« ブログサービスは安定が一番。 | トップページ | フィルムカメラはおばちゃんのたこ焼き。 »

2017年2月16日 (木)

思い出と写真が残った1 マミヤC33

L13727_blog
今まで色々なカメラに手を出してきたオジサン。当然ながら今はもう手元に無いカメラもたくさんあります、諸々の事情があって手放してしまった通り過ぎていったカメラたち。だけど撮った写真と思い出だけは残っています。頭がボケない内にそんなカメラのことを書いておこうかと、昔撮った写真を見ながら思ったのですな、懐古趣味にならないように回顧してみようかと。(笑)
で、最初の一台はマミヤC33、レンズ交換が出来る二眼レフ。使われずに仕舞い込まれていた物を交換レンズやアクセサリー類一式と共に譲り受けたもの。オジサンが初めて使った中判カメラでした。当然二眼レフも初めて。
交換レンズの何本かはカビでダメになってましたがシリカゲルと一緒にケースに入っていた物は無事だったので使いまくりましたね。何しろ35ミリ一眼レフしか知らなかったので、作法が全然違うし、6×6のましかく画面は構図が決まらなくて撮ってて楽しかったですな。
120フィルムで12枚、35ミリ感覚でパシャパシャ撮っているとあっという間、取り終えたフィルムがカメラバッグの底にいっぱい転がってました。現像代なんて気にしてなかった頃、撮りまくってました。
二眼レフとしては超重量級だしデカイ、構造が他社の二眼レフと違って、レンズの付いた前面が蛇腹で丸ごと繰り出す方式、大判のビューカメラに近いかと。おかげで接写も強くてかなり寄れました。ただし二眼レフなので上のレンズで見て下のレンズで撮るため視差が生じるわけで、それを補正するパラメンダーという三脚に付けるアクセサリーがありました。構図とピントを合わせてレバーを操作すると下のレンズがその構図に来るようにカメラが上に持ち上がるというもの、面倒くさいのでほとんど使ってませんでしたけど。(笑)
レンズ交換は、前面横のレバーを解除してビューレンズとテイクレンズの二本セットになったレンズユニット丸ごと付け替えるようになっていて、フィルムが感光しないように、確か遮光板が降りてくるようになっていたと記憶しています。
交換レンズと共に持ち出すと結構な重量でしたけど、若かったので平気だったのですな。何しろ初めての中判カメラ、現像上がりのフィルムを見て、大きさに、描写の細密さに一々感動してました。今でも中古カメラ屋さんで見かけるとついつい足が止まります。
マミヤのCシリーズはロングセラーカメラだったのでたくさんの機種があって、今でもきれいな物を結構見かけますな、レンズも手頃な値段で並んでいます。二眼レフを楽しむとなると今時だとローライという事になるのでしょうが、交換レンズも楽しむのなら唯一無二の選択肢。マミヤらしい質実剛健さ溢れる二眼レフ、ローライより遙かにお安く買えますしね。本気の二眼レフ入門にオススメしたい一台です。

L13781_blog
カメラそのものの写真は無いので検索していただければと思います、今回の写真は2002年に撮ったものでした。上の写真は70年代アンティークのお店、下の写真は明石にある有名なうどん屋「麦きりトクオカ」さん。最初、入口のイラストを見てバーか何かかと思いました。ここのうどんはスゴク美味しいです、オススメ。JR土山駅から北へ歩いた所にあります。

|

« ブログサービスは安定が一番。 | トップページ | フィルムカメラはおばちゃんのたこ焼き。 »

中判カメラ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

>だけど撮った写真と思い出だけは残っています。

写真(カメラも)をやっていて一番大事な事はこれですね。私もカメラは呆れるほど買いましたが時々写真整理していて昔の子供の写真とか見ると「ああアイツも昔はこんなに可愛かったんだなあと思ったりします。今じゃ私より力があるかも?
最近は断捨離をやっていますので手付かずのネガシートやアルバムに貼っていない写真の整理で一日終わっちゃうことも多いですよ。

カメラ業界もニコンの不振やキタムラの大量閉店など暗い話が多くて春先にかけて明るい話題が欲しいものです。

投稿: レイの父親 | 2017年2月16日 (木) 09時01分

レイの父親様、こんばんは。
たくさんのカメラを使ってきましたが、持っていたことすら忘れているカメラがあるのですね、写真を見ると思い出すのですが。これは思い出せなくなる前に何とかしようと記事にしました。(笑)
断捨離中とのことですが、写真の整理って手間がかかりますよね、私はとにかくデジタル化してしまおうと、チマチマ複写しています。地震や天災など、何かあった時にはポータブルハードディスク持って逃げればいいかと。

投稿: よもかめ亭主 | 2017年2月17日 (金) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/64824141

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出と写真が残った1 マミヤC33:

« ブログサービスは安定が一番。 | トップページ | フィルムカメラはおばちゃんのたこ焼き。 »