« 撮るなら一歩前へ | トップページ | プリンター使ってます? »

2015年8月11日 (火)

だから酒場がややこしい。

Img_0894blog

以前よく行っていた立ち飲み酒場、10人入ればいっぱいというカウンターだけのお店。
来るのはほぼ常連客ばかり、仕事帰りにチョット一杯、千円札一枚で、世間話に花を咲かせ、一息付いたら仕事モードから家庭モードに切り替えて「お疲れさん、また明日」で帰って行くようなお店。
みなさん長居はせず、常連客同士の会話も付かず離れずの適度な距離感が居心地のいい空間になっているのだが、たった一人ややこしいお客がいた。
お店の大将の古くからの友達で、極たまに現れるのだが、この人が来ると酒場が一気にややこしくなる。
何というか、高校のツッパリ少年がそのまま大人になったような人、とうに60歳は超えているのだがヤンキー魂健在な、美しく言えば少年の心のまま大人になった、正確に言えば生涯やんちゃ坊主のまま、大人になる前に還暦を迎えてしまったチョット迷惑な人。
とにかく世話をしたがる、何にでも首を突っ込む、自分が仕切らないと気にくわない、主導権を握りたがる。どうやら自分が周りから一目置かれる存在でいないと気が済まない性格の人らしく、かといって親分肌というほどの頼りがいは全く感じられない、ただのチャラチャラしたオッサン。(笑)
出で立ちも性格そのまんま、ヘアスタイルは本人曰く「高校の時からずっとコレで通しとんのや」なリーゼント、高齢のため髪の毛が少なくなっているので、ただのオールバックにしか見えないのが悲しい。
手首には自慢のロレックスに数珠にブレスレットがじゃらじゃら、金のネックレスに、イヤリング、いったいどこで売ってるの?な黒地に金色のミッキーマウス柄のトレーナー(今はスウェットシャツと言わないと通じないのですね)、イタリア製という、部分部分に革をあしらったややこしいジーンズのお尻のポケットに若い子みたいにチェーンの付いたでかい財布をはみ出させ足元はチェッカー模様のスニーカー。近所に絶対住んでいて欲しくないタイプの人。
この人がジャパネット高田の社長並の甲高い声で意気揚々としゃべるので酒場の空気一変。
以前冬のある日一度捕まったことがある、
「アンタそんなペラペラの上着寒いやろ、ワシ着てへん革ジャンあるからやるわ、イタリア製やで、すぐ近所やから今から取ってきたるわ。」
ちょっ、ちょっ、ちょっ、ちょっと待って、そんなもん持ってこられたら大迷惑、ややこしいオッサンのややこしい革ジャンなんて絶対もらいたくないので
「いえ、あの私ぃ、実は革アレルギーがありましてー、革製品でジンマシン出ますのでーちょっとそれはご勘弁をー。」
口からデマカセとはいえ、とっさに革アレルギーを思いついたおかげで難を逃れました。
とにかくこの人の前で、いらんこと言うと命取り、常連のおじいちゃん「このあいだ医者行ったら血が薄い言われて」
すると「そらアカン、レバー食うたらええねん、大将レバーの串あんねやろ、5本ぐらい揚げて出したげて、勘定ワシに付けとってくれたらええわ」
かくしておじいちゃんは大嫌いなレバー串の皿を前にフリーズしてしまいましたとさ。
他のお店の話や、長いこと食べてないものの話も御法度、「ワシええ店知っとんで、今から行こ、すぐ電話入れるわ」で有無を言わせず強制連行。
本人は「ワシが世話したった」「面倒見てやった」に生き甲斐を感じているから始末が悪い。悪気はないのだろうが、世間一般とモノサシが違う人なので、うかつなことを言うとどんな弾が飛んでくるか分からない、お店の大将もその辺のことは重々承知していて放置プレイ。
常連客は誰かが捕まっている間にそそくさと「大将お勘定して」で蜘蛛の子散らすように脱出してました。
世話焼きも親しみやすさも度を超せばただの迷惑、来て欲しくないのに何故か突然現れる、だから酒場がややこしい。

|

« 撮るなら一歩前へ | トップページ | プリンター使ってます? »

街のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592485/61736527

この記事へのトラックバック一覧です: だから酒場がややこしい。:

« 撮るなら一歩前へ | トップページ | プリンター使ってます? »