« お尻が痛い。(笑) | トップページ | UtulensとX-T20で「写ルンです」を楽しむなら。 »

2018年8月16日 (木)

「写ルンです」の世界を楽しむ交換レンズ。

Gizmon_lens0001_blog
今時フィルムで写真を楽しもうとすると、一番手っ取り早いのが富士フイルムさんの「写ルンです」だと思います。コンビニでも買えるフィルムカメラなんて世界中探してもこれだけでしょうからね。コンパクトデジカメが普及する前は、カメラを持たずに旅行に出かけても、観光地のお土産物屋さんで買い求めて記念写真を撮るのに便利なカメラでした。
このカメラのすごいところは、袋から出して誰でも迷うことなく使える部分と、簡単カメラなのに写りも良く、製造からリサイクルまで考えられて設計されているところかと。考えてみればすごい技術の固まりなカメラ。オジサンはあまり使った覚えがないのですけど、こんなのでちゃんと写るのって出で立ちなのに、思った以上によく写ると言うのが印象でした。
特に晴天の屋外ではほぼ無敵、周辺光量が落ちたりがありますけど、サービスサイズにプリントすると周辺がトリミングされるのであまり気になりませんでしたな、フィルム屋さんのカメラなので、そういうところまでちゃんと考えられていたのでしょうね。
写り具合に独特の世界があるのも写ルンですの楽しい部分、今時の若い人はその辺りをフィルムの楽しさと感じているのでしょうね。この写り具合をミラーレスデジカメで楽しんでしまおうというのがGIZMONから発売されている「Utulens」。写ルンですのレンズをそのまま流用してマウントアダプターをつけたので、ネーミングも「ウツレンズ」だって。打って変換したら「鬱レンズ」って誤変換。(笑)
たまたまX-T20で使える、ミラーレスカメラ用交換レンズをネットで探していたときに見つけたのですな。2種類あって、写ルンですのレンズそのままのが「Utulens」。レンズを2つ対称型に配置して広角レンズにしてしまったのが「Wtulens」。二つ買っても1万円ちょっとだったので衝動買い。
この先もしフィルムが無くなるような事になったら、写ルンですも生産終了って事になりかねないわけで、そう思うと写ルンですの世界観を楽しむレンズとして買っておいても損はないかと考えたのですな。
届いた円筒形のパッケージにはL39(ライカL)マウントをミラーレス用に変換する金属製のマウントアダプターと、写ルンですのレンズをマウントしたプラスチック製レンズ本体が入ってました。見た目は学研の大人の科学の付録みたいな感じ。(笑)それと取扱説明書、チラシ、全面に貼ってドレスアップするためのシールとマウントアダプタの調整用六角レンチに収納用ポーチ。
さっそくマウントアダプターにねじ込んで、X-T20に付けてみるとパンケーキレンズの出で立ちで出っ張りがほとんどなく持ち歩くにはよさそう。レンズキャップもリアキャップも同梱されてないので手持ちから流用しました。
即行試し撮りしたいところなのですけどね、届いた時間が遅かったので、まだまともに撮ってません。こんなモノ買ってしまいましたって報告だけ。写真は次回のお楽しみって事でヨロシク。(笑)

|

« お尻が痛い。(笑) | トップページ | UtulensとX-T20で「写ルンです」を楽しむなら。 »

レンズ、写真用品いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「写ルンです」の世界を楽しむ交換レンズ。:

« お尻が痛い。(笑) | トップページ | UtulensとX-T20で「写ルンです」を楽しむなら。 »