« 新型ポメラDM200登場に色々考え中。 | トップページ | ○○の秋。 »

2016年10月13日 (木)

「便利」イコール「楽しい」ではない。

デジカメの新製品が出る度に、どんどん興味が薄れていくのはなぜでしょうか、スゴイな~、こんな事もできるようになったのって感心はするのですけどね、じゃあそれが必要かというと、そうは思わないのですな。すごいテクノロジーですごい仕掛け満載なのに、それをどうしても使ってみたいって気持ちにはならないという。詰まるところおじさんの思うカメラというものからどんどん違うものになっていっているからではないかと。
特に動画機能にそう思います。全然動画なんて撮らないので、そんなものいるのかな~何て思っているのですが、今や当たり前どころか、4Kなんてすごく高画質の動画なんてのも当たり前になりつつあるようで。
動画の中からお気に入りの一コマを写真にする4Kフォトなんて、主流になったら写真の意味もガラリと変わってしまいますな。動画で撮りっぱなしにした中から、いいところだけ写真にするのが写真の当たり前になるのでしょうね。
この一瞬を切り撮るのが写真のおもしろさだと思っているオジサンにはもうついていけない世界。どんどんフィルムカメラに引きこもり中。(笑)
アートフィルターなんて写真に加工を施す機能も全然使いませんな、必要なのかなと。フィルムの時代と違って、写真は画像という名の素材、後から自分の好みで幾らでも加工することができますし、それが当たり前の楽しみ方になっています。
はじめからそれが前提の便利な機能やその他諸々が搭載されているのはデジカメならではなのでしょうが、「便利」がそのまま写真の楽しみだとは思えないのですな。
古いフィルムカメラを使っていると、いろいろ手順や作法があって、はっきり言って便利で使い易いとはいえません。フィルムの巻き上げを忘れると多重露光になってしまったり、シャッターチャージが連動してなくてセットするのを忘れたり、カメラにもよりますが、いろいろやらなくてはならない事があります。
で、それで「面倒くせ~」って思わないのですな。そういう不便が実は「楽しい」だったりします。一枚の写真を撮るまでに踏む手順も、撮る楽しみの内だと思うのですよ。カメラが何でもやってくれて、与えられることを楽しむデジカメに比べて、自分で考えて何とかしないと写真が撮れないことが楽しいとでもいいましょうか。
こんな今時ではないカメラライフを楽しんでいるオジサン。デジタルになって、ついて行けないというより、むしろカメラがどんどん違う道へ遠ざかって行くように思えるのは私だけでしょうか。

_002_blog
オジサンの持ってるカメラで古いのがこの2台。左がツェルト社のツェルトネット(Certonet)、1925年頃と思われます。右がコダック社のKodak No.1 Autographic Special, Model A、1918年製(大正7年)。どちらもブローニーフィルムを使う6×9判。ジャンクだったのでかなりガタガタなのですけどね、カメラとして必要な物以外何もありませんのでガタガタでも壊れてはいないのですな。使うにはボタンを押して前ぶたを開け、レンズを引っ張りだしてセットしなくてはなりません。実はこれが楽しいのですな。(笑)

|

« 新型ポメラDM200登場に色々考え中。 | トップページ | ○○の秋。 »

写真とカメラ、あれこれ」カテゴリの記事

コメント

>むしろカメラがどんどん違う道へ遠ざかって行くように思えるのは私だけでしょうか。

カメラは今や数値の競争で優劣を問う機械でしかないです。どんどん便利になって測距点なんか100点越えもありますからね。EOS-3が出た時などぼろくそに言われましたが、それも随分と昔の事です。久しぶりにニコンFEを弄ってみましたがMFだし手振れ補正も無いので写真の基本から楽しめるのはやはり良いです。それと持った時の触感はデジカメじゃあり得ません。やっぱりミラーがバシャと上がり下がりする振動は撮ってるぞと感じますね。

投稿: レイの父親 | 2016年10月13日 (木) 09時15分

よもかめ亭主様、こんにちは。
はい、カメラに関しては不便は楽しいですね。巻き上げ、シャッターチャージ、楽しくてしょうがないです。2回巻き上げのペンFなんて、これまた楽しさ倍増ですからたまりません。
カメラ雑誌も面白くないし、というか私にはチンプンカンプンなんですけども(笑)
私もますますフィルムカメラに引きこもりそうです(^^)

投稿: りえぽん | 2016年10月13日 (木) 15時58分

レイの父親様、おはようございます。
ニコンにせよキヤノンにせよ、昔のカメラは各社の色合いがハッキリ出ていて個性がありました。数値争いの機械になってしまってから個性も感じないのですよ。で、どんどん時代に逆行中であります。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2016年10月15日 (土) 07時26分

りえぽん様、おはようございます。
そうなんですよ、カメラ雑誌が全くつまらない。最近は立ち読みすらしておりませんです。(笑)どの雑誌も書いてある事一緒、コレならネットのニュースで十分ですからね。どうしてもっと写真&カメラの楽しさを伝えようとしないのでしょうね。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年10月15日 (土) 07時30分

よもかめ亭主様こんばんは。
デジタルの楽しみ方がわからないのは本当に同意しますね。
便利だから使うけど楽しくない。楽しくなーーーーい。
フイルムに回帰してなかったら写真辞めてたと思いますよ。

市内の写真サークルの展示をよく見るのですよ。よく行くところでやってるので。
あんまり面白い写真もないんですけどね、昔から。
最近目がチカチカするような解像しすぎる写真ばっかり。
その辺りも面白くないですね。絵のような写真が好きなんです。
この人はこれが写したかったんだな、ってハッキリ伝わって来る写真。
デジタルでそういうもの撮れる人もいますけど、少ないですね。

投稿: Myrrh | 2016年10月15日 (土) 23時02分

Myrrh様、おはようございます。
最近知り合いからデジタル一眼レフ購入について聞かれたので調べてみたのですが、ダブルズームキットが5万円ほどで買えるのですね。もうカメラって感じがしません。それで色々加工とかも出来るのでしょう、写真撮ることの意味がデジタルでひん曲がっちゃったように思うのですよ。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年10月16日 (日) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/64214791

この記事へのトラックバック一覧です: 「便利」イコール「楽しい」ではない。:

« 新型ポメラDM200登場に色々考え中。 | トップページ | ○○の秋。 »