« 一眼レフに帰ってくる。 | トップページ | ポメラDM200を見送った件。 »

2017年1月24日 (火)

基本、グルメじゃ無かったって事。

30代の独身の頃は、同僚とよく飲み食いしまくってました。中華料理が好きだったので、元町界隈の中華料理屋さんはほぼ制覇。毎日のように食べ歩いていたのですから当然ですが、あの頃は、この店のコレが旨いだの、あの店のアレが絶品だのとうんちくを垂れていました、そんなのが楽しかったのですな。お金も勢いも時間もありましたしね。
エスニック系や、ややこしそうなお店、評判になっているお店も突撃。ぐるなびや食べログのコメントみたいに、上から目線でお店の評価をするのが、何だかその方面に詳しい人みたいに思っていました、たくさんのお店を知っている事に得意になっていた頃。実際よく色々なお店に行きましたな、楽しかったですよ。
ただ、その頃よく行っていたお店もずいぶん無くなったり、代替わりしてしまったりしています。経営者が変わって名前は同じでも別物になってしまったお店もありました、そうなると足が遠のきます。歳と共に好みが変わってきたのもあって、若い人のお店は行かなくなってますし、リピートしたくなるようなお店も無くなっています、一度行ったらもういいかと。
そんなこんなで馴染みのお店はほんの数軒になっていますが、そういうのがいいなぁと思うようになりました。飲む量が減っているのもありますしね。評判の料理があるわけでもなく、美しくもおしゃれでもないけれど、何時も変わらない安心感とでも言いましょうか、毎日当たり前のように通えるお店の方が心地よくなってきたのですな。若い頃のような食べ歩きなんて長く続くものではありません。それよりも大切なものが見えてきたわけで。
変わり映えのしないことはいい意味で安心だと気が付いたオジサン。まるで台所の延長のような気の置けないお店の片隅で常連の馴染みの顔と世間話を肴に一杯、河島英五さんの歌ではないですが、肴は特に拘らず、ひとときを楽しむのが良くなってきたのですな。
基本グルメなんかじゃなかったって事、あの楽しかったお店巡りは長く通える馴染みのお店を見つけるための食べ歩きだったのかもしれません。仕事帰りの帰り道、いつものようにのれんをくぐり、いつもの顔ぶれといつものお酒にいつものアテ。いつも変わらない空間でほろ酔いになるまでお酒を頂き、また明日。そんな日常がなじむ歳になったオジサン。こういうのがいつまでも続いてほしいと思うようになりました。

L15362_blog
街歩きで見つけた看板に思わず拍手。こういうのがいいのですよ。まだ支度中で入れませんでしたけどね、間違いなくいいお店じゃないかと。(笑)

|

« 一眼レフに帰ってくる。 | トップページ | ポメラDM200を見送った件。 »

食べる、飲む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/64719465

この記事へのトラックバック一覧です: 基本、グルメじゃ無かったって事。:

« 一眼レフに帰ってくる。 | トップページ | ポメラDM200を見送った件。 »