« 普通のカバンにカメラバッグになってもらおうか。 | トップページ | 立ち飲み百景22 悲しい酒の状況 »

2017年5月21日 (日)

写ルンですを卒業したら3…OLYMPUS TRIP35推し。

_mg_8140_blog
写ルンですでフィルムカメラ入門、楽しくてフィルムカメラが欲しくなったけど、どんなカメラがあるのか分からないし、写ルンですと同じぐらい簡単に使えて、もっときれいな写真が撮れるカメラをなるべく安く見つけたい方にイチオシなのがOLYMPUS TRIP35。
オジサンこのカメラについては何度か書いています、いいカメラなのでね。ココログのアクセス解析で見てみると検索ワードの上位になぜかいつもいるという。それだけフィルムカメラファンの関心が高いカメラって事なのでしょうか。
誰でも簡単手軽に写真が撮れる事で一世を風靡したハーフサイズの名カメラにOLYMPUS-PENシリーズがあります。その中のOLYMPUS-PEN EESを35ミリフルサイズにしたのがこのカメラ、なので写りがいいのは血筋かと。
20年もの長きに渡り1000万台も生産されたので中古でもいっぱいあるという事。元々低価格のカメラなので中古カメラ屋さんでも高い値段が付けられてませんな、どこでも見つかりますし、リーズナブルな価格で並んでいるのもありがたいところ。
見た目もカメラらしいと言いましょうか、ちょっとレトロ感もあって格好いいカメラ。使い勝手がシンプルで簡単なところもオススメしたい理由です。ピント合わせは4つのアイコンのいずれかに合わせるゾーンフォーカス方式、後は背面の巻き上げダイヤルでフィルムを巻き上げてシャッター押すだけ、迷う事無く使えると思いますね。

L35220_blog
で、記事に掲載するために早速リバーサルフィルムを入れて撮り歩いてみました。露出のシビアなリバーサルフィルムで問題無く撮れることは分かっていますのでね。過去に撮った写真を見てみたらリバーサルフィルムばかりでした。と言うかそれしか使ってない。でも抜群の写りだったのでネガフィルムは使いませんでしたな。

このOLYMPUS TRIP35、露出に関しては非常に割り切った設計だと思います。シャッターは1/30秒と1/125秒の2速のみ、後は絞りで適正露出になるようにコントロールする仕組みなのですな。室内や暗い場所、日陰などではシャッタースピードが1/30秒になるので手ぶれしないようにカメラを構えなくてはいけません。写りのいいレンズが付いているのに手ぶれしては何にもなりませんからね。
明るい屋外だと全く問題無く素敵な写真が撮れます。特に晴れた日に順光で撮るような場合は、こんなにシャープできれいな写真が撮れるのって驚くぐらいの写真が撮れますな。写ルンですでは真似できない描写、押すだけ簡単カメラでこれだけ撮れれば文句も出ませんよ、オジサン過去にこの描写にノックアウトされてしまったこと数知れず。おかげで未だに手放せないわけで。

L35224_blog
コンパクトなカメラというわけではありません、かといって、大きすぎることもない。手に馴染むというか程良い大きさでありながら、重くもないので首から提げていて心地いいのですな。で、いい仕事をしてくれるという。
フィルムカメラ入門にベストな選択、オジサンおすすめの一台、中古カメラ屋さんで探してみてはいかがでしょう。では撮った写真をどうぞ。

L35222_blog
歓楽街の路地、夕方の日差しがモロに看板に当たっている所は白飛びしてしましましたが、意外とシャドー部分も潰れずに描写してました。ダメかもって思ったのですけどね。

L35243_blog
快晴、順光だとかなり絞り込まれるので、隅々までシャープに写ります。気持ちいいですな。

|

« 普通のカバンにカメラバッグになってもらおうか。 | トップページ | 立ち飲み百景22 悲しい酒の状況 »

35ミリカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/65216476

この記事へのトラックバック一覧です: 写ルンですを卒業したら3…OLYMPUS TRIP35推し。:

« 普通のカバンにカメラバッグになってもらおうか。 | トップページ | 立ち飲み百景22 悲しい酒の状況 »