« オジサンの行動学 | トップページ | 立ち飲み百景4、何がそんなに楽しいの? »

2016年2月20日 (土)

このデザインは秀逸だ、ペトリカラー35

Petri_color_35_003_blog
高級コンパクトデジカメのデザインのお手本にして欲しいといつも思っているカメラがこれ、ペトリカラー35。カメラ上面のレイアウトが素晴らしいのですな。実に簡素でわかりやすい。
シャッタースピードと絞りのダイヤルが前後に並んでいて、シャッターダイヤルの真中にシャッターボタンがあって、バッテリーチェックボタンと巻き戻しクランク、ホットシューがあるだけ、後は背面のピントダイヤルがちょこっと見えているぐらい。
高級コンパクトデジカメって、それなりにウルサイ人が買うのでしょうから、AF以外は全部マニュアルにしてしまったらペトリカラー35みたいなシンプルなカメラに出来るのではと思ったわけで、当然露出計をちゃんと使って、きちんと撮らないと何も写らないという。その代わり撮れた写真は最高っていうほうが高級コンパクトデジカメらしさがあるのでは。(笑)
ま、デジカメのことはおいといてペトリカラー35のオハナシを。
ペトリという会社は、低価格で個性的な一眼レフのメーカーぐらいの知識しかなかったのですが、コンパクトやハーフサイズカメラも色々出していたのですな。全然そんなことも知らない頃に中古カメラ屋さんで目が合ってしまったのがこのペトリカラー35。オジサンが古いカメラに転落していくきっかけになった、とっても悪いカメラ。(笑)

L24833_blog
35ミリフルサイズでもコンパクトなカメラは作れるぜって1966年のフォトキナで話題をさらったローライ35と同じぐらいの大きさで、その2年後に発売されたので、よく比べられるカメラですが、アチラは通常のカメラの操作を犠牲にしてまでコンパクトにしたカメラ、あの小ささにファンの多いカメラですが、使い勝手はすこぶる悪い。
対してペトリカラー35は普通のカメラと同じ操作感で使えるところが日本的というか実にまじめなのですな。
レンズは沈胴式で背面の小さなピントダイヤルを回していくと延びていき、撮影可能状態になります。ピント合わせはファインダー下部のアイコンと数字に指標を合わす方式。
人物ひとりのアイコンは1m、1.2m、1.5m、2m、人物3人のアイコンは3m、5m、山のアイコンは無限遠という順番に並んでいます。
右側には露出計の指標とそれを合わす印があって、真ん中に指標が来れば適正露出になるのですな。上部には近距離撮影時のパララックス補正の印、中央にはカメラを水平に構えるための十字線があります。
明るいファインダーとスムーズなフィルム巻き上げ、露出は上面のシャッターと絞りのダイヤルで直感的に決められるので、オジサンのようにマニュアル露出大好き人間には最適な、迷わず撮れる素敵なカメラ。
レンズはペトリ40mm F2.8、少し青みがかる描写で、お世辞にもシャープとはいえませんが嫌いではないですな。写りが悪かったら毎日持って出なかっただろうし、この記事も書いてないでしょうからね。
内蔵露出計にはアルカリボタン電池LR44が使えます。ただ当時の水銀電池より電圧が少し低いので、その辺りはフィルム感度を変えて補正してやればいいかと。マニュアル露出で撮るには必要有りませんけどね。
カメラバッグの隅っこに放り込んでいてもじゃまにならない、持ってて嬉しい、使って楽しい小さなカメラ。フィルムカメラファン倍増計画に沿って飛び道具出してみました。(笑)

L30437_blog

|

« オジサンの行動学 | トップページ | 立ち飲み百景4、何がそんなに楽しいの? »

35ミリカメラ」カテゴリの記事

コメント

すっごくカッコいい子ですねlovelyコニカちゃんの彼氏に
してあげたいほどのイケメンカメラさんだと思いました♪
しかも見かけだけでなくて、頭も良さそう!
本当によもかめ亭主さまは何でもお持ちですね。憧れますconfident

投稿: あんみつ☆乙女 | 2016年2月20日 (土) 09時56分

よもかめ亭主さんこんにちは。
またイケナイものを…,
そうだ、このカメラは重いに違いない。
そうだそうだ。
ペトリってよくネットでは見ますけど、実物に遭遇したことないもののひとつで…あ、ペトリハーフなら見たことあります。
結構重たかった記憶が。
重さや大きさも美点だった時代ですよね。

投稿: Myrrh | 2016年2月20日 (土) 10時27分

でましたペトリカラー。
わたしも今現在探しております。
ぶっちゃけローライ35より好きです。

投稿: ギ | 2016年2月20日 (土) 21時15分

あんみつ☆乙女様、おはようございます。
ちょっとマニア向けの品物をチラチラと出してみました。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2016年2月21日 (日) 05時49分

Myrrh様、おはようございます。
測ってみたところ396グラム(電池、フィルム無し)でした。ペンSとほぼ同じぐらいでしょうか。35ミリフルサイズでありながら、ハーフサイズ並みの大きさ重さのカメラが出てきた時代です。ハーフサイズの時代は、この後終っちゃうんですよ、そういう意味でもイケナイカメラかもしれません。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年2月21日 (日) 05時59分

ギ様、おはようございます。
デザインに惹かれて手にしたのが運の尽き、マニュアルで使いやすくて、良いカメラですね、ぜひ探して使ってみてください。

投稿: よもかめ亭主 | 2016年2月21日 (日) 06時06分

軽いんですかっ!軽いんですね。
あああ、また持ってみたいカメラが増えてしまいました。
私はもうズッポリはまってるから
これ以上は毒なだけなのに…

投稿: Myrrh | 2016年2月23日 (火) 08時31分

Myrrh様、こんばんは。
ペトリカラー35、貼革イケてる色でヨロシクって例のお店に電話すればなんとかなるような気がしますが。ヤシカの二眼レフまでドレスアップしてましたから。ブルーのやつがスゴク気になる。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2016年2月23日 (火) 23時03分

よもかめ亭主様、おはようございます。
やっぱりブルーですよね。あれも危なかったです。
なんであんなそそるもの作っちゃうんでしょうかね。
恐ろしいことに、一台売れても量産できちゃう体制でやってますからね。
時間の問題ですね。

さて、電話どうしよう。露出計相談したばっかりなんですよ。カッコいいの売り切れてたから見送ったけど。その時コニカC35FDの動向も聞いてるんですよね。どう思います?こんな生活(笑)

投稿: Myrrh | 2016年2月25日 (木) 09時43分

Myrrh様、こんばんは。
球界のスーパースター清原は薬物に転落して人間のクズになってしまいましたが、カメラはどう転落しても罪になりません。むしろ転落に理由と作法が有るように思います。たまたま目があってしまった。その気はなかったのに思いの外リーズナブルな価格だった。諦めていたのに出会ってしまった。中古カメラ屋さんの店長の魔法にかかってしまった。などなどいずれにしても誰にも迷惑をかけず世間も騒がせ無い点では胸を張って欲しいものは探すべきだと思います。というわけで沢山の方々の笑顔が見たい、「幸せの落とし穴」よもかめ亭主でした。(笑)

投稿: よもかめ亭主 | 2016年2月25日 (木) 23時21分

円楽さーん、よもかめ亭主さまに座布団を
たくさんあげて下さいーhappy02

投稿: あんみつ☆乙女 | 2016年2月28日 (日) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/63142591

この記事へのトラックバック一覧です: このデザインは秀逸だ、ペトリカラー35:

« オジサンの行動学 | トップページ | 立ち飲み百景4、何がそんなに楽しいの? »