« 全く気分が乗らないときって。 | トップページ | ヨドバシオリジナル、ラムダミニカメラザック。 »

2018年4月 5日 (木)

10年先の写真ライフを考えた春の断捨離。

行きつけの現像所の突然の値上げにショックを受けつつも、まだまだフィルムカメラを楽しむ事は止めませんけど、防湿庫のカメラやレンズを眺めていていろいろ思うところがありまして、この先々の写真ライフを考えて思い切って機材の断捨離をしました。どのカメラもレンズも愛着はあるのですけど、じゃあ持っていてもこの先使うのかって事を考えると出番が無いだろうなって考えるしかないモノがいくつかありましたのでね。
若かりし頃は機材の重量なんて考える事も無く、必要になるかもしれないと思えば全部持ち出して走り回っていたのですけど、そういうのがもう出来なくなっているのですな。軽量コンパクトは正義な、ためらう事無く持ち出せる小型軽量なカメラばかりが出場率上昇中、そこから外れたのは完全にベンチウォーマーになって防湿庫の隅っこで冬眠したままという。
まんべんなく使ってやる事が目標だし理想だと分かっていながら、現実はそううまくは事が回らないという事情がありましてね。生きている限り写真を楽しみたいと思っていながら、手持ちのカメラやレンズ全部に愛情を注ぐことが出来なくなってきているのですな。そう思うと、まず重量級のカメラやレンズはこの先出番は無いかと言う事で手放しました。
オジサンの写真ライフは街歩きが基本なので、写真を撮る道具なのか、ただの荷物なのか分からなくなっているのは使ってやれないかと。撮りたいって気分にならないのを置いててもねぇ。使ってみたいって思う方の所へ嫁いでもらった方が幸せだと思いましたし。
で、手放したのはクラシックカメラは中判のデカイやつを2台、あとはフィルム時代から長年お世話になったEOS関連の使ってないのをいろいろ。
フィルムカメラのEOSを使うことはもうないでしょうから、デジタルで小型軽量なEOS Kiss X7だけあればもう十分かと。ただEOS KissってセンサーサイズがAPS-Cなのでフルサイズ用レンズを付けると焦点距離が×1.6になってしまうのですな。ハッキリ言って使い勝手はよろしくないわけで。おかげでフィルム時代から使っていたEOSのレンズの出番がどんどん減ってしまって、保管しているだけになっているのが。
調べてみたら10年以上使ってないレンズや、すでにカタログから消えてしまっているレンズもありました。持っていた事を忘れてたのや、Lレンズのズームなんてデカイ重いのも。大枚はたいて買ったのですけどEOS Kiss X7には合わないし、もう持ち出す事も無いかなと考えて、一気に断捨離。EOSのレンズですのでね、現行ボディーに問題なく使えると言う事で使っていただけるチャンスは多いかと。
なぜかいっぱい持っているカメラバッグも手放しました。大きなショルダーバッグはもう無理。リュックがメインになっていますのでね、この先使う事は無いかと。思い切って春の断捨離をしたのは実は訳があっての事。その訳については、このブログでお伝えしたいなと思っておりますのでお楽しみに。(笑)

L36248_blog

|

« 全く気分が乗らないときって。 | トップページ | ヨドバシオリジナル、ラムダミニカメラザック。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/66557351

この記事へのトラックバック一覧です: 10年先の写真ライフを考えた春の断捨離。:

« 全く気分が乗らないときって。 | トップページ | ヨドバシオリジナル、ラムダミニカメラザック。 »