« 年の瀬あれこれ。 | トップページ | 仕事納めに二人「ご苦労さん会」 »

2016年12月27日 (火)

思わぬ物が、高値で売れちゃった話。

_mg_0004_blog
行きつけの中古カメラ屋さんで話し込んでいたときの事、今時の相場だとか、中古市場がどんな感じなのか、その辺りの世間話をしていたわけですな。並んでいるカメラも、デジタルの中古が増えて、フィルムカメラはどんどん隅っこに追いやられている感があったので、お店の側から見て実際どうなのよって事を聞いてみたわけで。
それによると、フィルムカメラを長年使ってきたいわゆるベテランやハイアマチュアの人たちのデジタルカメラへの乗り換えは一段落、そういう人たちが手放したフィルムカメラが一時はたくさん並んでいたそうですが、それも徐々に少なくなって、今度はデジタルカメラの買い換えで中古が増えてきているとの事。
古いフィルムカメラは場合によっては修理や整備が必要なので、買い取りも売るのも高値は付けられなくなっている模様。ただ、熱いフィルムカメラファンはやはり居るわけで、「探してらっしゃるお客様は、まだまだ居ますね。」との事。
聞くとハーフサイズカメラはフィルムカメラを知らない若い世代も含めて、結構動きがあるそうです。フィルムカメラ入門にハーフサイズカメラはベストチョイスですからね。若い人にもっと使って欲しいですな。
話の中で、思わず食いついてしまったのが、カメラバッグの買い取り。お店の天井には、たくさんのカメラバッグがぶら下がっているのですが、こういう物も買い取りしてくれるそうで、テンバ、ドンケ、国産だとラムダは高価買い取りだそう。
お家には若かりし頃、一週間の撮影旅行に使っていたラムダのリュックがあります。今となってはとても持って歩けないでかい奴。このまま置いていてもいずれは粗大ゴミとなってしまう運命のリュック。「次来るときにでも持ってきて下さいよ」の一言で心が動いてしまったわけですな。
で、持って行きました。結果は立ち飲み10回分以上の思わぬ高価買い取り価格。こんな物絶対に売れないと思っていたのでビックリしましたけど、高値で売れるのはありがたいので引き取ってもらいました。使わずに何年も置き去りになっていた物が全く予想してなかった値段で買い取りしてもらえたわけで。カメラよりもはるかに高価で売れたことにちょっとショックでしたけど、需要はあるのだなぁと認識を新たにしましたな。
ついつい色気を出してしまってカメラ以外の物でどんな物が売れるのか聞いてみたのですけどね、限定や記念バージョンの物、カメラ購入でもらえる特典グッズ類はコレクターズアイテムとして、実用品ならジッツォ、ハスキーの三脚は以外と高価買い取りなのだそう。
我が家には何故か色々ありますよ。三脚は使うので出しませんが、未開封の記念ストラップだとか、ポーチだとか、使わずに置いたままの物が色々と。(笑)
オジサンがこの先使うことはないけれど、コレクターにはそそるブツ、年の瀬の大掃除を兼ねて、まとめて放出することにしようかと。これでお正月の餅代が出来て、すっきり片付きますからね。(笑)

|

« 年の瀬あれこれ。 | トップページ | 仕事納めに二人「ご苦労さん会」 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/64607875

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ物が、高値で売れちゃった話。:

« 年の瀬あれこれ。 | トップページ | 仕事納めに二人「ご苦労さん会」 »