« インスタ映えと「いいね」のために撮るのって。 | トップページ | ipadは持ち歩ける図書館。 »

2017年10月 1日 (日)

露出計アプリ探し中。

_mg_8450_blog
フィルムカメラで撮るときは、必ず一緒に露出計を持って出ます。露出のコントロールが出来ない押すだけ簡単カメラのオリンパスペンEシリーズや、リコーオートハーフで撮るときは、持って出ますけど、さすがに使いませんけどね、カメラ任せで軽快に撮るのを楽しむのがいいかと。
長く写真を撮っていると、おおよその露出は分かるようになりますけど、それでも露出計できちんと測って丁寧に撮るのが楽しいので、露出計は必需品、リバーサルフィルムで撮る事が多いのでなおさらなのですな。
使っているのは入射光式露出計、その場の明るさを測るもの。露出計と言えば大体こちらを指すことが多いので、このブログでは特別な事が無い限り、露出計って出てきたら入射光式のものだと思っていただきたいなと。(笑)
オジサン、露出計には色々思い出がありましてですね、若い頃入り浸っていた写真屋さんの店長の薦めで、使いこなせるかどうかも分からず買ったのが最初。使い出して、カメラの内蔵露出計任せで撮っていたときによくあった、真っ黒や真っ白に写ってしまう失敗が無くなりました。
きちんと測って撮ると露出のばらつきが無くなるのですな、その頃はモノクロをやっていたので、現像したフィルムのコンタクトシートを作ると一目瞭然、適正露出のコマが並んでましたからね。その後リバーサルフィルムがメインになって、なおさら露出計は必需品になったのでありますよ。
このブログでも何度も何度も露出計を使いましょうって過去に書きましたけど、あまり響かなかったようで。きちんと写真を楽しむのならあって損はないものだと思うのですけどねぇ。(笑)
露出計を使うようになって写真が楽しくなってしまったわけですけど、万能ではありません。得手不得手というものがありますのでね。入射光式露出計が全く役に立たないのが夜景の撮影、繁華街のネオンサインや電飾看板が連なる街並みだとか、山の上から見た遠くで輝く街の明かりなんてのは全く歯が立たないのですな。
デジカメが無い時代はカメラの内蔵露出計の値を元に、露出を変えて何枚か撮ってました。いわゆる段階露出というやつ。当然ムダ打ちも多かったわけで。露出値をメモして、夜景撮影データを収集していたあの頃、まじめでした。(笑)
デジタル一眼レフを使うようになって、撮ったその場で確認できるのは実に便利でした、撮ってみると意外と明るかったり暗かったりするので、すぐに露出を変えて撮り直せましたからね。しかも感度を上げられるので、手持ちで夜景が撮れるという。
デジタルならではの便利さを逆手にとって、フィルムカメラで夜景を撮るときに露出計代わりに使うと失敗率が下がりましたな。デジタル一眼レフでまず撮ってみてその写り具合を元にフィルムカメラに同じ露出をセットして撮るわけで。デジタル一眼レフが必要になるので荷物が増えるのと、撮る手順が面倒くさいのが難点でしたけど。(笑)
で、最近使いだしたipod touchに露出計アプリを入れて、夜景専用露出計にしてしまえば便利なのじゃないかと思ったのですな。
内蔵カメラを利用したアプリなのですけどiTunes Storeで調べてみるといっぱい出てきました、コレを何とか使えないかとただいま鋭意調査中。
最初露出計アプリの話を書こうと思いながら結局露出計の思い出話になってしまいましたけど、調査結果はまた後日という事で。(笑)

|

« インスタ映えと「いいね」のために撮るのって。 | トップページ | ipadは持ち歩ける図書館。 »

撮影とカメラ、お役立ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65768569

この記事へのトラックバック一覧です: 露出計アプリ探し中。:

« インスタ映えと「いいね」のために撮るのって。 | トップページ | ipadは持ち歩ける図書館。 »