« マウントアダプターでフィルムとデジタルと。 | トップページ | カレーは魔物(笑) »

2018年4月29日 (日)

ブログ写真の見え方に思うこと。

オジサンがブログを始めようと思ったきっかけは、沢山の方の写真メインのブログを日々巡回していて自分もやってみたくなったから。プロじゃないのにスゴい写真撮る方が世間にはいっぱい居ますからね。そんなのを見ていて触発を受けたわけで。
ブログってその方の思いやこだわりが表れているところが面白いところ。掲載されている写真はそれが一番感じられる部分でありますね、日常の何気ないひとコマをおしゃれに切り撮っていたり、雄大な大自然の風景だったり、四季の移ろいを感じる写真だったり、現代社会の点描だったり。日本ブログ村で写真に関するブログを検索すると様々なカテゴリーの写真ブログが出てきます、そんなのを巡回するのが楽しかったのですな。
沢山の写真ブログを見ていて思った事なのですけどね、画面で見るのが前提なので、見る道具によって見え方が変わります。例えばパソコンだとモニターの違いで全然違って見えますな。液晶パネルの質の違いがそのまま出てしまいますのでね、クリエイター向けカラーマッチング対応モニターと激安のモニターでは色だけでなく、階調表現も別物。さらにスマホやタブレットもありますからね。
オジサンも、このブログを発信していながら、見る道具が変わればどんな風に表示されるか、すべて確かめるのは不可能なのが現実なのですな。一応カラーマッチング対応のEIZO CG241Wモニターの繋がった自作Windows機とiMAC、ipad、ipod touch、職場のWindowsPCで見え具合を確認していますけどね。
これを逆に考えると、どんな道具でブログを作っているかで写真の見え方にすでに偏りが発生していると言う事でもありますな。ある方のブログはどの掲載写真も全体に色合いが黄色いのですけど、たぶん青みの強いモニターで作業をされているのではないかと。青みが強いモニターできちんと見えるように補正すると、そうでないモニターで見たときに反対色の黄色に偏って見えますからね。そこで暮らしてないと撮れないような雄大な山の写真を掲載されているのですけど、まるで黄砂で霞んだような色合いになってしまっていて実に残念に思いました。

L26311_blog2
フィルムカメラで撮る事を楽しんでおられる方の某ブログ、現像サービスでスキャンしてもらった物を掲載されているらしいのですけどね、どの写真もぼ~っとした感じ、ピントが合ってないわけでも、手ぶれしているわけでもないのですけど、何となくハッキリしない写真なのですな。たぶんシャープネスをかけずに掲載しているのだと思います。
その方と同じカメラをオジサンも使っておりますのでね、カメラのせいではないですな。どこの現像サービスかは分かりませんけど、スキャンデータはいっさい手を加えていない生データみたい。そのまま掲載すると当然ぼやっとします。画面に最適なシャープネスをかけてあげるのが前提なのですけど、この部分は個人の好みや表現が絡んでくるので、何もしていない生データで渡しているのでしょうね。せっかくの写真が本来の持ち味を発揮できてないのが残念だなぁと。

L24805_blog
モノクロ写真メインなのに全体に明るすぎるというか、焼きの浅いプリントみたいになっているブログもありました。シャドーの締まりが全然無いのですな。写真が悪いと言うより、たぶんモニターの輝度調整が出来てないのだと思います。「モニターキャリブレーション 画像」あたりで検索して転がっているカラーチャートを表示させて調整すれば簡単なのですけどね。

020725_20_a4_blog2
思いがあってブログに掲載している写真、例えば量販店に行ったとき、パソコンフロアでネットに繋がって展示してあるPCで自分のブログを表示させてみるとよく分かりますな、こんな風に見えているのかと。見る道具は千差万別でも、大きくハズレて見える事の無いようにしたいと思っているオジサン。ちょっとの手間で見場は良くなるのですけどね。

(今回掲載の写真は、文章に合わせて極端な例として作ってみました。要するにこういう事ってのが分かるかと思ったわけで。)

|

« マウントアダプターでフィルムとデジタルと。 | トップページ | カレーは魔物(笑) »

ブログやアプリとかのこと」カテゴリの記事

コメント

よもかめ亭主様、こんにちは。
私はそれが原因で、今年になってからスキャンもお願いしていた現像屋さんを変えました。それというのはどうもリバーサルフィルムのスキャンを見ると、せっかくのベルビアが色褪せたような色味だったりフィルムを見るとピントはバッチリなのに滲んだようなボヤ〜とした写真になっていたり。自分で複写をしようと思ったのもそれが原因で。ネガにおいては階調が豊かで適正露出範囲内で撮る限りは問題なかったんですけれど、これも私には合ってなかった部分で。これ、ご相談したかったんですよー、よもかめ亭主様に。
今は違うところにお願いしているのですが、こんなもんかな?と思ってます。

投稿: Rie | 2018年4月29日 (日) 10時20分

よもかめ亭主様、再びこんにちは。
先程のコメントで書いたベルビアの写真なんですけど、シャープネスをかけてみたらびっくりするほど変わりました!知らなかったー!本当に参考になりました。ありがとうございました。

投稿: Rie | 2018年4月29日 (日) 13時32分

Rie様、こんばんは。
フィルムスキャンに関しては現像所の方針もあるかと思います。写真をどう見せるかの部分ですので、撮った本人しか判断できない部分ですしね。アンシャープマスクはチョイと効かせると見栄えが抜群に良くなりますよ。建築物のような硬質なものと、人の肌やペットの毛並みのような柔らかなものでは効かせ方を変えます。量はシャープのかかる強さ、半径はシャープのかかる広さ、しきい値はどの程度の濃度差を対象とするかの設定、0で全体にかかり255でかからなくなります、通常は0で構わないと思います。シャープネスの話を細かくやりだすとキリがないのですけどね。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2018年4月29日 (日) 19時50分

よもかめ亭主様、こんばんは。
遅くなってしまいましたが、ブログにこの記事のリンクを貼らせていただいちゃったんですけど・・大丈夫でしょうか?と貼ってからですいません(^^;
なんか視界がスッキリした感じです。これはちょっとなぁ・・と、お蔵入りしていた写真も載せられそうですし。
撮ったもので設定を変えるんですね。なるほどー。
そういうことが全く分からないので、今日使ってみた画像加工ソフトの本をポチッとしてしまいました。
ちょっと勉強してみます。

投稿: Rie | 2018年4月29日 (日) 20時59分

Rie様、こんばんは。
リンク全然OKですよ。(笑)
シャープネスって奥が深いのですけど、控え目がキレイに見えると思います、いろいろ試してみてください。

投稿: よもかめ亭主 | 2018年5月 1日 (火) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/66510136

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ写真の見え方に思うこと。:

« マウントアダプターでフィルムとデジタルと。 | トップページ | カレーは魔物(笑) »