« 帯状疱疹?何すかそれ? | トップページ | 写ルンですを卒業したら4 押すだけオートハーフ推し »

2017年7月20日 (木)

夏に楽しむアテの色々。

行きつけの酒場で、この季節一番人気なのが冷や奴。安いのに一丁丸ごとのビッグサイズなので人気があるのですな。
水を張ったタライごと業務用冷蔵庫で冷やしてあって、注文するとそこからすくって出してくれるので、見た目も涼しそうでついつい注文してしまうという定番のアテ。ネギとショウガを乗せてハイどうぞ、後はお好みで。
醤油かけたり、ポン酢だったり、七味振りかけたり皆さん自分の楽しみ方で食べてます。若いお客さんがマヨネーズかけてって言ってましたな、旨いの?その食べ方。ま、人それぞれですのでね。(笑)
その季節にしか味わえなかったり、その季節だからいつもよりおいしい食べ物って色々ありますけど、それとお酒を結びつけるのは酒飲みならでは。焼き肉みたいに年がら年中あるものとは違って季節を肴に酒を飲みたいわけで。
半夏生(はんげしょう)という季節の言葉があります。夏至から11日目、7月2日ぐらいを指すのですが、この時期ぐらいからたこがたくさん穫れておいしくなるので、関西では割となじみなのですな。土用の丑と同じような感じかと。
地元兵庫県では明石だこが有名ですが、たこが穫れる事を「たこが湧く」という言い方をします。行きつけの立ち飲みの大将は釣りが趣味なので、この季節になると「そろそろ湧いてきたから、来週辺りたこ釣りに行ってくるわ」なんて言ってますな。
明石海峡の海流の速い所にいる明石だこは、流されないように踏ん張っているので筋肉質で身が締まっています。この食感が大好きなので、大将の釣って来たたこがメニューに並ぶと必ず注文、茹で加減も絶妙なので、たこでばっかり飲んでます、でもぜんぜん飽きないのですな。(笑)
川津えびの唐揚げもおいしい。元気でピンピンしているのをビニール袋に小麦粉と一緒に入れて振ると、暴れ回って勝手に粉まみれになってくれるので、それを油に投入。揚げたてにレモン搾って食べるといくらでも飲めます。(笑)

Img_2049_blog
オバケ(上の写真)に酢味噌をかけたのも夏のアテ。オバケって若い人は知らないかもしれませんが、漢字で書くと尾羽毛、さらし鯨の事なのですな。味わいなんてありません、酢味噌の味で食感だけを楽しむアテ、だけど美味しいのですな、分かる人にしか通じない味わいなのですけどね、オジサンは好物。
夏は焼き穴子もはずせません。買うと大抵タレが付いてくるのですが、必要ないですな。お刺身と同じように、わさび醤油で食べる方が実は美味しいのですよ。
何だか海の幸ばかりになってしまいましたけど、野菜もちゃんと食べてます、茄子の煮浸しや焼き茄子、オクラに鰹節と醤油かけたのは夏の定番、プリプリの冷やしトマトの輪切りをお皿に並べてオリーブオイルと岩塩に粒胡椒ガリガリもいいですなぁ。
季節の物をアテにお酒を飲むって幸せ。休日の献立を考えるだけでワクワクしますな。

|

« 帯状疱疹?何すかそれ? | トップページ | 写ルンですを卒業したら4 押すだけオートハーフ推し »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65535984

この記事へのトラックバック一覧です: 夏に楽しむアテの色々。:

« 帯状疱疹?何すかそれ? | トップページ | 写ルンですを卒業したら4 押すだけオートハーフ推し »