« モノクロ写真を見ていて、ふと思った事。 | トップページ | 富士フィルムさんの「X STYLE」2号が届きました。 »

2019年3月16日 (土)

ジャンクカメラ探しが再び楽しくなってきた。

ミラーレス一眼のフランジバックの短さを生かして、レンズの改造に手を染めてしまったオジサン。不調な手持ちのカメラや、レンズだけ取り出して温存していたものを改造しているのですけどね、オールドレンズが思った以上に良く写るので、だんだん楽しくなってきましたよ。今も机の前には数本のレンズが改造待ちで転がってます。
一般的にはレンズ交換式カメラのレンズだけ探してきて、市販のマウントアダプターを装着するのが、一番簡単にオールドレンズを楽しむ方法だと思いますけど、レンズが組み込んであるカメラでボディーが不調だったり、シャッターがまともに動かなくなっているカメラは、レンズがきれいで絞りに問題が無ければ、改造でレンズだけ生かしてやるのも有りかと思うのですな。
ミラーレス一眼用に改造することによって、フィルムカメラとして使っていたときには不可能だった撮り方ができたりしますからね。ピント合わせが目測式やレンジファインダーカメラのレンズで、背景をぼかす撮り方なんてまさしくそう、可能性と楽しみが広がりますな。
改造は市販の安いマウントアダプターにレンズを組み込む方法で改造してますけど、ボディーから取り出したレンズを、どうやれば組み込めるか、ノギス片手にマウントアダプターとにらめっこしながら、作戦を立てているときが楽しかったりします。(笑)
不調じゃなかったときは、フィルムでさんざん楽しんだカメラを分解してレンズだけ取り出して改造するのですから、できれば長く使えるように、強度も持たせて改造したいですからね。
自分の工作のスキルも考えて、時間がかかってもレンズが最高の性能を発揮できるようにしたいと考えて作戦立ててます。おかげで写真を撮りに行くより、工作時間の方が長くなってますな。(笑)
できあがった改造レンズはさっそく試し撮り、これは楽しい瞬間。絞りを変えてみたり、わざと太陽を画面に入れて撮ったり、輝度差の激しい景色を撮ってみたり、フィルムのときには無かった試練を与えてます。(笑)
で、その後のお楽しみはジャンクカメラ探し。もうカメラは増やすまいと、心に誓ってから近づかないようにしていたのですけどね、改造レンズという新しい世界に足を踏み入れてしまってからジャンクカメラが再び気になり出しまして。(笑)
ボディーがどんなにボロボロでも故障しててもレンズさえきれいならOKという新基準でカメラ探し、レンズを取り出すのが目的ですからね。ハーフサイズカメラのジャンクなんてとっても気になりますな。
ジャンクの世界もデジカメが増えてきて、以前ほど面白味が無くなっているのも事実、種類も減ってます。あるお店はジャンクカメラスペースが、がっさり無くなって各社マウントアダプター売場になってました。売れるものを並べるのは当然ですけど寂しいですなぁ。
そんな状況でも、すでに幾つか見つけてはありますよ。(笑)にわかにカメラが増えているので、家内の視線が気になりますけど、立ち飲み一回分でレンズが買えると思えば、気にしているわけには行きません。今年はレンズに走ろうかと思ってますよ。(笑)

_dsf8539_blog

|

« モノクロ写真を見ていて、ふと思った事。 | トップページ | 富士フィルムさんの「X STYLE」2号が届きました。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクカメラ探しが再び楽しくなってきた。:

« モノクロ写真を見ていて、ふと思った事。 | トップページ | 富士フィルムさんの「X STYLE」2号が届きました。 »