« 食品サンプルを愛でる。 | トップページ | Velviaをフィルムとフィルムシミュレーションで。 »

2018年6月21日 (木)

プロらしくないプロと、プロにしか見えないアマチュア

オジサンと同じぐらいの世代の方にしか通じないとは思いますけどね、「丘サーファー」って言葉がありましたな、とうに死語ですけど。
サーフィンはしないし、海にも行かないけど格好だけサーファー。(笑)サーファーカットの髪をなびかせて、ライトニングボルトのパーカーなんか着て、街中で女の子をナンパしていたという、見てくれだけサーファーが一時流行りました。(笑)物事は本質より形から入るのは、ある意味基本ですからね。
レイバンのサングラスに、銀色の星形の鋲をちりばめた革ジャンやジージャンを着てチョッパータイプのハーレーダビットソンで走っている人を見かけますけど、古き良きアメリカへの憧れがそういうライフスタイルになっているのでしょうね、多分。
そういう部分ってカメラマンも同じだなぁと思ってしまったわけで。不思議なものでプロカメラマンほど、仕事のためのアレコレが優先するので本質重視、なので見てくれがプロっぽくなかったりします。お仕事を頼んでいたカメラマンはそんな人が多かったですな。
カメラバッグもドンケやテンバやf64なんかじゃなくて、ライトセットに付いてたのや、メーカーのキャンペーンでもらったのを平気で使ってましたし、カメラストラップも裏の滑り止めがボロボロでも無頓着、ファッションもカメラマンベストなんて絶対着てない、どこかの市場か商店街のオッサンのような出で立ち、カメラ持ってなかったら、絶対分からない、ゆる~い格好でしたな。だけどお仕事になると別人出現、そのギャップが何だか格好良かった印象があります。(笑)
反対にアマチュアカメラマンで、入れ込んじゃってる人って、プロでも持ってないようなカメラやレンズを持ってたり、出で立ちもカメラマンベストを着ちゃったりして、いかにも写真撮りまっせな、ちょいとばかり痛い感じの方いますね。駅のホームの隅っこで、電車に向かって白レンズ構えてたりします。(笑)
山登りが趣味の友人、ニコンのフラッグシップ機にお高いレンズという装備なので、山で撮っているとよく声を掛けられるそう。リュックも服装もプロ御用達のアウトドアブランドものでバチバチに決めているし、体格もいいのでカメラを構えていると、実に様になるのですな、なのでプロのネイチャーカメラマンと間違われるそうなのですけど、写真はプログラムモードでしか撮ったことがないという、実はヘタレな形だけの人。(笑)
「こんな場面は、どう撮ればいいんですかとか、聞かれてメッチャ焦ったわ、俺に聞くなよな。」って、あんたコンパクトデジカメで十分でしょうが、何で身の丈に合ってないカメラを持ち歩くのよ。
「プロが使うような、ええカメラ持ったら、ええ写真撮れそうな気がするやん。」オイオイ、すでにカメラを持つ以前の心構えの問題ですが。(笑)
プロほどそうは見えない、入れ込んだアマチュアほどプロっぽい見てくれなのがカメラマンの世界かもしれません。ま、どんなに形から入っても、写真を撮ってる姿を見たら、一発でどっち側の人か分かっちゃいますけどね。(笑)

_mg_9166_blog プロ用ストラップがアマチュア憧れのカメラアイテムだった時代が有りましたな。プロカメラマンがサービスセンターに修理やオーバーホールでカメラを出した時に、古くなったのと付け替えてくれるものだったので、市販されてなかったのですな。なのにナゼか中古カメラ屋さんで高値で売られてたり、カメラ雑誌の「売ります、買います」コーナーで取引されてました。たしかにお金掛かってる感はしますね、金色の文字も印刷じゃなくて刺繍ですからね。で、何でオジサン持ってるのって、知り合いのカメラマンにチョーダイって言ったらくれました。NewF-1に見栄で付けてます。(笑)

|

« 食品サンプルを愛でる。 | トップページ | Velviaをフィルムとフィルムシミュレーションで。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

丘サーファー、2BOXカー(死語!)が若者受けしてた赤いファミリアの頃ですね。私はサーフィンはやりませんでしたがスキーを始めたのも二十歳を過ぎてからだったのでクルマの屋根にキャリアだけ付けて走っている丘スキーヤーでした(爆)。写真とかスキー、或いはクルマは確かに道具に凝るのはアマと決まってますね。画像のプロスト、1Vを中古で買った時に付いていましたがいつの間にかどこかに行ってしまったみたいです。今はプロでも機材名入りの純正ストラップ付けている人が多いみたいですね(あくまでテレビで映った場合)。

投稿: 猫娘も変わったね! | 2018年6月21日 (木) 15時08分

猫娘も変わったね!様、こんばんは。
知り合いのカメラマンも、カメラに付いているストラップをそのまま使ってますね、Canon EOS 5D MarkⅢなんて入ってるやつ。裏のすべり止めがボロボロでしたけど、気にせずそのまんま。ストラップでドレスアップするなんて、アマチュアのお遊びってことでしょうか、プロの方はやりませんねぇ。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2018年6月21日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロらしくないプロと、プロにしか見えないアマチュア:

« 食品サンプルを愛でる。 | トップページ | Velviaをフィルムとフィルムシミュレーションで。 »