« これも自撮りの一種かな?(笑) | トップページ | 現場から中継です。(笑) »

2018年2月 4日 (日)

バックアップしようぜ。

データのバックアップネタは何度か書いておりますけど、これは奥が深い世界ですな。少し前に外付けHDDも販売している某パソコン周辺機器のメーカーのデータ復旧サービスの記事を読んだのですけど、バックアップの意味を勘違いしているユーザーが多いと書いてありました。
バックアップとは同じデータを別の場所にも保管して二重にしておく事なので、外付けHDDにデータを入れてパソコン本体には入ってない状態は単なるデータの保存でバックアップではないのですな。その辺りの勘違いが実に多いと。オジサンには信じられませんでしたけど、現実にはそういう方が多いのだそう。で、データが読めなくなって復旧サービスに駆け込んでこられるそうですな。
全くこれと同じ状況を職場のスタッフがやらかしてました。ノートパソコンのHDDは容量が少ないので外付けHDDに保存していたわけで。本人はそれでバックアップしているつもりだったわけですけど、ただ単にノートパソコンに入りきれなかったデータを外付けHDDに保存していただけでバックアップとは違います。
その外付けHDDをまだ小さな子供が机の上から落としちゃったらしくて、データが読めませんという最悪のシナリオ。その中には家族の写真や生まれたばかりの子供の写真もてんこ盛りだったそうで無くなると家族の記憶がすべてパー。結局データレスキューサービスに頼んで取り戻してもらったそうですけどその費用が10万円。背に腹はかえられないとは言え、手痛い出費なのは分かります。普段からちゃんとバックアップの意味を分かってデータを保存していたらそんな出費はなかったわけですからね。
オジサンはバックアップにかけては心配性なぐらい徹底的にやってます。自作Windows機は4基のリムーバブルと外付けHDDに同じデータをバックアップ。シンクロソフトを使ったすごくオーソドックスなやり方ですけどこれが一番確実だと思っています。なので人為ミスに対応できないRAIDは組んでません。うっかりデータを削除してしまうと、即座にすべてのドライブに反映されます、そうなるともう終り。
最近はクラウドサービスも利用してますな。地震で家が倒壊なんて事になってもクラウドに残っていれば取り戻せますからね。
無くしてしまったときに初めて分かるバックアップの大切さ、分かっているけど苦い経験をしないと皆さんなかなか気が付いてくれませんな。簡単な事なのですけどね。
_blog

|

« これも自撮りの一種かな?(笑) | トップページ | 現場から中継です。(笑) »

パソコンとかハードのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/66293603

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップしようぜ。:

« これも自撮りの一種かな?(笑) | トップページ | 現場から中継です。(笑) »