« 私がジイサンになっても…。(笑) | トップページ | ダイヤルMを廻せ! »

2018年11月22日 (木)

バルミューダのスチームトースターがやってきた。

台所で使う家電の中で、一番お金もかけず、こだわりも無く買ってしまうのがオーブントースターではないかなと、オジサン思うのですな。冷蔵庫や電子レンジだと、実際に設置する場所の事や、消費電力や、どう便利なのか、各社カタログ見比べたりすると思うのですけどね、オーブントースターってそういうところ見てもらえない気の毒な家電かと。(笑)
だって、食パンが焼ければとりあえずOKでしょ。あとスルメやメザシ炙るとか、お餅焼くとか、買ってきた揚げ物温め直しとか。で、使っているうちに、お餅がくっついたり、焦げたメザシのしっぽだとか、パンのかけらだとかが下に溜まって汚くなってくるという。
トーストに前日のメザシの匂いが移ったりして、我慢の限界になると、徹底的に掃除したりするのですけどね。こびりついて取れなくて、古くなってるし、もう新しいの買おうかと、そんな話が出ても忘れ去られていたりするのですな。よ~し今日はオーブントースター買いに行くぞって事にならないわけで。たまたまショッピングモールに出かけたときに、「そうそう、オーブントースター見てみる?」って、買い換えを思い出すという存在感の無さ。(笑)
で、家電量販店を覗くわけですけど、これがまたスゴク値段に幅があったりするわけで、名の通ったメーカーの新製品は、便利さをアピールしたPOP広告貼りまくられて台の上なんかに飾られています、当然お高い。対照的にそんなに名の知れてないメーカーのは地味に放置プレイ。(笑)
お値段も3000円ぐらいからありますな。見て回っても、どれがどう良いのかよく分からなくて、「とりあえずパン焼けたらエエんやろ、安いのでエエやん。」って事に。他のお買い物の荷物持ったままなので、だんだん疲れてきて、どうでも良くなってしまうという。オーブントースターって買うときも買ってからも気の毒な扱い。(笑)
我が家もこんな状況で買い換えることになったのですけどね。家内が糸井重里さんの「ほぼ日」ファン。これでどうなったか察しが付くでしょ。いきなりバルミューダのスチームトースターだって、お値段2万円越え。「あ~」としか言葉が出ませんでしたな。言い出したら聞かない人なので、オジサンには拒否権も他の選択肢もありません、無条件降伏。幸福なのは家内だけ。(泣)
で、ある日帰ると今まであったのと入れ替わって鎮座してましたな、「2万円越えは当然」ってお高そうな面構えで。さっそく干物焼こうとしたら「やめてよ、匂いつくやん。」ってパンしか焼かせてもらえない模様。
パンがスゴクおいしく焼けるってのが売りみたいで、パン好きの家内が飛びついたのもそのあたりらしいですな。付属のマグカップのミニチュアみたいな容器で5CCの水を天面にある注ぎ口に入れてパンを焼くと、最初はスチームで水分を閉じこめて表面を焼いて、その後じわじわ焼いていく仕組みだそうで。
食べてみたら確かに美味しい、日が経って堅くなったパンも焼きたてに蘇りますな、オジサン特にピザトーストがいつもと全然別物だったのに驚きました、パサパサになったクロワッサンもしっとり。
高くても売れているのには、わけがあったバルミューダのスチームトースター、見た目が格好良すぎて我が家の台所ではちょっと浮いてますけどね。おかげで、買いたかったレンズがまた遠のきました。(泣)

_mg_9671_blog

|

« 私がジイサンになっても…。(笑) | トップページ | ダイヤルMを廻せ! »

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルミューダのスチームトースターがやってきた。:

« 私がジイサンになっても…。(笑) | トップページ | ダイヤルMを廻せ! »