« 基本、グルメじゃ無かったって事。 | トップページ | キヤノンEOSシステム30周年 »

2017年1月26日 (木)

ポメラDM200を見送った件。

新しくポメラDM200が発売されたとき、買う気満々だったオジサン。ブログ記事を書くのに最適な電子文具なので、新型は当然ながら即購入のつもりだったのですが、さっそく購入して使っている方のレビュー記事を見ていてちょいとばかり気持ちがしぼんでしまったのですな。キングジムさんがウリにしている部分が、あまりオジサンにはそそらなかったという事なだけなのですけどね。(笑)
日本語の変換については、すごく良くなったようで、実はココすごくそそる部分なのですが、今使っているポメラDM100でも、オジサンの書く雑文ぐらいなら、辞書登録をしまくっているので、あまり不満を感じずに使えていて、とりあえずこれでイイかという気持ちなのでありますよ。超おバカな変換を時々やらかしてくれますが慣れました。というか楽しんでます。(笑)
日本語の変換ってすごく奥の深いワガママな世界、変換したときにややこしい言葉を一発で変換してくれると、賢いなぁと感心してしまうのですが、ややこしくない言葉をまともに変換できなかったりすると、こいつアホやなと一気に評価が下がります。その辺りも踏まえて、どれぐらい良くなっているのかは興味があるのですけどね。こればっかりは買ってみないと分からないので保留中。(笑)
画面が広くなったのはイイところだと思いますが、代わりにサイドに付いていた一発で呼び出せた辞書などのボタンが無くなりメニューからの呼び出しに。これは便利か不便か評価の分かれるところだと思います。キーボードから手を離さずに、呼び出せる方が便利って方もいるでしょうからね、オジサンはボタン一発が気に入っていたのでちょっと不便かなぁと。
キーボードの使い心地も良くなっているそうですが、これは慣れの部分もあるので、使って見て違和感があっても長く使っていると、どうでも良くなってしまうかもしれません。ハードに長文をガンガン打つ方には大切なところなのかもしれませんけどね、オジサンはこだわりませんよ。
製品発表があったとき、がっかりしたのが、バッテリーが電池から充電式の内臓バッテリーになったところ、今時の流れを考えると、電池じゃ力不足なのでしょうけど、ココは死守して欲しかった部分。モバイルバッテリーに対応しましたって言われてもねぇ、充電式の内臓バッテリーは使えば使うほどヘタっていきますからね。何年か使えば当然保たなくなるでしょうし、使用時間18時間に減って、充電時間5時間ってどうなんですかね。電池入れ替えれば済むだけの方が良かったのですけどね。
無線LAN機能搭載も、最初見たとき便利かなって思ったのですけど、レビューを見ていると遅くてとても便利とは言えない模様。おまけ機能と割り切った方がよいなんて書いてるところもありました。出来ますと使えますは別、使えても遅ければ使わなくなるかと、興味が薄れた部分でした。
文句ばっかり書いておりますが、一番のがっかりは値段が高い。49,800円+消費税だって。だいぶ値段もこなれてきているようですが、それでも高いな~。使う人が絞られる電子文具なので、高くても必要と割り切れる人は買うのでしょうけどね、おいそれと手を出しにくい価格、オジサンにはココが黙り込んでしまった部分。我が家の大蔵省予算委員会も通過できませんよ。(笑)

_mg_0058_blog

|

« 基本、グルメじゃ無かったって事。 | トップページ | キヤノンEOSシステム30周年 »

パソコンとかハードのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/64670566

この記事へのトラックバック一覧です: ポメラDM200を見送った件。:

« 基本、グルメじゃ無かったって事。 | トップページ | キヤノンEOSシステム30周年 »