« X-T20のアカンところ。 | トップページ | フィルムをデジカメで複写作戦その後。 »

2018年9月11日 (火)

JR元町駅北側の再整備に思う。

8月1日の神戸新聞に「JR元町駅北再整備へ」という記事が出ていました。駅西口の北側から県庁のある辺りが対象だそうで、にぎわい創出のために玄関口となる駅や老朽化した県庁舎の建て替えなどの再整備計画を兵庫県が発表した事を書いてました。
高級ホテルや、駅舎と一体化した商業施設の誘致だとか、三宮やハーバーランドに負けない集客を目指すそうで、耐震補強工事を名目に、高架下のお店を退かせているのも、その一環なのかもしれませんな。
確かに計画対象になっている地域は、役所の建物がたくさんあって地味と言えば地味、観光客がウロウロするようなところではありませんからね。駅の東口側とはエライ違い、どちらかというとオフィス街のようなたたずまいなのですな。それでも以前は、昔ながらの料亭や、入り組んだ路地に古い建物がが残っていたりしたので、撮り歩いたりしてましたけどね。最近はあまり歩いてませんなぁ、実は坂道が多いのでね、歩くには辛くなってきたのもありまして。
そんなこんなで地味な地域を一気に再整備、にぎわいと活気のある街にしよう計画、どんな姿に変貌するのか想像が付きませんけど、どこでも見かけるような個性の無い街にはして欲しくないですなぁ。
高級ホテル誘致も、機能性優先のただのビルみたいなホテルだったらいりませんよ、旧居留地にある石造りの重厚な建物のようなホテルにしていただきたいなと。できれば電車の車窓から立派な建物が見えるような位置に建てて欲しいですな。今見えているのはラブホテルですからね。(笑)
それから、記事の中に出ていたのですけど、元町駅も民間と協力して玄関口としての整備を目指すそうなのですけどね、お店の誘致も大切でしょうけど、さっさと駅のバリアフリー化を進めて欲しいですな。お隣の三宮駅や神戸駅と同じぐらいの大きさがある駅なのに、エスカレーターがひとつも無いなんてあり得ませんよ。
エレベーターも大丸や繁華街がある東口には無くて、役所の職員が乗降する西口には付いているという、アンバランスで使い勝手の悪い、「今時これは無いやろ」な昭和な旧駅舎ですからね。足の悪いお年寄りや、車いすの方は、大丸でお買い物したければ大回りして行けって事でしょうか、電車の乗り降りだけできればいいってもんじゃないと思うのですけどね。休日に元町駅で降りると、お年寄りが手すりに掴まりながらゆっくり階段を降りて行く姿をよく見かけます、オジサンも同じ、改札口ホント遠いなぁ。(笑)って全く笑えませんよ。
記事には20年度から着手する方針と出てましたけど、元町駅のバリアフリー化は明日からでも着手していただきたいと、一神戸市民のオジサンは思っておりますよ。

_dsf4443_blog
JRの車窓から撮ってみました、全然うまく撮れませんな。バシャバシャって連写してまともに見れるのコレだけでした。(笑)

|

« X-T20のアカンところ。 | トップページ | フィルムをデジカメで複写作戦その後。 »

街のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR元町駅北側の再整備に思う。:

« X-T20のアカンところ。 | トップページ | フィルムをデジカメで複写作戦その後。 »