« プロラボの思いで | トップページ | 違いの分かるカメラ、オートハーフとコニカC35 »

2016年1月28日 (木)

安価なAnker(アンカー)のソーラーチャージャー(笑)

_mg_5415_blog

何年か前に買ったLED電気スタンド、台座の部分に取り外しのきくソーラーバッテリーが仕込んであって、昼間太陽光に当てて充電しておけばOKなエコなスタンド。コンセントに差し込まなくていいので、どこでも持って行って使えるのが便利で、家内が読書用に愛用しておりますよ。
我が家は家の向きの関係で、昼間お日様がさんさんと射し込む場所があるのですな、そこにソーラーバッテリーを転がしておけば勝手に充電完了というわけ。
で、せっかくなら更にエコを押し進めて、ケータイやipadも充電できるソーラーチャージャーで、お日様にまとめて面倒見てもらいましょうというわけで、Google先生に探してもらったところ、いっぱい出てきました、数年前はこんなに種類も多くなかったのに、モバイルの方や災害時の電源確保用に防災用品として買う人がいるみたい。
で、早速あちこち使用レポート記事を家内と見まくってアマゾンさんにジャンプ。決めたのはモバイルバッテリーなどのヒットで最近よく名前を聞くアンカーという会社のAnker PowerPort Solar(21W 2ポートUSB ソーラーチャージャー)。
出力ワット数違いで2種類あったのですが、当然大出力の方を選びました。こちらの方がコスパが高そうだったのでね。お値段5,999円也。
注文して次の日には届いたのですが夜だったので、翌日家内が早速使ってみたところ、薄曇りでもipadは充電できたそう、ただガラケーはダメだったとのことで、何年も前の前世紀の遺物みたいなガラケーなので対応機種外なのは当然かと。iPhoneは対応しているのでスマホに変えろということですか。世の中スマホじゃないとケータイにあらずみたいになってきてますなぁ。
それはそうと、このソーラーチャージャーの便利なところは使わないときにはコンパクトに仕舞っておけるところ。パタパタと畳んでおけば本棚に立てて置けます、畳んだサイズは28×15センチ、一般的なA4版の雑誌より横幅が少し狭いぐらいの大きさと言えば分かり安いでしょうか。広げると28×66.5センチ、重さは506グラム(実測値)なのでそんなに重くはないですな。

_mg_5423_blog

それからモバイル用途というかアウトドアで使うこと前提なので(ソーラーチャージャーなので当然ですが)リュックにカラビナなどでぶら下げたりできるようになっているのが○。物干しにぶら下げたり色々工夫できますな。我が家ではお風呂などで使う吸盤付きのフックで窓ガラスにぶら下げてより効率よくお日様が当たるようにしています。
お日様が照ってる時間内に充電できなければ意味がないので、バッテリーが起動できなくなるまで空っぽになったipad(第3世代)でどれぐらいかかるか充電してみたところ、3時間で58%充電出来ました。ソーラーチャージャーって時間がかかるものという先入観があったので、意外と短時間で充電できるのはいい意味で裏切られました。
お日様の力で充電しているのを見てると、なんだかとってもイイ事しているような気になりますな。それだけでも買った価値はあったかと、充電の度にコンセント占有されることもなくなりましたしね。6000円ほどでエコライフ、いかがでしょうか。

_mg_5389_blog

|

« プロラボの思いで | トップページ | 違いの分かるカメラ、オートハーフとコニカC35 »

パソコンとかハードのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/63038064

この記事へのトラックバック一覧です: 安価なAnker(アンカー)のソーラーチャージャー(笑):

« プロラボの思いで | トップページ | 違いの分かるカメラ、オートハーフとコニカC35 »