23mm F2 R WRの話、使い勝手は先に買ったXF35mm F2 R WRと変わりありません、軽くて小さくて撮ってて楽しい、実にいい使い心地。改造レンズのF値違いを撮ったときに、試しに同じように撮ってみましたけど、絞り開放から画面の隅々まで、こんなに写るのかってぐらい高画質でした、なので重箱の隅をつつくような結果は載せません、現代の高性能レンズには意味のない事ですからね、笑うぐらいよく写りますよ、オジサン何の不満もありませんでした。(笑)

L37429_blog

休日にこのシルバーレンズ2本で撮り歩いてみたのですけどね、XF23mm F2 R WRは35ミリ換算で35mm、画角63度。XF35mm F2 R WRは53mm、画角44度なので、街角全景を撮るときは23mmで、寄りで撮るときや遠近感が詰まった感じで撮りたいときは35mmでと、実にいい感じで棲み分けができました。
ポケットにレンズを入れて、結構頻繁にチェンジしながら撮ってたので、立ち止まってばかりでしたけどね。(笑)これが楽しいのですな、ズームレンズでは味わえない楽しみ。

L37436_blog

オジサンの撮る街の写真は、この2本にあと広角レンズが1本あれば完結しそう。なので5月発売のXF16mm F2.8 R WRシルバーが今から楽しみですよ。(笑)
撮った写真を見てみるとXF23mm F2 R WRが7割、XF35mm F2 R WRが3割ぐらいの比率でした。歩きながら、オッと思ったものにカメラを向けるので、画角がピタッと決まるというか、視覚と同調してスタンスが取りやすい23mmの方が出番が多くなるのは当然かと。
これぐらいの距離かなってファインダー覗いてみると、写したい範囲がほぼドンピシャって、思わず笑みがこぼれます。街中をヨタヨタ歩きながら、時々立ち止まってカメラ構えて笑ってる、気色の悪いオジサンなので周りの人は避けてくれますな、ありがたい事で。
もう、ずっと笑いながら歩いてやりますよ。(笑)

L37245_blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年4月 6日 (土)

24時間営業でなくても。

_dsf0526_blog_1

コンビニの24時間営業について、色々問題が出ているようで、某コンビニが営業時間短縮の実験を何店舗かで実施だとかのニュースを見かけましたな。発端は大阪のフランチャイズ加盟店のオーナーさんが、人手不足で営業時間を自主的に短くした事に契約違反なので契約解除と違約金を払えってなったわけですけど、交代要員が確保できなくては、オーナー一人で24時間営業なんて成り立たないどころか無理、死んじゃいますよ。
夜間の時給を高くしても、その人員が集まらないという事は、夜中から朝までの普通とは逆転した時間帯の仕事を、やりたがる人がいなくなっているって事でしょうね。
フランチャイズ加盟店は、24時間営業が前提の契約なので、勝手に時間短縮するのは契約違反というのは、言い分としては正しいですけどね、何だか人よりもお店の方が大事って冷たさを感じましたな。
救急病院じゃないんでね、コンビニが24時間やってないと人命に関わるわけでもないし、急を要するわけでもないので、頑固に24時間営業に固執するのはどうなんでしょうね、フランチャイズに加盟する人いなくなりますよ。
24時間営業が必要かどうかの調査もニュースで出てましたな、若い人が必要と思っている率が高いのは予想通りですけど、年代が上がるにつれて必要無し率が増えてました。オジサンも必要無しに1票。
夜中に買い物なんて行きませんよ、しっかり寝ています。睡眠とらないと次の日ガタガタですからね、なのでコンビニがその時間に開いていることすら夢の中。(笑)
ま、若い頃はねぇ、友達の下宿に集まって夜通し飲んでて、途中でカップラーメンやアイス買いに行ったりするのに便利だなって思いましたけどね。夜中にコンビニに行ってもお客さんはほとんどいませんでしたな。釣りの道具を持ったおっちゃんや、夜中の道路工事の人が缶コーヒー買いに来てたぐらいだったような。
外食チェーン店も24時間営業をやめたところがいっぱいありますけど、昔は深夜のファミリーレストランなんて、終電逃してしまったときに、始発まで寝に行く場所でしたな。若かったからそんなバカな事してましたけどね、そんな客ばかりでお店は儲からなかったと思います。
乗換駅の駅前には24時間営業の居酒屋さんがあります。草木も眠る丑三つ時ぐらいの時間帯は、どうなのか見た事ありませんけど、早朝に通りかかっても、お客さんの姿を見かけた事はほとんどありませんな。
お店の人も奥で休んでいるのか、人の気配がありません、だけど看板も店内も電気はピカピカついているという。電気代がもったいなと思うのと同時に、そこまでして24時間営業なのが分かりません。メリットがあるからやっているのでしょうけどね。
もう皆さん、夜はお家でちゃんと寝ませんか、24時間営業をやめても困る事は無いと思うのですけどね。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

ココログでいろいろ障害が出ている件。

Fuguai1_blog


ココログの大規模なリニューアルで、ブログの更新が止まってしまった事を書きましたけど、その後も色々と障害が出ているようで、「元に戻してください」だとか辛辣な書き込みなんかも見受けられる状況。徐々に復旧している部分もあるみたいですけど、なんだか対応はあまり進んでいるように見受けられませんな。
このブログも過去の記事を見てみると、写真が表示されないものが出てきたりしています。消えたわけじゃなくてアイコンとファイル名は見えているので、表示だけの問題だと思うのですけど、検索で過去の記事を見にきてくださった方に、本来の記事の姿で見てもらえないのは困ります。
コメントを入れてくれたのが見えないというのも発生しました。よくコメントくださる方のが表示されなかったわけで。コメントはニフティメールでも確認できるようにしているので、くださった事は分かったのですけど、ブログの最近のコメント欄に表示されないという。
これは丸1日後に表示されるようになりましたけど、この先もちゃんと表示されるのか不安ですな。って書いた途端、また表示されなくなりましたよ、オイオイ。
さらに公開日と時間を指定しているのに、その時間になっても記事がアップされないという現象も発生しています、ココログのお知らせには徐々に回復と出てましたけど、完全復旧ではないみたい。
当然公開されているものと思って見てみたら前回の記事のまんまでした。慌てて管理画面を確認したら、公開待ちのまま時間が過ぎてましたな。すぐに今すぐ公開にしましたけどね。指定時間に公開されないのは困ります。
決まった曜日と時間に更新されるように、だいたい二週間分の記事を、順番を考えて公開日時指定しているので、それが崩れるのはホント困るわけで。ちゃんと記事がアップされたか確認しなくてはならないなんてどうなのよ。
他にも新しく書いた記事の写真が、決めていた横幅じゃなく小さく表示されたり、改行したら1行余分に空いたり。これは調べまくってなんとか解決しましたけどね、ただ記事編集画面で確認して大丈夫そうだっただけで、実際の公開日にちゃんと表示されるのか不安なままですけどね。
編集画面が今風のフラットデザインに変わったのはいいのですけど、手順が煩雑になった気がします。写真を添付するのに、横から何だかよく分からないウインドウがぴろ〜んと出てきたり、イライラしますな。
慣れの問題なのかもしれませんけどね、マニュアルらしきものもあるのですけど、こうすればできますってのだけしか出てません。なぜそういう仕様になったのか全然分からないという。
完全解説したマニュアルを事前に公開しておいて欲しかったですな。今まではこうでしたけど、これからはこうなりますってのが分かるものをね。
ココログ大丈夫かって不安を抱えながら、しばらくお付き合いして行かなくてはならないようですけど、ブログを見に来てくださる方には関係のない事ですから、早く安定させてください、よろしくお願いいたしますよ。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

出てしまいました、iPad mini

Ipad-mini-3_blog


春に出ますよってのは、昨年あたりから噂になってましたし、ネットにリーク情報が上がっていたり、製造を請け負っているメーカーから画像が流出したりしてたので間違いないだろうと予想はしていたのですけどね。いきなりでしたな、なんの前触れもなくって感じで発表がありました。
噂では廉価版の仕様で、お値段も安めになる模様だったのですけど、いざ出てみたらスペックは最新だし、予想以上にお値段高かったし、メモリ容量が64GBと256GBしか選べないし、オジサンレンズ買っちゃったのでお金無いし、どうしたものかと。(笑)
今使っているiPad(2017 第5世代)は、あれやこれやと便利に使い倒しておりますけど、これがもう少し小さくて軽かったらなぁというのをいつも感じていたわけで。なので、miniが出ますって噂が登場してからとっても気になる気になる状態でした。出たら即買いのつもりが、富士フィルムさんのキャッシュバックキャンペーンに転落してしまったおかげで、大幅に予定が狂ってしまいましたよ。
宝くじが当たれば全部解決できるのですけどねって思ってたら、本当に当たりました、バレンタインジャンボ宝くじ、ただし3000円。焼け石に水って言うか、屁のツッパリにもなりませんな。立ち飲み2回で終わりましたよ。(笑)
持ってるiPadは9.7インチ、普段持ち歩いているリュックには余裕で入るのですけど、休日のお散歩用小型リュックにはぎりぎりサイズ、ドンケの小型カメラバッグには入りません。写真撮るときには持ち歩かなくてもいいかと思って、置いて出た事があるのですけど、無いと不安というか何かと不便。
その部分の穴埋めに、ipod touchを使っておりますけど、ちょっと画面が小さいなぁと、写真撮るときは老眼鏡かけないので、ここまで小さいと見えませんし、拡大しても元々の画面サイズが小さいので、指先でスクロールしまくらないといけないのですな。シャツのポケットに入るのはいいのですけどね。
この丁度中間ぐらいの大きさって事になるとiPad miniしか選択肢が無いわけで、カメラも持ち物も、小型軽量化したいオジサンにはベストなサイズと重さ。最近ブログの記事を書くのに、不調のポメラDM100に代わってiPadと折りたたみキーボードの組み合わせなので、その辺りも小型化できるんじゃないかと。
悩ましいのがメモリ容量、64GBじゃ足りないし、256GBじゃ余裕あり過ぎるし高くなります。ちょうど中間の128GBが無いのが悩みどころ、でもやっぱり大は小を兼ねるで256GBかなぁって、もう買う気満々じゃないですかってツッコミは無しで。(笑)

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »