« 鯛焼きは美味しいのだけれど。 | トップページ | 街の匂い »

2015年11月19日 (木)

GRⅢにスキャナの代用を申しつけた件2

フィルムカメラを楽しんでいて困るのが現像後のデジタル化ですな。現像と同時にCD-Rに焼いてくれるサービスもありますが、毎回だと結構費用がかかります。
フィルムスキャナを買うのも手ですが、もっと簡単にできないかと考えたのがデジカメで複写してしまうという手段。このブログでは過去に何度か方法を記事にしておりますが、これが結構使えるのですな。今時の高画素なデジカメだと十分だというのが分かりました。まして、ブログに掲載する程度の写真だと全く大丈夫。

■過去記事

デジタル一眼レフをフィルムスキャナーに
スキャン待ち解消作戦
フィルムをデジカメで複写実験してみた。


問題は今まで撮り溜めた大量の写真をいかに効率よくデジカメで複写できるかというところ。
それで前回 考えついたのがGR DIGITALⅢに複写用アタッチメントを作って保管してあるスライドをライトテーブルに乗っけて次々複写していくという方法。
もうね、作業効率的には最高に速い、これ以上速い複写はないのではないかというぐらい、どんどんデジタル化できてしまいます。
オジサンは時間が無いのに、過去に撮った写真だけは山のようにありますのでね、これを全部デジタル化するとなるとチマチマやっていられないのですよ。これで楽勝と思ったのですが、実は問題が。
作った複写用アタッチメントが余りに手を抜きすぎて、写真によっては内面反射でレンズが写り込んでしまうという、複写したのに使えない状態になってしまったわけで。
さすがにこれではいけません、アタッチメントをちょっと真剣に作り直してみました。
まず内面反射をなくすために内側にスエード生地を貼り付け、レンズのぎりぎりの所にマスクを付けてみました。これで完璧。実物と実際に複写してみた物がこれです。

_mg_4996blog

以前の四角い紙の筒だけのアタッチメントだと、夜景や陰影のコントラストが強い写真だとシャドウ部分にレンズ先端の名板が写り込んでしまって大失敗。下の写真の手前看板下にGR LENS f=6.0mm 1:1.8という文字が裏返しで写り込んでしまっているのがそうです。これじゃ使い物になりません、当然ですが。

001blog

改良型のアタッチメントは写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、レンズ先端ぎりぎりにマスクを付け、さらに写真修理用のスエード生地を貼り付けて極力内面反射をなくしたもの。同じ写真をこれで複写してみたところバッチリ、写り込みは消えました。これなら安心してスピード複写でができます。

001blog_2

複写待ちの約1万5千点のスライドにネガアルバム6冊分の大量複写、「一体いつ終わるねん」なのですが、全部複写できる前にGR DIGITALⅢが壊れてしまうかもしれません。(笑)

|

« 鯛焼きは美味しいのだけれど。 | トップページ | 街の匂い »

撮影とカメラ、お役立ち」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

あっ!ここ知ってる^^)・・・でもHP見たら去年火事で焼失されたとか...。

ネガ・スライドの前に無反射(低反射)ガラスを置くと、映り込みが
防げるんじゃないでしょうか?。
 

投稿: 鍛冶屋 | 2015年11月20日 (金) 08時47分

鍛冶屋様、おはようございます。
ご存知でしたか。阪急十三駅スグの歓楽街にあった十三トリスです。残念ながら火事で無くなりましたけど北新地で営業しているようですね。
無反射ガラスはガラス表面に細かな凹凸をつけたものなので、密着させないと効果がないのです。スライドマウントに入ったポジフィルムでは取り出さないと密着できないので使えないのですよ。今回の場合原因がはっきりしていたのでアタッチメントを作りなおして解決できました。

投稿: よもかめ亭主 | 2015年11月22日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/62631111

この記事へのトラックバック一覧です: GRⅢにスキャナの代用を申しつけた件2:

« 鯛焼きは美味しいのだけれど。 | トップページ | 街の匂い »