« ココログがコケて、ブログが止まった。 | トップページ | 吐き出す絵って、カメラに吐かせてどうするの。 »

2019年3月23日 (土)

ママフォトグラファーって。

_mg_1126_blog
3月4日の神戸新聞で、「出張します!ママ写真家」という記事に目が止まりました。内容はと言うと、子育てをしながら育児経験を生かした写真を撮るママフォトグラファーという仕事について。
要するに、子供の写真を撮るプロの女性フォトグラファーの仕事や養成のアレコレが出てました。ママカメラマンはおかしいし、ママカメラウーマンでもなんだか変、なのでママフォトグラファーという呼び方なのでしょうね。
養成スクールができたり、ママフォトグラファー協会が発足したり、認定試験で認定フォトグラファーになれたり、さらにネットでママフォトグラファーを、撮って欲しい方に紹介するマッチングサイトなんてのも登場しているそうで、女性のキャリアの一つとして注目されているそうですな、オジサンそんな世界があるなんて知りませんでしたよ。
スマホのおかげで写真を撮る事はすでに日常な今時の写真事情。デジタルカメラの普及とともに女流写真家がたくさん出てきましたからね。昔も女流写真家はいましたけど数えるほど。今はいっぱいいますな、これはひとえに写真がデジタルになったおかげかと。カメラがどんどん良くなって失敗しないし、撮ってすぐに確認できるところが技術的な敷居を低くしたのだと思います。
写真家になるのに先生に弟子入りして、下積みからスタート、地道な努力でプロになるなんてのは、もはや前世紀の遺物なのでしょうな。Instagramに載せた写真がきっかけでプロデビューなんて女流写真家の方もいらっしゃいますしね。スクールに通って認定試験受ければフォトグラファーって、時代が様変わりしましたな。
状況に合わせてカメラを自在に使いこなす技術や知識も職能の内でしたけど、今はカメラが全部やってくれます、それよりもその方独自の感性が求められる時代なのかと。
ママフォトグラファーも自分の子育て経験から、子供を可愛らしく撮る感性を生かした仕事なのでしょうね。子供の写真はいつの時代でも需要がありますけど、女性の出産年齢が上がって、少子化の今時、一人の子供を両親と祖父母が可愛がるのですから、可愛い時期を写真で残したいという需要が増えるのは当然かと。
記事にも新生児の「ニューボーンフォト」や、生後6カ月の「ハーフバースデー」10歳の「二分の一成人式」って出てました。オジサンの子供の頃って七五三しかありませんでしたけどね、もう全然ついていけない世界ですな。
ちなみに養成スクールの受講料は週1回2時間半程度、2カ月間で教材費を含めて17万8千円だって。教材ってデジタルカメラの事だと思いますけど、そう考えるとコレって安いの?ますます分からなくなってきましたな。(笑)

|

« ココログがコケて、ブログが止まった。 | トップページ | 吐き出す絵って、カメラに吐かせてどうするの。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
賛否両論のヤマト2202を見終わったところで拝見致しました。ママフォト・・、これもいわゆる製作委員会商法なんでしょう。新聞記事をよく見ると認定試験とか養成学校云々とありますのでその方面の人たちがそれぞれ利益を得たいという事なのでしょうね。

投稿: 猫娘も変わったよ! | 2019年3月23日 (土) 07時51分

ママフォトの養成講座は、ママフォト商売の起業ノウハウを売る、ということだと思います。受講料にはカメラ機材などの費用は一切含まれていません。ですので私の感覚ではものすごく高い受講料だと思います。
国家資格でも免許でもなんでもない「認定証」なんて何の役にも立ちません(笑)素人からどうしたらお金を引っ張り出せるか・・・自己開発本とか自己開発セミナーと同じで、フォトグラファーではなくフォトグラファーの仮面を被った銭ゲバが主催しているのだと思いますよ。

投稿: 想桜 | 2019年3月23日 (土) 10時33分

猫娘も変わったよ!様、こんばんは。
私もそう思いました。デジカメをちょいとばかり使えるようになったらフォトグラファーなんて有りえませんからね。キャリアのために何がしかのお墨付きがあれば話が通じやすいということなのでしょうね。

投稿: よもかめ亭主 | 2019年3月23日 (土) 19時25分

想桜様、こんばんは。
ココログのリニューアルのせいで、頂いたコメントが表示されておりませんが、ニフティメールでは読めましたので、お返事させていただきます。どうやらヤフーブログとは相性が悪いみたいで、貴殿のブログへのコメントも過去に何度かチャレンジしましたが、はじかれてばかりで改善されないままです。で、コメントへの返信ですが、資格なんて言いながら写真教室レベルの内容だと思います。この程度でフォトグラファーはないでしょうからね。新聞記事になるぐらいなので、それなりに盛り上がっているのでしょうけど、正直言ってかなりフォトグラファーという仕事を軽く見ている感はありますね。長続きも定着も無いと思います。

投稿: よもかめ亭主 | 2019年3月23日 (土) 19時39分

再びお邪魔いたします。
コメントが表示されていないのですか!?
こちらからはよもやまカメラ様の記事やコメント(私のも他の方のも)は全部掲載されてちゃんと読めます。
私のブログへのコメントもはじかれてしまっているとは・・・
私はパソコンに詳しくないので原因その他、全く見当がつきませんが、何かすいません・・・。
ヤフーブログはもうすぐ消滅してしまうので現在引っ越し先を検討しています。

投稿: 想桜 | 2019年3月25日 (月) 15時16分

想桜様、こんばんは。
どうやら遅延が発生しているようで、半日ぐらい遅れて表示されてますね。いったいどうなっているのやら。ヤレヤレです。公開日時指定も全く機能してませんし。ブログの引っ越し先を探されているようですけど、現状ではココログは、お勧めできそうにないです。

投稿: よもかめ亭主 | 2019年3月26日 (火) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママフォトグラファーって。:

« ココログがコケて、ブログが止まった。 | トップページ | 吐き出す絵って、カメラに吐かせてどうするの。 »