« カラースコパー改造レンズで試し撮りしてみたら。 | トップページ | どんどん日本人が出てくる。 »

2019年2月19日 (火)

福寿でお馴染み神戸酒心館で、お酒が飲〜める賞(笑)

_dsf8078_blog
灘の生一本でお馴染み、灘五郷の内、灘郷、御影郷、魚崎郷の3つは神戸にあります。だいたい1月下旬から、3月上旬にかけては蔵開きの季節。毎週のようにどこかの酒造メーカーで様々なイベントが行われるのですな。
灘五郷近くを走る阪神電車では灘五郷のラッピングをした電車を走らせたり、駅に案内チラシを置いてます。こういうのをもらってくるのも酒飲みには楽しいところ。で、2月10日に出かけてきました。福寿でお馴染み、神戸酒心館の「香住柴山漁港海産物と兵庫のめぐみ市2019」。
福寿って聞いてもピンとこないかもしれませんけど、ノーベル賞授賞式の晩餐会で出てきた日本酒といえば皆さんご存知かと。ノーベル賞なんて聞くと、すごくお高いお酒なんじゃないかと思うかもしれませんけどね、普通にスーパーでも売ってます。酒心館のオンラインショップで720ml瓶が税込み1,728円。
お家で晩餐会は無理でも晩酌ならOK、ノーベル賞じゃなくて、楽しくお酒が「飲〜める賞」。(笑)ってオジサンまだ酔ってませんからね。あっお酒片付けるのやめてくれますか、まだもうちょっと飲ませて。
え〜っと何の話でしたっけ、そうそう福寿の話でした。ノーベル賞の晩餐会で選ばれたお酒って事もあるでしょうけど、灘五郷で今一番勢いのあるお酒じゃないかなぁとオジサン思っているわけで。とっても美味しいですしね。
どうやら杜氏さんが兵庫県の日本海側香住町の方だそうで、その辺りもあってコラボしてるのでしょうな、この日限定で香住町の海産物販売イベントが開催されます。

_dsf8041_blog
我が家のお目当はコレ、結構すぐ売り切れちゃうので、お酒飲むのは後回しにして、ハタハタとカレイとイカの三大干物をまずお買い物。デカイ安い美味しいの三拍子なので外せません、お酒のアテにもご飯のおかずにも美味しい逸品。オマケも付けてくれましたな。
ついでに奮発してカニも買い込んだら、次のお目当のカニ汁。一杯200円ですからね、これは食べておきませんと。来てるお客さんも皆さんふうふうしながら食べてるイベントの目玉。なので売り切れ必至、行ったらほぼ終わりかけだったのでカニをいっぱい入れてくれました。で、いつも通り食べちゃってから写真撮るの忘れたって気が付くという。(笑)
三つ目のお目当はここでしか買えないお酒、通い瓶というリターナブル瓶に詰めて栓をしてくれるのですな、飲み終えた空き瓶は洗って次の年に持参して、またお酒を詰めてもらうシステム。お酒は3種類あって、すぐ横で無料の試飲ができるので、お好みを買って帰ることができます。
お目当を全部制覇した後は有料ですけど、カウンターでテイスト違いのお酒を楽しめる、名前がなぜか「喫茶コーナー」で、まったり利き酒。(笑)3種類のお酒に合うアテと一緒に楽しめるようになっていて、お酒もアテも売り場で買えるようになってます。美味しかったので買って帰りましたよ、当然ですが。(笑)
その日の晩ご飯は、買って帰ったカニと干物と色々なアテとお酒、昼間結構飲みましたけど、夜はまた別ですからね。(笑)

_dsf8040_blog

|

« カラースコパー改造レンズで試し撮りしてみたら。 | トップページ | どんどん日本人が出てくる。 »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福寿でお馴染み神戸酒心館で、お酒が飲〜める賞(笑):

« カラースコパー改造レンズで試し撮りしてみたら。 | トップページ | どんどん日本人が出てくる。 »