« リバーサルフィルム5本で一万円までなら。 | トップページ | 明るい老後に、ゲンキとゲンキン(笑) »

2017年7月30日 (日)

ペンFシリーズのレンズラインナップを眺めてみたら。

_mg_8326_blog
ハーフサイズカメラの中で唯一の一眼レフ、オリンパスペンFシリーズ。見た目もかっこいい名カメラ、交換レンズは35ミリ一眼レフのミニチュアみたいで、ちっちゃくて可愛いのですな。カメラにひとつレンズを付けて、あと1~2本ぐらい持ってお出かけしても全然苦にならないコンパクトさなのが楽しいわけで。小さなカメラバッグにもすんなり収まりますしね。
オジサンが持って出るときのセットはペンFTボディにF.Zuiko Auto-S 38mm F1.8標準レンズを付けて、それと広角はE.Zuiko Auto-W 25mm F4かG.Zuiko Auto-W 20mm F3.5、望遠はE.Zuiko Auto-T 100mm F3.5という組み合わせ、あとZuiko Auto-Zoom 50-90mm F3.5というズームレンズもあるのですけど、あまり使ってませんな。やはり単焦点レンズが似合うかと。(笑)
ペンFTは楽しいカメラなのですけど、ファインダーが決して明るいとはいえないのがオジサンにはちょっとつらいところ。特にF3.5やF4クラスのレンズを付けるとかなり暗く感じます。明るい屋外だとまだ問題はないのですけど、ピント合わせに一苦労します。
広角レンズですと、被写界深度の深さを利用して撮れば大丈夫なのですけど、100ミリの望遠レンズはそうは行かないので、慎重にピント合わせをしなくてはなりません。他のペンFシリーズとは違って一眼レフですのでね、背景ボケボケ写真なんか撮って見たくなるのですな。
そんな事もあって、いっちょレンズを充実させようかと、調べてみたのですけどね、出てきませんでしたな。結果は今のままで行くしかないかという結論。(笑)
ペンFシリーズの当時のレンズラインナップを見てみると分かるのですけど、標準レンズは5本もあるのに広角レンズは3本としょぼい、中望遠レンズとズームは各2本、望遠レンズ5本にマクロレンズ1本と今の目線から見ると広角側のいいレンズが少ないという。当時のレンズ設計の技術を考えると仕方ない事なのですけどちょっと物足りなさも感じるわけで。
デジカメのフォーマットでAPS-Cサイズというのがあります。サイズだけ見るとハーフサイズと近いサイズなのですな。このレンズがマウントアダプターでペンFに付けられたら、当時のレンズラインナップを補完できて面白いのではと思ってしまったわけで。絞りも電気仕掛けで動く今時のレンズを付けても使い物にならないのは分かっていますけどね。(笑)ただ種類だけは豊富なので何とかなったら楽しいのではと。
デジカメにオールドレンズを付けるマウントアダプターはたくさんありますけど、オールドカメラに最新レンズを付けるという逆バージョンマウントアダプター。全く需要は無いでしょうけどね。(笑)

|

« リバーサルフィルム5本で一万円までなら。 | トップページ | 明るい老後に、ゲンキとゲンキン(笑) »

ハーフサイズカメラ」カテゴリの記事

コメント

フイルムカメラのペンFのスタイルは最高ですね。初めて見た時はこれが一眼レフだなんて信じられませんでした。大阪万博のタイムカプセルにも入れられたくらいですしライカの技術者も米谷さんに敬意を表したくらいですから。ただキヤノンがF-1のスタイルをバッサリ捨ててEOS-1(T90?)のようなスタイルで成功したのに比べオリンパスはいつまでも過去の栄光に拘るのでしょう。オリンパスが生き残る道はそこだと思いますが如何でしょうか?

投稿: フォックスモルダー | 2017年7月30日 (日) 08時21分

フォックスモルダー様、おはようございます。
全くその通りだと思います。デジタルのペンが発売になった時、ちょっと待った!って思いました。ペンの名前は米谷氏に敬意を表して、野球の背番号の永久欠番のように使わないようにしてもっと新しいカメラを考えてほしかったですね。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月30日 (日) 09時31分

よもかめ亭主様、こんにちは。
この前100mmで撮った写真は手ブレが多かったんです。レンズが小さくてもやっぱり望遠は標準と同じ気持ちで使ったらダメですね。
アダプターではないですけれど、次はペンFと一緒にいただいた中間リングで接写をしてみようかなと思ってます。実絞り?になるんですよね。露出もちょっと難しそうですけど、とりあえず数枚撮ってみます♪

投稿: りえぽん | 2017年7月30日 (日) 15時01分

りえぽん様、こんばんは。
ペンは長いレンズを付けると意外とブレますね。シャッターボタンのストロークがあるのと少し左寄りのせいかもしれません。女性の手だとちょっと遠いかと、もう少し右寄りで軽いシャッターだとそうはならないと思うのですけど、時代背景を考えると仕方ないことかもしれませんね。接写リングも等倍撮影の出来るマクロレンズが設計できなかった時代のアクセサリーと考えると納得がいきます。試してみてください、結構楽しいですよ。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年7月30日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65565714

この記事へのトラックバック一覧です: ペンFシリーズのレンズラインナップを眺めてみたら。:

« リバーサルフィルム5本で一万円までなら。 | トップページ | 明るい老後に、ゲンキとゲンキン(笑) »