« 露出計アプリ探し中。 | トップページ | ipod touchで十分まかなえているアレコレ。 »

2017年10月 3日 (火)

ipadは持ち歩ける図書館。

以前部屋の壁一面は本棚でした。本がぎっしり、その前に防湿庫から溢れたカメラを並べていたのですな。
本屋さんに行くと面白そうとついつい買ってしまって読み終えた文庫本って、いつかまた読むかもって本棚に並べているのですけど読み返す事がほとんど無くて、どんどん増えていくだけ、古本屋さんで見つけてきた大量の昔のカメラ雑誌も本棚を占拠してカビ臭を放っていました。
ある日その現状に我慢の限界がきて本を断捨離、ドキュメントスキャナを買い込んで一気に電子書籍化、いわゆる「自炊」という奴をやってしまった顛末は過去に何度か書いておりますけど、おかげですっきりどころか何も無くなってしまったのは言うまでもありません。まさしくきれいサッパリ、今は写真を飾っています。(笑)
一気に電子書籍化した本は全てipadに入れて持ち歩いてますけどね、考えてみるとコレってスゴイ事ですな、こんな小さな板切れに本棚全部収納。紙の本を否定するわけではないですし、どうしても置いておきたい本はそのまま温存しています。
ただ急に思い出して、確かあの本に載っていたはずなんてときに、お家に帰らないと調べが付かなかったり、どの本に出ていたか思い出せなくて、本棚ひっくり返して片っ端からページをめくらないと分からないというのが結構ストレスになりますな。出てこなければさらにストレス。記憶に頼って探すのは限界があります。ただでさえ色々な事をどんどん忘れていっているオジサン、昨日の晩ご飯も思い出せないのに、本棚いっぱいの本から探すなんてもう無理。(笑)
ところが電子書籍化していると「検索」一つで関連事項が一発で出てきます。今知りたいときに即調べが付くのはホント快適なのですな。ただし電子書籍化するときにテキスト埋め込みにしておかないといけませんけどね。こうしておけば中身の文章が全部検索対象になるのですな。
「あのカメラの記事どこだっけ」ってときにも複数の本にまたがって串刺しで関連記事がリストアップされます。絞り込まれた記事から目的のものを探すのですから実に楽。
セルフの喫茶店でブログの記事を文章専用マシンのポメラDM100で書くとき、傍らにipadを置いて調べながらというのがスタイルになりました。ノートパソコンだと一つで完結するので便利なように思いますけどね、実は書く道具と調べる道具が別々の方が便利でスムーズにはかどるのですな。
ipod touchを併用して使うようになってから、ipadは資料庫としての役割が増えてます。300冊ぐらいの本とネットで調べた資料やら、今まで撮った写真が登録されてるデータベースやら、ありとあらゆるモノをぶち込んで持ち歩ける快感。どこにいても記事が書けますからね。
コレって結構重要、スキマ時間に記事を書くのでカバーを開ければすぐに使えるipadは調べ物をするのにも大きな画面でサクサク。iPadを使うようになってから記事書きは格段にスピードアップしましたな、持ち歩ける図書館が、いつもカバンに入っているだけで万全の体制っていうのでしょうか。
後は面白い事を思いつくだけで書けますからね。セルフの喫茶店で閉店までの30分は図書館片手に一日で一番集中している時間かもしれません。(笑)
_mg_8409_blog お家で記事を書く時はipad新旧2枚をフル稼働、これが意外と便利だったりします。ペンFの事を書こうと調べ中の図、上がレンズのラインナップについての参考記事、下はオリンパスカメラの取説各種。

|

« 露出計アプリ探し中。 | トップページ | ipod touchで十分まかなえているアレコレ。 »

パソコンとかハードのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65709258

この記事へのトラックバック一覧です: ipadは持ち歩ける図書館。:

« 露出計アプリ探し中。 | トップページ | ipod touchで十分まかなえているアレコレ。 »