« 競馬ファンを醒めた目でウォッチング。(笑) | トップページ | さて、フィルム出しに行くか。 »

2018年12月15日 (土)

プレビュー(被写界深度確認)使ってますか?

フィルム時代もデジタルになってからも、一眼レフカメラはレンズのとらえた景色を、ミラーでペンタプリズムに導いて、光学式ファインダーで確認する仕組みになってます。
すごく初期の一眼レフはボディーとレンズの連動がなかったので、レンズの絞りリングを回して絞っていくと、ファインダーは真っ暗になっていたのですな。これではピント合わせもままならないので、ボディー側からレンズをコントロールできるように、連動ピンを付けたりレバーを仕組んだりして、ピント合わせや、構図を決めるときには開放絞りの明るい状態でファインダーを見られるようにして、撮る瞬間に設定した絞り値に絞り込まれる仕組みにしたのですな。
おかげで明るいファインダーを見ながらシビアなピント合わせも楽勝になったのですけどね、そのままだと実際に絞り込まれたら、どんな写り具合になるのかが分からないので、それを確認するためのボタンやレバーが付けられました。
ボディーのレンズマウントすぐ横辺りに付いていて、「プレビューボタン」や、「被写界深度確認レバー」って取扱説明書に書いてあるやつ。
レンズって絞りを変えるとピントの合う奥行きが変わります。手前から遠くまでピントの合った写真や、背景ボケボケの写真は絞りの効果で決まるわけで。このピントの合う奥行きと言いますか範囲を「被写界深度」と呼ぶのですな、で、これを確認するためのボタンやレバーなのですけどね、オジサン結構使い倒してましたな。今まで使ってきた一眼レフは使いすぎて塗装がハゲハゲになってましたからね。(笑)
長年使ってきたキヤノンさんの一眼レフは、カメラを構えたとき、レンズを支える左手の親指辺りにありますな。EOSになってから特に使い勝手がよくなって、軽くボタンを押すだけで「ジャッ」って電磁絞りが絞り込まれます、長年の癖で無意識に押して常に確認してしまうという。
ところがどっこい、富士フイルムさんのX-T20を使いだしてコレが無い。いえ、実はちゃんとあったのですけど、取扱説明書を読み解けてなかっただけなのハナシで、最初慌てました。(笑)
ミラーレス一眼カメラは電子ビューファインダーなので、光学式ファインダーとはずいぶんしきたりが違うのですな。露出や、ホワイトバランスの状態を反映させて表示したり、しなかったりもユーザーが選べるようになってたり、光学式ファインダーではあり得なかった事ができるようになっています。
被写界深度の確認もメニューの中にありました、こんなところに隠れていたなんて。しかもそれをファンクションに割り当てるのはユーザーが決められるという。これは便利かも、目下どのボタンに割り当てたら使い勝手が良いか試行錯誤中ですけどね。
オジサンにはなくては困るプレビューボタン、ちょいとばかり右往左往してしまいましたけど使えるようになりましたよ。(笑)

_mg_9942_blog

|

« 競馬ファンを醒めた目でウォッチング。(笑) | トップページ | さて、フィルム出しに行くか。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

被写界深度確認ボタン(長!)、懐かしいですね。中学の頃一眼レフを持っていませんでしたのでコンパクトカメラじゃ目測目盛か二重像合致式で合わせていたので初めてニコンFEを買った時なんか用もないのにボタンばかり押してました(爆)。
思えばカメラと言う道具も随分と複雑なモノになってしまいましたね。露出設定も絞りとシャッター速度で調節してたのが今は表現に応じて風景とか人物とかモノクロとか何でもありますから取説が無いと使い物になりません。
99.9%の人は取説を全て熟知する前に新機種に乗り換えてしまうのでしょうね。

投稿: 猫娘も変わったよ! | 2018年12月15日 (土) 08時51分

猫娘も変わったよ!様、おはようございます。
取扱説明書無しでは使えないぐらい機能が豊富ということは、そういう機能を、あえて使わなければ昔のカメラのような操作を、出来なくはないかと。露出はマニュアル、オートフォーカスも使わない、ホワイトバランスは太陽光のまま、ピクチャースタイルはスタンダード固定、画質はJPGファイン固定。動画は撮らない。これなら取説無しでも大丈夫でしょう。ただこれならフィルムカメラを楽しんだほうがいいかもしれませんね。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2018年12月15日 (土) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレビュー(被写界深度確認)使ってますか?:

« 競馬ファンを醒めた目でウォッチング。(笑) | トップページ | さて、フィルム出しに行くか。 »