« モノクロに手を出すな。(笑) | トップページ | 夏に楽しむアテの色々。 »

2017年7月18日 (火)

帯状疱疹?何すかそれ?

_mg_8310_blog
年齢とともに、体の不調や病気の事をネタにする率が高まっておりますけど、仕方ないというか情けないというか、生きてりゃ色々ありますので、こんなのも、よもやま話のひとつと言う事で。へこんでいる場合じゃありません、オジサンに起こる様々な事は全部ネタにしてしまうぐらいじゃないとやってられませんからね。(笑)
ある日の事、左耳の後ろにポツポツが、触ると痛いし痒いので、虫さされか何かだろうとムヒを塗りました。我が家は古いお家なので、家の中に虫がよく居たりするのですな。以前家ダニに咬まれてエライ目にあってバルサン焚いたことがあったので、またそういう季節かと思ったのですな。
次の日ポツポツが後頭部にまで広がってきて部分的にボコボコになっていたという。家内に「はよ医者行け」っていわれたのですけど、その日は仕事が超忙しくて行けずじまい。またムヒ塗って寝たのですけど、翌日もっとひどくなって、熱っぽいわ、寒気がしてくるわで「こらアカン、ただの虫刺されと違うがな」って慌てて医者に駆け込んだわけで。
医者って何であんなに待たされるのでしょうね、受付横のモニターに、只今の待ち人数54人って出ていてうんざりしました。結局3時間待ってやっと名前を呼ばれました。で、受診時間は3分で済んでしまったという。
先生ポツポツを見るなり「帯状疱疹ですね」と一言で終り。
「何すかそれ?」
先生曰く要するにヘルペスの一種だそうで、子供の時にかかる水疱瘡が大人になって出てくるというもの。水疱瘡って直ったように見えて実はウイルスが体内の神経節に潜伏しているのだそうで、歳いって体の免疫力が低下したりバランスが崩れたときに再び活動をはじめ、神経を伝って皮膚に到達発症するというウイルス感染症。体の右か左のどちらか半分にしか出ないのが特徴で、神経にダメージを受けるので、神経痛などの後遺症がまれにあるらしいのですな。
発症後48時間以内に飲めば直る特効薬が今はあるそうで、それを処方しますって言われて終わりましたけど、ヤバイ48時間越えているぞ。空き腹じゃまずいので、セルフの喫茶店でホットドッグ食べて慌てて薬を飲みましたけどね。何とか間に合ったのか只今緩やかに収束中。
でも時々すごく痒いときがあるので、一緒にもらった塗り薬も塗っておりますけど、後頭部なので家内に塗ってもらわないと自分じゃうまくできないのが情けないですな。しかも髪の毛ボサボサなのに直るまで散髪も行けませんし。
鏡を見るとみすぼらしいオジサンの姿が。もう笑うしかありませんな。(笑)

|

« モノクロに手を出すな。(笑) | トップページ | 夏に楽しむアテの色々。 »

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私、20代の頃右脇の下が痛痒いと思ったら帯状疱疹を診断されました。神経に沿って出るのだと当時も説明を受けました。皮膚のちょっと深い目のところだったらしく、5センチほどのケロイドとなってしまって、30数年後の今も季節・気圧の変わり目には鋭く痛みます。
一見、ナイフで刺された傷跡のようになってしまっています。
穏やかに収束中とのことですが、くれぐれもお大事にお気をつけください。

投稿: 旅芸人 | 2017年7月18日 (火) 06時31分

よもかめ亭主さま、おはようございます。
この機会に全身の健康診断をしてみては?
会社で毎年やってればそれでいいですけど。
頭の帯状疱疹は、何か病気が隠れてることがあると
聞いたことがあるので。
ご健康をお祈りしてます。

投稿: Myrrh | 2017年7月18日 (火) 07時30分

お早うございます。初めてコメント致します。私にとっても帯状疱疹は
他人事ではなかったので。私は今から30年ほど前の30代後半の頃、こ
れにかかりましてひどい目に会いました。ちょうど今頃の季節の夏休中
に仲間とゴルフに行きまして、雨模様でしたが寒くもないし濡れたまま
やり終り、家に帰ってから、喉やら耳やらが少し痛い感じがしたので、
翌朝近くの町医者に行ったのです。その時は軽い風邪でしょうというこ
とで飲み薬をもらって飲んだのですが、夕方になって熱も出て首の後ろ
に発疹のようなものが出ました。それでも寝ればよくなると思ったので
すが、翌日には39度以上の発熱となり、それ以上に背中が焼きゴテを当
てられたような激痛がし始め、慌ててもっと大きな病院に行きましたら、
これは帯状疱疹というもので免疫注射で治りますと言われ、そのまま半
日入院しました。そして看護婦がやや太めの注射器を持ち出し「これ一
番高い注射ですよ」と言いながら、打ってくれました。‥やはり子供の
頃の麻疹(はしか)のヘルペスウイルスが、体に潜伏していて、成人し
てからストレスなどで体力が低下した時に暴れ出し、痛みと高熱を発す
るのだということでした。幸い夏休み中でしたので、休み明けに何事も
ない顔で出社しましたが、親しい職場仲間に話をすると、あるベテラン
女子社員が「それは体の弱い部分に発症するのよね。あのS常務は頭の
中に出たのよ」と物知り顔で言うのです。それで「S常務は頭が弱かっ
たのか‥」という話に落着したのです。‥長いコメント失礼しました。coldsweats01sweat01

投稿: 平戸皆空 | 2017年7月18日 (火) 09時42分

旅芸人様、こんばんは。
こんな病気があることすら知らなかったので、医者に行って説明を受けても何じゃそれでした。ネットでいろいろ調べましたけど、後遺症がどんな形で出るのかまでは出てないですね。一番知りたいことは医者でもネットでも分からないのならどうしろというのかって気持ちです。(笑)って笑えねぇ。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月18日 (火) 22時53分

Myrrh様、こんばんは。
職場の健康診断は毎年受けているのですけど、アレはザルですな。大きな病気なんて何も見つけられない、形だけのものですね。何か病気が隠れていたとしてもジタバタしませんよ。飯が食える内は人間死にませんからね。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月18日 (火) 22時58分

平戸皆空様、はじめまして、こんばんは。
私も後頭部に出ました。頭が悪いのは薄々感じていたのですけどね。ウイルスに教えられた格好です。(笑)って笑ってる場合じゃないのですけどね。診断を受けて薬をもらったのですけど、保険適用外って書いてあってえらく高かったです。こんな薬より酒飲んで自力で直してやろうかと考えたのですけどね、痛くて断念しました。(泣き笑い)

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月18日 (火) 23時04分

こんばんは。
私も20代前半に左の首から髪の毛の生え際くらいまでビンビンに出ましたよ。薬を真面目に塗ったり飲んでも夜も眠れない程の激痛が何日も続きほとほと参りました。仕事中はYシャツの襟がブツブツに当たる度にズキッとなって「ぎゃっ」っと声が出ました(笑)薬塗って電車に乗るのも恥ずかしかったです。白いクリームが子供みたいで・・・。自分の頭の後ろが見えないので余計視線が気になって。
早く完治するといいですね。

投稿: 想桜 | 2017年7月19日 (水) 22時34分

想桜様、こんばんは。
病気の事を記事にしても反応は薄いだろうと思っていたのですが、意外なことにコメントが多くてびっくりしています。結構ポピュラーな病気なのですね、緩やかに収束中ではありますが、時々ズキッとなることがあってまだまだ安心できません。年齢と共にこの様な有様と共存していくしかないのかと思う次第です。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月19日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65507400

この記事へのトラックバック一覧です: 帯状疱疹?何すかそれ?:

« モノクロに手を出すな。(笑) | トップページ | 夏に楽しむアテの色々。 »