« 最初の純正単焦点レンズはXF27mm F2.8 ブラックで。 | トップページ | ほっときなはれじゃなかったフォトキナ2018。(笑) »

2018年10月 9日 (火)

蚤の市出品で値付けが悩ましい。

_mg_9614_blog
家内のお友達がやっている、クラフト作品や雑貨を扱うお店で、蚤の市を開催することになったそうなのですな。なので出品商品を広く募集、使わなくなった物だとか、いらなくなった物など、ジャンルを問わず何か持って来てって事になったわけで。
当然オジサンにも白羽の矢が、「ややこしいもん、いっぱいあるやろ。探して出しといて」って言われて、真っ先に思いついたのが、オジサンに値札を付けて売場に座っておこうかと。何よりも一番ややこしい事は、自分自身が一番分かってますからね、ひょっとしたらアンティーク好きの方がお持ち帰りしてくれるかもしれません、世の中には物好きはたくさんいらっしゃいますから、もしもって事もあるかもって家内に言ってみたら、「持って行ってくれたら私は嬉しいけど、ナマモノはあかんからな、賞味期限すでに切れてるし。」と一言で終わりました。そうか、確かに賞味期限は切れてるなと、納得しましたけど悲しいですなぁ。こうなったら腐るまで家にいますよって、ふてくされるしかなかったわけで。(泣)
ま、気を取り直して、出品できそうな物を探したのですけどね、なんだかんだと結構出てきました。カメラ好きなオジサンなのでね、そっち方面の物が当然ながら多くなりましたな。未使用のカメラストラップだとか、何かに使えそうな昔の革のフィルターケースだとか、クッション材のインナーケースだとか。
カメラ関連以外にも、何かのキャンペーンでもらったものの、使わず忘れ去られたまま、引き出しや押入に転がっている物など、売り物になりそうな物をチョイスしていったら結構な物量に。持って行くだけで大変になりそう、もし売れ残ったら全部持って帰ってこなくてはなりません。その辺りじっくり考えて、確実に売れる値段を決めなくてはならないのですな。値段を付けるって、なかなか悩ましいものだと知りましたよ、決められない。(笑)
買う側からすれば、安すぎても高すぎても、蚤の市で掘り出し物を探している感と言いますか、魅力が無くなりますからね。しかも儲けは出品者7割、お店3割プラス消費税の計算もしなくてはならないので、極力お釣りのでないような値段にしたいというのもありました。で、電卓たたきまくり。(笑)
この先絶対使わない、タダで持って帰ってもらってもいいぐらいの物なら、10円、20円なんて、あり得ない激安価格を迷う事無く付けられるのですけど、買ったときはそれなりにいい値段だったけど、もう使ってない物は悩みますな。(笑)結局オジサンがもし買う側なら、この値段までってところで決めて、それよりぐっと安めの設定にしてみましたけどね。
他の方はどんな物を出品されるのか、分からないのも読めないところ、フタを開けたらどんな物が並ぶのか、出品する側になって初めて楽しさが分かった蚤の市、売れるかなぁ。(笑)

|

« 最初の純正単焦点レンズはXF27mm F2.8 ブラックで。 | トップページ | ほっときなはれじゃなかったフォトキナ2018。(笑) »

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
この手の市はやはり中国なんかですと、大きなスケールでやってますね。
もう10年程前の会社勤務時代に仲間と上海に旅行に行ったとき、大きな公園で人だかりが出来ていて近づいて見ると古物市でした。面白かったのは、ある一画に人の写真略歴付の紙がいっぱい貼り出されていて、何かと思えば妙齢の男、女の“お見合い市”なんですね(悪く言えば“人身売買”)。さすがに賞味期限切れのようなのはなく、私は思わず、自分の子供(息子、娘)とはどうだろうかと連想してしまいました。(ノ∀`)アチャー

投稿: 平戸皆空 | 2018年10月 9日 (火) 23時06分

平戸皆空様、こんばんは。
蚤の市でお見合いですか、さすが中国って感じですね。個人情報そんな所に出して大丈夫なのでしょうか。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2018年10月11日 (木) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚤の市出品で値付けが悩ましい。:

« 最初の純正単焦点レンズはXF27mm F2.8 ブラックで。 | トップページ | ほっときなはれじゃなかったフォトキナ2018。(笑) »