« 石川県の珍味、ふぐの子のぬか漬け。 | トップページ | 立ち飲み百景7 休日の昼酒は、お年寄りパラダイス。 »

2016年4月28日 (木)

絞っても絞りきれない絞りの世界。

以前「これでスッキリ被写界深度」で焦点距離、撮影距離、フォーマットの違いで絞りの効果が変わることを書きました。今回は絞りについて、思いついたことをつらつらと。それぐらい絞りって面白いということなのですな。
同じものを撮っても、絞りを変えれば出来上がる写真は全然印象が違うものになります。絞りを開けて、つまり数値を小さくすれば一カ所にピントが合って周りはボケボケの印象的な写真になります。反対に絞りを絞り込んで、つまり数値を大きくするとボケたところが少なくなって撮るものによっては隅々までピントが合った写真になるわけですな。
コンパクトデジカメやスマホのカメラを卒業して、デジタル一眼レフデビューした方からカメラのことを質問されると、必ずオススメしているのが、絞り優先モード。モードダイヤルをA(メーカーによってはAv)にするだけなのですけどね。

_0014590_blog
見ているとなぜか皆さん、走ってる人や山のアイコンの書いてあるシーンモードや、カメラにお任せの全自動モードのまま使ってらっしゃいますな。実にもったいない、せっかくいいカメラを買ったのにそれじゃ写真の楽しさや醍醐味を味わえませんよ。自分で作画をコントロールできるのが楽しいところなのにね。
なのでまず写真の変化が楽しめる絞り優先モードで、同じものを数値違いで撮ってみてもらって、見比べてもらうのですな。そうすれば一目瞭然。ついでにプレビューボタン(被写界深度確認ボタン)のことも説明します。便利なのに何に使うのか知らないままの方が多いのでね。この辺り、撮ってすぐ見られるデジカメって便利ですな、説明しながら実演すればすぐ分かってもらえます。
お店で料理を撮るような近距離の撮影ではいくら絞っても奥までピントが合わないですよとか、ズームレンズの望遠側の方が良くボケますとか、一応説明しますが、あまりややこしいことをいっぱい言ってもねぇ、なかなか分かってはもらえないので、とりあえず絞り値が変われば写真が変わることを知っていただいて、楽しさだけ伝わればいいかと。
絞りをコントロール出来るようになって、思い通りの写真が撮れたら一気に写真が楽しくなると思いますのでね、絞りの使い方だけに的を絞って、構図に知恵を絞っていい写真をいっぱい撮ったら、その中から傑作を絞り込んでいただきたいなと。(笑)
一番搾り飲みながら書いてたら、書きたいことが絞り切れなくなって何だか文章グダグダになっちゃいましたな。(笑)

|

« 石川県の珍味、ふぐの子のぬか漬け。 | トップページ | 立ち飲み百景7 休日の昼酒は、お年寄りパラダイス。 »

撮影とカメラ、お役立ち」カテゴリの記事

コメント

よもかめ亭主さまこんにちはhappy01あんみつです。
デジタルコンパクトの頃よりも今の方が大変ですcoldsweats01
ご存知かもしれませんがヤシカFX-3super2000はマニュアルのみ。
手ブレにならないシャッター速度を選ぶべきか、絞り込んでキリっと
した写真を目指すか、被写体にもよるのでしょうがマニュアルには
大変だけど写真を撮る醍醐味みたいなものが(素人が生意気なコト
書いちゃってスミマセンcoldsweats01)あるのではないか、と
少しだけ調子に乗ってるあんみつでしたhappy01

投稿: あんみつ☆乙女 | 2016年4月29日 (金) 12時17分

あんみつ☆乙女様、おはようございます。
かえってマニュアルのほうが楽しいと思いますよ。カメラ任せでないところが写真撮ってる感があるかと。全部自分の判断で撮れますからね。ただ、コンパクトデジカメから一眼レフに乗り換えた人には敷居が高いと思うので絞り優先AEをオススメしてます。本当は、最初からマニュアルで撮るほうが勉強にはなるのですけどね。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年4月30日 (土) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/63497753

この記事へのトラックバック一覧です: 絞っても絞りきれない絞りの世界。:

« 石川県の珍味、ふぐの子のぬか漬け。 | トップページ | 立ち飲み百景7 休日の昼酒は、お年寄りパラダイス。 »